MOD解説/IndustrialCraft²/ModularForceFieldSystem

提供:Minecraft Japan Wiki
MOD解説 > IndustrialCraft² > ModularForceFieldSystem
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目はまだ書きかけです(まだ骨粉が足りません!) [編集]  
本Wikiは誰でも編集ができます。加筆・修正など、皆様のご協力を心からお待ちしております。
(カテゴリ:書きかけの記事)
この項目では、MOD「ModularForceFieldSystem」について解説しています。 
最新の情報を反映していない可能性がございますので、あらかじめご注意ください。
このページはMOD ModularForceFieldSystem について解説します。
MOD名 Modular Force Field System
製作者 Thunderdark → Calclavia
配布場所 http://forum.industrial-craft.net/index.php?page=Thread&threadID=1292
1.4.7以降対応版http://universalelectricity.com/?m=mffs
前提MOD 【MinecraftForge】【IndustrialCraft²】または【UniversalElectricity】のどちらか一つ以上
使用Block ID (個)
使用Item ID (個)
関連サイト


概要[編集 | ソースを編集]

  • 破壊が不可能なフォースフィールドを展開する装置を追加するアドオンの本家版。
  • immibis氏に旧バージョンの仕様のままのアドオンの更新を引き継ぎ、リニューアルされた。
  • 作者の言うように、原発関連のアイテムを廃止し、代わりにセキュリティー関連のアイテムを追加したようになってる。
  • UniversalElectricityの作者であるCalclavia氏が引き継いだため UniversalElectricityの電力でも動くようになり さらに同アドオンのICBMの爆弾&ミサイルにも対応した。
    (テクスチャもUniversalElectricityに近い感じになった。)


導入方法[編集 | ソースを編集]

  1. MinecraftForge(解説)及びIndustrialCraft²(解説)またはUniversalElectricity(解説)をインストールする。
  2. Forumへ飛び、ModularForceFieldSystemVX.X.X.X.XXX.zipをダウンロードし、modsにファイルを入れる。


追加されるアイテム、レシピ[編集 | ソースを編集]

準備中

名前 作り方 説明
エネルギー関連

(Monazit Ore)
砕くと、4~5個Forciciumをドロップする。また、この鉱石自体をシルクタッチで採って、精錬すると4つ、粉砕すると8つForciciumが手に入る。

(Forcicium)
Monazit Oreからのドロップのほか、マターで作り出せる。クラフティングのほか、Force Energy(以下FE)の作成にも使うが、その場合マターを使わずとも、MFFS compact Forcicium CellとMFFS Extractorで(FE作成用の)Forciciumの作成が可能だが、どっちにしろ電力があれば篭城しててもFEは無限に作れる。

(MFFS Capacitor)
FE蓄電機、かつ中継機。いわゆるコアであり、このMODで一番重要になる装置。

(MFFS Extractor)
電力を消費し、Forciciumから、FEを作成する装置。また、多大な電力が必要だが、MFFS compact Forcicium Cellに、Forciciumをどこからともなく作成して詰めることが出来る。

(MFFS Converter)
FEからEUを作成する装置。溜まり過ぎたForciciumの使い道に良いかもしれないが、FEの作成に必要なEU<FEから発電できるEUなので、この点では永久機関が出来そうだが、実際のところ、マターやMFFS compact Forcicium Cellを使ってForciciumを作ることを考えるとそんなことは無いことがわかる。

(MFFS Extractor Booster)
MFFS ExtractorのFEの作成速度(正確に言うなら進行度が更新される速度?)が1tick(?、初期状態の1回の更新速度は20tick?)減らせる。最大19個スタックできる。

(MFFS Capacitor Upgrade <Range>)
MFFS Capacitorの、機械を認識し、リンクできる距離を半径8ブロック(初期状態のリンクできる距離は装置を中心とした半径8ブロックの球?)伸ばす。

(MFFS Capacitor Upgrade <Capacity>)
MFFS CapacitorとMFFS ExtractorのFE蓄電量をそれぞれ2百万、1万FE(最大はそれぞれ1千万、千FE)増やす。

(MFFS compact Forcicium Cell)
Forciciumを1000個分貯蔵し、それをMFFS ExtractorのFEの作成に使うことが出来るセル。右クリックで、アクティブ状態にすると、持っているForciciumを貯蔵していく。再度右クリックでストップ。また、MFFS Extractorで、多大な電力が必要だが、中のForciciumを増やすことが出来る。

(MFFS Force Energy Crystal)
FEを蓄電できるクリスタル。エネルギーの貯蔵はMFFS Capacitorで行う。
プロジェクター、ディフェンスステーション

(MFFS Projector)
フォースフィールドを展開する装置。これがこのMODの醍醐味。

(MFFS Defence Station)
一定範囲内に入ったプレイヤーやMOBに対して情報を伝える、もしくは退治する装置。要するにテスラコイルの上位互換。
アップグレード(範囲拡張系)

(MFFS Projector Focus Matrix)
主にフォースフィールドを横方向に伸ばす。

(MFFS Projector Field Modulator <distance>)
おもにフォースフィールドと装置との離れている距離を長くする。

(MFFS Projector Field Modulator <strength>)
おもにフォースフィールドを前方向に伸ばす。
プロジェクターモジュール

(MFFS Projector Module diagonal Wall)
  1. ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (.png)
前方に十字のフィールドを発生させる。

(MFFS Projector Module Sphere)
周囲に球状のフィールドを発生させる。

(MFFS Projector Module Cube)
周囲に直方体のフィールドを発生させる。

(MFFS Projector Module Wall)
前方に棒状のフィールドを発生させる。

(MFFS Projector Module Deflector)
前方に楯状のフィールドを発生させる。

(MFFS Projector Module Tube)
周囲に管状のフィールドを発生させる。

(MFFS Projector Module Containment)
前方に直方体のフィールドを発生させる。

(MFFS Projector Module Adv.Cube)
周囲に細かく大きさを設定できる直方体のフィールドを発生させる。
アップグレード(フォースフィールドの特集能力付加)

(MFFS Projector Upgrade <touch damage>)
フォースフィールドが攻性防壁に変化。MOBやプレイヤーに無差別にダメージを与えるが、アイテムは壊さない。

(MFFS Projector Upgrade <Sponge>)
フォースフィールド内の液体を消し去る。

(MFFS Projector Upgrade <Field Manipulator>)
フォースフィールドが上半分になる。

(MFFS Projector Upgrade <Block Breaker>)
フォースフィールドに重なったブロックが消滅する。

(MFFS Projector Upgrade <Defence Station>)
セキュリティにより進入許可されていないプレイヤーがフォースフィールド内に進入した場合、ダメージを与える。

(MFFS Projector Upgrade <NPC Defence>)
NPCがフォースフィールドに侵入した場合、ダメージを与える。

(MFFS Projector Upgrade <Force Field Jammer>)
一方のフォースフィールドにこれが付いていると、フォースフィールドから2マスまで(?)はジャミングしてフォースフィールドが張れなくなる

(MFFS Projector Upgrade <Camouflage>)
バニラのブロックと同じ見た目に、フォースフィールドが変化する。

(MFFS Projector Upgrade <Field Fusion>)
2つのフォースフィールドが干渉して、なおかつ両方ともこのアップグレードがついている場合、空間になる部分を優先して展開するようになる。
セキュリティー

(MFFS Security Station)
セキュリティ関連の管理ブロック。マルチツールでIDを記入したカードを使って管理する。
管理者ユーザを登録すると外見が変わる。

(MFFS Security Storage)
セキュリティステーションを使って開くことの出来るユーザを指定できるチェスト。
カード、ツール

(MFFS MultiTool)
レンチ、スイッチ(MFFS機械のオンオフに使う)、IDライター、説明書の機能を持つマルチツール。
SHIFT+右クリックで切り替えられる。

(MFFS Card)
各種カードを作成するのに必要な、何も記載されていないカード。

編集用コメント[編集 | ソースを編集]

最新の10件を表示しています。コメントログを閲覧
Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。