アイテム

提供:Minecraft Japan Wiki
2023年1月20日 (金) 20:35時点におけるShummg (トーク | 投稿記録)による版 (→‎アイテム ({{Gp|Item}}))
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

プレイヤーのインベントリやチェストに入れたり、ホットバーに配置して使用できるアイテムの性質について説明する。

アイテム (Item)[編集 | ソースを編集]

リンゴ

アイテムとは、プレイヤーのインベントリに入れることのできる物体を指す。

いくつかのアイテムは、「ツルハシ」や「バケツ」のように、左クリックや右クリックで「使用」ができるものがある。

また、使用するとブロックエンティティとなってワールド上に設置できるものもある。

アイテムの性質[編集 | ソースを編集]

アイテムの使用

  • ホットバーにアイテムを配置することで使用できる。
  • マウスホイールで選択、マウス左クリックで攻撃・ブロック破壊、マウス右クリックでアイテムの使用、マウス右クリック長押しで食料の摂取。
  • 右クリックは利き手を優先するが、利き手が右クリックできないアイテム(ツールなど)の場合、利き手ではない手に持っているものを使う。 左クリック(攻撃・破壊)は常に利き手を使って行う。


ブロックの破壊

  • 前項でも解説した通り、マウス左クリック長押しでブロックを破壊することができる。 ブロックを完全に破壊すると、なにかしらのアイテムがドロップする場合がある。
  • ブロックによって適正ツールが決まっており、道具の種類や材質によって破壊時間やドロップアイテムが変わる。
    • 例えば、「」はツルハシを使用すると「丸石」がドロップする。しかし、素手やツルハシ以外で破壊しても、なにもドロップしない。
  • 詳しくはブロックを参照。


インベントリ

  • プレイヤー、一部のエンティティ、一部のブロックなどは、自身にアイテムを保管する領域を持つ。 これをインベントリと呼ぶ。
  • Eキーで自分のインベントリ画面を開くことができ、アイテムスロットへの配置・アイテムの入れ替えなどを行う事ができる。
    • また防具の装備などもこの画面から行うことができる。
  • インベントリ上のアイテムにマウスカーソルを当てると、アイテムの名前などがツールチップとして表示される。
  • チェストのようなブロックを作ると、アイテムを貯めておくことができる。 右クリックでGUIを開くことができ、自分のインベントリとアイテムを移動させたりできる。
    • 一方で「作業台」のような一部のブロックは、GUI上にアイテムを配置できるものの、GUIを閉じた瞬間にアイテムをドロップするものもある(内部にアイテムを保持できない)。


アイテムの加工

  • アイテムを1つ以上使って、別のアイテムをつくることができる。
    • インベントリの2x2のグリッドか「作業台」を使用することで、クラフトをすることができる。 詳細はレシピを参照。
    • かまど」を使うと、燃料を消費して別のアイテムに加工ができる → 精錬
    • 醸造台」を使うと、ポーションを作ることができる → 醸造
    • これら以外にも、様々な方法でアイテムの加工を行うことができる。

アイテムのドロップ

  • 手にアイテムを持った状態でQキーを押すと、そのアイテムをワールド上に落とす。
    • チェスト」や「かまど」などが、アイテムが入ったまま破壊されると、中のアイテムがすべてばら撒かれる。
    • ドロッパー」や「ディスペンサー」など、レッドストーン信号が入ると、中のアイテムをドロップする装置もある。
  • ドロップしたアイテムは、エンティティとしてワールド上に存在する。
  • 5分間このアイテムが拾われなければ、このアイテムは自動的に消滅する(チャンクが読み込まれている間のみ)。
    • 5分経過する前に、プレイヤーやMOB、ホッパーなどが回収すると、この限りではない。
  • サボテン溶岩などに触れると、アイテムは即座に消滅する。
    • 例外として、ネザライトインゴットのようなネザライト系のアイテムは、溶岩に触れても消滅しない。

アイテムの一覧[編集 | ソースを編集]

ページリンク[編集 | ソースを編集]


License[編集 | ソースを編集]

このページのファイル(またはその一部)は、Minecraft Wikiにアップロードされたものです。 
該当するファイルは、CC BY-NC-SA 3.0でライセンスされています。
このページのファイル(またはその一部)は、Mojang Studios著作権を保有しています。 
該当するスクリーンショット、テクスチャ、音声、楽曲、または他のMojangの財産、あるいはその派生物は Miraheze Terms of Useの下で、当Wikiでは自由に使用することが可能です。
Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。