Minecraft 2.0

提供:Minecraft Japan Wiki
ピンクウィザーから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

Minecraft 2.0は2013年4月1日に公開されたエイプリルフールのジョークバージョンである。

概要[編集 | ソースを編集]

Nathan Adams Twitterより
@Dinnerbone

(2.0 was an april fools and we aren't going to update them. If you see a bug, tough luck! ;D You're on your own, we won't support it.)


(2.0はエイプリルフールなので、アップデートしたりはしません。バグがあったら残念だけどね。サポートはしないので、自己責任でお願いします)

2013年4月6日[1]

Minecraft 2.0のバナー[2]

2013年のエイプリルフールのジョークとして発表されたバージョン。

2年前から取り組んでいた新作であり、「ブロックシミュレーションゲームの次なるレベルへ」[3]という名目で開発されていたとされる。


石炭ブロック(当時は存在しなかった)やEtho Slabと呼ばれるTNTのハーフブロックの追加など複数の新ブロックやMOBが追加されたほか、様々な無意味な要素も多く追加された。なお一部の要素は、実際のメジャーリリースで追加されたものもある。

実際にはver1.5.1のフォークであり、プレイすることも可能。Minecraft Launcherからダウンロードすることはできず、自身で導入する必要がある。

ダウンロード
バージョン ダウンロード 概要
Blue Client (.json)

Server

Super Hostile Modeを含まない
Red Client (.json)

Server

Super Hostile Modeのみ
Purple Client (.json)

Server

Super Hostile Modeを含む

追加要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

Etho Slab (Etho Slab)[編集 | ソースを編集]


TNT:3 → Etho Slab:6
TNTのハーフブロックバージョン。

通常のハーフブロックのように設置することができる。

TNTと同じように爆発するが、爆発すると25%の確率で、最寄りのプレイヤーの上空20ブロックに落下する金床を生成する(直撃すると大きなダメージを受ける)。
名前の由来は、「EthosLab」というYouTubeチャンネルの名前から来ている。

石炭ブロック (Block of Coal)[編集 | ソースを編集]


 破壊 
ツルハシ
 回収 
ツルハシ
石炭:9 → 石炭ブロック:1
石炭を9個固めたブロック。

単体でクラフトすると、石炭9個に戻すことができる。[4]

かまどの燃料として使用できる。
ver1.6.1では石炭ブロックが実装された。

初出時のスナップショット(13w18a)では、Minecraft 2.0のときのテクスチャが使われていた。

その後、13w19aでテクスチャが変更されている。

燃え尽きた松明 (Torch (Burnt-out))[編集 | ソースを編集]

松明を放置していると、ランダムな時間で燃え尽きるようになった。

性質は松明と変わりないが、火が消えているので暗い。

火打石と打ち金で再び点火することができる。

色付きガラス (Tinted Glass)[編集 | ソースを編集]


ガラス:8 各種染料:1 → 色付きガラス:8
染料で染められたガラス。全16色。
ver1.7.2では、色付きガラス(Stained Glass)として実装された。

初出時のスナップショット(13w41a)では、Minecraft 2.0のときのテクスチャが使われていた。
だが、その次のスナップショット13w42aで別のテクスチャに変更された。

なお、ver1.17で遮光ガラス(Tinted Glass)が実装されたが、英名が同じなのは偶然だと思われる。

Mob[編集 | ソースを編集]

ウマ/ポニー (Horses and Ponies)[編集 | ソースを編集]

ウマ



ポニー


体力:10()
ドロップ:

ウマ
×0~2個
()牛肉×1~3個
バケツ使用:ミルク入りバケツ×1個

ポニー
()豚肉×1~3個 ※

×1個(装着時)

1.6.1で追加されたウマとは異なり、ブタウシのモデルに専用のテクスチャを貼り付けたものとして追加された。
ちなみにだが、既存のブタやウシは存在したままである。

ブタ・ウシの代わりにたまにスポーンする。
繁殖・誘導:

リンゴ砂糖で引き付けることができる。小麦ニンジンには見向きもしない。

だがしかし、繁殖するためには、既存のブタ・ウシと同じで小麦・ニンジンが必要である(リンゴ・小麦では不可)。
ウシやブタのスポーンエッグを使用すると、ウマ・ポニーがたまにスポーンする。

ピンクウィザー (Pink Wither)[編集 | ソースを編集]

体力:62(×31)
ドロップ:ネザースター×1個(100%)
スポーン:
ピンクウィザーの作成方法

プレイヤーが作成することができる。

スポーンさせるには桃色の羊毛の上に植木鉢を設置し、バラタンポポを植える必要がある。
振る舞い:

内部的には敵対Mobだが、攻撃はしてこない。アンデッド扱いのため、治癒のポーションでダメージを受け、負傷のポーションで回復する。
スポーン時には頭が1つしかない。
砂糖を手に持つと引き付けることができ、右クリックで与えることができる。
砂糖を与えると頭の数が増える(最大3つ)。

通常のウィザーと異なり、飛行することはできない(常に歩いて移動している)。体力ゲージも表示されない。

ピンクウィザーが放つ頭蓋骨がブロックに直撃すると、その周囲15x4x15ブロックの範囲で植物[5]が生える。

ダイヤモンドのニワトリ (Diamond Chicken)[編集 | ソースを編集]



体力:4()
大きさ:大人:(0.4×0.7×0.4) 子供:(0.2×0.35×0.2)

ニワトリをそのまま青っぽくした中立Mob(通常のニワトリも同様に中立Mobである)。
ニワトリの代わりに7%の確率でスポーンする。

卵の代わりにダイヤモンドラピスラズリを生み出す。また、5%の確率でアイテムを産む代わりに、爆発四散するため注意が必要。

赤石虫 (Redstone Bug)[編集 | ソースを編集]

体力:16()
攻撃力:Easy:1() / Normal:1() / Hard:3()
大きさ:0.4×0.3×0.4

シルバーフィッシュをそのまま真っ赤にした敵対Mob。

レッドストーンワイヤーの信号強度が増加すると、1%の確率でスポーンする。7x7x7の範囲に他の赤石虫がいる場合、そのスポーン確率は5%ずつ増加する。

その他[編集 | ソースを編集]

Super Hostile Mode[編集 | ソースを編集]

2~5分の周期で「Super Hostile Mode」というイベントが発生する[6]

この要素は、Vechs氏の配布マップ「Super Hostile」シリーズを参考にしたものである。

  • プレイヤーの周囲に大量の落雷を発生させる。
    なお、落雷は通常であればプレイヤーに必ず1発は命中する。地下にいても当たるため注意が必要。
  • 周辺に大量の敵対Mobがスポーンする。重装備のゾンビスケルトン、複数回帯電したクリーパーブレイズなど。
  • プレイヤーに盲目のステータス効果を付与する。
  • ゲームの難易度が低いほど、Super Hostile Modeの難易度は高くなる。[7]

Super HD Graphics[編集 | ソースを編集]

ビデオ設定に「Super HD Graphics」という項目が追加される。

ONにすると、あらゆるテクスチャがモノクロになる。ただし、草ブロックの芝生部分や色付きガラスなど、2重にレイヤーを持つテクスチャや再着色が行われるテクスチャには影響しない。

吹き出し[編集 | ソースを編集]

ブロックやMobの上に吹き出しが表示され、ランダムな言葉を話す。

セリフ一覧[編集 | ソースを編集]
  • That hurts :(
  • My eye!
  • ..zzZZZ
  • Why!?
  • I'll be back!
  • You didn't ....
  • Oof
  • (&%!@*#&%!@$#
  • Ouch
  • Hi there!
  • That tickles
  • Who's there!
  • I thought we were friends
  • You're mean!
  • Whiiii
  • Not dropping anything!
  • I like you!
  • I HATE you!
  • YOU NO TAKE .. COBBLE!
  • I'm diamond
  • You punched me
  • Stop punching me
  • I'm dirt
  • Mummy?
  • SSSSSSST
  • KABOOM?
  • BULLY!
  • I'm telling
  • Creeper behind you!
  • Did I do bad?
  • Hello

変更された要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

ドロッパー (Dropper)[編集 | ソースを編集]

  • 名前がフロッパー(Flopper)に変更された。
  • 中に何をいれても、生魚をドロップする。

かまど (Furnace)[編集 | ソースを編集]

  • 新たなNBTタグ「 Heat」を持つ。0~700の数値を取りうる。
    • かまどが燃焼しているとき、毎Tickに50%の確率で値が増加する。
    • かまどが燃焼していないとき、毎Tickに25%の確率で値が減少する。
    •  Heat の値が大きいほど、かまどから煙のパーティクルが多く出る。
    •  Heat の値が700に到達しているとき、毎Tickに25%の確率で爆発する。爆発力は5で、周囲にを生成する。

松明 (Torch)[編集 | ソースを編集]

Mob[編集 | ソースを編集]

各種動物[編集 | ソースを編集]

  • ウシムーシュルームニワトリヒツジブタ
    • 新たなNBTタグ「Fatness」が追加された。初期値は0。
    • エサを与えるたびにこの数値が増加する。
    • この値が増えるごとに、動物の体が太っていく(ニワトリを除く)。
    • Fatnessが10に到達すると、体が爆発してデスポーンする。このとき、通常の2倍のアイテムをドロップする。

ニワトリ (Chicken)[編集 | ソースを編集]

  • 中立Mobになった。攻撃すると敵対状態になるほか、目があっても敵対状態になる(エンダーマンと同じ)。
    • ただし、カボチャを頭にかぶることで目が合っても敵対状態にならない。
  • 倒されると25%の確率で、敵対状態のニワトリを新たにスポーンさせる。
  • 攻撃力は4()。

ヒツジ (Sheep)[編集 | ソースを編集]

ソンビピッグマン (Zombie Pigman)[編集 | ソースを編集]

トリビア[編集 | ソースを編集]

スプラッシュテキスト[編集 | ソースを編集]

2013年4月2日の0時0分以降、紫色の大きな「APRIL FOOLS!」というスプラッシュテキストが表示される。

テクスチャ[編集 | ソースを編集]

色付きガラス、ダイヤモンドのニワトリ、赤石虫のテクスチャは、すべてゲーム内にコード化されている。

つまり、テクスチャパックを使用して見た目を変えることはできず、他のMobやブロックのテクスチャを再着色することで表現している。

動画[編集 | ソースを編集]

Minecraft 2.0は、リリース時に様々なYouTuberに配布された。

変更履歴[編集 | ソースを編集]

変更履歴(Changelog)には、実際にはない嘘の情報が一部記載されている。[2]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. Nathan Adams [@Dinnerbone] (2013年4月6日). "(2.0 was an april fools and we aren't going to update them. If you see a bug, tough luck! ;D You're on your own, we won't support it.)" (ツイート). Twitterより2023年2月8日閲覧
  2. 2.0 2.1 "It’s finally coming – Minecraft 2.0!" (Archive)  – Mojang AB, 2013年4月1日.
  3. "bring blocky simulation games to the next level."
  4. ただし、これで入手した石炭は、不具合により採掘などで得た石炭とはスタックできない。これはクラフトで得られる石炭のメタデータが、通常は0のところが32767になってしまっていたからである。
  5. 草ブロックの上にバラタンポポシダを生やす。
  6. Blueバージョンでは発生しない。
  7. ただし、ピースフルモードでは敵対Mobが即座にデスポーンしてしまう。

ページリンク[編集 | ソースを編集]

ライセンス[編集 | ソースを編集]

このファイル(またはその一部)は、Minecraft Wikiにアップロードされたものです。 
このファイルは、CC BY-NC-SA 3.0でライセンスされています。
このファイル(またはその一部)は、Mojang Studios著作権を保有しています。 
このスクリーンショット、テクスチャ、音声、楽曲、または他のMojangの財産、あるいはその派生物は Miraheze Terms of Useの下で、当Wikiでは自由に使用することが可能です。
Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。