Minecraft(Bedrock)/バージョン履歴

提供:Minecraft Japan Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動






注意事項
  • 本ページではMinecraft Bedrock Editionでのアップデートで追加・変更された項目のうち、Minecraft Wikiに掲載されているものを基に翻訳・和訳・一部編集で記載しています。
  • 詳しいアップデート内容については各アップデート内容の個別ページを参照してください。
  • Java Editionにおけるアップデート内容はこちらを参照してください。


参照リンク


ver1.21 - トリッキーな試練(Tricky Trials)[編集 | ソースを編集]

1.21.0[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2024年6月13日


追加


ブロック
  • クラフター(Java版の自動作業台)
  • ヘビー コア(Java版のヘビーコア)
  • 不気味なチャレンジ スポナー(Java版の不吉な試練のスポナー)
  • 不気味な金庫(Java版の不吉な宝物庫)
  • チャレンジ スポナー(Java版の試練のスポナー)
  • 金庫(Java版の宝物庫)
  • 模様入りの銅
    • 露出した模様入りの銅(Java版の風化した模様入りの銅)
    • 風化した模様入りの銅(Java版の錆びた模様入りの銅)
    • 酸化した模様入りの銅
  • 磨いた模様入りの銅(Java版の錆止めされた模様入りの銅)
    • 錆止めされた風化した模様入りの銅
    • 磨いた風化した模様入りの銅(Java版の錆止めされた錆びた模様入りの銅)
    • 磨いた酸化した模様入りの銅(Java版の錆止めされた酸化した模様入りの銅)
  • 銅の格子
    • 風化した銅の格子
    • 錆びた銅の格子
    • 酸化した銅の格子
  • 錆止めされた銅の格子
    • 錆止めされた風化した銅の格子
    • 錆止めされた錆びた銅の格子
    • 錆止めされた酸化した銅の格子
  • 銅の電球
    • 風化した銅の電球
    • 錆びた銅の電球
    • 酸化した銅の電球
  • 錆止めされた銅の電球
    • 錆止めされた風化した銅の電球
    • 錆止めされた錆びた銅の電球
    • 錆止めされた酸化した銅の電球
  • 銅のドア
    • 風化した銅のドア
    • 錆びた銅のドア
    • 酸化した銅のドア
  • 錆止めされた銅のドア
    • 錆止めされた風化した銅のドア
    • 錆止めされた錆びた銅のドア
    • 錆止めされた酸化した銅のドア
  • 銅のトラップドア
    • 風化した銅のトラップドア
    • 錆びた銅のトラップドア
    • 酸化した銅のトラップドア
  • 錆止めされた銅のトラップドア
    • 錆止めされた風化した銅のトラップドア
    • 錆止めされた錆びた銅のトラップドア
    • 錆止めされた酸化した銅のトラップドア
  • 凝灰岩の階段
  • 凝灰岩のハーフブロック
  • 凝灰岩の壁(Java版の凝灰岩の塀)
  • 模様入り凝灰岩(Java版の模様入りの凝灰岩)
  • 磨かれた凝灰岩
    • 磨かれた凝灰岩の階段
    • 磨かれた凝灰岩のハーフブロック
    • 磨かれた凝灰岩の壁(Java版の磨かれた凝灰岩の塀)
  • 凝灰岩のレンガ(Java版の凝灰岩レンガ)
    • 模様入り凝灰岩のレンガ(Java版の模様入りの凝灰岩レンガ)
    • 凝灰岩のレンガの階段(Java版の凝灰岩レンガの階段)
    • 凝灰岩のレンガのハーフブロック(Java版の凝灰岩レンガのハーフブロック)
    • 凝灰岩のレンガの壁(Java版の凝灰岩レンガの塀)


アイテム
  • 効果付きの矢
    • 虫食いの矢
    • 滲出の矢
    • 織物の矢(Java版の巣張りの矢)
    • ウィンドチャージの矢(Java版の蓄風の矢)
  • 旗の模様
    • フロー(Java版の渦巻き模様)
    • ガスター(Java版の風巻く者の模様)
  • ブリーズ ロッド(Java版のブリーズロッド)
  • メイス
  • レコード
    • 以下の3種類のレコードを追加した。
      • アーロン・チェロフ - 断崖(Java版のAaron Cherof - Precipice)
      • レナ レイン - クリエーター(Java版のLena Raine - Creator)
      • レナ レイン - クリエーター (オルゴール)(Java版のLena Raine - Creator (Music Box))
  • 絵画
    • 以下の20種類の絵画を追加した。
      • Meditative
      • Prairie Ride
      • Baroque
      • Humble
      • Unpacked
      • Bouquet
      • Cavebird
      • Cotán
      • Endboss
      • Fern
      • Owlemons
      • Sunflowers
      • Tides
      • Backyard
      • Pond
      • Changing
      • Finding
      • Lowmist
      • Passage
      • Orb
  • 不気味なビン(Java版の不吉な瓶)
  • 不気味なチャレンジ キー(Java版の不吉な試練の鍵)
  • ポーション
    • 虫食いのポーション
    • 滲出のポーション
    • 織物のポーション(Java版の巣張りのポーション)
    • ウィンドチャージのポーション(Java版の蓄風のポーション)
  • 壺の欠片
    • フローの壺の欠片(Java版の渦巻きの壺の欠片)
    • ガスターの壺の欠片(Java版の風巻く者の壺の欠片)
    • スクレイプの壺の欠片(Java版の斧の壺の欠片)
  • 鍛冶テンプレート(Java版の鍛冶型)
    • ボルト風の装飾(Java版のネジ止め風の装飾)
    • フロー風の装飾(Java版の旋風の装飾)
  • スポーン エッグ(Java版のスポーンエッグ)
    • ブリーズのスポーン エッグ(Java版のブリーズのスポーンエッグ)
    • 沼地のスポーンエッグ(Java版のボグドのスポーンエッグ)
  • トライアル探検家の地図(Java版の試練の間の地図)
  • チャレンジ キー(Java版の試練の鍵)
  • 風力チャージ(Java版のウィンドチャージ)


モブ
  • 沼地(Java版のボグド)
  • ブリーズ


モブではないエンティティ
  • 風力チャージ(Java版のウィンドチャージ)


ワールド構造物
  • チャレンジ部屋(Java版の試練の間)


ゲームプレイ

実績
  • 新しい実績を4つ追加した:
    • 再保管 - 不気味なチャレンジ キーで不気味な金庫を開ける
    • ロケットなんて必要? - ウィンドチャージで 8 ブロック上へ飛び上がる
    • クラフターがクラフターをクラフトする - クラフターがクラフターをクラフトする時、近くにいなさい
    • オーバーオーバーキル - メイスの一撃でハート 50 のダメージを与える
不吉なイベント
  • オプションのチャレンジは、不吉な予感を持つことで取得(トリガー)される。
    • これらはプレイヤーに挑戦し、新しい方法で体験を「揺るがす」ように設計されている。
  • 不吉な予感襲撃を直接実行しなくなった。
  • 襲撃は不吉なイベントとしてラベル付けされるようになった。
  • プレイヤーに入ると、不吉の予感から襲撃の凶兆(Java版の襲撃の予感)に変わる。
  • 不吉な予感は、プレイヤーがチャレンジ スポナー(Java版の試練のスポナー)の周辺に近づくと 試練の予感に変わる。
  • 不吉な試練:
    • このメカニズムは、アクティブなチャレンジ スポナーがプレイヤーが戦うためにモブをスポーンするときに発生する、戦闘のより挑戦的なバージョンとして説明できる。
    • 試練の予感によって発生する。
    • プレイヤーが試練の予感を持っている限り、または近くにOminous Trial Spawner(Java版の不吉な試練のスポナー)がある限り効果的に持続する。
    • 通常のチャレンジ スポナーが通常のチャレンジを制御するのと同じように、Ominous Trial Spawnerは不気味なチャレンジを制御する。
    • 試練中、ランダムなプロジェクトが生成され、アクティブなOminous Trial Spawnerの近くにドロップされる。
    • Ominous Trial Spawnerによってスポーンされたモブは、通常、可能であれば防具を着用している。
      • 防具には通常エンチャントが施されている。
      • 防具の各部分には常にボルト風の装飾(Java版のネジ巻き風の装飾)があり、銅が装飾の素材として含まれる。
新しいエンチャント
  • メイス専用の新しいエンチャントが3種類導入された。
    • 違反(Java版の防具貫通)
    • 密度(Java版の高密度)
    • 爆風(Java版のウィンドバースト)
新しいステータス効果
  • 虫食い
  • 滲出
  • 襲撃の凶兆(Java版の襲撃の予感)
  • 試練の予感
  • 機織り(Java版の巣張り)
  • ウィンドチャージ(Java版の蓄風)
新しいゲームルール
  • tntExplosionDropDecayを追加:TNTによる爆発からのドロップの減少を制御する。
    • ルールをtrueに設定すると、TNTによる爆発時にすべてのブロックがドロップしないという以前の動作を再度有効にすることができる。
  • showDaysPlayedを追加:ワールドでのプレイ日数を表示する HUD オーバーレイを表示するかどうかを制御する。
音楽


全般

環境音
  • 新しい洞窟の環境音を4種類追加した。
パーティクル
  • Trial Spawner Detection
    • 起動時にチャレンジ スポナーから放出される。
  • Ominous Trial Spawner Detection
    • 起動時にOminous Trial Spawnerによって放出される。
  • Gust / Small Gust Emitter / Large Gust Emitter
    • 風力チャージが爆発するときの爆発パーティクルに匹敵する大規模な爆発で生成される。プレイヤーの風力チャージが爆発すると、小さなエミッターは多数のガストパーティクルを生成し、大きなエミッターはブリーズの風力チャージから現れる。
  • Vault Connection
    • プレイヤーがまだロックを解除していない金庫の近くに立っているときに生成される。


変更点


ブロック

サンゴブロック死んだサンゴブロック
  • coral_blockIDのさまざまなブロック状態が独自のIDに分割された。
旧ID 新ID
coral_block tube_coral_block
brain_coral_block
bubble_coral_block
fire_coral_block
horn_coral_block
dead_tube_coral_block
dead_brain_coral_block
dead_bubble_coral_block
dead_fire_coral_block
dead_horn_coral_block
シダ
  • tallgrassIDのさまざまなブロック状態が独自のIDに分割された。
旧ID 新ID
tallgrass short_grass
fern
滑らかな石のハーフブロック砂岩のハーフブロック板材のハーフブロック丸石のハーフブロックレンガのハーフブロック石レンガのハーフブロッククォーツのハーフブロックネザーレンガのハーフブロック
  • stone_block_slabIDのさまざまな石タイプのブロック状態が、独自のIDに分割された。
旧ID 新ID
stone_block_slab smooth_stone_slab
sandstone_slab
petrified_oak_slab
cobblestone_slab
brick_slab
stone_brick_slab
quartz_slab
nether_brick_slab
ヒマワリライラック2枚重ねの背の高い草大きなシダバラの低木ボタン
  • double_plantIDのさまざまな高さ2の花タイプのブロック状態が、それぞれ独自のIDに分割された。
旧ID 新ID
double_plant sunflower
lilac
tall_grass
large_fern
rose_bush
peony


アイテム

スプラッシュポーション
  • 持続時間は通常のポーションと同様になった。

ゲームプレイ

実績
  • 実績「磨きあり、磨きなし」では、全ての新しい銅のバリエーションで錆止めしたり、錆止めを落としたりする必要がある。
  • 実績「こちらは攻撃されている!」では、襲撃の凶兆の効果を適用した状態で、30秒以内にの中を歩く必要がある。
不吉な予感
  • アイコンのテクスチャがに変更された。
  • レイドキャプテンを倒したときに自動的に付与されなくなった。
  • 不気味なビンを飲むことで発生するようになった。
  • 村にいる場合は襲撃の凶兆、不気味ではないチャレンジ スポナーの近くにいる場合は試練の予感に変化する。
酸素バー
  • プレイヤーが溺れているときのぐらつきとともに、気泡の空の状態(ファイル:Empty Bubble (icon).png)を追加した。
  • 酸素バーで泡が弾けるときのパチパチ音を追加した。


全般

コントロール
  • 新しい方向パッドタッチコントロールスキームにスライドオフの永続性を追加した。
    • デフォルトの新しいタッチDパッド制御スキームの位置とスケールを変更する。
    • タッチコントロールをカスタマイズするときに、Dpadをホットバーに近づけることもできる。
ゲームのヒント
  • ゲームのヒントの中断処理を改善した。さまざまな種類の中断を個別に追跡できるようになった。
  • プレイヤーが溶岩の中にいるときの中断を追加した。
  • 入力モードが切り替わったときの中断を追加した。
  • モブが近くにいるときの中断を追加した。
  • カメラのゲームのヒントの基本タイミングを15秒に変更した。
  • 移動のゲームのヒントの基本タイミングを30秒に変更した。
  • ブロックを壊すゲームのヒントの基本タイミングを2分に変更した。
  • ブロックを置くゲームのヒントのサバイバルの基本タイミングを5分に変更した。
  • タッチデバイスの水泳のゲームのヒントを無効にした。
メニュー画面
  • ver1.21に新しいキューブマップの背景を追加した。
教育版の切り替え
  • 教育版の切り替えがオンになっている場合、化合物アイテムがクリエイティブインベントリに表示されるようになった。
実験的機能
  • 「アップデート 1.21」実験的トグルを削除した。
  • 「実験用カメラ」実験用トグルを削除した。
設定
  • 視覚的な劣化を最小限に抑えてパフォーマンスを向上させるために、デフォルトの「アンチエイリアス」ビデオ設定を「4」ではなく「2」に変更した。


モブ

ルートテーブル
  • モブ装備のドロップ確率をJava版に近づけた。
    • エンチャントされたモブ装備のドロップ確率が2倍になることはなくなった。
    • 戦利品エンチャントのレベルごとに、モブ装備のドロップ確率が+4%から+1%に下がった。


技術的

Add-Onsとスクリプトエンジン
  • バイオームのドキュメントを別のシステムで生成するように変更した。これにより、ドキュメント要素のレイアウトと順序が変更される。
API
  • ScreenDisplay
    • getHiddenHudElements(): HudElements[]betaから11.0に移動した。
    • isForcedHidden(hudElement: HudElements): booleanbetaから11.0に移動した。
    • resetHudElements(): voidbetaから11.0に移動した。
    • setHudVisibility(visible: HudVisibility, hudElements?: HudElements[]): voidbetaから11.0に移動した。
    • hideAllExcept(hudElements?: HudElements[]): voidbetaから11.0に移動した。
  • HudElement
    • HudElementenumbetaから11.0に移動した。
    • HudElementsCountbetaから11.0に移動した。
  • HudVisibility
    • HudVisibilityenumbetaから11.0に移動した。
    • HudVisibilityCountbetaから11.0に移動した。
  • WeatherChangeBeforeEventbetaから11.0に移動した。
  • BlockPermutation
    • 関数cloneを削除した。
  • クリエイター設定UI
    • ウォッチドッグ設定。
    • スクリプトのハングしきい値を増やす。
    • 遅いスクリプトの警告を無効/有効にし、しきい値を調整する。
    • スクリプトのスパイク警告を無効/有効にし、しきい値を調整する。
    • disableWatchdogmethodを削除した。
    • 動作パックごとにスパイクと低速の警告を無効にするためのdisableWatchdogTimingWarningsを追加した。
  • ItemEnchantableComponentbetaから11.0にリリースした。
  • エンチャントAPIをbetaから11.0にリリースした。
    • インターフェースEnchantment
    • 列挙型EnchantmentSlot
    • クラスEnchantmentType
    • クラスEnchantmentTypes
  • EntityRaycastOptionsの既存のオプションの多くを備えた新しいインターフェースEntityFilterを追加した。
  • EntityRaycastOptionsEntityFilterを継承するようになった。
  • EntityQueryOptionsEntityFilterを継承するようになった。
  • プロパティblockFilter(および他のいくつかのプロパティはEntityFilterに移動)をBlockRaycastOptionsから削除した。
  • BlockRaycastOptionsBlockFilterを継承するようになった。
  • BlockFilter4.0にリリースした。
  • volumebetaからv1.11.0にリリースした。
  • typeIdBlock.matchesbetaからstableに移動した。
  • @minecraft/server.BlockType
    • idAPIをbetaからstable v1.11.0に移動した。
  • @minecraft/server.BlockTypes
    • BlockTypesAPIをbetaからstable v1.11.0に移動した。
    • typeAPIbetaからstable v1.11.0に移動した。
  • @minecraft/server.Block
    • typeAPIをbetaからstable v1.11.0に移動した。
  • GameRules
    • GameRulesbetaから1.11.0にリリースした。
    • GameRuleChangeAfterEventbetaから1.11.0にリリースした。
    • GameRuleChangeAfterEventSignalbetaから1.11.0にリリースした。
    • World.gameRulesbetaから1.11.0にリリースした。
    • WorldAfterEvents.gameRuleChangebetaから1.11.0にリリースした。
  • EntityTameableComponent
    • getTameItemsreturnタイプをItemStack[]に変更した。
    • プレイヤーを連れて行くようにtameを変更した。
    • メソッドtamedToPlayertamedToPlayerIdisTamedを追加した。
  • EntityColor2Componentbetaから1.11.0にリリースした。
  • PaletteColorbetaから1.11.0にリリースした。
  • ItemStack.matchesbetaから1.11.0にリリースした。
  • EntityNavigationComponentbetaから1.11.0にリリースした。
  • EntityNavigationClimbComponentbetaから1.11.0にリリースした。
  • EntityNavigationFloatComponentbetaから1.11.0にリリースした。
  • EntityNavigationFlyComponentbetaから1.11.0にリリースした。
  • EntityNavigationGenericComponentbetaから1.11.0にリリースした。
  • EntityNavigationHoverComponentbetaから1.11.0にリリースした。
  • EntityNavigationWalkComponentbetaから1.11.0にリリースした。
  • setTypeAPIをbetaから安定版1.11.0に移動した。
    • 追加された関数waitTick(ticks?:number):返されたPromiseは、ティック数の「ティック」後、またはティックパラメーターが指定されていない場合は1ティック後に解決される。
  • 引数waterloggedを関数setBlockPermutationから削除し、betaから1.11.0に移動した。
  • 関数saveToWorldbetaから1.11.0に移動した。
  • 関数saveAsbetaから1.11.0に移動した。
  • createFromWorldの署名を更新し、betaから1.11.0に移動した。
  • 関数getIdsの名前をgetWorldStructureIdsに変更し、betaから1.11.0に移動した。
  • 変更がクライアントに反映されるように、GameRulesルールのプロパティセッターを修正した。
  • startItemCooldownplayer.getItemCooldownbetaから1.11.0に移動した。
  • playSoundbetaから1.11.0にリリースした。
  • playSoundは現在非推奨となっており、将来のメジャーバージョンでは削除される予定。 代わりにDimension.playSoundを使用する。
  • ListBlockVolumebetaから1.11.0にリリースした。
  • BlockVolumeBasebetaから1.11.0にリリースした。
  • BlockLocationIteratorbetaから1.11.0にリリースした。
  • メソッドgetGameMode(): GameModefrombetaから1.11.0に移動した。
  • メソッドsetGameMode(gameMode?: GameMode): voidbetaから1.11.0に移動した。
  • メンバーplayerGameModeChange: PlayerGameModeChangeAfterEventSignalbetaから1.11.0に移動した。
  • メンバーplayerGameModeChange: PlayerGameModeChangeBeforeEventSignalbetaから1.11.0に移動した。
  • クラスPlayerGameModeChangeAfterEventbetaから1.11.0に移動した。
  • クラスPlayerGameModeChangeAfterEventSignalbetaから1.11.0に移動した。
  • クラスPlayerGameModeChangeBeforeEventbetaから1.11.0に移動した。
  • クラスPlayerGameModeChangeBeforeEventSignalbetaから1.11.0に移動した。
  • waitTick(ticks?:number)system.waitTicks(ticks:number);に変更した。
  • プロパティselectedSlotの名前をselectedSlotIndexに変更し、betaから1.11.0に移動した。
  • entitybetaから1.11.0に移動した。
  • EntityTameMountComponentとメソッドtamebetaから1.11.0に移動した。
ブロック
  • UV回転を可能にするためにブロックジオメトリを更新した。
    • これにより、ブロック面に適用する前に、指定したUV長方形を90度ずつ回転させることができる。
    • minecraft:geometry形式バージョン1.21.0以降でサポートされている。
  • ブロック変換コンポーネントにスケール用のピボットを追加した。
  • ブロック変換コンポーネントに回転用のピボットを追加した。
コンポーネント
  • behavior.panicdamage_sourcesフィールドのデフォルト値が更新された。
    • この変更は、形式バージョン1.21.0以降のエンティティにのみ影響する。
  • 同じカスタムコンポーネントを持つ複数のアイテムがカスタムコンポーネントロジックを正しくトリガーするようになった。
エンティティ
  • UV回転を可能にするためにエンティティジオメトリを更新した。これにより、エンティティモデルの立方体面に適用する前に、指定したUV四角形を90度ずつ回転させることができる。 minecraft:geometryフォーマットバージョン1.21.0以降でサポートされている。
アイテム
  • ロック解除要件がminecraft:recipe_shapelessおよびminecraft:recipe_shapelessのクライアントに送信されるようになった。
    • これにより、ゲームルールdolimitedcraftingがオンのときに常にロックが解除されるレシピをUIが提案できるようになる。
全般
  • 本機能がリリースされたため、無料のカメラ実験は廃止され、トグルは削除された。
    • 無料カメラプリセットの今後の改善は、新しい実験的なトグルで利用可能になったときに確認できるようになる。サンプルは、カメラコマンドのドキュメントに存在する。
Molang
  • アニメーションコントローラー用にMolangstate_time ->numberを追加した。これは、現在のコントローラー状態で費やされた時間を秒単位で返す(ブレンド時間を含む)。 「今後のクリエイター機能」の実験的な切り替えが必要。
server.properties
  • デフォルトのserver.propertiesからserver-authoritative-block-breakingを削除した。
  • server.propertiesからserver-authoritative-soundを削除した。



実験的機能


以下の追加と変更には、「ベータ API」実験的な切り替えを有効にすることで利用できる。

変更点(実験的)


技術的

API
  • betaItemComponentMineBlockEventを追加した。
  • イベント信号
    • 購読解除は@throwsとしてマークされなくなった。 例外をスローせず、例外をスローしたこともない。
  • getAllbetaに追加した。
  • プレイヤー入力権限のカテゴリを有効または無効にするためのPlayerInputPermissionsinputPermissionsを追加した。
  • InputPermissionCategoryを追加した。
  • プレイヤーの入力権限の変更を聞くためのafterEvents.playerInputPermissionCategoryChangeを追加した。
  • ignoreBlockCollisionEntityRaycastOptionsに追加した。これにより、trueの場合、ブロック衝突時にレイキャストが停止しなくなる。
  • includePassableBlocksEntityRaycastOptionsに追加した。これにより、trueの場合、ツタや花などの通行可能なブロックはレイキャストをstopするブロックとみなされる。
  • includeLiquidBlocksEntityRaycastOptionsに追加した。これにより、trueの場合、液体ブロックはレイキャストを停止するブロックとみなされる。
  • betaItemComponentHitEntityEventItemComponentBeforeDurabilityDamageEventを追加した。
  • APIgetは、名前が変更された項目を処理できるようになり、古い名前を参照するスクリプトも意図したとおりに動作する。
  • betaItemComponentUseOnEventを追加した。
  • JavaScriptエンジンの更新:
    • BigIntのサポート。
    • hasOwn
    • 配列findLastat
    • その他の不具合を修正した。
  • 関数をfillBlocks(begin: Vector3, end: Vector3, block: BlockPermutation | BlockType | string, options?: BlockFillOptions): numberからfillBlocks(volume: BlockVolumeBase | CompoundBlockVolume, block: BlockPermutation | BlockType | string, options?: BlockFillOptions): ListBlockVolumeに変更した。
  • BlockFillOptions
    • メンバーmatchingBlock?: BlockPermutationを削除した。
    • メンバーblockFilter?: BlockFilterを追加した。
    • メンバーignoreChunkBoundErrors?: booleanを追加した。
  • betaItemComponentUseCompleteEventを追加した。
  • betaItemComponentConsumeEventを追加した。
  • EntityTameMountComponent
    • メソッドtameToPlayerを追加した。
    • プロパティisTamedisTamedToPlayertamedToPlayertamedToPlayerIdを追加した。
  • GameRules
    • プロパティshowDaysPlayedbetaに追加した。
  • 変更がクライアントに反映されるように、PlayerInputPermissionsinput-lockカテゴリのプロパティセッターを修正した。
  • 新しいインターフェイスVectorXZを追加した。
  • 追加されたメソッドgetTopmostBlockwhichは、ワールドの上から下に向かってレイキャストを実行し、最初のソリッドブロックを見つけようとする。
  • 追加されたメソッドgetBlockAbovewhichは、指定された位置からレイキャストを実行し、上にある最初のソリッドブロックを見つけようとする。
  • 追加されたメソッドgetBlockBelowwhichは、指定された位置からレイキャストを実行し、下にある最初のソリッドブロックを見つけようとする。
  • EntityAddRiderComponent
    • プロパティ readonly entityType: stringbetaから1.11.0に移動した。
    • プロパティ readonly spawnEvent: stringbetaから1.11.0に移動した。
  • EntityRideableComponent
    • プロパティ readonly setCount: numberbetaから1.11.0に移動した。
    • プロパティ readonly crouchingSkipInteract: booleanbetaから1.11.0に移動した。
    • プロパティ readonly interactText: stringbetaから1.11.0に移動した。
    • プロパティ readonly controlseat: numberbetaから1.11.0に移動した。
    • プロパティ readonly passageMaxWidth: numberbetaから1.11.0 に移動した。
    • プロパティ readonly pullInEntities: booleanbetaから1.11.0 に移動した。
    • プロパティ readonly riderCanInteract: booleanbetaから1.11.0 に移動した。
    • プロパティ readonly seatCount: numberbetaから1.11.0に移動した。
    • 関数 addRider(rider: Entity): booleanbetaから1.11.0に移動した。
    • 関数 ejectRider(rider: Entity): voidbetaから1.11.0に移動した。
    • 関数 ejectRiders(): voidbetaから1.11.0に移動した。
    • 関数 getFamilyTypes(): string[]betaから1.11.0に移動した。
    • 関数 getRiders(): Entity[]betaから1.11.0に移動した。
    • 関数 getSeats(): Seat[]betaから1.11.0に移動した。
  • シート
    • プロパティ readonly lockRiderRotation: numberbetaから1.11.0に移動した。
    • プロパティ readonly maxRiderCount: numberbetaから1.11.0に移動した。
    • プロパティ readonly minRiderCount: numberbetaから1.11.0に移動した。
    • プロパティ readonly position: Vector3betaから1.11.0に移動した。
    • プロパティ readonly seatRotation: numberbetaから1.11.0に移動した。
  • EntityRidingComponent
    • プロパティ readonly entityRidingOn: Entitybetaから1.11.0に移動した。

修正


104 issues fixed
ver1.21.0以前のリリースバージョンより
  • MCPE-37112 – 投げられたトライデントが止まっているエンダードラゴンにダメージを与える。
  • MCPE-42310 – プレイヤーは、ワールドが正しく読み込まれる前にスポーンしてダメージを受けたり死亡したりする可能性がある。
  • MCPE-44845 – クロスボウに「描く」と「解放」のツールチップが表示されない。
  • MCPE-44848 – 演台にアイテムを持っていないときに「本を読む」ツールチップが表示されない。
  • MCPE-56036 – TNTのドロップ率は100%ではない。
  • MCPE-99315 – モブは南または東の斜面、または固体ブロックで作られた幅1のトンネルにはスポーンできない。
  • MCPE-105535 – ボートから飛び降りるとボートが沈む。
  • MCPE-118433 – 実績「漂流者」を解除できない。
  • MCPE-120687 – プレイヤーがボートの上に立っていると、ボートが上昇中に沈む。
  • MCPE-128908 – 大規模なマーケットプレイスのコンテンツクリエイターの帽子がモブヘッドを着用しているときに表示される。
  • MCPE-139168 – 飼いならされたオオカミは高いところからハチミツを滑り降りるときに浮く。
  • MCPE-157688 – Nintendo Switchにてドアを配置できない。
  • MCPE-159959 – Nintendo Switchをドッキングステーションに戻すと、UI/メニューが縮小する。
  • MCPE-163023 – Xbox:コントローラーの一部またはすべてのボタンを押しても反応しない。
  • MCPE-167513 – 落下ダメージを受けるとさまざまなモブがパニックに陥る。
  • MCPE-170890 – チャットでEnterキーを押してもXboxでメッセージやコマンドが送信されない。
  • MCPE-173632 – モバイルスタック分割バーがわずかにオフセットされる。
  • MCPE-173919 – 遅延パイプライン技術プレビューを使用する場合の黒い太陽。
  • MCPE-174648 – キーボードの矢印キーを使用して以前に送信したメッセージに移動できない。「Xbox 上」
  • MCPE-175449DoLimitedCraftingがオンになっている間は花火の継続時間を延長できない。
  • MCPE-175550 – 最新バージョンに更新後、ゲームが35~41%の確率でフリーズする。
  • MCPE-176362 – 凝灰岩のハーフブロック、凝灰岩の階段、凝灰岩の壁では、凝灰岩の音の代わりに石の音が鳴る。
  • MCPE-176434 – 磨かれた凝灰岩のハーフブロックと凝灰岩のレンガのハーフブロックはすぐに破壊される。
  • MCPE-176505 – ALTキーが Android、iOS、iPadOSで機能しない。
  • MCPE-176613 – 一部の銅/凝灰岩のレシピがまだない。
  • MCPE-176878 – 右のShiftキーが登録されていない。
  • MCPE-177037 – ジャンプ時にブリーズが危険なブロックを避けることができない。
  • MCPE-177064 – チャレンジ部屋の飾り壺がプレイヤーによって交換された後に戦利品をドロップする。
  • MCPE-178507 – 画面外のときにスニッファー、ラクダ、ブリーズの効果音が再生されない。
  • MCPE-178574 – iOSとAndroidで以前のチャットメッセージへの移動に不具合が発生する。
  • MCPE-178672 – ワックスがけとワックスがけを解除するときに、上部の銅のトラップドアがブロックの底に移動する。
  • MCPE-178858 – 1.20.60への更新により、プレイヤーのスプリントジャンプの動作が変更された。
  • MCPE-178878 – 粉雪ブロックは風力チャージによる落下ダメージを無効にしない。
  • MCPE-178882 – 沼地は通常のスケルトンやストレイと同じ攻撃間隔を持ち、Java版と同じではない。
  • MCPE-178891 – 風力チャージの落下ダメージがスライムブロックによってキャンセルされない。
  • MCPE-178894 – 風力チャージを使って水から出ると落下ダメージを受ける。
  • MCPE-178900 – 風力チャージによりブリーズが吹く可能性がある。
  • MCPE-178902 – 沼地は他のモブからの攻撃に対して反撃しない。
  • MCPE-178910 – 「min_engine_version」により、エンティティのバニラリソースパックが、ファイルが1つしかないエンティティでは正しく動作しなくなる。
  • MCPE-179193 – 風力チャージが互いに衝突する可能性がある。
  • MCPE-179260 – チャレンジ部屋では金庫が常に南向きに生成される。
  • MCPE-179304 – 風力チャージはエンドクリスタルを破壊する可能性がある。
  • MCPE-179323 – 沼地のスケルトンの亜種は、テクスチャの位置が他の亜種と矛盾している。
  • MCPE-179358 – 金庫の前面のテクスチャが一貫していない。
  • MCPE-179379 – ブリーズの風力チャージは落下ダメージを無効化する。
  • MCPE-179440 – ブロックを移動するとクラッシュが発生する。
  • MCPE-179650 – レシピブックに旗が表示されなくなった。
  • MCPE-179679 – メイスに耐久力、アンデッド特効、虫特効、火属性をエンチャントすることはできない。
  • MCPE-179686 – 特定の状況ではリスポーン半径が依然としてデフォルトの5になる。
  • MCPE-179689 – 新しいコントロールUIでは、画面上の指のタッチ位置を切り替えずに水中で継続的に移動したり下降したりすることは不可能。
  • MCPE-179777 – 新しい世界の編集画面の「Realmsサーバーでプレイ」ボタンのテキストが新しい世界の作成画面と一致しない。
  • MCPE-179883 – コンテンツログエラー「[RuntimeCamera][warning]-カメラがプレーヤー チャンク半径の外に移動すると、チャンクはロードされません...」 - アンロードされたエリアにテレポートするとき。
  • MCPE-179904 – 移動中に視点を切り替えると、誤ったカメラ位置とプレーヤーのアニメーションが一瞬点滅する。
  • MCPE-179910 – ヘビー コアはピストンで押されると壊れる。
  • MCPE-179911 – ヘビー コアは粘着ピストンでは引っ張ることができない。
  • MCPE-179920 – 「村人の貿易のバランス調整」と「アップデート 1.21」の実験を同時に切り替えると、製図家がトライアル探索家の地図を販売しない。
  • MCPE-180109 – クモの巣の設置および破壊時の効果音に、新しい効果音がない。
  • MCPE-180142 – アルマジロは環境から継続的にダメージを受けると動けなくなる。
  • MCPE-180190 – 凝灰岩は地図上には表示されない。
  • MCPE-180918 – 「パックの1つを読み込む際に問題が発生した」
  • MCPE-181000 – 貫通エンチャント付きトライデントで急降下し、飛行中にメイスに切り替えると、モブに着地したときにスマッシュ攻撃が実行される。
  • MCPE-181228 – キャラクタークリエイターで目のオプションに「なし」を選択すると、キャラクターと他のキャラクタースロットが破損する。
その他
  • ポーションで満たされた大釜は、ピストンで押されたときにポーションの色を維持するようになった。
  • 複製されたコンテナがコンテナ画面を開いたままにしなくなり、クラッシュが発生するようになった。
  • 爆発で破壊されたブロックからドロップしたアイテムは、ワールドにスポーンする前に、より大きなアイテムスタックに統合されるようになった。
  • タッチデバイスでは、プレイヤーは選択したアイテムスタックをドラッグすることで、複数のスロットに再度分配できる。
  • スニークに関するゲームヒントは、プレイヤーがスニークするときに適切に解決されるようになった。
  • PS4で実績「ありの~ままの~!」トロフィーのロックが解除されない問題を修正。
  • エンティティ上のアイテムを使用する場合、再度使用できるようになる前に使用ボタンを放す必要があるようになった。これにより、プレイヤーがエンティティと対話するときに不用意にアイテム自体を消費してしまうことがなくなった。
  • 新しいRealmsでワールドを作成し、「オンラインセーフティ」ダイアログボックスでバックアウトするときに発生する可能性のあるクラッシュを修正。
  • 「オプトアウトしてもよろしいですか?」を更新した。 Realmsストーリーモーダルにより、後でオプトインできることをプレイヤーに知らせる。(「プレビュー版」のみ)
  • ストーリーフィードタブの新しい投稿に対する未読バッジの表示に一貫性がない問題を修正。(「プレビュー版」のみ)
  • Realmsストーリーの新規投稿画面には、テキスト読み上げがオンになっているアクティブなボタンが列挙されるようになった。(「プレビュー版」のみ)
  • Androidデバイス間でダークモードのオンとオフを切り替えたときのアプリ/フローの再起動の防止をサポートする。
  • ポケットUIの誤ったホットバースケール設定を削除した。
  • エンティティ識別子が複雑すぎる場合のクラッシュを修正。
  • 使用時間が長いアイテムを使用中にテレポートすると、使用時間が経過するまで反応しなくなる場合がある問題を修正。
  • ユーザーがタッチデバイスのキーボードを使用してインベントリ内を移動できない不具合を修正。
  • 遅延技術プレビューで一人称視点で手に持っているときに旗の持ち手部分が点灯しない問題を修正。
  • /hudコマンドで表示を変更できるように空腹要素を修正。
  • 一部のモデルのリスト項目に欠落していたインデントが追加された。これにより、リストが読みやすくなる。
  • タッチデバイスで、異なるスロット間でアイテムを移動するときに、移動するアイテムと移動先のスロットの間でアイコンが重複して表示されなくなった。
  • タッチデバイスで、エンチャントされたアイテムを異なるスロット間で移動するときに、移動アイコンが正しく描画されるようになった。
  • タッチデバイスでは、スタックできないアイテムに対してスタック分割UIが表示されなくなった。
  • タッチデバイスでは、クリエイティブインベントリのアイテムが選択できなくなった。
  • タッチデバイスでは、2つの同一のアイテムを交換できるようになった。
  • プレイヤーが窒息し始めたときに発生する可能性のあるクラッシュを修正。
  • Realmsストーリーの「オプトイン」画面でピリオドが「ドット」としてナレーションされるいくつかのインスタンスを修正。(「プレビュー版」のみ)
  • 要素が誤って上書きされるドキュメント生成のいくつかの場所を修正した。このため、アニメーション、ブロック、エンティティ、およびパーティクルファイル内で少量のドキュメントが表示または移動された。
  • 遅延技術プレビューで正しく描画されないハイトマップテクスチャを修正。
  • ネザーポータルでプレイヤーが死亡した場合、カメラが揺れてスポーンすることはなくなった。
  • ステータス効果のパーティクルの色は、1つのパーティクルの色にブレンドされなくなった。 最大8つのアクティブな可視ステータス効果パーティクルが個別に描画されるようになった。
  • ポーションのウィンドチャージ(Java版の蓄風)、虫食い、機織り(Java版の巣張り)、滲出の効果の持続時間をJava版と一致させた(3分)。
  • 複数のソースに基づいて、無料のRealmsトライアルを一貫して宣伝するゲームを修正。
  • 分割画面でモブがアンロードされたときにモブのアニメーションが再生されない問題を修正。
  • 銅のトラップドアは時間の経過とともに酸化するようになった。
  • あらゆるタイプの石製ハーフブロックを使用して真紅の板材、マングローブの板材、歪んだ板材で砥石を作成できるレシピの不具合を修正した。現在は実際の通常の石製ハーフブロックのみを使用でき、他の種類の石は使用できない。
  • タッチコントロールを使用する場合、ポータルの表面を破壊することでネザーポータルを再び破壊することができる。
  • クラフターが壊れたときに正しいパーティクルを表示するようになった。
  • プレイヤーが撃った風力チャージの爆発サウンドは、「敵対的生物」サウンド設定の影響を受けなくなった。
  • 虫食い状態の効果を受けたモブは、盾でダメージをブロックしたときにシルバーフィッシュを生成しなくなった。
  • ブリーズが火の近くをパスファインディングできるようになった。
  • チャレンジ部屋のさまざまな壊れた、または間違ったジグソーデータを修正。
  • ブロックとアイテムが同じ識別子で登録されている場合、ブロックが「選択」したときにヌルアイテムを返す不具合を修正。
  • 一部のマーケットプレイスワールドで絵画を配置するときにテクスチャが失われる可能性がある問題を修正した。現在のセッションよりも上のバージョンの絵画モチーフは、絵画を配置するときに選択されない。
  • 不吉なチャレンジでランダムに撃ち落とされた矢の発射体が、毒や移動速度低下IVではなく、負傷IIまたは落下速度低下の効果を持つ不具合を修正。
  • Ominous Vaultで落下速度低下の矢が移動速度低下IVの矢ではなく見つかる不具合を修正した。ドロップ増加エンチャントにより、ヴェックスの剣やOminous Trialsの装備など、ドロップ確率が0%のモブ装備がドロップしてしまう不具合を修正した。
  • パーティクル効果のライフタイムイベントタイムラインが期待どおりにイベントをトリガーしない問題を修正。
1 issue fixed
ver1.20.30以前のリリースバージョンより
  • REALMS-11707 – 「遅延ブロック解除」がオフになっている場合、クリエイティブに切り替えた後にブロックが再び表示される。



ver1.20 - 旅路と物語(Trails & Tales)[編集 | ソースを編集]

1.20.81[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2024年4月29日(Nintendo Switch以外のプラットフォーム)
  • 2024年5月3日(Nintendo Switch)


修正


  • ゲームプレイ中に発生する可能性のあるいくつかのクラッシュを修正。
  • テレポート後にカメラが1フレーム遅れることはなくなった。



1.20.80[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2024年4月23日


追加


アイテム
  • アルマジロの甲羅(Java版のアルマジロのウロコ)
  • アルマジロのスポーン エッグ(Java版のアルマジロのスポーンエッグ)
  • オオカミの防具(Java版のオオカミの鎧)


モブ
  • アルマジロ
  • オオカミ
    • 8種類の新しいオオカミの種類を追加した:
      • Woods Wolf(直訳:森のオオカミ)
      • Striped Wolf(直訳:縞模様のオオカミ)
      • Spotted Wolf(直訳:斑点模様のオオカミ)
      • Snowy Wolf(直訳:雪色のオオカミ)
      • Rusty Wolf(直訳:サビ色のオオカミ)
      • Chestnut Wolf(直訳:栗色のオオカミ)
      • Black Wolf(直訳:黒色のオオカミ)
      • Ashen Wolf(直訳:灰色のオオカミ)
    • 通常のオオカミはPale Wolf(直訳:淡い色のオオカミ)と呼ばれるようになった。


全般

Realmsストーリー
  • Realmsの新しいソーシャルハブであるRealmsストーリーの紹介。
  • Realmsストーリーの機能は次の通り。
    • ストーリーフィード – ゲームプレイの最高の瞬間を他のRealmメンバーと共有できる。
    • タイムライン – 他のメンバーがいつRealmsでプレイしているかを確認できる。
    • 「メンバー」タブ – すべてのRealmsメンバーとその権限レベルのリストが表示される。
    • Realmsイベント – Realms内で特定のプレイヤーのアクションが行われたときに自動的に投稿されるストーリー。
      • これまでに19のユニークなRealmsイベントがある。


変更


ブロック

カカオ豆
  • 完全に成長したカカオの実は、一貫して3個のカカオ豆をドロップするようになった。
ウチワサンゴ
  • coral_fanIDのさまざまなウチワサンゴタイプのブロック状態が、それぞれ独自IDに分割された。
旧ID 新ID
coral_fan tube_coral_fan
brain_coral_fan
bubble_coral_fan
fire_coral_fan
horn_coral_fan
死んだウチワサンゴ
  • coral_fan_deadIDのさまざまな死んだウチワサンゴタイプのブロック状態が、それぞれ独自IDに分割された。
旧ID 新ID
coral_fan_dead dead_tube_coral_fan
dead_brain_coral_fan
dead_bubble_coral_fan
dead_fire_coral_fan
dead_horn_coral_fan
  • red_flowerIDのさまざまな花タイプのブロック状態が、それぞれ独自IDに分割された。
旧ID 新ID
red_flower poppy
blue_orchid
allium
azure_bluet
red_tulip
orange_tulip
white_tulip
pink_tulip
oxeye_daisy
cornflower
lily_of_the_valley
苗木
  • saplingIDのさまざまな苗木タイプのブロック状態が、それぞれ独自IDに分割された。
旧ID 新ID
sapling oak_sapling
spruce_sapling
birch_sapling
jungle_sapling
acacia_sapling
dark_oak_sapling
不明、info_update、Reserved6
  • 欠落しているタイルテクスチャを茶色の疑問符が付いた土ブロックに更新した。


アイテム

耐久値バー
  • 耐久値バーの色を一新した。
    • バーの長さ全体で色が明るくなり、Java版と一致するようになった。以前は、長さが短くなるにつれて、グレープグリーン、濃い黄色、濃いオレンジ、濃いオレンジがかった赤、そして最終的には赤に変化して消えていった。
  • 耐久値バーの背景が透明だったが、完全に黒色になった。
オオカミの防具
  • オオカミの防具は実験的なトグルから外され、通常のゲームプレイに利用できるようになった。


モブ

アルマジロ
  • アルマジロは実験的なトグルから外され、通常のゲームプレイに利用できるようになった。
キツネ
  • キツネが以前よりも林バイオームにスポーンする可能性が低くなった。
ウサギ
  • ウサギは以前よりも林バイオームにスポーンする可能性が高くなった。


コマンドフォーマット

/hud
  • /hudコマンドを、今後のクリエイター機能の試験運用切り替えから移動した。
/titleraw/tellraw
  • 入力キーグリフの描画サポートを含むように更新された。


全般

フレンド追加画面
  • 以下を含む複数の機能が追加された。
    • 推奨および提案された友達のリスト。
    • 検索が改善され、入力中に部分的な結果が表示されるようになった。
    • QR コードまたは共有リンクを通じてプロフィール情報を共有する機能。
    • ゲーマータグをクリップボードにコピーする便利なボタン。
死亡画面
  • 「死んでしまった!」画面を更新した。 これにより、実験的機能ではなくなった。
試験的機能
  • 「アルマジロとオオカミの防具」実験的なトグルを削除した。
設定
  • Xbox Series X|Sコンソールの最大描画距離が36に増加した。
  • フィードバックボタンは、メイン メニューから「ヘルプセンター」というラベルが付いた「全般」タブの「設定」画面に移動された。


技術的

API
  • 動的インポート(例:import("/my-module.js"))が再び機能するようになった。
  • BlockTypesは、フラット化またはリファクタリングされたブロック名の有効なタイプを返すようになった。
  • EntityMountTamingComponent
    • EntityMountTamingComponent名前がEntityTameMountComponentに変更された。
    • setTamedの名前がtame に変更された。
  • BlockComponentTypesbetaから1.10.0にリリースした。
  • EntityComponentTypesbetaから1.10.0にリリースした。
  • ItemComponentTypesbetaから1.10.0にリリースした。
  • 現在サポートする実装がないため、EntityHealableComponent.filtersを削除した。
  • ItemColorComponent/ItemColor2Componentで使用するために、PaletteColor列挙型をbetaに追加した。
  • minecraft:color2を読み取るためのItemColor2Componentbetaに追加した。
  • 32キロバイトを超えるキーを使用して動的プロパティを設定すると、例外が発生するようになった。
  • EntityTypeEntityTypesbetaから1.11.0に移動した。
  • playMusicPlayer.queueMusicPlayer.stopMusicbetaから1.11.0にリリースした。
  • BlockAreaSizebetaから削除し、使用箇所をVector3に置き換えた。
  • getItemCooldownplayer.startItemCooldownのパラメータitemCategoryの名前をcooldownCategoryに変更した。
  • APIガイドラインに従い、タイプをEnchantmentTypeのみに変更した。
  • アイテムのエンチャント可能なスロットを決定するために、EnchantmentSlotとスロットを{cd|beta}}に追加した。
  • ベータAPI機能フラグの下にminecraft:custom_componentsブロックコンポーネントを追加した。
カメラ
  • extend_player_renderingカメラコンポーネントを追加した。これにより、エンティティの最大描画距離を超えている場合でも、プレイヤー(および乗馬やリードを通じて接続されているエンティティ)を描画できるようになる。
  • 「extend_player_rendering」コンポーネントを minecraft:freeカメラに追加した。
    • このコンポーネントは、現在の機能の強化と改善を目的としており、デフォルトで「true に設定」される。
    • このコンポーネントをfalseに設定すると、追加された描画機能が削除される。ドキュメントの日付はリリース前に変更される。
  • カメラがプレーヤーから遠く離れた場所に配置されている場合でも、その情報がサーバー上にすでに存在する場合、サーバーはカメラの周囲のチャンクとアクターをクライアントに送信するようになった。
コンポネート
  • interactコンポーネントのフィールドequip_item_slotdrop_item_slot は、防具スロットとインベントリスロットの両方をサポートするようになった。
    • 防具スロットは、slot.armor.headslot.armor.chestslot.armor.legs、およびslot.armor.feetとして指定される。
    • インベントリスロットは正の数値として指定されていたが、現在は文字列として表現されている。
    • この変更には、バージョン1.20.80以降のワールドが必要。
  • repair_entity_itemフィールドをinteractコンポーネントに追加した。これにより、エンティティのインベントリまたは防具スロットの1つにあるアイテムを修復できるようになる。
  • minecraft:body_rotation_blockedコンポーネントを追加した。これにより、エンティティが自身の向きに合わせて体を視覚的に回転させることができなくなる。
  • behavior.timer_flag_1behavior.timer_flag_2behavior.timer_flag_3の持続時間とクールダウンは、スポーン時のみならず、開始時と終了時の両方で正しくランダム化されるようになった。
エンティティフィルタ
  • エンティティが座っているかどうかをチェックする新しいエンティティフィルタis_sittingを追加した。
  • 新しいエンティティフィルタhas_damagged_equipmentを追加した。これは、エンティティの指定されたスロットに特定の破損した機器があるかどうかをチェックする。
モブ
  • 将来的にモブのスポーンに使用されるスポーン・カテゴリーを追加した。
    • スポーンカテゴリはエンティティビヘイビアーパックファイルで有効化されているが、まだ機能しない。
Molang
  • 指定されたスロットの防具アイテムのダメージ値を返す新しいクエリquery.armor_slot_damageを追加した。
レシピ
  • 形状レシピにassume_symmetryブール値プロパティを追加し、異なる出力を持つ対称形状レシピを可能にした。


実験的な機能


以下の追加・変更点は「アップデート 1.21」、「ベータ API」の実験的なトグルを有効にすることで利用できる。


追加 (実験的)


ブロック

ヘビー コア (Heavy Core)
  • ブリーズ ロッドと組み合わせてメイスを作成できる、神秘的な高密度ブロック。
  • 爆発耐性がある:爆発耐性は黒曜石のものと一致する。
  • 水没することがある。


アイテム

旗の模様
  • 2種類の旗の模様を追加した:
    • 旗の模様(フロー) (Flow Banner Pattern)
    • 旗の模様(ガスター)(Guster Banner Pattern)
ブリーズ ロッド (Breeze Rod)
  • ブリーズによってドロップされる。
  • 4つの風力チャージを使用して作成できる。
  • ヘビー コアと使用してメイスを作成できる。
メイス (Mace)
  • ブリーズ ロッド とヘビー コアから作成できる新しい重武器。
  • 落下中に武器を使用するとダメージ出力が増加する可能性がある。プレイヤーが高く落ちるほど、より多くのダメージが与えられる。
    • これは、プレイヤーが地面に着く前にターゲットに向かってジャンプしてターゲットを攻撃することで実行できます。
    • この方法でターゲットを攻撃することに成功すると、ウィンドバーストの仕組みと同様に、落下によって蓄積されたダメージが無効になる。
    • 攻撃を受けた敵の近くにある他のエンティティはノックバックを受けます。
  • 金床でブリーズ ロッドを使用してメイスを修復できる。
  • プレイヤーはメイスと風力チャージを組み合わせて使用し、敵に壊滅的なスマッシュ攻撃を繰り出すことができる。
壺の欠片
  • 試験室内の飾り壺で見つかる新しい壺の欠片を3つ追加した:
    • フロー陶磁器の破片 (Flow Pottery Sherd)
    • ガスター陶磁器の破片 Guster Pottery Sherd)
    • スクレイプ陶磁器の破片 (Scrape Pottery Sherd)
鍛冶テンプレート
  • 金庫からのみ入手できる2つの新しい鍛冶テンプレートを追加した:
    • ボルト風の装飾 (Bolt Armor Trim)
    • フロー風の装飾 (Flow Armor Trim)
Trial Chambers Map
  • 一人前の製図家から交換できる。
  • 近くのチャレンジ部屋を示す。


変更(実験的)


ブロック

金庫 (Vault)
  • 金庫の打撃音のピッチがJava版に合わせて修正された。
  • 金庫のビジュアルを更新した。
  • チャレンジ部屋の保管庫の報酬品は、いくつかの在庫管理の問題に対処するために更新された。
    • 1人のプレイヤーが保管庫ごとに取得できるスタック不可アイテムは1つだけになる。
    • 1人のプレイヤーがスタックできる報酬をより頻繁に獲得する。
    • 報酬品の一覧から馬鎧が削除された。
  • 以下のものは取り出しできる:


アイテム

風力チャージ (Wind Charge)
  • 風力チャージのダメージは 1ヒットあたり1()に減少した。
  • 分配された風力チャージは中央にスポーンされるようになった。


モブ

沼地 (Bogged)
  • テクスチャとモデルが更新された。
  • ハサミを使うと、2つのキノコ(赤/茶色の両方、またはそれぞれ1つずつ)をドロップする。
ブリーズ (Breeze)
  • 水で溺れないように、足ではなく目で呼吸するようになった。
  • プレイヤーによって倒された場合、風力チャージの代わりに1~2個のブリーズ ロッドをドロップするようになった。
    • ドロップされるブリーズ ロッドの数は、ドロップ増加エンチャントの影響を受ける。


ワールド構造物

チャレンジ部屋 (Trial Chambers)
  • チャレンジ部屋ーは現在、Java版と同じ場所および構成に配置されている。
  • 新しいチャレンジ部屋と種類を追加し、新たな挑戦を受けるようになった。
    • chamber_9を作り直し、名前をslantedに変更した。
    • chamber_3を作り直し、名前をpedestalに変更した。
  • 装飾構造プールの飾り壺にフロー、ガスター、およびスクレープの壺の欠片を追加した。
  • 廊下に頻繁に出現するようになった。
  • 金庫の周囲のブロックのレイアウトを変更した。


技術的

API
  • カスタムコンポーネントのブロック[1]
    • betaBlockComponentStepOnEventを追加した。
    • betaBlockRegistryを追加した。
    • WorldInitializeBeforeEventを追加した。
    • BlockCustomComponentを追加した。
  • ディメンション:
    • 追加関数getBlocks(volume: BlockVolumeBase, filter: BlockFilter, allowedUnloadedChunks?: boolean): ListBlockVolume - フィルターに一致する場合、ボリューム内のブロックを取得する。
    • 追加関数containsBlock(volume: BlockVolumeBase, filter: BlockFilter, allowedUnloadedChunks?: boolean): boolean - ボリューム内のブロックがフィルターに一致する場合は true を返す。そうでない場合は、falseを返す。
  • ItemCooldownComponentbetaから1.10.0に移動した。
  • betaBlockComponentStepOffEventを追加した。
  • onStepOffBlockCustomComponentに追加した。
  • betaBlockComponentRandomTickEventを追加した。
  • onRandomTickBlockCustomComponentに追加した。
  • 構造物
    • クラスStructureTemplateの名前をStructureに変更した。
    • 読み取り専用プロパティsize: Vector3を追加した。 - 構造体のサイズをブロック単位で返す。
    • 関数getBlockPermutation(location: Vector3): BlockPermutation unknown;を追加した。 - 構造内の指定された位置にあるブロックの順列を返す。
    • 関数isValid(): booleanを追加した。 - 構造が削除されている場合はfalseを返す。
    • 関数getIsWaterlogged(location: Vector3): boolean;を追加した。 - 指定された位置のブロックが水没しているかどうかを返す。
  • 編集ツールで永続エンティティをサポートするために、ブール値のinitialPersistenceフィールドを持つオプションのSpawnEntityOptionsspawnEntity(…)関数に追加した。
  • getItemStack(amount?: number, withData?: boolean): ItemStack undefinedbetaから1.10.0に移動した。
  • getItemStack(amount?: number): ItemStack undefinedbetaから1.10.0に移動した。
  • EntityAgeableComponent
    • プロパティtransformToItembetaに追加した。
  • EntityDefinitionFeedItem
    • beta の名前空間を持つ名前を返すようにプロパティitemを更新した。
  • EntityTypeFamilyComponentbetaから1.10.0に移動した。
  • betaBlockComponentTickEventを追加した。
    • onTickを追加した。
  • betaBlockComponentEntityFallOnEventを追加した。
    • onEntityFallOnを追加した。
  • betaBlockComponentPlayerPlaceBeforeEventを追加した。
    • beforeOnPlayerPlaceを追加した。
  • betaBlockComponentPlayerInteractEventを追加した。
    • onPlayerInteractを追加した。
  • betaBlockComponentPlayerDestroyEventを追加した。
    • onPlayerDestroyを追加した。
  • betaBlockComponentOnPlaceEventを追加した。
    • onPlaceを追加した。
  • betaItemComponentRegistryを追加した。
  • betaItemCustomComponentを追加した。
  • betaItemComponentUseEventを追加した。
    • structuralManagerbetaから1.10.0に移動した。
  • 構造マネージャー
    • createEmptybetaから1.10.0に移動した。
    • deletebetaから1.10.0に移動した。
    • getbetaから1.10.0に移動した。
    • placebetaから1.10.0に移動した。
    • idbetaから1.10.0に移動した。
    • getBlockPermutationbetaから1.10.0に移動した。
    • getIsWaterloggedbetaから1.10.0に移動した。
    • isValidbetaから1.10.0に移動した。
  • StructureSaveModebetaから1.10.0に移動した。
  • StructureRotationbetaから1.10.0に移動した。
  • StructureAnimationModebetaから1.10.0に移動した。
  • StructureMirrorAxisbetaから1.10.0に移動した。
  • StructureReadOptionsを削除した。
  • StructureCreateOptionsbetaから1.10.0に移動した。
  • StructurePlaceOptionsbetaから1.10.0に移動した。
  • InvalidStructureErrorbetaから1.10.0に移動した。
ブロック
  • ベータAPI実験の背後に minecraft:entity_fall_onブロックコンポーネントを追加した。
  • ベータAPI実験の背後に minecraft:tickブロックコンポーネントを追加した。
エンティティコンポーネント
  • プロパティpassengerMaxWidthEntityRideableComponentに追加した。
  • プロパティseatRotationSeatに追加した。
アイテム
  • ベータAPI機能フラグの下にminecraft:custom_componentsアイテムコンポーネントを追加した。


修正


41 issues fixed
古いバージョンから
  • MCPE-19740 – オオカミはモブを追いかけているときにジャンプしない。
  • MCPE-31121 – 飼いならされたオオカミが座っているときのシッポの位置を修正。
  • MCPE-31389 – チャンクの読み込み中に、チャンクの境界にまたがるベッドが部分的に壊れたり、見えなくなったりすることがある。
  • MCPE-123455 – 前方を向いているときにブリッジすると、ほとんどの場合、ブロックが 2 回配置される。
  • MCPE-139168 – 飼い慣らされたオオカミは、高い場所からハチミツブロックを滑り落ちると浮かび上がる。
  • MCPE-162190 – ターゲットが見つからない場合、/giveが遅くなる。
  • MCPE-168125 – 新しい「死んでしまった!」画面で教育版の切り替えが有効になっている場合、新しい死亡画面は利用できない。
  • MCPE-170317 – 鍛冶テンプレートをカスタム防具に適用できない。
  • MCPE-170969 – 水泳の仕組みが変更され、呼吸するには空を見上げなければならない。
  • MCPE-172622 – 幸運のエンチャントでスイートベリーを収穫する。
  • MCPE-175555 – レシピのロック解除/限定製作がカスタム作業台では機能しない。
  • MCPE-176634 – 溶岩と水はすぐには収集できなくなった。
  • MCPE-176919 – チャレンジ部屋が岩盤層を経由して生成される。
  • MCPE-178101 – 日曜日の曜日が誤ってロシア語に翻訳された(Realmsストーリー、タイムライン内)
  • MCPE-178351 – オオカミの新しい首輪のテクスチャには Java版と似ているにもかかわらず影がない。
  • MCPE-178399 – 新しいD-Padとタップして対話モードでは、ボタンのタッチ範囲が以前より狭くなる。
  • MCPE-178442 – アルマジロの歩行アニメーションがJava版に比べて遅くて奇妙。
  • MCPE-178549 – 一部のAndroidデバイスでは、旅路の遺跡が同じシードおよび場所に生成されない。
  • MCPE-178885 – 一部のAndroidデバイスではチャレンジ部屋が生成されない。
  • MCPE-178886 – 垂直に投げたときに風力チャージが水平方向に中心にならない。
  • MCPE-178887 – 「アップデート 1.21」実験的な切り替えを有効にすると、スパイダーとケイブスパイダーがアルマジロから逃げない。
  • MCPE-178890 – 投げられると風力チャージの影響で視界が一時的に妨げられる。
  • MCPE-178892 – 風力チャージを使用して上向きに打ち上げると、後方にも飛ばされる。
  • MCPE-178896 – 投げたときに風力チャージがプレイヤーに近づきすぎて生成される。
  • MCPE-178897 – 風力チャージは、スニークしているプレイヤーに追加のノックバックを与えない。
  • MCPE-178903 – プレイヤーが放つ風力チャージはより多くのダメージを与える。
  • MCPE-179153/hudコマンドはワールド間でHUDを非表示にする。
  • MCPE-179187 – ver1.16以前の板材がスタックしない。
  • MCPE-179214 – デバイスがスリープしない/メニュー画面で自動ロックされない。
その他
  • 馬やボートが乗降時に予期せぬ前の場所に滑ることはなくなった。
  • 「手を隠す」オプションが選択されている場合、リードアイテムが正しく描画されるようになった。
  • ビーコン、製図台、鍛冶台の画面のタッチスクリーンバージョンで、飛行アイテムのアニメーションが表示されなくなった。
  • ゲーム内でキャラクタークリエータースキンに遭遇したときのフレームの途切れを軽減した。
  • ロック解除条件のないレシピがレシピ本に表示されない不具合を修正。
  • タッチデバイスでは、アイテム転送アニメーションが静的アイテムの上に描画されるようになった。
  • サインインが実際に進行しているときに、「サインイン中…」というテキストがメイン メニューに表示されない可能性がある問題を解決した。
  • should_update_bones_and_Effects_offscreenshould_update_Effects_offscreenが無視される問題を修正。
  • ビヘイビアーパックのカスタム機能が読み込めない不具合を修正。
  • ローカリゼーション文字列の読み込みプロセス中のクラッシュを修正。
  • 標準のローディングチップを表示する時間間隔を延長した。
  • タッチデバイスでは、選択されたアイテムの背景がすべての画面で青色になった。
1 issue fixed
古いバージョンから
  • MCL-24096 – MCLのクイック起動機能を使用すると、世界は自分自身を新規ユーザーのように登録される。



1.20.73(Xbox・Nintendo Switchを除く)[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2024年4月1日


修正


  • ゲームプレイ中に発生する可能性のあるクラッシュを修正。



1.20.72[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2024年3月19日(Android・ChromeOS・iOS・iPadOS・Fire・Nintendo Switch・PS)
  • 2024年3月22日(Windows・Xbox)


修正


  • ゲームプレイ中に発生する可能性のあるいくつかのクラッシュを修正。



1.20.70[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2024年3月12日


追加


コマンドフォーマット

ターゲットセレクター
  • has_propertyターゲットセレクター引数を追加した。これにより、エンティティpropertiesのタイプと値に基づいて選択できるようになる。


全般

ヒントの読み込み
  • コンテキストに応じた初心者向けゲームのヒントの段階的なロールアウトを追加した。
Realmsストーリー
  • 「Realmsイベント」と呼ばれる新しいストーリータイプを追加した。これらの新しいストーリーは、Realmsで興味深いイベントが発生すると、フィードに自動的に投稿される。
  • Realmsストーリーに新しい読み込み画面のヒントを追加した。このベータ版では、新しいヒントはAndroidでは機能しない。
チュートリアルのヒント
  • チュートリアルのヒントを追加した。


変更点


ブロック

エンドポータルフレーム
  • エンドポータルフレームはクリエイティブインベントリの「自然」カテゴリに移動した。
草ブロック
  • IDがgrassからgrass_blockに変更された。
  • leavesIDとleaves2IDのさまざまな葉タイプのブロック状態が、それぞれ独自のIDに分割された。
旧ID 新ID
leaves oak_leaves
spruce_leaves
birch_leaves
jungle_leaves
leaves2 acacia_leaves
dark_oak_leaves
スイカレッドストーン鉱石グロウストーンネザーウォート
  • 幸運エンチャントの戦利品ドロップの分布を微調整し、Java版とよりよく一致させた。
樹皮を剥いだ木
  • woodIDのさまざまな木の種類と樹皮を剥いだ木ブロックの状態が、それぞれ独自のIDに分割された。
旧ID 新ID
wood oak_wood
spruce_wood
birch_wood
jungle_wood
acacia_wood
dark_oak_wood
stripped_oak_wood
stripped_spruce_wood
stripped_birch_wood
stripped_jungle_wood
stripped_acacia_wood
stripped_dark_oak_wood
木のハーフブロック
  • wooden_slabIDとdouble_wooden_slabIDのさまざまな木製タイプのブロック状態が、それぞれ独自のIDに分割された。
旧ID 新ID
wooden_slab oak_slab
spruce_slab
birch_slab
jungle_slab
acacia_slab
dark_oak_slab
double_wooden_slab oak_double_slab
spruce_double_slab
birch_double_slab
jungle_double_slab
acacia_double_slab
dark_oak_double_slab


コマンドフォーマット

/damage
  • suicideダメージタイプの名前をself_destructに変更した。


全般

解像度
  • Xbox Series X|Sコンソールに4K解像度のサポートを追加した。
死亡画面
  • リソースパックがワールドに適用されている場合でも、新しい死亡画面がデフォルトで有効になるようになった。
  • リソースパックがワールドに適用されると、新しい死亡画面が有効になる。
実験的な機能
  • 「Molang 機能」の実験的なトグルを削除した。
プレイ画面
  • 新しいプレイ画面の友達引き出しにあるフィードバックボタンは、正しいフィードバックページにつながるようになった。
Realms
  • コメント画面にスクリーンリーダーのナレーションを追加した。
  • 分割画面モードの場合、プライマリ ユーザーのみが Realmsストーリーにアクセスできる。
  • Realmsサブスクリプションの仕組みをより明確にするために、Realms Plusランディングページを更新した。
  • テキスト読み上げナレーターは、折りたたまれたときにメンバータブのフィルター ドロップダウンメニューを読み上げるようになった。
  • テキスト読み上げナレーターは、折りたたまれたときにメンバータブの並べ替えドロップダウンメニューを読み上げるようになった。
  • ストーリーとコメントのタイムスタンプに完全なナレーションを追加した。
  • Realms設定メニューの「オプトアウト」ボタンから二重ナレーションを削除した。
Realmsストーリー
  • XboxプラットフォームのRealmsストーリーのプライバシーとオンラインの安全性モーダルが、リンクの代わりにQRコードを表示するように変更された。
タッチコントロール
  • 「D-Pad & タップして操作」タッチ コントロール モードのボタンのテクスチャが更新された。


アイテム

スポーン エッグ
  • Java版と同一にするため、名称が「<モブの名前>をスポーンさせる (Spawn <Mob>)」から「<モブの名前>のスポーン エッグ (<Mob> Spawn Egg)」に変更された。


モブ

子供モブ
  • 餌を与えると、効果音とパーティクルの両方を出すようになった。
オオカミ
  • オオカミはJava版と同じ量のダメージに耐えられるようになった。
    • プレイヤーまたは以外のエンティティによって飼い慣らされたオオカミに与えられる全ダメージを半分にすることはなくなった。
  • 飼いならされたオオカミの最大HPが20(×10)から40(×20)に増加した。既に飼いならされているオオカミは、新しい最大HPに達するために餌を与える必要がある。
    • 回復速度を一定に保つため、オオカミに餌を与えることで回復するHP量は2倍になった。


技術的

API
  • ゲームルールにアクセスして変更するためのScriptGameRulesgameRulesを追加した。
  • ItemDurabilityComponentbetaから1.9.0に移動した。
  • getAllStatesAPIをbetaからstableに移動した。
  • @minecraft/server.WeatherChangeAfterEvent
    • WeatherChangeAfterEventbetaからstableに移動した。
  • setOnFirebetaから1.9.0に移動した。
  • extinguishFirebetaから1.9.0に移動した。
  • EntityOnFireComponentbetaから1.9.0に移動した。
  • getEquipmentSlotbetaから1.9.0に移動した。
  • BlockStateTypebetaから1.9.0に移動した。
  • BlockStatesbetaから1.9.0に移動した。
  • BlockSignComponentbetaから1.9.0に移動した。
  • DyeColorbetaから1.9.0に移動した。
  • SignSidebetaから1.9.0に移動した。
  • ContainerSlotbetaから1.9.0に移動した。
  • InvalidContainerSlotErrorbetaから1.9.0に移動した。
  • getSlotbetaから1.9.0に移動した。
  • EffectTypesbetaから1.9.0に移動した。
  • RawTextbetaから1.9.0に移動した。
  • createExplosionbetaから1.9.0に移動した。
  • ExplosionOptionsbetaから1.9.0に移動した。
  • DimensionTypebetaから1.9.0に移動した。
  • DimensionTypesbetaから1.9.0に移動した。
  • ItemFrameDropItemPacketを削除した。
  • Item
    • ItemFoodComponentfrombetaから1.9.0に移動した。
  • @minecraft/server.Entity.playAnimation
    • Entity.playAnimationbetaからstableに移動した。
  • 列挙型BlockPistonStatefrombetaから1.9.0に移動した。
  • クラスBlockPistonComponentbetaから1.9.0に移動した。
  • クラスPistonActivateAfterEventbetaから1.9.0に移動した。
  • クラスPistonActivateAfterEventSignalbetaから1.9.0に移動した。
  • ゲームルールの変更に対応するため、GameRuleChangeAfterEventGameRuleworld.afterEvents.gameRuleChange を追加した。
  • プレイヤーのGameModeを変更するためのPlayer.setGameModePlayer.getGameModebetaに追加した。
  • explosionbetaから1.9.0に移動した。
  • minecraft:material_instancesコンポーネントをrender_methodalpha_test_single_ownedで使用するブロックは、プレイヤーの手にあるときに正しく表示される。
マーケットプレイスのサーバー駆動型レイアウト
  • SDL画面にスクロール不可能なレイアウトを設定できる機能が追加された。
  • レイアウトに垂直方向の埋め込みパディングを含める機能が追加された。
キャラクタークリエイター
  • キャラクタークリエーターのアニメーションロジックを含む新しいモデルを追加した。
  • アニメーションの状態が更新されたときにバインドの更新をトリガーするために行われたロジックを更新した。これにより、主要なフレームレートヒットを引き起こす各フレームのバインド更新に関する問題が発生しなくなった。
JSON
エンティティ
  • entity_sensorコンポーネントのrangeフィールドは、2つの値をサポートするようになった。1つ目は水平範囲、2つ目は垂直範囲。これには、1.20.70以降のformat_versionが必要。
  • damage_sensorコンポーネントのdamage_modifierフィールドとdamage_multiplierフィールドは、ダメージ耐性の計算時に適切に考慮されるようになり、ダメージが最大ダメージ以下になるように調整される。エンティティの免責期間中に受信したメッセージは正確に無視される。これには、1.20.70以降のformat_versionが必要。
  • damage_sensorコンポーネントを持つエンティティは、コマンドによって再び強制終了できる。
  • damage_sensorコンポーネントは、所有者以外のエンティティでエンティティイベントを再びトリガーできる。
  • エンティティフィルター
    • 新しいエンティティフィルターwas_last_hurt_byを追加した。このエンティティフィルターは、対象がエンティティを最近攻撃した最後のプレイヤーまたはモブであるかどうかをチェックする。
スポーン条件
  • minecraft:spawns_on_block_filterはブロック記述子をサポートするようになった。
  • minecraft:spawns_on_block_prevented_filterはブロック記述子をサポートするようになった。
  • minecraft:spawns_above_block_filterはブロック記述子をサポートするようになった。
Molang
  • ライダーの体と頭の回転への読み取りアクセスを許可する新しいMolang APIを追加した。
    • rider_body_x_rotation(riderIndex) => float
    • rider_body_y_rotation(riderIndex) => float
    • rider_head_x_rotation(riderIndex) => float
    • rider_head_y_rotation(riderIndex,clampRotation?) => float
    • ride_body_x_rotation => float
    • ride_body_y_rotation => float
    • ride_head_x_rotation => float
    • ride_head_y_rotation(clampRotation?) => float
  • surface_particle_colorquery.surface_particle_texture_cooperative、および query.surface_particle_texture_sizeは、1.20.70でバージョン管理され、3つのバージョンを使用できるようになった。 クエリを実行すると、葉ブロックがブロックの下の表面テクスチャとして表示される。
  • query.is_attachedquery.has_player_riderを実験的な機能からリリースした。
  • 実験的なMolangクエリquery.get_ridequery.get_ridersを削除した。
  • 実験的な機能のビヘイビアーパックで使用するMolangquery.scoreboardをリリースした(リソースパックは0を返す)。
NBT解析
  • NBTデータのロードがより制限されるようになった。負の長さの配列、無効なタグID、ペイロード内の不十分なバイトはすべてエラーとして扱われるようになり、以前はこれらの条件が無視されることもあったが、タグの読み込みが妨げられる。
その他
  • カスタム防具用装飾パターンを定義して、カスタム防具アイテムに適用できるようになった。
    • カスタム防具の防具用装飾パターンには、装着可能なアイテムとアイテムのformat_version1.20.60以降が必要。


実験的な機能


これらの追加と変更には、「アルマジロとオオカミの防具」、「アップデート 1.21」、「ベータ API」の実験的なトグルを有効にすることで利用できる。

追加(実験的)


ブロック

宝物庫 (Vault)
  • ロックされた宝物と戦利品を保持するブロック。
    • チャレンジ キーを使用すると、報酬が排出される。
  • トライアルチャンバー全体で発見され、構造物の最も貴重な戦利品が含まれている。
    • 現在、トライアルチャンバーで以前に使用されていた報酬チェストと同じ戦利品テーブルを再利用する。
      • この戦利品テーブルは一時的なもので、完全に更新される予定。
  • プレイヤーの数に制限なくロックを解除できる。
    • プレイヤーごとに1回のみ有効化できる。プレイヤーが宝物庫のロックを解除した後は、その宝物庫のロックを再度解除することはできない。
    • プレイヤーが以前にその宝物庫のロックを解除したことがない場合、近くにあるプレイヤーからオレンジ色のパーティクルの流れが宝物庫に流れる。
  • 近くにいるプレイヤーに応じて開いたり閉じたりする鍵穴が付いている。
    • 近くのプレイヤーが宝物庫のロックを解除していない場合、鍵穴は開いたままになる。
    • 近くのプレイヤー全員が宝物庫のロックを解除した場合、鍵穴は閉じられる。
  • ケージ内では、戦利品テーブルから取り出すことができるアイテムを循環して表示する。
    • 排出される報酬は、ロックが解除されるたびに戦利品テーブルからランダムに決定される。
  • サバイバルモードでは入手できない。爆発耐性があり、移動できず、採掘しても何もドロップしない。


全般

パーティクル
  • 新たにvault_connection_particleパーティクルタイプを追加した。


アイテム

風力チャージ (Wind Charge)
  • 風力チャージを使用すると、ブリーズと同様の風力チャージ発射体が発射される。
  • プレイヤーが発射した風力チャージは、ブリーズよりも 10% 多くのノックバックを与える。
  • ブリーズが発射する発射物と同様に、プレイヤーが発射する風力チャージもエンティティに直接当たるとダメージを与える。
  • ブリーズは倒されると4~6個の風力チャージをドロップする。
  • 風力チャージは最大64個スタックできる。
  • 使用後は0.5秒のクールダウンがある。
  • 風力チャージはディスペンサーから発射できる。
  • 風力チャージで自分自身を打ち上げるプレイヤーは、ウィンドバーストと衝突した場所のyレベル以下にのみ落下ダメージを蓄積する。
スポーン エッグ
  • 沼地のスポーン エッグを追加した。


モブ

沼地 (Bogged)
  • を放つスケルトンの新しい亜種。
    • HP20ではなく、HP16の方が早く倒すことができる。
    • 彼らは2秒ではなく3.5秒という遅い間隔で攻撃する。
  • プレイヤーに倒されると毒の矢をドロップすることがある。
  • これらの苔とキノコに覆われたスケルトンは、沼地マングローブの沼地に自然スポーンする。
    • また、一部のチャレンジ部屋のチャレンジ スポナーからもスポーンしているのが見つかる。


ワールド構造物

チャレンジ部屋 (Trial Chambers)
  • チャレンジ部屋はJava版と同じ世界の場所に生成されるようになった。


技術的

API
  • setDynamicPropertybetaから1.9.0に移動した。
  • getDynamicPropertybetaから1.9.0に移動した。
  • getDynamicPropertyIdsbetaから1.9.0に移動した。
  • getDynamicPropertyTotalByteCountbetaから1.9.0に移動した。
  • clearDynamicPropertiesbetaから1.9.0に移動した。
  • structureManagerを追加した。 - StructureManagerインスタンスによって、ワールド内に構造物を作成、ロード、配置できるようにする。
  • StructureManager
    • 関数createEmpty(identifier: string, size: Vector3, saveMode?: StructureSaveMode): StructureTemplateを追加した。 - 新しい空の構造を作成する。
    • 関数createFromWorld(identifier: string, dimension: Dimension, blockVolume: BlockVolume, options?: StructureCreateOptions): StructureTemplateを追加した。 - ワールド中のブロックから新しい構造物を作成する。
    • 関数delete(structure: string StructureTemplate): booleanを追加した。 - 構造物を削除する。
    • 関数get(identifier: string): StructureTemplate undefinedを追加した。 - 指定された識別子の構造物を取得する。
    • 関数place(structure: string StructureTemplate, dimension: Dimension, location: Vector3, options?: StructurePlaceOptions)を追加した。 - ワールドに構造物を配置する。
  • StructureTemplate
    • read-onlyプロパティid: stringを追加した。 - 構造物の名前を返す。
    • effectAddbeta から1.9.0に移動した。
    • effectAddbeta から1.9.0に移動した。


変更点(試験的)


アイテム

アルマジロの甲羅 (Armadillo Scute)
  • テクスチャが変更された。
アルマジロのスポーン エッグ(Armadillo Spawn Egg)
  • テクスチャが変更された。
チャレンジ キー (Trial Key)
  • 宝物庫に合わせてテクスチャを変更した。
  • 宝物庫を開けるために使用できるようになった。
オオカミの防具 (Wolf Armor)
  • テクスチャが変更された。


モブ

アルマジロ (Armadillo)
  • テクスチャを更新した。
  • 潜在的な脅威をスキャンする際の垂直方向の範囲が縮小された。
  • 荒野バイオームのバリエーションでも見つかるようになった。
  • スパイダーケイブスパイダーを怖がらせて追い払うようになった。ただし、アルマジロが甲羅の中に隠れていない場合に限る。
  • 水中での浮きが良くなり、より多くの水しぶきパーティクルが生成されるようになった。
  • 子共アルマジロが親に少し早く追いつくようになった。
  • アルマジロが甲羅の中に隠れる動作は、防御能力を強化するために強化された。
    • プレイヤーや敵対モブに攻撃されたときにパニックにならず、甲羅の中に隠れるようになった。
    • ここで、最後に攻撃したプレイヤーを10秒間脅威とみなし、記録する。
    • ダメージを受けてもパニックにならず、丸めて頭と足を隠す。
    • 展開する前に、「海岸が澄んでいるかどうか」を確認する。
  • 甲羅の中に隠れる、広げる、ダメージを与える、覗くアニメーションのアニメーションとサウンドを更新した。
    • 甲羅の中に隠れたアルマジロが展開する前に脅威なしで留まる時間が3秒から4秒に増加した。
ブリーズ (Breeze)
ケイブスパイダースパイダー
  • 丸まった状態ではないアルマジロを怖がるようになった。
オオカミ
  • 飼い慣らされたオオカミの首輪は大きくなり、正面からだけでなく他の角度からも見えるようになった。


モブではないエンティティ

風力チャージ (Wind Charge Projectile)
  • モデル、テクスチャ、アニメーションを更新して、よりダイナミックな外観と感触を与えた。


技術的

API
  • ItemComponent
    • isCooldownCategory(cooldownCategory: string) : booleanItemCooldownComponentに追加した。
    • getCooldownTimeRemaining(player: Player) : numberItemCooldownComponentに追加した。
    • MinecraftCooldownCategoryTypes@minecraft/vanilla-dataに追加した。
      • getHiddenHudElements(): HudElements[]を追加した。
      • isForcedHidden(hudElement: HudElements): Booleanを追加した。
      • resetHudElements(): voidを追加した。
      • setHudVisibility(visible: HudVisibility, hudElements?: HudElements[]): voidを追加した。
      • hideAllExcept(hudElements?: HudElements[])を追加した。
  • インターフェースBlockFilterを追加した。タグ、タイプ、順列によってブロックを含めたり除外したりするために使用される。
  • BlockRaycastOptions
    • オプションのメンバーBlockFilterを追加した。
    • BlockFilterの包含/除外タイプがBlockRaycastOptions内で解決できない場合にスローするように、getBlockFromRay(location: Vector3, direction: Vector3, options?: BlockRaycastOptions): BlockRaycastHit | undefinedを更新した。
    • スクリプト内のスクリプトウォッチドッグを無効または有効にするdisableWatchdogメソッドを追加した。
  • 関数playSound(soundId: string, location: Vector3, soundOptions?: WorldSoundOptions): voidを追加した。 - ディメンション内のすべてのプレイヤーに対して、指定された位置でサウンドを再生する。
  • clearJob(jobId: number) - 現在のティックと将来のティックにスケジュールされた反復をクリアする。以前は、将来のティックの反復のみをクリアしていた。
  • エンティティコンポーネント
    • EntityTypeFamilyComponentと関数getTypeFamilies(): string[]およびhasTypeFamily(typeFamily: string): booleanを追加した。
  • Item
    • 関数matches(itemName: string, states?: Record<string, boolean number string>): booleanを追加した。
  • クラスBlockVolumeUtilsを削除した。ユーティリティ関数をBlockVolumeBaseBlockVolumeに移動する。
  • クラスBlockVolumeBaseを追加した。ブロックボリュームの拡張元となる基本クラス。
  • BlockVolume
    • BlockVolumeをインターフェイスからBlockVolumeBaseを拡張するクラスに変換した。
  • Dimension
    • Dimension.getEntitiesは、クエリされているディメンション内のエンティティのみを返すようになった。
  • シグナルworld.afterEvents.playerGameModeChangeおよびworld.beforeEvents.playerGameModeChangeを持つイベントPlayerGameModeChangeAfterEventPlayerGameModeChangeBeforeEventbetaに追加した。
  • 関数triggerEvent()を削除した。
  • WorldBeforeEvents
    • プロパティitemDefinitionEventを削除した。
  • WorldAfterEvents
    • プロパティitemDefinitionEventを削除した。
Molang
  • 次の実験的な Molang クエリを削除した。:
    • biome_has_any_tag
    • biome_has_all_tags
    • self
    • target
    • client_input_type
    • get_nearby_entities
    • get_nearby_entities_except_self


修正


55 issues fixed
古いバージョンから
  • MCPE-18880 – 高い花の下半分を狙うと、高い花に幸運が訪れる。
  • MCPE-19426 – 要塞ではエンドポータルが生成されない場合がある。
  • MCPE-46152 – ステージ1のスイートベリーの低木は自分を遅らせることはない。
  • MCPE-114029 – コマンドブロックの構文エラーが修正後も最後の出力ウィンドウに残る。
  • MCPE-126454 – 激流のトライデントは落下ダメージを軽減しない。
  • MCPE-126947 – 大きなシダから種をドロップしない。
  • MCPE-133125 – ファントムの羽ばたき音が正しく動作しない。
  • MCPE-151348 – グロウベリーのない洞窟のツタは、シルクタッチを使用して採掘するとグロウベリーをドロップする。
  • MCPE-159481 – プレイヤーが反対を向いているときに、ウォーデンの咆哮音とアニメーションが再生されない。
  • MCPE-162868 – 青色/黒色のろうそくが間違った色としてケーキの上に置かれている。
  • MCPE-163165 – 水上でジャンプ中にブロックを継続的に配置できない。
  • MCPE-169595 – 地球の模様の盾がJava版と一致していない。
  • MCPE-174590 – クリエイティブインベントリを終了した後、検索バーをリセットしても保存されない。
  • MCPE-174865/damageコマンド内の不適切な単語。
  • MCPE-175550 – 最新版に更新後、ゲームが35~41%の読込み率でフリーズする。
  • MCPE-176675 – 一部のファイルとフォルダーが外部ストレージ内に生成されなくなった。
  • MCPE-176968 – 風力チャージエンティティの出力で生の翻訳文字列を表示する。
  • MCPE-178327 – クリエイティブインベントリから取得した旗は、初めて配置されたときにプレイヤーのインベントリに戻る。
過去の開発版のバージョンから
  • MCPE-176939 – 間違ったキーを使用したため、さまざまなブロックで落下音が再生されない。
  • MCPE-177189 – 遅延レンダリングで太陽の光が暗い領域を照らす。
  • MCPE-177269 – 外部ストレージは自動的にアクティブ化されなくなった。
  • MCPE-177578 – 遅延技術プレビューでは保留アイテムがインベントリに表示されない。
  • MCPE-177613 – オオカミの防具はクリーパーの爆発ダメージからオオカミを防御しない。
  • MCPE-178037 – プレイヤーが死亡している間にコントロールをカスタマイズすると、「死んでしまった!」メニューにソフトロックされる。
  • MCPE-178063 – 使用ボタンを押し続けると、一か所で花火が打ち上げられる。
  • MCPE-178077 – 右クリックを押したままにすると、ボートは1つだけ配置される。
  • MCPE-178560 – 1.21実験版では敵対モブが反撃しなくなった。
その他
  • 遅延技術プレビューでAndroidを一時停止/再開した後に発生する可能性のあるライティングアーティファクトを修正。
  • 遅延技術プレビューで三人称視点の場合、プレイヤーが持つアイテムに影がかかるようになった。
  • モブが保持しているアイテムは、遅延テクニカルプレビューで影を落とすようになった。
  • 遅延技術プレビューで手に装備しているときに旗の幕が描画されない問題を修正。
  • 遅延技術プレビューでのポイント ライトのカラーブレンディングが改善された。
  • 遅延技術プレビューでカメラの後ろのポイントライトが飛び出たり消えたりする問題を修正。
  • 天井と床の間に大きな空気の隙間がある場合、天窓が正しく更新されない問題を修正。
  • Realmsストーリーのフィードページで最後のストーリーを削除しても、前のページにリダイレクトされない問題を修正。
  • Realmsストーリーでは、機能のリリース後にゲームを再起動する必要がなくなった。
  • Realmsスロット画面のメインパネルのテキストとRealmsフィードボタンのナレーションを修正。
  • サブスクリプションの選択画面で戻るボタンを押すと、状況によっては「プレビュー Realmsを読み込めませんでした」というメッセージが表示される不具合を修正。
  • アルマジロが発するすべての音が、プレイヤーが向こうを向いていても聞こえるようになった。
  • ストーリーのタイムスタンプが右上隅ではなく中央に表示される問題を修正。
  • Realmsストーリーのページネーションによって引き起こされるクラッシュを修正。
  • ゲームパッドを使用して Realmsストーリーの「メンバー」タブから戻るときに発生する可能性のあるクラッシュを修正。
  • PS4でタイムゾーンを変更した後にタイムブロックが正しく描画されない問題を修正。
  • 利用できない Realmsページのナレーションを行うスクリーンリーダーの問題を修正。
  • GUIスケーリングがオフになっていると、Realms Plus PDPテキストの大部分が失われる問題を修正。
  • ユーザーが「サブスクリプションの選択」画面からバックアウトした後、「プレビュー Realmsの選択」画面にエラーメッセージが誤って表示される問題を修正。
  • ブリーズは、適切な実験的なトグルが有効になっている場合にのみ、タイプセレクターで提案される。
  • Realmsストーリーの設定画面でゲームパッドの戻るボタンの入力が正しく動作しない問題を修正。
  • Nintendo Switchでタイムブロックが正しいタイムゾーンで描画されない問題を修正。
  • PlayerInteractWithEntityAfterEventPlayerInteractWithBlockAfterEventのタイミングを修正。
  • minecraft:geometry.full_blockの面が変換コンポーネントに合わせて回転しない問題を修正。
  • minecraft:geometry.full_blockブロックが一部のバニラブロックに対して顔をカリングしない問題を修正。
  • アイテムの動的プロパティがスタックサイズが1より大きいアイテムに適用される場合がある不具合を修正。
  • 遅延技術プレビューのワールドに入るときに Android デバイスで発生するクラッシュを修正。
  • 遅延技術プレビューの新しいポイントライトシャドウ機能を使用するときに発生する可能性のある円形の視覚的アーティファクトを修正。
  • ブリーズは、風力チャージ発射体に当たるとダメージを受けるようになった。
  • 新しいストーリーステータスエントリの追加とクラブフィードの並べ替えの間の競合状態により、Realmsイベントをトリガーした後に Realmsストーリーにアクセスするとランダムにクラッシュする問題を修正。
  • 一部のプラットフォームで言語を変更するとゲームがフリーズする可能性がある問題を修正。
  • 「リソースパックの読み込み」モーダルの表示中にゲームがソフトロックされる問題を修正。
  • ユーザーインターフェイス内の垂直ファクトリで動作しない垂直塗りつぶしオブジェクトを修正。
  • マップがRealmsにアップロードされている場合、クライアント上で遠くに平らな世界を生成する「One Block Skyblock」マーケットプレイスマップの修正を実装した。
  • minecraft:destroy_timeの古いコンポーネントが現在のバージョンに更新されない問題を修正。
6 issues fixed
ver1.20.70以前の旧バージョンから
  • REALMS-10464 – クリエイティブモードで額縁からアイテムを削除しようとすると、額縁が破壊される。
  • REALMS-10477 – クリエイティブモードで複数のウミガメの卵がスタックされている上で1つのウミガメの卵を破壊すると、一度に2つ破壊される。
  • REALMS-10536 – クリエイティブモードで書見台から本を削除すると、本が削除され、書見台が破壊される。
  • REALMS-11290end_dragon_fight_ticking_areaはRealms内でのモブのスポーンを防ぐ。
  • REALMS-11358 – プレイヤーがチャンクをロードするかどうかに関係なく、アイテムのデスポーンタイマーは最終的にメインアイランドで継続する。
その他
  • Realmsサブスクリプションのランディングページのテキストがわずかに切り詰められる不具合を修正。



1.20.62[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2024年2月15日


修正


  • ゲームプレイ中に発生する可能性のあるいくつかのクラッシュを修正。



1.20.60(Switch以外)/ 1.20.61(Switchのみ)[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2024年2月6日


追加


全般

試験的機能
  • 「アルマジロとオオカミの防具」実験用トグルを追加した。
    • 新モブのアルマジロと、アルマジロの甲羅、オオカミの防具のアイテムが含まれる。
Realms Stories
  • Realms Storiesとは、Realmsの新しいソーシャルハブ。
    • Realms Storiesの機能は以下の通り。
      • The Story Feed – ゲームプレイの最高の瞬間を他の Realmsメンバーと共有できる。
      • The Timeline – 他のメンバーがいつRealmsでプレイしているかを確認できる。
      • The Members tab – すべてのRealmsメンバーとその権限レベルのリストが表示される。
    • ver1.20.60.23を初めて起動するときは、Realmsストーリーにアクセスできない。Realms Storiesを利用するには、ゲームを起動してから一旦終了し、もう一度起動する必要がある。
タグ
  • trapdoorsブロックタグを追加した。全種類のトラップドアが含まれる。 (iron_trapdoor, trapdoor, spruce_trapdoor, birch_trapdoor, jungle_trapdoor, acacia_trapdoor, dark_oak_trapdoor, mangrove_trapdoor, cherry_trapdoor, bamboo_trapdoor, crimson_trapdoor, warped_trapdoor, copper_trapdoor, exposed_copper_trapdoor, weathered_copper_trapdoor, oxidized_copper_trapdoor, waxed_copper_trapdoor, waxed_exposed_copper_trapdoor, waxed_weathered_copper_trapdoor, waxed_oxidized_copper_trapdoor)


変更点


ブロック

養蜂箱ミツバチの巣
  • シルクタッチ付きツールでシルクタッチしても回収できなくなった。
飾り壺
薄氷
色付き強化ガラス(教育版)
  • hard_stained_glassIDのさまざまなブロック状態が独自のIDに分割された。
旧ID 新ID
hard_stained_glass hard_white_stained_glass
hard_orange_stained_glass
hard_magenta_stained_glass
hard_light_blue_stained_glass
hard_yellow_stained_glass
hard_lime_stained_glass
hard_pink_stained_glass
hard_gray_stained_glass
hard_light_gray_stained_glass
hard_cyan_stained_glass
hard_purple_stained_glass
hard_blue_stained_glass
hard_brown_stained_glass
hard_green_stained_glass
hard_red_stained_glass
hard_black_stained_glass
色付き強化ガラス板(教育版)
  • hard_stained_glass_paneIDのさまざまなブロック状態が独自のIDに分割された。
旧ID 新ID
hard_stained_glass_pane hard_white_stained_glass_pane
hard_orange_stained_glass_pane
hard_magenta_stained_glass_pane
hard_light_blue_stained_glass_pane
hard_yellow_stained_glass_pane
hard_lime_stained_glass_pane
hard_pink_stained_glass_pane
hard_gray_stained_glass_pane
hard_light_gray_stained_glass_pane
hard_cyan_stained_glass_pane
hard_purple_stained_glass
hard_blue_stained_glass_pane
hard_brown_stained_glass_pane
hard_green_stained_glass_pane
hard_red_stained_glass_pane
hard_black_stained_glass_pane
ラピスラズリ鉱石
  • エンチャントされていないツールで採掘した場合は最大9個(以前は8個)、幸運レベル3のツールで採掘した場合は最大36個のラピスラズリをドロップできるようになった(以前は32個)。
ラージチェストラージトラップチェスト
  • テクスチャを少し変更した。
ネザー金鉱石
  • エンチャントされていないツールで採掘した場合は最大6個の金塊(以前は5個)、幸運レベル3のツールで採掘した場合は最大24個の金塊をドロップできるようになった(以前は20個)。
スカルクセンサー調律されたスカルクセンサー
ウィザーローズ
  • モブとプレイヤーに2秒ごとではなく0.5秒ごとにダメージを与えるようになった。


コマンドフォーマット

/kill
  • 出力メッセージの最大長が512文字に減少した。
/me/say/tell/title
  • 出力メッセージの最大長が512文字に減少した。


全般

グラフィック
  • Xbox Series X|S コンソールに 4K 解像度のサポートが追加された。
Realms
  • Realmsでのプレビューでの最大描画距離が20チャンクに増加した。
  • プレイ画面とスロット画面のフィードボタンに未読投稿数インジケーターを追加する。
タグ
  • JSONファイル内のバイオームタグはformat_version1.20.60以降のファイルに対し、緩いJSONオブジェクトとしてではなく、tags配列内のminecraft:tagsコンポーネントの下で指定されるようになった。


アイテム

ジャガイモニンジンスイカスイートベリーネザーウォートヒマワリライラックバラの低木ボタングロウストーンダスト砂利
  • 幸運のツールで採掘してもドロップが増加することが無くなった。
怪しげなシチュー
  • プレイヤーが満腹状態の場合でも食べられるようになった。
カメのウロコ
  • 英名を「Scute」から「Turtle Scute」に変更した。
    • IDはscuteからturtle_scuteに変更された。


ワールド構造物

積雪
  • 地形の生成中に、上部の積雪が積雪可能な植物に配置されるようになった。
旅路の遺跡
  • 旅路の遺跡は、Java版と同じ場所と構成に配置されるようになった。


技術的

API
  • ItemReleaseUseAfterEventitemStackをオプションに変更した。
  • DataDrivenEntityTriggerAfterEventbetaから1.8.0にリリースした。
  • DataDrivenEntityTriggerAfterEventSignalbetaから1.8.0にリリースした。
  • DataDrivenEntityTriggerAfterEventSignalOptionsbetaから1.8.0にリリースした。
  • DefinitionModifierbetaから1.8.0にリリースした。
  • WorldAfterEvents.dataDrivenEntityTriggerEventbetaから1.8.0にリリースした。
  • 「サポートされていない値または範囲外の値」に関するエラーメッセージが改善された。境界を含めるとエラーが発生する。
  • DataDrivenEntityTriggerAfterEventbetaから1.8.0にリリースした。
  • DataDrivenEntityTriggerAfterEventSignalbetaから1.8.0にリリースした。
  • DataDrivenEntityTriggerAfterEventSignalOptionsbetaから1.8.0にリリースした。
  • DefinitionModifierbetaから1.8.0にリリースしました。
  • WorldAfterEvents.dataDrivenEntityTriggerbetaから1.8.0にリリースした。
  • EffectAddBeforeEventbetaから1.8.0に移動した。
  • EffectAddAfterEventbetaから1.8.0に移動した。
  • EffectAddAfterEventbetaから1.8.0に移動した。
  • getTagsbetaから1.8.0に移動した。
  • hasTagbetaから1.8.0に移動した。
  • RGBAインターフェイスはRGBを継承するようになった。
  • スコアボードaddObjectiveで表示名パラメーターをオプションにした。
  • BiomeRegistryStructureFeatureType列挙型をバニラメタデータ生成に追加した。
JSON
バイオーム
  • バイオームJSONファイルは、他のバイオームJSONファイルからのフィールドの継承をサポートしなくなった。これがコンテンツに影響を与える場合は、必要なJSONテキストを手動でコピーして、それらのファイルを更新する必要がある。
ブロック
  • minecraft:geometryブロックコンポーネントのminecraft:geometry.full_block識別子が追加された。
    • minecraft:geometry.full_block識別子は、中心の1x1x1立方体ジオメトリを提供する。
    • material_instancesコンポーネントとrender_layer: opaqueを組み合わせると、以前にminecraft:unit_cubeコンポーネントに含まれていた描画専用の機能が有効になります。
      • バニラとカスタムの隣接するフルブロックの両方を遮断する。
      • バニラとカスタムの隣接するフルブロックに隣接する面を選択して、描画パフォーマンスを向上させる。
エンティティ
  • AI目標
    • behavior.breedは、エンジンバージョン1.20.60以降を使用しているコンテンツの停止時にナビゲーションを中断するようになった。
    • behavior.follow_parentは、エンジンバージョン1.20.60以降を使用するコンテンツの停止時にナビゲーションを中断するようになった。
  • entity_sensorコンポーネントは、複数のsubsensorをサポートするようになった。
    • eventrequire_allminimum_countmaximum_countrange events_filterは、各サブセンサーの個別に設定可能なフィールドになった。
    • サブセンサーには、各サブセンサーがエンティティを感知する頻度を定義する新しいcooldownフィールドも存在する。
  • これらの変更にはすべて、format_version1.20.60以降が必要。
  • drop_item_slotフィールドをinteractコンポーネントに追加した。これにより、アイテムを削除およびドロップするインベントリ スロットを指定できるようになる。
  • interactコンポーネントは、vibrationフィールドの追加のentity_act値をサポートするようになった。
  • interact_filtersフィールドをageableコンポーネントに追加した。これにより、アクターに餌を与えることができる条件を指定できるようになる。
  • エンティティイベントレスポンスrun_commandqueue_commandに名前変更され、実験段階からリリースされた。
    • queue_command経由で実行されるコマンドは、次のティックまで延期される場合がある。
    • コマンドの実行前にエンティティが削除された場合、コマンドは実行されない。
    • 試験運用下でrun_commandを使用するコンテンツは今のところ引き続き機能するが、試験運用機能は現在非推奨であると考えられている。
  • emit_vibrationエンティティイベントレスポンスを追加した。これにより、エンティティは、エンティティ自体をソースとする振動を放出することができる。
    • vibrationフィールドでは、放出する振動を指定でる。
    • 許可される値は、shearentity_actentity_interact
  • フィルター
    • 新しいエンティティフィルタis_panickingを追加した。エンティティがbehavior.panicを実行しているかどうかをチェックする。
    • エンティティが疾走中かどうかをチェックする新しいエンティティフィルタis_sprintingを追加した。
アイテム
  • コンポーネント項目json内の認識されないフィールドは、ver1.20.60以降の形式のコンテンツログに警告を表示するようになった。
Molang
  • Molang式の評価でエラーが発生した場合のコンテンツログのコンテキストを改善した。
  • StartGamePacket blockPropertiesの各ブロックにblock_idが必要。
  • StartGamePacketブロックプロパティ内のバニラデータ駆動型ブロックのmaterialを送信する。block_idvanilla_block_dataオブジェクトに移動される。
  • Molangクエリを実験的にリリースした:
    • query.is_cooldown_type
    • query.cooldown_time
    • query.cooldown_time_remaining
    • query.relative_block_has_any_tag
    • query.relative_block_has_all_tags
    • query.block_neighbor_has_any_tag
    • query.block_neighbor_has_all_tags
    • query.block_has_any_tag
    • query.block_has_all_tags
    • query.bone_orientation_trs
    • query.bone_orientation_matrix
  • query.remaining_durabilityおよびquery.max_durabilityを示すコンテンツエラーがアイテムコンテキストでのみ使用されるように追加された。


実験的な機能


これらの追加と変更には、「アルマジロとオオカミの防具」、「アップデート 1.21」、「ベータ API」、「Molang 機能」、「今後のクリエイター機能」の実験的なトグルを有効にすることで利用できる。


追加(実験的)


ブロック

チャレンジ スポナー(Trial Spawner)
  • チャレンジ スポナーはモンスター スポーナーの新しいバリエーションで、完了時に報酬をドロップし、マルチプレイヤーでさまざまなレベルのチャレンジを行うことができる。
  • チャレンジレベルは、新しいプレイヤーが近くにチャレンジ スポナーを発見するたびに増加する。
    • チャレンジレベルは、チャレンジ スポナーのクールダウン中にリセットされるまで減少しない。
  • 通常のスポナーとは異なり、チャレンジ スポナーは現在のチャレンジレベルに比例して限られた数のモブをスポーンする。
    • 視界内の位置にのみモブをスポーンできる。
    • モブが持つ明るさレベルの要件に関係なく、モブをスポーンできる。
    • スポーンされたモブは永続的であり、デスポーンしない。
  • すべてのモブが倒されると、チャレンジ スポナーから現在のチャレンジ レベルに比例した一連の報酬がドロップされる。
    • 報酬が排出された後、チャレンジ スポナーは 30 分間のクールダウンに入り、その間はモブをスポーンしない。
  • チャレンジ スポナーは、サバイバルではプレイヤーが作成したり入手したりすることはできない。代わりに、チャレンジ部屋全体に自然に配置されているのを見つけることができる。
  • チャレンジ スポナーは採掘が非常に遅く、爆発に耐性があり、シルクタッチを使用してもドロップしない。
  • クリエイティブに配置された場合、チャレンジ スポナーにはデフォルトでモブタイプが設定されていない。
    • モブのタイプは、スポーンエッグを持った状態で操作することで設定できる。
  • クリエイティブおよびスペクテイターのプレイヤーは、チャレンジ スポナーによって検出または認識されることはできない。


コマンドフォーマット

/hud
  • HUD要素の表示を非表示にしてリセットする新しいコマンド。
  • 構文:/hud <target: target> <visible: HudVisibility> [hud_element: HudElement]
    • target: target:ターゲットエンティティ。プレイヤーを指定しないといけない。
    • visible: HudVisibility:HUD 要素の可視性を非表示にするかリセットするかを指定する。
    • hud_element: HudElement:HUD 要素。次のいずれかを指定する必要がある:
      • air_bubbles
      • all
      • armor
      • crosshair
      • health
      • horse_health
      • hotbar
      • hunger
      • paperdoll
      • progress_bar
      • tooltips
      • touch_controls


全般

パーティクル
  • 新しいbreeze_ground_particletrial_spawner_detectionwind_explosion_emitterパーティクルタイプを追加した。


アイテム

アルマジロの甲羅 (Armadillo Scute)
  • アルマジロが定期的に、またはブラシを使用したときにドロップする。
  • ディスペンサーを使用して、アルマジロの皮を払い落とすことができる。
  • オオカミの鎧の作成に使用できる。
スポーンエッグ
  • アルマジロとブリーズのスポーンエッグを追加した。
試用版のキー (Trial Key)
  • チャレンジ スポナー(Java版のトライアルスポナー)でのみ入手できるアイテム。
  • 現時点では機能はない。
オオカミの防具 (Wolf Armor)
  • 6個のアルマジロの甲羅をハーネスの形に加工した防具。
  • オオカミをダメージから守る。
  • 飼いならされた大人のオオカミにオオカミの防具を使用すると、オオカミの防具がオオカミに装備され、ハサミを使用するとオオカミの防具がドロップされる。
    • オオカミの所有者だけがオオカミの防具を装備したり、装備解除したりすることができる。 ディスペンサーも除く。
  • オオカミの防具を着たままオオカミが死ぬと、オオカミの防具をドロップする。


モブ

アルマジロ(Armadillo)
  • Minecraft Live 2023のモブ投票の勝者。
  • 友好モブ[2]。バイオームは、ニワトリおよびブタ と同じ頻度で存在する。
  • 12()のHPを持つ。
  • アルマジロの甲羅は定期的に、またはブラッシング時にドロップするが、倒されても何もドロップしない。
    • アルマジロは、ニワトリが卵を産むのとほぼ同じ割合でアルマジロの甲羅を落とす。
    • ブラッシングはブラシからある程度の耐久値を消耗する。
  • クモの目を与えることで繁殖させることができる。
  • アルマジロは脅威を感知すると巻き上がる。
    • 脅威には以下が含まれる:
      • 走っているプレイヤー。
      • 乗り物に乗っているプレイヤー、または騎乗されたプレイヤー。
      • アンデッド系モブ。
    • アルマジロが巻き上がらない特殊なケースとしては、次のような場合が挙げられる。
      • 逃走中。
      • 水中または空気中。
      • リードにつないでいる。
  • アルマジロは丸まってしまうと歩くことも食べることもできなくなり、餌に誘導できなくなる。
  • 継続的に脅威をスキャンし、3秒間(60ティック)何も検出されない場合は展開される。
ブリーズ (Breeze)
  • ブリーズは、トライアルチャンバー内の一部の部屋でチャレンジ スポナーを介してスポーンする可能性がある狡猾で敵対するモブ。
  • 30(×15)のHPを持つ。
  • トライデントでは攻撃できない。
  • ブリーズは主にターゲットの周りを飛び跳ねることによって移動するが、時にはかなり長い距離を飛び跳ねることもある。
  • 攻撃的な敵であるブリーズは、ウィンドチャージ発射体の形で揮発性の風力エネルギーをターゲットに発射する。
  • ウィンドチャージは、エンティティに直接当たった場合に少量のダメージを与える。
  • エンティティまたはブロックに当たった後、ウィンドチャージ発射体はウィンドバーストを生成し、エリア内のエンティティを数ブロック分ノックバックする。
  • ウィンドバーストには、特定のブロックを「アクティブ化」する効果もある。
    • 鉄製以外のドアとトラップドアは反転される。
    • フェンスゲートが反転される。
    • ボタンが押される。
    • レバーが反転される。
    • 鐘が鳴らされ、振られる。
    • 火のついたキャンドル(単体・ろうそく付きケーキの両方)は消える。
  • ウィンドバーストは、鉄のドア、鉄のトラップドア、またはレッドストーン信号によってその位置に保持されているブロックには影響を与えない。
  • 現時点では何もドロップしない。


ワールド構造物

チャレンジ部屋 (Trial Chambers)
  • チャレンジ部屋はオーバーワールド(Java版の通常世界)の新しい構造で、プレイヤーはゲーム中盤に探索したり戦闘に挑戦したりできる。
    • チャレンジ部屋はさまざまな銅と凝灰岩のブロックで作られており、大きいものから小さいものまでさまざまなサイズがある。
    • チャレンジ部屋は地下の深層全体で比較的よく見られ、開始部分は-40-20の間の高さで生成される。
  • 各チャレンジ部屋のレイアウトは手続き的に生成され、トラップ、補給箱と報酬箱、飾り壺、さまざまな戦闘スペースを含めることができる。
    • トラップには、ファイヤーチャージなど、さまざまな潜在的なアイテムを含むディスペンサーが含まる。
    • 補給箱はさまざまな部屋の間にあり、プレイヤーに試練を乗り越えるのに役立つブロックやアイテムを与える。
    • 報酬チェストは各部屋のチャレンジによって守られており、多くの高レベルのエンチャントの本や装備の供給源となる可能性がある。
    • 廊下にある飾り壺には、鉄や矢などの物品が入っていることがある。いくつかの飾り壺には装飾が施されており、その他の飾り壺には何も入っていない。
    • 報酬チェストや飾り壺で見つかった戦利品はまだ反復されており、チャレンジ スポナーからモブを倒して得た戦利品と同様に完全に最終的なものではない。
  • 各チャレンジ部屋には、近接、小規模近接、または遠距離カテゴリのチャレンジ スポナーが含まれる。
  • 各チャレンジ スポナーのカテゴリは、生成時に構造全体に対して1つのモブだけ使用し、これらのモブはチャレンジ部屋ごとにランダム化される。
    • たとえば、あるチャレンジ部屋ではゾンビ、洞窟グモ、野生のオオカミのみがスポーンする可能性があり、別のチャレンジ部屋ではスライム、シルバーフィッシュ、スケルトンのみがスポーンされる場合がある。
    • これに対する例外は、常にブリーズをスポーンするユニークな部屋にあるいくつかのチャレンジ スポナーである。
  • 通常のモブのスポーンは、チャレンジ部屋ピースの境界ボックス内では発生しない。


変更点(試験的)


ブロック

銅の扉 (Copper Door)
  • 底面部分のテクスチャを更新した。
  • 破壊までの時間と爆発耐性が正しくなった。
銅のトラップドア (Copper Trapdoor)
  • 破壊までの時間と爆発耐性が正しくなった。
クラフター (Crafter)
  • テクスチャが更新された。
凝灰岩のレンガ (Tuff Bricks)
  • テクスチャが更新された。


全般

タグ
  • armadillo_spawn_eggbreeze_spawn_eggminecraft:spawn_eggアイテムタグに追加した。


技術的

API
  • PlayerPlaceBlockBeforeEvent
    • イベントからitemStack:ItemStackを削除した。
    • readonly permutationBeingPlaced: BlockPermutationをイベントに追加した。
    • ブール値を返すようにcreateExplosion(location: Vector3, radius:number,explosionOptions?: ExplosionOptions)を更新している。爆発が成功した場合はtrue、爆発が失敗したかキャンセルされた場合はfalseを返す。
    • SimulatedPlayerを更新して、継続的にビルドできるようにした。
    • SimulatedPlayerを更新して、別の方向に移動したり見たりできるようにした。
  • ChatSendAfter、ChatSendBeforeEvent
    • messagesenderを読み取り専用プロパティに変更した。
    • setTargetsgetTargetssendToTargetsを削除し、オプションのプレイヤーリストプロパティターゲットに置き換えた。
  • クラスItemDurabilityComponent
    • unbreakingという名前がunbreakingEnchantmentLevelに変更された。
    • getDamageRangegetDamageChanceRangeに変更した。
  • EntityTypes
    • getAllの戻り値の型をEntityTypeIteratorからEntityType[]に変更した。
    • メソッドeatItem(itemStack: ItemsStack): void;を追加した。
  • BlockSignComponent
    • 関数setWaxedのシグネチャをsetWaxed(waxed: boolean)に変更した。
    • イベント/プロパティpistonActivateを削除した。
  • 列挙型BlockPistonStateにエクスポート列挙型BlockPistonState { Expanded = "Expanded", Expanding = "Expanding", Retracted = "Retracted", Retracting = "Retracting" }を追加した。
  • クラスBlockPistonComponent
    • プロパティisExpandedを削除した。
    • プロパティisExpandingを削除した。
    • プロパティisRetractedを削除した。
    • プロパティisRetractingを削除した。
    • プロパティreadonly state: BlockPistonStateを追加した。
    • 関数getAttachedBlocks to return type Block[]に変更した。
    • 関数getAttachedBlocksLocations(): Vector3[]を追加した。
    • クラスPistonActivateBeforeEventを削除した。
    • クラスPistonActivateBeforeEventSignalを削除した。
  • Types
    • BlockTypeをbetaから1.8.0に移動した。
    • FluidTypeをbetaから1.8.0に移動した。
  • NavigationResult@minecraft/serverから@minecraft/server-gametestに移動した。
  • クラスPlayer
    • メソッドspawnParticle(effectName: string, location: Vector3, molangVariables?: MolangVariableMap): void;を追加した。
  • アイテムの動的プロパティを追加した。
    • 追加された関数clearDynamicProperties(): void - 項目スタックからすべての動的プロパティを削除する。
    • 追加された関数getDynamicProperty(identifier: string): boolean number string Vector3 undefined - 指定された識別子を持つ動的プロパティの値が存在する場合はその値を返し、存在しない場合は未定義を返す。
    • 追加された関数getDynamicPropertyIds(): string[] - 項目スタック上のすべての動的プロパティ識別子の配列を返す。
    • 追加された関数getDynamicPropertyTotalByteCount(): number - 項目スタック上のすべての動的プロパティの合計バイト数を返す。
    • 追加された関数setDynamicProperty(identifier: string, value?: boolean number string Vector3): void - 指定された識別子で動的プロパティの値を設定する。値が未定義の場合、動的プロパティは削除される。
  • クラスEntityProjectileComponentを追加した。 このコンポーネントは、発射物エンティティを発射し、そのプロパティを変更するために使用される。
  • インターフェイスProjectileShootOptionsを追加した。このインターフェースは関数EntityProjectileComponent.shootとともに使用され、オプションで発射時の発射体の精度を変更する。
  • 追加されたエフェクト(失敗した場合は未定義)を返すように、関数addEffectを更新した。
  • system.runJob()
  • system.clearJob()
    • JavaScriptジェネレーターを使用して長時間実行タスクを最適化するためのrunJobclearJobを追加した。system.runJobはジェネレーター関数を受け取り、jobIdを返す。
  • @minecraft/server.BlockPermutation
    • getStateおよびwithStatesAPIをベータ版から安定版に移動した。
  • ScriptBiomeTypesScriptBiomeTypeを追加して、スクリプトAPIがBiomeRegistryを列挙できるようにした。
  • ワールドの指定された位置に最も近い、指定されたタイプのバイオームを検索するためのfindClosestBiome関数をDimensionに追加した。
  • 世界の指定された位置に最も近い、指定されたタイプのバイオームを検索するfindClosestBiome関数をDimensionに追加した。
  • PropertyOutOfBoundsError
    • 境界のあるプロパティが境界外に設定されたときにスローされる新しいPropertyOutOfBoundsErrorが追加された。
  • コンテナスロットが無効な場合、または空のスロットにプロパティが設定されている場合、ContainerSlotAPIはInvalidContainerSlotErrorをスローするようになった。
  • プロパティtypeIdは、空のスロットに対して未定義を返さなくなり、代わりにInvalidContainerSlotErrorをスローする。
  • 追加された関数hasItem - スロットにアイテムが含まれているかどうかを返す。
  • 追加された関数getCanPlaceOn - アイテムを配置できるブロック識別子の配列を返す。
  • 追加された関数getCanDestroy - 使用時にアイテムが破壊できるブロック識別子の配列を返す。
JSON
ブロック
  • minecraft:unit_cubeブロックコンポーネントは非推奨になった。1.20.60以降とマークされたコンテンツでこれを使用すると、コンテンツエラーが発生する。
    • 1.20.60 より前にマークされたコンテンツを使用すると、そのminecraft:unit_cubeブロックコンポーネントが、minecraft:geometry.full_blockを持つminecraft:geometryブロックコンポーネントにアップグレードされる。ただし、すべての動作との下位互換性は維持される。
  • ブロックコンポーネントminecraft:random_tickingが再びサポートされるようになった。
Molang
  • クールダウンクエリスロットID が、複数のインデックスを持つコンテナスロットに必須となるように変更され、指定されていない場合はコンテンツエラーがログに記録される。
    • query.cooldown_time(slotName,slotId)
    • query.cooldown_time_remaining(slotName,slotId)
    • query.is_cooldown_type(cooldownName,slotName,slotId)


修正


85 issues fixed
1.20.0以前にリリースされたバージョンから
  • MCPE-41898 – MCWORLDまたはMCSTRUCTUREファイルをOneDriveフォルダーにエクスポートすると、エラーが表示されずに失敗する。
  • MCPE-43391 – 採掘/破壊された旗は、採掘/破壊されたことがない旗とはスタックしない。
  • MCPE-54855 – 連続的にハーフブロックを配置すると、ハーフブロックが上から下に変わる。
  • MCPE-55878 – ウィザーローズは0.5秒ではなく2秒ごとにダメージを与える。
  • MCPE-65038 – 遊び方セクションのコンジットに関する古い情報が存在する。
  • MCPE-79480 – ゾグリンがピースフルモードでスポーンする可能性がある。
  • MCPE-87711 – 経験値オーブがモブを押す。
  • MCPE-101740 – ポケットUIを使用すると、金床の「エンチャントコスト」テキストに影と濃い灰色の背景が表示されない。
  • MCPE-105457 – 村人の職業スキンがその作業場所や取引と一致しない可能性がある。
  • MCPE-107031 – 制御されているウマ/ロバ/ラバは落下ダメージを受けない。
  • MCPE-109471 – レコードを保持しても青いテキストが表示されない。
  • MCPE-114689 – ハチはスイートベリーの低木に触れるとダメージを受ける。
  • MCPE-120140 – 落下していないときに「落下ダメージ」を受ける。
  • MCPE-122491 – 怪しげなシチューは満腹状態では食べることができない。
  • MCPE-128532 – ポケットUIでインベントリを開くときに耐久性バーが浮く。
  • MCPE-142321 – 氷雪バイオームで草や花が生成すると、それらが雪に置き換わる。
  • MCPE-147656 – オオカミが林バイオームの雪ブロックの上にスポーンしない。
  • MCPE-159894 – 焚き火は木炭を2つではなく4つドロップする。
  • MCPE-166934 – 繰り返しコマンドブロックを使用した後、ディメンション移動によりゲームがフリーズする。
  • MCPE-167836 – blocks.jsonのbrightness_gamma設定を変更できない。
  • MCPE-168518 – 170184
  • MCPE-169495 – ダブルチェストのテクスチャのピクセルの色が間違っている。
  • MCPE-170540 – 経験値オーブの飛散量が以前よりも増加した。
  • MCPE-173386 – ネザー/エンドポータルを通過すると、ゲームが「地形の構築」でスタックし、ゲームを再起動すると、プレイヤーが出発したときと同じディメンションの座標にテレポートする。
  • MCPE-173649 – GUIが0または-1の場合、ビーコン画面の入力スロットがポケットUIのウィンドウの外に出る。
  • MCPE-175206 – ピストンがブロックを押す/引く/破壊すると、プレイヤーが1つの軸上の0に移動することがある。
  • MCPE-175727 – 「入力応答の向上」オプションを有効にすると、水から出た後、暗いエリアでブロックが明るく表示される。
  • MCPE-175791 – 自動保存中に柱を立てると即死する。
  • MCPE-176528 – 村人は、すでに要求されている場合でも同じ職業ブロック/ベッドに紐付けされており、その職業ブロック/ベッドを壊すとゲームがクラッシュする。
  • MCPE-176784 – resource_packs\vanilla\particles内の「water_spash_manual.json」のスペルが間違っている。
  • MCPE-177045 – リストの最初の16を超えるブールブロック状態は適用されない。
ver1.20.50から
  • MCPE-175929 – ビーコンの百科事典にはネザライトブロックが含まれていない。
  • MCPE-176365 – クリエイティブでブロックに着地した後、スピードを上げることができない。
  • MCPE-176373 – 銅の格子は、ワックスがけされると、錆止めされた銅ブロックになる。
  • MCPE-176379 – 銅製の格子は水没しない。
  • MCPE-176556 – プレイヤーがリンゴを食べている場合でも、通常の速度で歩く。
  • MCPE-176595 – 模様入りの銅は、切り込み入りの銅ブロックから石切りすることはできない。
  • MCPE-177409 – 実績「お口が臭いです」はクラフトを通じて獲得することができる。
その他
  • ボートを配置したときにボートがブロックをすり抜けてしまう問題を修正。
  • レッドストーンでトリガーされたコンテナブロック(例:ホッパー、ディスペンサー)は、高速レッドストーンクロックによって駆動される場合、一貫して操作できるようになった。
  • 100%ロードされてから、コンソールプラットフォームでメインメニューが表示されるまでの遅延が改善された。
  • 特定のチャットメッセージが新しい死亡画面に一時的に誤って表示される不具合を修正。
  • 一番下のブロックを通してベッドを破壊すると、スポーン地点を適切にクリアできるようになった。
  • タッチコントローラー以外の入力でタッチコントロールのカスタマイズ画面を終了すると、ホットバーが消える不具合を修正。
  • モバイルでキーボードのみを使用しているときにインベントリを移動できない問題を修正。
  • タッチモードでキーボードを使用するときにスタック分割が使用できない問題を修正。
  • リソースパックの「技術詳細」ボタンを押しても技術詳細画面に遷移しない不具合を修正。
  • 遅延テクニカルプレビューでのテクスチャのZファイティングの問題を修正。
  • 回復不可能なスクリプトウォッチドッグエラーが発生したときに、ワールドが適切に終了できず、クライアントが切断されないことがある不具合を修正。
  • 関数getEquipment、およびgetEquipmentSlotが「前」イベントハンドラー内で呼び出されない問題を修正。
  • 伝承をクリアした後にアイテムスタックを積み重ねることができない不具合を修正。
  • 複製されるコンテナーがコンテナー画面を開いたままにしなくなり、クラッシュが発生しなくなる。
  • 「Seven Seas」実績をクリアする際、まれにクラッシュが発生することがある問題を修正。
  • サイドバーを使用して戻った後でも、プレビューされた項目が紙人形上に残る不具合を修正。
  • すべての未所有および所有済みエモートは、更衣室のエモートセクション内で見つけられるようになる。
  • プレイ画面のフレンズドロワーの開閉時に音が鳴るようになった。
  • プレイヤーがブロックを配置または破壊し、レイトレーシングを有効にして保存して終了すると発生する可能性のあるクラッシュを修正。
  • フォーム内に255個を超えるボタンがある場合に ActionFormDataボタンをクリックできない問題を修正。
  • ブリーズウィンドとウィンドチャージの描画を調整。
  • ゾンビなどのモブが地面からアイテムの完全なスタックを拾うことができなかった問題を修正。
  • 遅延テクニカルプレビューの一人称モードでプレイヤーの体が影を落とすようになった。
  • 遅延テクニカルプレビューが有効になっている状態で PBR対応の世界に入ったときに、Androidで読み込み画面が黒くならなくなった。
  • 遅延テクニカルプレビューが有効になっている場合、トロッコのホッパーでカメラの動作中にゴーストアーティファクトが表示されなくなった。
  • 遅延テクニカルプレビューが有効になっているワールドから終了するときにゲームがクラッシュしなくなった。
  • 車両が防火ブロックの上にある場合、プレイヤーが誤った高さで車両から降りる不具合を修正。
  • 特定の解像度で斜体テキストを描画する際のフォントグリフ境界アーティファクト(各文字の端にある斑点のあるピクセル)を修正。
  • プレイヤーが特定の距離にいるときにフグが繰り返し膨張したり収縮したりすることがなくなった。
  • ナビゲーションコンポーネントで回避するブロックのリストの一部として指定された部分的なブロック (トラップドア、ハーフブロックなど) を持つモブは、それらを適切に回避するようになった。
  • 新しいプレイ画面の Realmsタブが読み込み状態でスタックすることはなくなった。
  • Realmsを表示しているときに「再生」メニューで発生する可能性のあるクラッシュを修正。
  • Realms Storiesの「投稿」と「いいね!」に関する翻訳を修正。
  • アルファテスト済みのジオメトリ (ドア、葉など) の影が遅延テクニカルプレビューで描画されなくなる問題を修正。
  • 遅延テクニカルプレビューでは、左手と右手の両方に装備したときに旗と盾が描画されるようになった。
  • 遅延テクニカルプレビューにおいて、日中の暗い部屋でプレイヤーの手の中で発光アイテムが光る問題を修正。
  • 遅延テクニカルプレビューにおけるAndroidでのアップスケーリングの安定性が向上した。
  • Androidデバイスにおいて、遅延テクニカルプレビューでアップスケーリングがオンになっていると、画面の右半分にピクセル化されたアーティファクトが表示されなくなった。
  • 遅延テクニカルプレビューでの不安定で不正確なライトクラスタリングの結果を修正。
  • ウミガメのタマゴ、カエルの卵、サンゴ、ウチワサンゴは、採掘時に2倍のパーティクルをスポーンしなくなった。
  • さまざまなパフォーマンスと安定性が改善された。
  • マルチプレイヤーセッションが利用可能なLANゲームに表示されないことがある問題を修正。
  • ダークオークやアカシアの木に置き換えられるブロックの制限は、幹だけでなく枝にも適用されるようになった。
  • 複製されたコンテナーがコンテナー画面を開いたままにしたり、クラッシュを引き起こしたりすることがなくなった。
  • Realmsに参加する際に無限ロードが発生する可能性がある不具合を修正。
  • 遅延テクニカルプレビューで洞窟が太陽に照らされて見える(別名「光漏れ」)原因となる問題を修正。
  • 遅延テクニカルプレビューでは、ボリュームフォグが閉鎖空間の太陽光の影響を受けなくなった。



1.20.51[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年12月14日


修正


7 issues fixed
ver1.20.50より
  • MCPE-177309 – PS版にてマルチプレイヤーワールド、注目のサーバー、Realmsに参加できない。
  • MCPE-177351 – ダメージを受けながら武器を切り替えながら食事をすると、アイテム損失+食べ物が複製される。
  • MCPE-177353 – アイテムを「使用」(ブラッシング、食事、射撃)中にホットバースロットを切り替えると、新しいスロットのアイテムが使用中のアイテムの重複に置き換えられる。
  • MCPE-177355 – 弓/トライデント/食べ物の重複。
その他
  • Realmsでプレイするときに発生する可能性のあるクラッシュを修正。
  • 所有している/所有していないすべてのエモートが、更衣室のエモートセクション内に表示されるようになった。
  • ブロックコンポーネントminecraft:random_tickingが再びサポートされるようになった。



1.20.50[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年12月5日


追加



ゲームプレイ

ゲームルール
  • projectilesCanBreakBlocksを追加した。衝撃発射物によって破壊可能なブロック(つまり、コーラスフラワー鍾乳石、および 飾り壺を破壊するかどうかを制御する。デフォルトはtrue
  • レシピトーストを表示するかどうかを制御するshowRecipeMessagesを追加した。デフォルトは true
    • 正しく動作するには、recipesUnlockゲームルールをtrueに設定する必要がある。


全般

試験的な機能
  • 「アップデート 1.21」実験用トグルを追加した。
    • ver1.21の新機能が含まれている。
マーケットプレイス
  • サーバー内のユーザーを更衣室のオファーにディープリンクする機能を追加した。
パーティクル
  • 新しいdust_plumewhite_smoke_particleパーティクルタイプを追加した。


変更点



ブロック

安山岩閃緑岩花崗岩磨かれた安山岩磨かれた閃緑岩磨かれた花崗岩
  • stoneIDのさまざまなブロック状態は、独自のIDに分割された。
旧ID 新ID
stone stone
granite
polished_granite
diorite
polished_diorite
andesite
polished_andesite
コーラスフラワー
  • あらゆる発射物によって破壊できるようになり、衝撃後に消えることはなくなった。
飾り壺
  • アイテムを1スタックまで保管できるようになった。
    • プレイヤーはそれらと対話し、アイテムを収納することができる。
      • プレイヤーがそれらと対話すると、それらはぐらつく。
    • これらにはGUIがなく、プレイヤーがコンテンツを取得するにはこれを壊す必要がある。
  • 発射物によって破壊される可能性があり、破壊されて内容物が落下する。
  • 最大64個までスタックできるようになった。
  • サウンドshatter.decorated_potを「スマッシャー」になるように更新した。
ホッパードロッパー
  • 飾り壺からアイテムを挿入および/または抽出できるようになった。
板材
  • planksIDのさまざまなブロック状態は、独自のIDに分割された。
旧ID 新ID
planks oak_planks
spruce_planks
birch_planks
jungle_planks
acacia_planks
dark_oak_planks
レッドストーンコンパレーター
  • 飾り壺内のアイテムの数を読み取ることができるようになった。
スカルクセンサー調律されたスカルクセンサー
  • 飾り壺を操作しているプレイヤーを頻度11で検出できるようになった。


コマンドフォーマット

/camera
  • カメラがプレイヤーのチャンク半径の外側に配置された場合のコンテンツ警告を追加した。


ゲームプレイ

襲撃
  • 襲撃モブは既存の襲撃イベントに参加できるようになった。


全般

死亡時メッセージ
  • ネザーベッドの爆発により死亡した場合の死亡メッセージを更新した。
遊び方画面
  • 「遊び方」画面を全面改修し、「百科事典」画面を新規作成した。
    • 遊び方の説明にネザライト関連項目を追加した。
    • 「遊び方」画面の「古い世界」への古い参照を削除した。
ワールド読み込み中の画面
  • プレイヤーの進行状況に基づいて3つのカテゴリのヒントが表示されるようになった。
設定
  • 「垂直同期」ビデオオプションを削除した。


アイテム

鍛冶テンプレート
  • アーマートリムをカスタム防具に適用できるようになった。


モブ

コウモリ
  • モデル、アニメーション、テクスチャが更新された。


ヴィンディケーターエヴォーカー
  • ピースフルではスポーンできなくなった。


全般
  • 燃えているモブは、メインの手に何かを持っているときにターゲットにを広げなくなった。
  • モブの攻撃範囲の計算を変更した。
    • 水平方向では、モブの攻撃範囲は、水平幅を使用して決定するのではなく、水平方向に拡張された境界ボックスになった。
      • たとえば、ラヴェジャーは数ブロックの厚い壁を越えて攻撃することはできない。
    • 垂直方向では、モブの攻撃範囲が境界ボックスの正確な垂直範囲になった。 垂直方向のバウンディングボックスとターゲットのバウンディングボックスの間に重なりがない場合は攻撃できない。具体的には、次のような場合となる。
      • 中型のモブ(ウマなど)に乗ると、背の低いモブ(子供ゾンビなど)からの攻撃を取り除くことができる。
      • 背の高いモブ(ラクダなど)に乗ると、標準サイズのモブ(ゾンビなど)からの攻撃を防ぐことができる。
      • 一部のモブの到達高さが延長された(例:エンダーマン、安全高さが1.5から3に変更された)。


モブではないエンティティ

ホッパー付きトロッコ
  • 飾り壺からアイテムの収納、および取り出しができるようになった。


技術的

Realms
  • Realmは現在、ベータ版とプレビュー版で利用できる。
    • アクティブなRealmsサブスクリプションを持つプレイヤーは、無料のベータ版/プレビュー版のRealmを作成する資格がある。
    • ベータ/プレビュー版のRealmは、問題が通常のRealmに影響を与えるのを防ぐために、通常のRealmとは別のものになる。
  • Realmで最後にプレイしたワールドのバージョンがRealmリストに表示される。
  • 新たに作成したワールドでは試験的な機能が利用できる。
  • プレイヤーはXboxのRealmsから「1GB」を超えるワールドをダウンロードできるようになった。
  • ゲームが実行されていないときでも、リンクを使用してMinecraftをRealm内で直接起動できるようになった。
    • リンクの例:minecraft://connectToRealm?realmId=<Id number>



実験的な機能


以下の追加点および変更点は、「アップデート 1.21」「ベータ API」「Molang 機能」「クリエイター向けのドラゴンの機能をレンダリング」の実験用トグルを有効にすることで利用できる。

追加(実験的)


ブロック

模様入りの銅 (Chiseled Copper)
  • ワックス付き・ワックスなしの4つの酸化レベルで、合計8種類ある。
  • 作業台石切台の両方で作成できる:
模様入り凝灰岩 (Chiseled Tuff)
  • 凝灰岩のハーフブロックから作成するか、石切台を使用して凝灰岩を切断することで入手できる。
模様入り凝灰岩のレンガ (Chiseled Tuff Bricks)
  • 凝灰岩のレンガのハーフブロックから作成するか、石切台を用いて凝灰岩、凝灰岩レンガ、磨かれた凝灰岩を使用することで入手できる。
銅の電球 (Copper Bulb)
  • レッドストーンパルスによって発光を切り替えることができる発光ブロック。
  • ワックス付き・ワックスなしの4つの酸化レベルで、合計8種類ある。
  • 十字模様の作業台で、同じ種類の銅ブロック×3、中央のスロットにブレイズロッド×1、下部のスロットにレッドストーンダスト×1を使用することで、 同じタイプの銅の電球を作成できる。
  • 酸化が進むと発光が少なくなる。 酸化度が低いものから酸化度が高いものまで、それぞれ 15、12、8、4のブロック光レベルを放つ。
  • レッドストーン信号によって電力が供給されている間、それらの中心にあるレッドストーンクリスタルが光る。
  • 以下のような性質を持つ。
    • ライトのオン/オフを切り替える場合、レッドストーンパルスを受信したときのみ適用する。 レッドストーンパルスの発生源が取り除かれても、それらの状態は変化しない。
    • ライトがオンの場合、レッドストーンコンパレーターはレッドストーン信号強度15を読み取る。
    • レッドストーンパワーを実施してはいけない。
銅の扉 (Copper Door)、銅のトラップドア (Copper Trapdoor)
  • ワックス付き・ワックスなしの4つの酸化レベルで、合計8種類ある。
  • プレイヤーやレッドストーンによって開閉できるという点で、木製のドアと同様に機能する。
  • 同じ種類の銅ブロックを使用して、他のドアと同じように作成できる。
銅の格子 (Copper Grate)
  • 銅系ならではの新しいタイプの装飾ブロック。
  • ワックス付き・ワックスなしの4つの酸化レベルで、合計8種類ある。
  • 作業台と石切台の両方で作成できる。
    • 作業台にいるとき、同じ種類の菱形パターンの銅ブロックを4つ消費すると、同じ種類の銅の格子が1つ生成される。
    • 石切台の場合、銅ブロックを 1 つ消費し、同じ種類の銅の格子が4つ生成される。
  • 以下のような性質を持つ。
    • 透明で光を透過する。
    • レッドストーンの実行ができない。
    • 敵対モブは自然スポーンすることはできない。
クラフター (Crafter)
  • 作業台のバリエーションは、5つの鉄インゴット、作業台、2つのレッドストーンダスト、およびドロッパーで作成できる。
  • 作業台に似たユーザーインターフェイスを備えている。
    • 3×3のインタラクティブなクラフトグリッドがある。
    • クラフトグリッドスロットは切り替えできる。つまり、プレイヤーは空いた手でスロットをクリックまたは押すことで、スロットの動作を変更できる。
      • 切り替えられたスロットにはアイテムを保持できないため、ホッパーやドロッパーなどの他のブロックによってアイテムをスロットに配置することはできない。
      • 切り替えられたスロットは、プレイヤーが直接クリックするか、アイテムを押しながら空のホットバースロットまたは空ではないホットバースロットに関連付けられたスロットキーを押すことでオフに切り替えることができる。
    • 作業台とは異なり、スロットには作成されたアイテムのプレビューが表示され、次のレッドストーンパルスで作成されて排出されるが、プレイヤーが手動で取り出すことはできない。
    • ユーザーインターフェイスは、ユーザーインターフェイスと対話するすべてのプレイヤー間で共有される。つまり、チェストやホッパーと同様に、複数のプレイヤーが同時にユーザーインターフェイスと対話できることになる。
  • クラフターはどの方向に置いても設置できる。
  • ツルハシを使用すると、採掘速度を上げることができる。
  • クラフターは、新しいレッドストーンパルス、つまり連続信号ではないレッドストーン信号によって駆動されると、一度に 1つのクラフトアイテムを排出する。
    • この新しい信号を受信すると、製作者はレシピ結果を前面から排出する。
    • 出力結果に複数種類の項目がある場合、結果項目はすべてまとめて排出される。
  • ホッパーやドロッパーと対話して、自動的に入力/出力することができる。
    • ホッパーは、アイテムの挿入と取り出しの両方に使用できる。
    • スポイトを使用してアイテムを挿入できる。
    • ホッパーまたはドロッパーを使用して別のブロックからアイテムを移動すると、次のルールに従ってアイテムをスロットに埋めることが優先される。
      • 切り替えられたスロットがある場合はスキップされる。
      • 切り替えられたスロットがない場合、クラフターは左から右、上から下の最初の空のスロットを優先する。
      • 切り替えられたスロットがなく、空のスロットもない場合、クラフターは同じアイテムの最小スタックを優先する。 可能なスタックが複数ある場合は、左から右、上から下の順に最初のものを選択する。
    • スロットの選択に失敗した場合、ホッパーとドロッパーは何も動作しない。
  • レッドストーンコンパレーターで読み取った場合、レッドストーン信号強度は0~9で、空でないスロットまたは切り替えられたスロットごとに1強度が追加される。
磨かれた凝灰岩 (Polished Tuff)
凝灰岩のレンガ (Tuff Bricks)
  • 磨かれた凝灰岩から作成するか、石切台を使用して凝灰岩を切断することで入手できる。
  • それぞれの 階段ハーフブロック(模様入りの凝灰岩レンガの作成に使用できる)、および の作成に使用できる。
凝灰岩の階段 (Tuff Stairs)、凝灰岩のハーフブロック (Tuff Slab)、凝灰岩の塀 (Tuff Wall)
  • 凝灰岩から作成するか、石切台を使用して凝灰岩を切断することで入手できる。
  • 凝灰岩のハーフブロックは模様入りの凝灰岩を作成するために使用できる。


変更点(実験的)


ブロック

銅ブロック(全種類)
  • それぞれの銅のドアと銅のトラップドア、銅の電球、銅の格子、およびブロックの任意のバリアントを作成するために使用できるようになった。石切台で銅を分割できる。
凝灰岩
  • 磨かれた凝灰岩やその変種、およびそれぞれの階段ハーフブロック、または石切台でそれを分割する凝灰岩の任意の形式と変種を作成するために使用できるようになった。


技術的

API
  • コンポーネントIDをTypeScriptタイプにマップするBlockComponentTypeMapEntityComponentTypeMapItemComponentTypeMapエイリアスを追加した。
  • 正しい派生コンポーネント タイプを返すように Block.getComponentEntity.getComponentItemStack.getComponentを変更した。
  • コンポーネント ID 文字列を列挙する BlockComponentTypesEntityComponentTypesItemComponentTypes列挙型を追加した。
  • CraftingEventPacketを削除した。
  • effectAddBeforeEventを追加し、effectAddAfterEventからeffectStateを削除した。
  • イベント
    • PlayerInteractWithBlockAfterEventをベータ版から1.7.0に移動した。
    • PlayerInteractWithBlockBeforeEventをベータ版から1.7.0に移動した。
    • PlayerInteractWithEntityAfterEventをベータ版から1.7.0に移動した。
    • PlayerInteractWithEntityBeforeEventをベータ版から1.7.0に移動した。
  • PlayerLeaveBeforeEventをベータ版から1.7.0に移動しました。
  • NumberRangeインターフェースをminecraft/commonに移動した。
    • heightRange: NumberRangeをベータ版から1.7.0に移動しました。
    • matchesをベータ版から1.7.0に移動した。
    • 関数clearDynamicPropertiesをベータ版から1.7.0に移動した。
    • 関数getDynamicPropertiesをベータ版から1.7.0に移動した。
    • 関数getDynamicPropertyIdsをベータ版から1.7.0に移動した。
    • 関数getDynamicPropertyTotalByteCountをベータ版から1.7.0に移動した。
    • 関数setDynamicPropertyをベータ版から 1.7.0に移動した。
    • 関数clearDynamicPropertiesをベータ版から 1.7.0に移動した。
    • 関数getDynamicPropertiesをベータ版から 1.7.0に移動した。
    • 関数getDynamicPropertyIdsをベータ版から 1.7.0に移動した。
    • 関数getDynamicPropertyTotalByteCountをベータ版から1.7.0に移動した。
    • 関数setDynamicPropertyをベータ版から1.7.0に移動した。
  • TicksPerSecond
    • ベータ版から1.7.0に移行した。
    • offsetをベータ版から1.7.0に移動した。
    • をベータ版から1.7.0に移動した。
    • 以下をベータ版から1.7.0に移動した。
    • northをベータ版から1.7.0に移動した。
    • eastをベータ版から1.7.0に移動した。
    • southをベータ版から1.7.0に移動した。
    • westをベータ版から1.7.0に移動した。
    • centerをベータ版から1.7.0に移動した。
    • bottomCenterをベータ版から1.7.0に移動した。
  • EntityNpcComponentを使用したスクリプトへの初期 NPCサポートを追加した。
  • SimulatedPlayer
    • stopUsingItemは、使用されていたアイテムを返すようになった。
  • エンティティにはターゲットがない可能性があるため、targetプロパティをEntityまたはunknownタイプになるように修正した。
  • EntityHitInformation
    • エンティティが未定義である可能性があるため、entityプロパティをEntityまたはunknownタイプになるように修正した。
  • EntityInventoryComponent
    • containerメンバー変数が、Containerまたはunknownである可能性があることを正しく反映するようになった。
    • entityメンバー変数が、Entityまたはunknownである可能性があることを正しく反映するようになった。
  • ItemStartUseOnAfterEvent
    • itemStackはオプションになった。
  • ItemStopUseAfterEvent
    • itemStackはオプションになった。
  • Entity.removeをベータ版から1.7.0に移動した。
  • DataDrivenEntityTriggerAfterEvent
    • わかりやすくするために、プロパティ idの名前をeventIdに変更した。
    • getModifierが読み取り専用モードで動作するように変更された。
  • DefinitionModifierclassからプロパティを持つinterfaceに変更した。
  • EntityTypes.getEntityTypeだけではなくEntityType | undefinedを返すことができることを適切に反映するようにした。
  • 動的プロパティ
    • NBTの変更:動的プロパティは、モジュールUUIDではなく、ビヘイビアーパックマニフェストUUIDを使用して保存されるようになった。 動的プロパティを使用する既存のワールドは引き続き機能し、プロパティが読み取られるか変更されると新しい形式に移行される。
JSON
  • minecraft:behavior.melee_box_ Attackの動作を追加した。これは minecraft:behavior.melee_questionと同じように機能するが、境界ベースの攻撃到達計算を使用する。
    • reach_multiplier属性は削除され、box_increaseに置き換えられる。
    • リーチは、xz平面内の攻撃するモブの境界を box_increaseブロックによって増やして「攻撃ボックス」を作成することによって計算される。 攻撃ボックスがターゲットの境界と交差する場合、攻撃しているモブはそこに到達できる。
  • エンティティが既存の襲撃イベントに参加できるようにするminecraft:can_join_raidコンポーネントを追加した。
  • tag:レガシーアイテムコンポーネントを非推奨にし、JSON形式1.20.50以降でminecraft:tagsアイテムコンポーネントを試験運用からリリースした。
  • minecraft:use_durationの名前をminecraft:use_modifiersに変更し、JSON形式バージョン1.20.50以降にmovement_modifierパラメーターを追加した。
  • JSON形式バージョン1.20.50以降のminecraft:chargeableは非推奨になった。
  • 形式バージョン1.20.50以降のminecraft:diggerからのon_digイベントトリガーは非推奨になった。
Molang
  • 次の Molangクエリは非推奨となり、min_engine_versionが1.20.50以降のパックでは利用できなくなる。
    • query.timer_flag_1に置き換えられ、behavior.timer_flag_1で設定される。
    • query.timer_flag_2に置き換えられ、behavior.timer_flag_2で設定される。
    • query.timer_flag_3に置き換えられ、behavior.timer_flag_3で設定される。
    • query.is_scenting
    • query.is_rising
    • query.is_feeling_happy
    • query.dash_cooldown_progress



修正


53 issues fixed
ver1.20.0以前のリリースバージョンから
  • MCPE-31014 – 100%のホットバーの不透明度は十分に不透明ではない。
  • MCPE-41898 – MCWORLDまたはMCSTRUCTUREファイルをOneDriveフォルダーにエクスポートすると、エラーが表示されずに失敗する。
  • MCPE-64168 – 床が溶岩の死亡時メッセージに文法問題であることを発見した。
  • MCPE-123604 – 死亡時メッセージが正しく表示されません。
  • MCPE-124736 – ヴィンディケーターは、友好モブの状態では村人に対して消極的にならない。
  • MCPE-168574 – ボートから降りるときに後部座席の暴徒を攻撃。
  • MCPE-168598 – 一部のゲーム内UIには、ポケットUIの透明な黒い背景がない。
  • MCPE-169617 – クリエイターアイコンのホバー境界線がない。
ver1.20.0から
  • MCPE-157182 – アンロードされたチャンクのリードが、チャンクに再入すると壊れる。
  • MCPE-171597 – エンドロッドを水平に設置した場合、垂直に設置した場合と同様に当たり判定が発生する。
  • MCPE-171870 – スニッファー、ラクダ、ウマ、ロバ、ラバは、子供のときにボートに乗り込み、大人に成長すると動けなくなることがある。
  • MCPE-173492 – 遺跡(冷帯)で怪しげな砂が生成される。
旧バージョンから
  • MCPE-167218 – 水中/水中でしゃがむことができない。
  • MCPE-170831 – Xboxオンスクリーンキーボードがコマンドブロックラインをカバーする。
  • MCPE-171346 – 激流以外のエンチャントの有無にかかわらずトライデントを使用した後、盾が使用できなくなる。
  • MCPE-174298 – 検索バーはその下の項目リストより少し小さい。
  • MCPE-174861 – 司書の村人に共通のエンチャント本は最大レベルエンチャントされない。
  • MCPE-175159 – レシピメニューのデフォルトは「すべて」項目となっている。
  • MCPE-175237 – ストラクチャーヴォイドブロックが相互作用をブロックしなくなった。
  • MCPE-175530 – タッチスクリーンのない PCで「コントロールのカスタマイズ」に移動しても、設定に戻ることができない。
  • MCPE-175538 – 「Production」という単語が他の言語に翻訳されているため、Unicode言語ではこの行が読めなくなる。
  • MCPE-175790 – 粘着ピストンが引き込みピストンを引っ張り、プレイヤーや別のブロックを引っ張るとゲームがクラッシュする可能性がある。
  • MCPE-176184 – コーラスフラワーを壊すためにロケット花火は使用できない。
  • MCPE-176198 – ver1.20.50.21に更新すると、更新前に配置されていたとしても、ボートには大きすぎるすべてのモブが排出される。
  • MCPE-176371 – 方解石はクリエイティブインベントリや/giveコマンドでは入手できない。
  • MCPE-176399 – アーマートリムの鍛治テンプレートを適用すると、防具がソリッドテクスチャで描画される。
その他
  • ファントムは滑空中のプレイヤーを見逃さなくなった。
  • プレイヤーが葉の上にスポーンする可能性が減少した。
  • 「~をスポーンさせる」(Java版のスポーンエッグ)によってスポーンされたウィッチが襲撃イベントに参加し、邪悪な村人にポーションを投げるようになった。
  • 「遊び方」画面の各種誤字を修正。
  • ジョイスティックでタッチコントロールを使用する場合、マーケットプレイスパックのカスタム車両のヒント表示を修正。
  • より適切なコンテキストと情報を提供するために、一般的なスクリプトエラーメッセージの一部が改善された。
  • サーバー上のquery.is_alive周りの信頼性の低さを修正。
  • サーバーのシミュレーション範囲が6チャンクより大きい場合でも、最も近いプレイヤーから6チャンクを超えてモブがスポーンできない問題を修正。
  • 「遅延技術プレビュー」で溶岩や粉雪に浸かっているときに全画面オーバーレイが表示されない問題を修正。
  • 「遅延技術プレビュー」でトロッコ内のホッパーが欠落していた問題を修正。
  • 「遅延技術プレビュー」で特定の発光ブロック(シーランタン、グロウストーン、溶岩など)をポイントライトにできない問題を修正。
  • 「遅延テクニカルプレビュー」での雨、雪、その他の天候効果の外観を修正。
  • 「遅延技術プレビュー」で長距離にわたる光源の品質が向上した。
  • 「遅延技術プレビュー」の発光専用ブロックから発せられる光の明るさのバランスを調整した。
  • 複数の文字列名を持つロードされた値のアップグレードに関する問題を修正。
  • 「遅延技術プレビュー」で明るいピクセルをより自然に強調するためにHDRシーン情報を利用するようにブルームパイプラインを強化した。
  • 「遅延技術プレビュー」で存在しないモブの影がレンダリングされる問題を修正。
  • 「遅延技術プレビュー」でディメンションを切り替えるときに発生する可能性のあるクラッシュを修正。
  • 「遅延技術プレビュー」でハイトマップが反転して表示される問題を修正。
  • @minecraft/server-uiフォームが生のテキストに埋め込まれたときにプレイヤーのスコアボード情報を正しく描画しない問題を修正。
  • パーティクルエミッターがエンティティに追加されても、パーティクルがワールド内でシミュレートされる場合、パーティクルはワールドと正しく衝突するようになった。
  • 模様入りの銅(全バリエーション)、凝灰岩ブロック、銅の扉、トラップドア、格子 (すべてのワックス仕上げのバリエーション) の不足していたクラフトレシピを追加した。
  • マーケットプレイス内でさまざまなアクションを実行するときに発生する可能性のあるソフトロックを修正。
  • 地面に触れた後に飛行プレイヤーの速度が大幅に低下する問題を修正。
  • クラシックスキンの情報ポップにより、正しい設定ページが表示されるようになった。
  • しばらく他のことをした後にRealmsに参加するとクラッシュする問題を修正。
  • カスタムアイテムを含むワールドをロードするときに時々発生するクラッシュを修正。



1.20.41[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年11月2日


修正


  • しばらく他のことをした後、Realmsに参加すると発生する可能性のあるクラッシュを修正。
  • 注目のサーバーに参加するときに発生する可能性のあるクラッシュを修正。
  • プレイヤーが以前にRealmsを購入していて、Realmsがまだ作成されていない場合にFireタブレットで発生したクラッシュを修正。
  • マーケットプレイス内でさまざまなアクションを実行するときに発生する可能性のあるソフトロックを修正。
  • マーケットプレイス内で検索機能を使用するときに、結果の最初の行のみが表示される検索、フィルタリング、並べ替えを修正。
  • マーケットプレイスで検索フィルターを使用するときに、ワールドタイプフィルターが適切に適用されるようになった。
  • PlayStationでデモ版から製品版にアップグレードできない問題を修正。



1.20.40[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年10月24日


追加


全般

操作
  • タッチコントロールをカスタマイズする機能が追加された。


設定
  • 「コントロールのカスタマイズ」実験的な「タッチ」オプションを追加した。デフォルトではオフとなっている。
    • タッチコントロールをカスタマイズする機能を有効にする。
      • ワールドの中でのみ有効になる。


options.txt
  • 次のoptionsを追加した。:
    • gfx_moveStickX、デフォルトは0.15
    • gfx_moveStickY、デフォルトは0.6
    • gfx_moveStickScale、デフォルトは1
    • gfx_touchButton1X、デフォルトは0.925
    • gfx_touchButton1Y、デフォルトは0.4
    • gfx_touchButton1Scale、デフォルトは1
    • gfx_touchButton1Opacity、デフォルトは1
    • gfx_touchButton2X、デフォルトは0.825
    • gfx_touchButton2Y、デフォルトは0.5
    • gfx_touchButton2Scale、デフォルトは1
    • gfx_touchButton2Opacity、デフォルトは1
    • gfx_touchButton3X、デフォルトは0.925
    • gfx_touchButton3Y、デフォルトは0.6
    • gfx_touchButton3Scale、デフォルトは1
    • gfx_touchButton3Opacity、デフォルトは1
    • gfx_touchButton4X、デフォルトは0.825
    • gfx_touchButton4Y、デフォルトは0.7
    • gfx_touchButton4Scale、デフォルトは1
    • gfx_touchButton4Opacity、デフォルトは1
    • gfx_touchButton5X、デフォルトは0.925
    • gfx_touchButton5Y、デフォルトは0.8
    • gfx_touchButton5Scale、デフォルトは1
    • gfx_touchButton5Opacity、デフォルトは1
    • gfx_touchDpadX、デフォルトは0.135
    • gfx_touchDpadY、デフォルトは0.775
    • gfx_touchDpadScale、デフォルトは1
    • gfx_touchDpadOpacity、デフォルトは1
    • gfx_classicButton1X、デフォルトは0.9
    • gfx_classicButton1Y、デフォルトは0.6
    • gfx_classicButton1Scale、デフォルトは1
    • gfx_classicButton1Opacity、デフォルトは1
    • gfx_classicButton2X、デフォルトは0.9
    • gfx_classicButton2Y、デフォルトは0.75
    • gfx_classicButton2Scale、デフォルトは1
    • gfx_classicButton2Opacity、デフォルトは1
    • gfx_classicButton3X、デフォルトは0.9
    • gfx_classicButton3Y、デフォルトは0.9
    • gfx_classicButton3Scale、デフォルトは1
    • gfx_classicButton3Opacity、デフォルトは1



変更点


ブロック

音符ブロック


スカルク


スカルクセンサー調律されたスカルクセンサー


  • モブが1ブロックの深さの水たまりに落ちても落下ダメージを受けなくなった。
  • 水から出るときの周囲の音は、エンティティが目の高さよりも下に水に沈んでいる場合にのみ再生されるようになり、Java版と一致する。
  • 水に入る時のスプラッシュサウンドがJava版に合わせて更新された。[3]


コマンドフォーマット

/give
  • コマンドを使用したときにアイテムを拾ったときの音が鳴るようになった。


チェストエンダーチェスト石切台トラップチェスト
  • facing_directionの代わりに minecraft:cardinal_directionブロック状態が使用されるようになった。
    • minecraft:cardinal_directionは4つの文字列値["east", "north", "south", "west"]を使用する。


ゲームプレイ

ゲームルール
  • spawnradiusゲームルールは、Java版と一致するようにデフォルトで10に設定されるようになった。


全般

設定
  • 「リスポーン範囲」詳細オプションは、デフォルトで5ではなく10に設定されるようになった。


アイテム

  • から水を入れるときに音が鳴るようになった。
  • 瓶から大釜に液体を注ぐと、適切な効果音が鳴る。
  • 大釜から瓶に水を入れると、適切な音が鳴るようになった。
  • 瓶から飲むと適切な音が鳴るようになった。


探検家の地図
  • 製図家が販売する探検家の地図の構造アイコンを更新した。


ヤギの角笛
  • 最大で256ブロック先から聞くことができるようになった。


モブ

ネコ
  • 食べ物を与える時に効果音が鳴るようになった。


ガーディアンエルダー ガーディアン
  • 陸上にいると再びバタバタ音を立てるようになった。


アイアン ゴーレムスノー ゴーレム


村人
  • 製図家は、オーバーワールド(Java版の通常世界)にいないときは、探検家の地図を取引として提供しなくなった。


ウィッチ
  • 現在は16ブロック以内のプレイヤーを発見するようになった。


ウィザー
  • HUDのボスバーの色がJava版と同じになった。


ウィザースケルトン
  • 独自のユニークな効果音が鳴るようになった。


村人ゾンビ
  • Java版に合わせて、硬化時間は3分から5分の間でランダム化されるようになった。


モブではないエンティティ

ボートチェスト付きのボート
  • 乗車中に高いところから落ちても、落下ダメージを与えなくなった。


実験的な機能


以下の追加点および変更点は、「村人との取引バランス調整」「ベータ API」「Molang 機能」「試験的カメラ」の実験用トグルを有効にすることで利用できる。

変更点(実験的)


ゲームプレイ

村人との取引
  • 製図家が由来するバイオームに応じて販売できる7つの新しい地図を追加した。
    • ジャングルと沼地の村は自然には生成されない。そのため、プレイヤーは取引にアクセスするには、これらのバイオームで村人を繁殖させるか、村人ゾンビを治療する必要がある。
    • 村の地図は、特定のバイオーム内の村を指す。ジャングル探検家の地図はジャングルの寺院を指す。湿地帯探検家の地図は沼地の小屋を指す。
利用できる新しい取引可能な地図
砂漠 ジャングル 平原 サバンナ 雪原 沼地 タイガ
グループ1 サバンナの村の地図 サバンナの村の地図 サバンナの村の地図 砂漠の村の地図 平原の村の地図 雪原の村の地図 平原の村の地図
グループ2 平原の村の地図 砂漠の村の地図 タイガの村の地図 平原の村の地図 タイガの村の地図 タイガの村の地図 雪原の村の地図
グループ3 ジャングルの探検家の地図 沼地の探検家の地図 ジャングルの探検家の地図 沼地の探検家の地図 ジャングルの探検家の地図 沼地の探検家の地図
現在のバージョンにおける製図家の取引
レベル 必要アイテム 数量 値引倍率 受け取り 数量 品切れまでの取引数 村人への経験値
新米 24 0.05 エメラルド 1 16 2
エメラルド 7 0.05 白紙の地図 1 12 1
見習い ガラス板 11 0.05 エメラルド 1 16 10
エメラルド
コンパス
8
1
0.2 「前述の地図」[note 1] 1 12 5
一人前 コンパス 1 0.05 エメラルド 1 12 10
エメラルド
コンパス
13
1
0.2 海洋探検隊の地図 1 12 10
熟練者 エメラルド 7 0.05 額縁 1 12 15
エメラルド 3 0.05

任意の色の[note 2]
1 12 15
達人 エメラルド 8 0.05 旗の模様(地球) 1 12 30
エメラルド
コンパス
14
1
0.2 森林探検家の地図 1 1 30
  • 防具鍛冶の職業の変更:
    • ダイヤモンド製防具の購入には少量のダイヤモンドも必要になる。
    • ほとんどの達人レベルの防具鍛冶は鉄ブロックを購入し、そのためにエメラルド4個を支払う。
    • チェーン製の防具は、ジャングルと沼地の防具鍛冶によって独占的に販売されている。
    • サバンナの防具鍛冶は、束縛の呪いのエンチャントが付与されたダイヤモンドの防具を割引価格で販売している。
    • タイガの防具鍛冶は、ダイヤモンド製防具を別の防具と交換できる。
現在のバージョンにおける砂漠の防具鍛冶の取引
レベル 必要アイテム 数量 値引倍率 受け取り 数量 品切れまでの取引数 村人への経験値
新米 石炭 15 0.05 エメラルド 1 12 2
鉄インゴット 5 0.05 エメラルド 1 12 2
見習い エメラルド 4 0.05 鉄のブーツ 1 12 5
エメラルド 5 0.05 鉄のヘルメット 1 12 5
エメラルド 7 0.05 鉄のレギンス 1 12 5
エメラルド 9 0.05 鉄のチェストプレート 1 12 5
一人前 溶岩入りバケツ 1 0.05 エメラルド 1 12 20
エメラルド 5 0.05 1 12 10
エメラルド 36 0.2 1 12 10
熟練者 エメラルド 8 0.05 鉄のブーツ(棘の鎧 I) 1 3 15
エメラルド 9 0.05 鉄のヘルメット(棘の鎧 I) 1 3 15
エメラルド 11 0.05 鉄のレギンス(棘の鎧 I) 1 3 15
エメラルド 13 0.05 鉄のチェストプレート(棘の鎧 I) 1 3 15
達人 エメラルド
ダイヤモンド
16
4
0.05 ダイヤモンドのチェストプレート(棘の鎧 I) 1 3 30
エメラルド
ダイヤモンド
16
3
0.05 ダイヤモンドのレギンス(棘の鎧 I) 1 3 30
鉄ブロック 1 0.05 エメラルド 4 12 30
現在のバージョンにおけるジャングルの防具鍛冶の取引
レベル 必要アイテム 数量 値引倍率 受け取り 数量 品切れまでの取引数 村人への経験値
新米 石炭 15 0.05 エメラルド 1 12 2
鉄インゴット 5 0.05 エメラルド 1 12 2
見習い エメラルド 4 0.05 チェーンブーツ 1 12 5
エメラルド 5 0.05 チェーンヘルメット 1 12 5
エメラルド 7 0.05 チェーンレギンス 1 12 5
エメラルド 9 0.05 チェーンのチェストプレート 1 12 5
一人前 溶岩入りバケツ 1 0.05 エメラルド 1 12 20
エメラルド 5 0.05 1 12 10
エメラルド 36 0.2 1 12 10
熟練者 エメラルド 8 0.05 チェーンブーツ(耐久力 I) 1 3 15
エメラルド 9 0.05 チェーンヘルメット(耐久力 I) 1 3 15
エメラルド 11 0.05 チェーンレギンス(耐久力 I) 1 3 15
エメラルド 13 0.05 チェーンのチェストプレート(耐久力 I) 1 3 15
達人 エメラルド 9 0.05 チェーンヘルメット(飛び道具耐性 I) 1 3 30
エメラルド 8 0.05 チェーンブーツ(落下耐性 I) 1 3 30
鉄ブロック 1 0.05 エメラルド 4 12 30
現在のバージョンにおける平原の防具鍛冶の取引
レベル 必要アイテム 数量 値引倍率 受け取り 数量 品切れまでの取引数 村人への経験値
新米 石炭 15 0.05 エメラルド 1 12 2
鉄インゴット 5 0.05 エメラルド 1 12 2
見習い エメラルド 4 0.05 鉄のブーツ 1 12 5
エメラルド 5 0.05 鉄のヘルメット 1 12 5
エメラルド 7 0.05 鉄のレギンス 1 12 5
エメラルド 9 0.05 鉄のチェストプレート 1 12 5
一人前 溶岩入りバケツ 1 0.05 エメラルド 1 12 20
エメラルド 5 0.05 1 12 10
エメラルド 36 0.2 1 12 10
熟練者 エメラルド 8 0.05 鉄のブーツ(ダメージ軽減 I) 1 3 15
エメラルド 9 0.05 鉄のヘルメット(ダメージ軽減 I) 1 3 15
エメラルド 11 0.05 鉄のレギンス(ダメージ軽減 I) 1 3 15
エメラルド 13 0.05 鉄のチェストプレート(ダメージ軽減 I) 1 3 15
達人 エメラルド
ダイヤモンド
16
3
0.05 ダイヤモンドのレギンス(ダメージ軽減 I) 1 3 30
エメラルド
ダイヤモンド
16
2
0.05 ダイヤモンドのブーツ(ダメージ軽減 I) 1 3 30
鉄ブロック 1 0.05 エメラルド 4 12 30
現在のバージョンにおけるサバンナの防具鍛冶の取引
レベル 必要アイテム 数量 値引倍率 受け取り 数量 品切れまでの取引数 村人への経験値
新米 石炭 15 0.05 エメラルド 1 12 2
鉄インゴット 5 0.05 エメラルド 1 12 2
見習い エメラルド 4 0.05 鉄のブーツ 1 12 5
エメラルド 5 0.05 鉄のヘルメット 1 12 5
エメラルド 7 0.05 鉄のレギンス 1 12 5
エメラルド 9 0.05 鉄のチェストプレート 1 12 5
一人前 溶岩入りバケツ 1 0.05 エメラルド 1 12 20
エメラルド 5 0.05 1 12 10
エメラルド 36 0.2 1 12 10
熟練者 エメラルド 2 0.05 鉄のブーツ(束縛の呪い) 1 3 15
エメラルド 3 0.05 鉄のヘルメット(束縛の呪い) 1 3 15
エメラルド 5 0.05 鉄のレギンス(束縛の呪い) 1 3 15
エメラルド 7 0.05 鉄のチェストプレート(束縛の呪い) 1 3 15
達人 エメラルド
ダイヤモンド
6
2
0.05 ダイヤモンドのヘルメット(束縛の呪い) 1 3 30
エメラルド
ダイヤモンド
8
3
0.05 ダイヤモンドのチェストプレート(束縛の呪い) 1 3 30
鉄ブロック 1 0.05 エメラルド 4 12 30
現在のバージョンにおける雪原の防具鍛冶の取引
レベル 必要アイテム 数量 値引倍率 受け取り 数量 品切れまでの取引数 村人への経験値
新米 石炭 15 0.05 エメラルド 1 12 2
鉄インゴット 5 0.05 エメラルド 1 12 2
見習い エメラルド 4 0.05 鉄のブーツ 1 12 5
エメラルド 5 0.05 鉄のヘルメット 1 12 5
エメラルド 7 0.05 鉄のレギンス 1 12 5
エメラルド 9 0.05 鉄のチェストプレート 1 12 5
一人前 溶岩入りバケツ 1 0.05 エメラルド 1 12 20
エメラルド 5 0.05 1 12 10
エメラルド 36 0.2 1 12 10
熟練者 エメラルド 8 0.05 鉄のブーツ(氷渡りI) 1 3 15
エメラルド 9 0.05 鉄のヘルメット(水中採掘) 1 3 15
達人 エメラルド
ダイヤモンド
12
2
0.05 ダイヤモンドのブーツ(氷渡り I) 1 3 30
エメラルド
ダイヤモンド
12
3
0.05 ダイヤモンドのヘルメット(水中採掘) 1 3 30
鉄ブロック 1 0.05 エメラルド 4 12 30
現在のバージョンにおける沼地の防具鍛冶の取引
レベル 必要アイテム 数量 値引倍率 受け取り 数量 品切れまでの取引数 村人への経験値
新米 石炭 15 0.05 エメラルド 1 12 2
鉄インゴット 5 0.05 エメラルド 1 12 2
見習い エメラルド 4 0.05 チェーンブーツ 1 12 5
エメラルド 5 0.05 チェーンヘルメット 1 12 5
エメラルド 7 0.05 チェーンレギンス 1 12 5
エメラルド 9 0.05 チェーンのチェストプレート 1 12 5
一人前 溶岩入りバケツ 1 0.05 エメラルド 1 12 20
エメラルド 5 0.05 1 12 10
エメラルド 36 0.2 1 12 10
熟練者 エメラルド 8 0.05 チェーンブーツ(修繕) 1 3 15
エメラルド 9 0.05 チェーンヘルメット(修繕) 1 3 15
エメラルド 11 0.05 チェーンレギンス(修繕) 1 3 15
エメラルド 13 0.05 チェーンのチェストプレート(修繕) 1 3 15
達人 エメラルド 9 0.05 チェーンヘルメット(水中呼吸 I) 1 3 30
エメラルド 8 0.05 チェーンブーツ(水中歩行 I) 1 3 30
鉄ブロック 1 0.05 エメラルド 4 12 30
現在のバージョンにおけるタイガの防具鍛冶の取引
レベル 必要アイテム 数量 値引倍率 受け取り 数量 品切れまでの取引数 村人への経験値
新米 石炭 15 0.05 エメラルド 1 12 2
鉄インゴット 5 0.05 エメラルド 1 12 2
見習い エメラルド 4 0.05 鉄のブーツ 1 12 5
エメラルド 5 0.05 鉄のヘルメット 1 12 5
エメラルド 7 0.05 鉄のレギンス 1 12 5
エメラルド 9 0.05 鉄のチェストプレート 1 12 5
一人前 溶岩入りバケツ 1 0.05 エメラルド 1 12 20
エメラルド 5 0.05 1 12 10
エメラルド 36 0.2 1 12 10
熟練者 エメラルド
ダイヤモンドのブーツ
4
1
0.05 ダイヤモンドのレギンス 1 3 15
エメラルド
ダイヤモンドのレギンス
4
1
0.05 ダイヤモンドのチェストプレート 1 3 15
エメラルド
ダイヤモンドのヘルメット
4
1
0.05 ダイヤモンドのブーツ 1 3 15
エメラルド
ダイヤモンドのチェストプレート
2
1
0.05 ダイヤモンドのヘルメット 1 3 15
達人 エメラルド
ダイヤモンド
18
4
0.05 ダイヤモンドのチェストプレート(爆発耐性 I) 1 3 30
エメラルド
ダイヤモンド
18
3
0.05 ダイヤモンドのレギンス(爆発耐性 I) 1 3 30
ダイヤモンドブロック 1 0.05 エメラルド 42 12 30


ワールド構造物

古代都市
  • 修繕のエンチャントの本が生成される確率が増加する。


砂漠の神殿
  • 耐久力(レベルI~III)のエンチャントの本が生成される確率が増加する。


ジャングルの寺院
  • 耐久力(レベルI~III)のエンチャントの本が生成される確率が増加する。


廃坑
  • 効率強化(レベルI~V)のエンチャントの本が生成される確率が増加する。


略奪者の前哨基地
  • 高速装填(レベルI~III)のエンチャントの本が生成される確率が増加する。


技術的

API
  • CameraSetOptionsオプションの名前を変更して、「Script」という単語を含まないようにした。
  • chat(message: string) メソッドを追加しました。
  • ItemType | undefinedを返すようにgetを変更した。
  • ItemDefinitionTriggeredAfterEventのソースをオプションに変更した。
  • 次のメソッドを Player に追加した。
    • above(steps?: number): Block | undefined
    • below(steps?: number): Block | undefined
    • north(steps?: number): Block | undefined
    • east(steps?: number): Block | undefined
    • south(steps?: number): Block | undefined
    • west(steps?: number): Block | undefined
    • offset(offset: Vector3): Block | undefined
    • center(): Vector3
    • bottomCenter(): Vector3
    • getItemStack関数がItemStackまたはunknownを返すようにした。
    • playMusic(trackId: string, musicOptions?: MusicOptions): void
    • queueMusic(trackId: string, musicOptions?: MusicOptions): void
    • stopMusic(): void
  • BlockStates
    • get関数がBlockStateTypeまたはunknownを返すようにした。
  • ExplosionAfterEventとExplosionBeforeEventを更新した。
    • getUpdatedBlocks()Block[]を返すようになった。
    • setUpdatesBlocks(blocks: Block[])Block[]を受け取るようになった。
  • 動的プロパティ
    • プロパティの登録は必要なくなり、propertyRegistryworldInitializeイベントから削除された。
    • エンティティまたはワールドに設定できるプロパティの数とサイズの制限が削除された。
    • デフォルト値は削除された。getPropertyは、設定されていないプロパティについては常に unknown を返すようになった。
    • 文字列の動的プロパティ値は、32767バイトの長さに制限されるようになった。
    • 関数removeDynamicPropertyを削除した。
    • 追加された関数getDynamicPropertyIds - ビヘイビアーパックによって使用されるエンティティ/ワールドのすべての動的プロパティIDの配列を返す。
    • 追加された関数getDynamicPropertyTotalByteCount - ビヘイビアーパックによってエンティティ/ワールドのすべての動的プロパティによって使用される合計バイト数を返す。
    • 追加された関数clearDynamicProperties - このビヘイビアー パックによって追加されたすべての動的プロパティをエンティティ/ワールドから削除します。
    • 動的プロパティ数値は倍精度(64ビット)で保存されるようになった。
  • イベントの前後に PlayerInteractWithBlockPlayerInteractWithEntityを追加する。
  • PlayerDimensionChangeBeforeEventPlayerDimensionChangeAfterEventを追加した。
  • World.getMoonPhaseMoonPhase、およびMoonPhaseCount1.6.0にリリースした。
  • カメラAPIは「ベータ版」から1.6.0に移動した。
  • Entity.is*APIを「ベータ」から1.6.0にリリースした。
    • isSleeping
    • isSneaking
    • isSprinting
    • isSwimming
    • isClimbing
    • isOnGround
    • isInWater
    • isFalling
  • プレイヤーレベルと経験値のAPIを「ベータ」から1.6.0にリリースした。:
    • addLevels
    • addExperience
    • level
    • getTotalXP
    • xpEarnedAtCurrentLevel
    • totalXpNeededForNextLevel
    • resetLevel
  • Player.is*APIを「ベータ」から1.6.0にリリースした。:
    • isEmoting
    • isGliding
    • isJumping
    • isFlying
  • ActionFormDataMessageFormData、およびModalFormDataのshow以外のすべてのメソッドを、読み取り専用モードで呼び出せるように更新した。
  • BlockInventoryComponent
    • コンテナメンバー変数はContainerまたはunknownである可能性があることを正しく反映するようになった。
  • @minecraft/server-ui モジュールがバージョン1.2.0より上の @minecraft/server で動作するのを妨げるバージョン管理の不具合を修正した。
  • WeatherType1.6.0に移動された:
    • 関数setWeather1.6.0に移動した。
    • イベント/プロパティ entityRemoveを「ベータ」から1.6.0 に移動した。
    • イベント/プロパティ entityRemoveを「ベータ」から1.6.0 に移動した。
  • クラスEntityRemovedAfterEventを「ベータ」から1.6.0 に移動した。
  • クラスEntityRemoveAfterEventSignalを「ベータ」から1.6.0 に移動した。
  • クラスEntityRemovedBeforeEventを「ベータ」から1.6.0 に移動した。
  • クラスEntityRemoveBeforeEventSignalを「ベータ」から1.6.0 に移動した。
    • イベント/プロパティ entityLoadを「ベータ」から1.6.0 に移動した。
  • クラスEntityLoadAfterEventを「ベータ」から1.6.0 に移動した。
  • クラスEntityLoadAfterEventSignalを「ベータ」から1.6.0に移動した。
    • イベント/プロパティ entitySpawnを「ベータ」から1.6.0に移動した。
  • 列挙型EntityInitializationCauseを「ベータ」から1.6.0に移動した。
  • クラスEntitySpawnAfterEventを「ベータ」から1.6.0に移動した。
  • クラスEntitySpawnAfterEventSignalを「ベータ」から1.6.0に移動した。
    • イベント/プロパティ playerBreakBlockを「ベータ」から1.6.0に移動した。
    • イベント/プロパティ playerBreakBlockを「ベータ」から1.6.0に移動した。
  • クラスPlayerBreakBlockAfterEventを「ベータ」から1.6.0に移動した。
  • クラスPlayerBreakBlockAfterEventSignalを「ベータ」から1.6.0に移動した。
  • クラスPlayerBreakBlockBeforeEventを「ベータ」から1.6.0に移動した。
  • クラスPlayerBreakBlockBeforeEventSignalを「ベータ」から1.6.0に移動した。
    • イベント/プロパティ playerPlaceBlockを「ベータ」から1.6.0に移動した。
  • クラスPlayerPlaceBlockAfterEventを「ベータ」から1.6.0に移動した。
  • クラスPlayerPlaceBlockAfterEventSignalを「ベータ」から1.6.0に移動した。
  • クラスBlockEventSignalOptionsを「ベータ」から1.6.0に移動した。
    • isAir(): booleanを「ベータ」から1.6.0に移動した。
    • isLiquid(): booleanを「ベータ」から1.6.0に移動した。
    • amountを「ベータ」から1.6.0に移動した。
    • keepOnDeath: booleanを「ベータ」から1.6.0に移動した。
    • lockMode:ItemLockModeを「ベータ」から1.6.0に移動した。
    • nameTag?: stringを「ベータ」から1.6.0に移動した。
    • clone():ItemStackを「ベータ」から1.6.0に移動した。
    • getTags(): string[]を「ベータ」から1.6.0に移動した。
    • hasTag(tag: string): booleanを「ベータ」から1.6.0に移動した。
    • setCanDestroy(blockIdentifiers?: string[]): voidを「ベータ」から1.6.0に移動した。
    • getCanDestroy(): string[]を「ベータ」から1.6.0に移動した。
    • setCanPlaceOn(blockIdentifiers?: string[]): voidを「ベータ」から1.6.0に移動した。
    • getCanPlaceOn(): string[]を「ベータ」から1.6.0に移動した。
    • 関数getProperty1.6.0に移動した。
    • 関数resetProperty1.6.0に移動した。
    • 関数setProperty1.6.0に移動した。
  • 関数getWeatherを追加した。
  • エンティティに対して呼び出される matches関数を追加した。この関数はEntityQueryOptionsを受け取り、エンティティが一致する場合はtrueを返し、一致しない場合はfalseを返す。
  • getRotationBetaから1.6.0に移動した。
  • setRotationbetaから1.6.0に移動しした。
  • PlayerLeaveBeforeEvent を追加 - このイベントは、プレイヤーがサーバーから離れるとき、「プレイヤー」オブジェクトが削除される前に発生する。
  • PlayerDimensionChangeAfterEventbeta1.6.0にリリースした。


JSON
  • 無効な「原因」値を持つダメージセンサーをロードしようとしたときのコンテンツエラーを追加した。
  • minecraft:iconアイテムコンポーネントの単一値の解析を許可する。
  • minecraft:dashを使用して、ラクダ系モブダッシュコンポーネントを馬、ロバ、ラバ以外の乗馬可能なモブに適用できるようになった。
  • 取引アイテムには、取引を検討する必要があるかどうかを決定するための filtersプロパティが追加された。
  • 取引アイテムは、村人のバイオームタイプをチェックするためのbiomeプロパティをサポートしなくなった。代わりに、is_mark_variantフィルターをfiltersプロパティで使用して、村人のバイオーム タイプをチェックできる。
  • minecraft:weaponコンポーネントはバージョン1.20.40以降非推奨になった。
  • バージョン1.20.40以降、minecraft:on_useコンポーネントは非推奨になった。
  • minecraft:on_use_onコンポーネントはバージョン1.20.40以降で非推奨になった。
  • behavior.random_look_around_and_sitcontinue_sitting_on_reloadフィールドが追加された。
  • behavior.is_scentingの名前が汎用のbehavior.timer_flag_1に変更された。
  • behavior.is_risingの名前が汎用 behavior.timer_flag_2に変更された。
  • behavior.is_feeling_happyの名前が汎用の behavior.timer_flag_3に変更された。
  • behavior.timer_flag 1:この動作が開始されるとイベントが発生し、一定期間待機してから停止する。タイムアウトまたは別の動作によって中断されたために停止すると、別のイベントが発生する。query.timer_flag_1は、この動作が実行されている場合はクライアントとサーバーの両方で1.0を返し、それ以外の場合は 0.0を返す。
  • behavior.timer_flag 2:この動作の開始時にイベントを発生させ、一定期間待機してから停止する。タイムアウトまたは別の動作によって中断されたために停止すると、別のイベントが発生する。query.timer_flag_2は、この動作が実行されている場合はクライアントとサーバーの両方で 1.0 を返し、それ以外の場合は0.0を返す。
  • behavior.timer_flag 3:この動作が開始されるとイベントを発生させ、一定期間待機してから停止する。タイムアウトまたは別の動作によって中断されたために停止すると、別のイベントが発生する。query.timer_flag_3は、この動作が実行されている場合はクライアントとサーバーの両方で 1.0 を返し、それ以外の場合は 0.0を返す。
  • behavior.random_search_and_digのロックを解除した。
  • target_blocksフィールドが追加された。モブが掘ることができるブロックのリストで、target_blocksが追加されていない場合のデフォルトは、土、草、ポドゾル、根のある土、苔、泥、泥だらけのマングローブの根となる。
  • item_tableフィールドが追加された。モブが掘り出せるものを指定する戦利品テーブルへのパスで、item_tableitemよりも優先される。
  • 動作でitem_tableの読み取りまたは検索に問題があり、itemsからアイテムを取得できない場合にコンテンツエラーが追加された。
  • on_item_foundイベントは、アイテムが見つかり、掘削が完了したときに発生するようになった。イベント前に火災が発生し、掘削が早期に停止された。


Molang
  • バージョン1.20.40に更新した。
  • Molangに、モブが現在溶岩に存在するかどうかを知るための新しいquery.is_in_lavaクエリ関数を追加した。



修正


70 issues fixed
ver1.20.0より前にリリースされたバージョンから
  • MCPE-26929 – ガーディアンが地上にいるときにパタパタ音を立てなくなった。
  • MCPE-38566 – D-Padタッチコントロールが正しく調整されていない(上/下ボタン)。
  • MCPE-41103 – 流れ落ちる溶岩または完全に広がった溶岩は、横から水に触れても丸石に変わらない。
  • MCPE-43591 – Bedrock版のウィザーのボスバーのテクスチャが間違っている。
  • MCPE-52904 – 先が尖った矢やシュルカーの弾丸を盾で防いでも、その効果は得られる。
  • MCPE-73307 – エリトラに天井クリップがある。
  • MCPE-85954 – ネザーまたはジ・エンドの村が不安定となっている。
  • MCPE-99972 – ヒツジは事前に毛を刈られた後は羊毛を落とさない。
  • MCPE-100598 – バケツは配置後すぐに液体を拾う(MLG/バケットクラッチは機能しない)。
  • MCPE-131980 – ウサギは作物のニンジンをほとんど食べない。
  • MCPE-152129 – アイテム名が酸素バーと重複している。
  • MCPE-152130 – アイテム名がモブの体力バーと重なっている。
  • MCPE-152131 – アイテム名が体力吸収バーと重複している。
  • MCPE-152753 – ボートは落下ダメージを無効にしなくなった。
  • MCPE-153254 – ヤギの角は他のプレイヤーとの音域が非常に短い。
  • MCPE-154385 – 醸造台の新しいUIが画面に適合しない。
  • MCPE-157918 – 水源ブロックと大釜から水入り瓶を充填するときの音が聞こえない。
  • MCPE-160290 – コマンド/damageオーバーライドタイプが正しく機能しない。
  • MCPE-164734/execute@e[type=item]が入力されている場合、コマンド候補が表示されない。
  • MCPE-168369 – ダイヤモンド装備をネザライトにアップグレードすると、紫色の枠線とツールヒントのテキストが壊れる。
  • MCPE-168913sound_settings.json内の無効なデータにより、ゲームがクラッシュする可能性がある。
  • MCPE-169001 – 世界中のランダムな光源がある。
  • MCPE-169067 – 看板の角度/側面を編集すると、正面ではなく背面が編集される。
  • MCPE-173155 – ソウルスピードの効果は、ソウルソイルの上を這っているときには機能しない。
ver1.20.0から
  • MCPE-169577 – 盾の斜めのパターンが反転する。
  • MCPE-169666 – ラクダが歩くと滑って見える。
  • MCPE-169765 – 棒上の歪んだキノコが一人称で後ろ向きに保持される。
  • MCPE-172369 – ラクダは溶岩の中を無限にダッシュする。
  • MCPE-172674 – ラクダにはスマートフォンのタッチコントロールのダッシュボタンがない。
  • MCPE-172846 – ラクダの足は待機状態でも動きを止めない。
  • MCPE-172917playerssleepingpercentageが100を超えて設定されているため、夜をスキップできない場合のチャットメッセージがない。
  • MCPE-173010 – 三人称視点は大釜の東側と南側を通過する。
  • MCPE-173028 – 「接続喪失が検出されました」および「放棄された接続が閉じられました」エラーメッセージが翻訳されていません。
  • MCPE-173073 – Minecraftのワールドを操作したり保存したりできない(WindowsおよびAndroid)。
  • MCPE-173189 – [ScriptAPI] setLore()メソッドの文字数チェックで、一部の文字が2文字または3文字としてカウントされる。
ver1.20.xから
  • MCPE-172377 – 村人ゾンビにはバイオームやランクのオーバーレイがない。
  • MCPE-172785 – プレイヤーはジャンプやスニークを繰り返してブロックを通り抜けることができる。
  • MCPE-173006 – アイアン ゴーレムは高さ2ブロックの空間にスポーンする。
  • MCPE-173362/recipeは依然としてチャット ボックス内で青で強調表示されている。
  • MCPE-173799minecraft:transformationスケールキーを無制限にできる。
  • MCPE-173898 – キツネは装備可能なアイテム(防具、モブの頭、くり抜いたカボチャなど)を拾うことができない。
  • MCPE-173934 – 実験的機能「遅延レンダリング」を有効にするとクラッシュする。
  • MCPE-174480 – iOSおよびiPadOSで改行の隣にある「§」テキスト修飾子はテキストを上書きします。
  • MCPE-174524 – 水の出入りの音を追加した後、水しぶきの音は再生されなくなった。
  • MCPE-174529 – 水没しているブロックからの水は、水中のブロックを狙わない限り、空のバケツで取り除くことはできない。
  • MCPE-174859 – 粉雪は落下によるダメージを防ぐことができない。
  • MCPE-175072 – 看板に書いて Escを押した後、テキストを入力できない。
  • MCPE-175114 – タップアンドホールドのフルスタッククラフトはモバイルでは動作しなくなった。
  • MCPE-175119 – ボタンとフルでないブロックはクモの出現を妨げない。
  • MCPE-175156 – ヤギの角笛の音は再び「ジュークボックス/音符ブロック」ではなく「敵対的生物」によって制御される。
その他
  • テキスト読み上げでチャットやエモートを開く方法が表示されない問題を修正。
  • ポップアップのタイトル/説明のテキスト読み上げメッセージが適切に再生されるようになった。
  • ゲームウィンドウをクリックして外しても、フレンドの選択は解除されなくなった。
  • v-sync設定のツールチップがホバーされずに表示される不具合を修正。
  • 「Deferred Technical Preview」を使用しているレベルで「PBR」がHUDに含まれない不具合を修正。
  • 地図作成者が作成した 7 つの新しい探索マップは、すでに探索されたチャンク内の構造物も指すことができるようになった。
  • 「spellruneマーケットプレイスマップ」のarcholdルームで実行中に発生する可能性のあるクラッシュを修正。
  • 「遅延テクニカル プレビュー」中にパーティクルが一貫して点灯しない問題を修正。
  • ラクダは溶岩や水の中にいる間はダッシュすることができなくなった。
  • ヒットまたは破壊されたときにアイテムフレームがアイテムをドロップしない可能性がある非常にまれな不具合(~0.000003% の確率)を修正。
  • ポートフォリオを開いたままゲームを閉じるとクラッシュする不具合を修正。
  • テキストの自動補完により、キャレットが行末に移動するようになった。
  • 革のブーツを履いた軽量のモブやエンティティは、2ブロック半以上の高さから落下すると、再び粉雪の最上層に沈むようになった。
  • スプラッシュパーティクルがアクターの頭上ではなく腰に放出されるようになった。
  • 水ブロックのテッセレーションに関連するクラッシュを修正。
  • 無効なアイテムをオフハンドスロットに配置してもドロップしなくなった。
  • スニッファーが指定された掘削期間の終了時ではなく、アイテムが作成されるとすぐに掘削を終了する不具合を修正。
  • ワールドの基本バージョンが1.19.80より前の場合、ユーザーがワールドビルダー権限を持っていない場合、NPC召喚コマンドが機能しない不具合を修正。
  • 高い放射値(> 0.25)は、「延期されたテクニカル プレビュー」で表面の詳細を不明瞭にしなくなった。
  • ゲームプレイ中に発生する可能性のあるいくつかのクラッシュを修正。



1.20.32[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年10月5日


修正


4 issues fixed
ver1.20.x以降
  • MCPE-174480 – iOS・iPadOSで、改行の隣にある「§」テキスト修飾子はテキストを上書きする。
  • MCPE-175072 – 看板に何か記入してEscを押した後、文字を入力できなくなる。
  • MCPE-175119 – ボタンとフルでないブロックは、スパイダーの出現を妨げない。
その他
  • 初めてログインするときに、購入したコンテンツがMicrosoftアカウントに転送されない問題を修正。



1.20.31[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年9月26日(iOS・iPadOS以外のプラットフォーム)
  • 2023年9月27日(iOS・iPadOS)


修正


6 issues fixed
ver1.20.30以降より
  • MCPE-175100 – 活発な村/村人の経路探索の周囲では、ゲームティックが1秒あたり約1個に減少する。
その他
  • 分割画面マルチプレイヤーでプレイするときに発生する可能性のあるクラッシュを修正。
  • Realms Plusページを開いたときに発生する可能性のあるクラッシュを修正。
  • コントロールセンターを開いたとき、またはコントローラーの通知が画面に表示されたときにPS版で発生する可能性のあるクラッシュを修正。
  • 長時間ゲームを起動したままにするとマーケットプレイスにアクセスできなくなる問題を修正。
  • @minecraft/server-ui依存関係が新しいバージョンの@minecraft/serverモジュールでロードできない問題を修正。



1.20.30[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年9月19日


追加


コマンドフォーマット

ゲームルール
  • dolimitedcraftingを追加した。これは、プレイヤーがロックを解除したレシピのみを作成できるかどうかを制御する。デフォルトはfalse
    • 機能するには、recipesunlockゲームルールをtrueに設定する必要がある。
  • playerssleepingpercentageを追加した。デフォルトでは100に設定されている。
    • 夜をスキップするために寝なければならないプレイヤーの割合を制御する。
    • 0または負の値に設定すると、1人のプレイヤーが夜をスキップするだけで十分となり、夜は寝なくてもすぐにスキップされる。
    • 100を超えると、夜をスキップできなくなる。
  • レシピ本のレシピのロックを解除するためにプレイヤーがアイテムを収集する必要があるかどうかを制御するrecipesunlockが追加された。デフォルトはtrue


全般

実験
  • 「村人との取引バランス調整」実験用トグルを追加した。
    • バランス調整を目的とした村人の更新された取引が含まれている。


設定
  • 「レシピアンロック」ゲームとアドバンスオプション(recipesunlockゲームルール)を追加した。
  • ディスク容量が不足したiOSおよびiPad OSユーザー向けのアラートを追加した。
  • プレイヤーがカメラの視点変更ボタンを押したときにメッセージが表示されるようになったが、特定の視点はすでに/cameraコマンドによって設定されている。
  • 「垂直同期あり」ビデオオプションを追加した。
  • 入力応答の改善実験ビデオオプションを追加した。
    • Windows上のプレイヤーでのみ利用できる。
    • 入力待ち時間を短縮する。
      • この設定を有効にすると、バッテリーの消費量が増加する。


options.txt
  • 次のoptionsを追加した。
    • deferred_view distance、デフォルトは8
    • deferred_upscaling、デフォルトは1
    • new_video_settings、デフォルトは0
    • graphics_mode、デフォルトは2
    • shadow_quality、デフォルトは3
    • point_light_loding_quality、デフォルトは3
    • Bloom_enabled、デフォルトは1
    • ctrl_improvedInputResponse、デフォルトは0


技術的

Add-on
  • ワールドテンプレートマニフェストにallow_random_seedオプションのサポートが追加された。
  • PlacementDirection (minecraft:placement_direction)とPlacementPosition (minecraft:placement_position) ブロック特性を実験版から移動した。これらの特性は、format_version >= 1.20.20のブロックに使用できる。


JSON
  • 次のコンポーネントを、実験段階からJSON形式1.20.20以降でリリースした。
    • minecraft:wearableアイテムコンポネート
    • minecraft:diggerアイテムコンポネート
    • minecraft:hand_equippedアイテムコンポネート
    • minecraft:use_durationアイテムコンポネート
    • minecraft:stacked_by_dataアイテムコンポネート
    • minecraft:use_animationアイテムコンポネート
    • minecraft:allow_off_handアイテムコンポネート
    • minecraft:should_despawnアイテムコンポネート
    • minecraft:liquid_clippedアイテムコンポネート
    • minecraft:damageアイテムコンポネート
  • minecraft:diggerコンポーネントを使用したデータ駆動型アイテムの効率強化エンチャントのサポートを追加した。



変更点


ブロック

ブロックの破壊
  • 188個のブロックの耐久値と爆発耐性をJava版と一致するように変更した。
ブロック 以前の耐久値 新しい耐久値 以前の爆発耐性値 新しい爆発耐性値
アクティベーターレール 0.5 0.7 0.5 0.7
古代の残骸 720 1200
安山岩の階段 2 1.5
2 1 2 1
竹ブロック(通常&表皮を剥いだ) 3 2
タケノコ 0 1 0 1
ミツバチの巣 2.7 0.3
養蜂箱 5.4 0.6
1 5 3 5
大きなドリップリーフ 0 0.1 0 0.1
焚き火(全種類) 5 2 5 2
3 6
模様入りの深層岩 3.6 6
深層岩の丸石 3.6 6
深層岩の丸石のハーフブロック 3.6 6
深層岩の丸石の階段 3.6 6
深層岩の丸石の塀 3.6 6
コンポスター 2 0.6 2 0.6
銅ブロック(全種類) 3.6 6
銅鉱石 1.8 3
サンゴブロック 7 1.5 0.9 6
ウチワサンゴ 0.9 0
死んだウチワサンゴ 0.9 0
ひび割れた深層岩レンガ 3.6 6
ひび割れた深層岩タイル 3.6 6
真紅の菌糸 0.3 2 0.3 2
真紅の幹 0.3 2
切り込み入りの銅(全種類) 3.6 6
切り込み入りの銅のハーフブロック(全種類) 3.6 6
切り込み入りの銅の階段(全種類) 3.6 6
ディープスレート 3.6 6
深層岩レンガ 3.6 6
深層岩レンガのハーフブロック 3.6 6
深層岩レンガの階段 3.6 6
深層岩レンガの塀 3.6 6
深層岩石炭鉱石 1.8 3
深層岩銅鉱石 1.8 3
深層ダイヤモンド鉱石 1.8 3
深層金鉱石 1.8 3
深層鉄鉱石 1.8 3
深層ラピスラズリ鉱石 1.8 3
深層レッドストーン鉱石 1.8 3
深層岩タイル 3.6 6
深層岩タイルのハーフブロック 3.6 6
深層岩タイルの階段 3.6 6
深層岩タイルの塀 3.6 6
閃緑岩の階段 2 1.5
ドラゴンの卵 3 9
乾燥した昆布ブロック 0.5 2.5
エンドストーンレンガ 0.8 3 0.8 9
エンドストーンレンガの階段 2 3 6 9
花崗岩の階段 2 1.5
虫食いブロック(全種類) 1.8 0.75
ジュークボックス 0.8 2 0.8 6
ランタン(全種類) 5 3.5 5 3.5
書見台 2 2.5 2 2.5
光ブロック 3600000 3600000.8
薄灰色のろうそく 0 0.1 0 0.1
避雷針 3.6 6
ロードストーン 2 3.5 2 3.5
マグマブロック 1.5 0.5
苔むした丸石の階段 2 1.5
泥レンガ 2 1.5 2 3
泥レンガのハーフブロック 2 1.5 6 3
泥レンガの階段 2 1.5 6 3
泥レンガの塀 2 1.5 6 3
ネザライトブロック 720 1200
ピストン 0.5 1.5 0.5 1.5
粘着ピストン 0.5 1.5 0.5 1.5
鍾乳石 1.8 3
磨かれた安山岩の階段 2 1.5
磨かれたブラックストーン 1.5 2
磨かれたブラックストーンの階段 1.5 2
磨かれたブラックストーンの塀 1.5 2
磨かれた深層岩 3.6 6
磨かれた深層岩のハーフブロック 3.6 6
磨かれた深層岩の階段 3.6 6
磨かれた深層岩の塀 3.6 6
磨かれた閃緑岩の階段 2 1.5
磨かれた花崗岩の階段 2 1.5
強化された深層岩 720 1200
リスポーンアンカー 720 1200
足場 0.6 0 0.9 0
スカルク 0.6 0.2 0.6 0.2
スカルクカタリスト 1.8 3
スカルクシュリーカー 1.8 3
シュルカーボックス(全種類) 2.5 2 2.5 2
滑らかなクォーツの階段 0.8 2 0.8 2
滑らかな石 1.5 2
スニファーの卵 0.4 0.5 0.4 0.5
ソウルソイル 1 0.5 1 0.5
表皮を剥いだ真紅の菌糸 0.3 2 0.3 2
表皮を剥いだ真紅の幹 0.3 2
表皮を剥いだ歪んだ菌糸 0.3 2 0.3 2
表皮を剥いだ歪んだ幹 0.3 2
スイートベリーの低木 0.2 0 0.2 0
ウミガメの卵 0.4 0.5 0.4 0.5
歪んだ菌糸 0.3 2 0.3 2
歪んだ幹 0.3 2


サクラの葉
  • システムのパフォーマンスに基づいて、比較的長い距離でパーティクル効果を生成するようになった。


色付きテラコッタ
  • stained_hardened_clayのIDは、独自のIDに分割された。
旧ID 新ID
stained_hardened_clay white_terracotta
orange_terracotta
magenta_terracotta
light_blue_terracotta
yellow_terracotta
lime_terracotta
pink_terracotta
gray_terracotta
light_gray_terracotta
cyan_terracotta
purple_terracotta
blue_terracotta
brown_terracotta
green_terracotta
red_terracotta
black_terracotta
コンクリートパウダー
  • concrete_powderのIDは、独自のIDに分割された。
旧ID 新ID
concrete_powder white_concrete_powder
orange_concrete_powder
magenta_concrete_powder
light_blue_concrete_powder
yellow_concrete_powder
lime_concrete_powder
pink_concrete_powder
gray_concrete_powder
light_gray_concrete_powder
cyan_concrete_powder
purple_concrete_powder
blue_concrete_powder
brown_concrete_powder
green_concrete_powder
red_concrete_powder
black_concrete_powder
カボチャ
  • ハサミを使用すると、Java版と一致する彫刻サウンドが鳴るようになった。


スカルクセンサー調律されたスカルクセンサー


積雪
  • Java版と同様に、雪の層ごとに高さが異なるようになった。


色付きガラス
  • stained_glassのIDは、独自のIDに分割された。
旧ID 新ID
stained_glass white_stained_glass
orange_stained_glass
magenta_stained_glass
light_blue_stained_glass
yellow_stained_glass
lime_stained_glass
pink_stained_glass
gray_stained_glass
light_gray_stained_glass
cyan_stained_glass
purple_stained_glass
blue_stained_glass
brown_stained_glass
green_stained_glass
red_stained_glass
black_stained_glass


色付きガラス板
  • stained_glass_paneのIDは、独自のIDに分割された。
旧ID 新ID
stained_glass_pane white_stained_glass_pane
orange_stained_glass_pane
magenta_stained_glass_pane
light_blue_stained_glass_pane
yellow_stained_glass_pane
lime_stained_glass_pane
pink_stained_glass_pane
gray_stained_glass_pane
light_gray_stained_glass_pane
cyan_stained_glass_pane
purple_stained_glass_pane
blue_stained_glass_pane
brown_stained_glass_pane
green_stained_glass_pane
red_stained_glass_pane
black_stained_glass_pane


コマンドフォーマット

/camera
  • 「試験的カメラ」実験用トグルを使用せずに利用できるようになった。


/recipe
  • 「レシピのアンロック」実験用トグルを使用しなくても利用できるようになった。
  • Java版と一致するように構文を更新した。
    • 旧構文:
      • /recipe <victim: target> give <recipe: string>
      • /recipe <victim: target> take <recipe: string>
    • 新しい構文:
      • /recipe give <player: target> <recipe: string>
      • /recipe take <player: target> <recipe: string>
  • コマンドの自動入力によって、レシピが提案されるようになった。
  • コマンド実行後に出力メッセージが表示されるようになった。
  • victim: target引数をplayer: targetに変更した。


/scriptevent
  • 「ベータ API」実験用トグルを使用しなくても利用できるようになった。


アメジストの塊
  • facing_directionの代わりにminecraft:block_faceブロック状態が使用されるようになった。
    • minecraft:block_faceは、6つの文字列値["down", "up", "north", "south", "east", "west"]を使用する。


金床大きなドリップリーフ溶鉱炉, 調律されたスカルクセンサー焚き火エンドポータルフレームかまど書見台桃色の花びらレッドストーンコンパレーターレッドストーンリピーター小さなドリップリーフ燻製器魂の焚き火
  • 現在は、directionまたはfacing_directionの代わりに、minecraft:cardinal_directionブロック状態を使用する。
    • minecraft:cardinal_directionは、4つの文字列値["east", "north", "south", "west"]を使用する。


ハーフブロック
  • top_slot_bitの代わりにminecraft:vertical_halfブロック状態を使用するようになった。
    • minecraft:vertical_halfは、2つの文字列値["bottom", "top"]を使用する。


ゲームプレイ

水泳
  • 水泳の機能は、「クロール」実験的トグルを使用しなくても利用できるようになった。
  • プレイヤーは何か乗っている状態の時、強制的に水泳状態から抜け出すようになった。
  • プレイヤーはクリエイティブモードでクロール時に飛行を切り替えることができるようになった。


レシピ本
  • 新しいレシピのロック解除システムとその機能は、「レシピのアンロック」実験的トグルを使用しなくても利用できるようになった。
    • 現在はrecipesunlockゲームルールの背後にある。
  • サバイバルモードでプレイする際のレシピブックの検索が更新され、次の変更が加えられた。
    • 検索では、項目名の単語の先頭のみが一致する。たとえば、「tor」を検索すると、松明(torch)とレッドストーントーチ(redstone torch)が表示されるが、日照センサー(daylight detector)は表示されない。
    • ロックが解除されていないレシピは検索結果に表示される。
  • Java版に合わせてレシピ通知音を更新した。
  • レシピ通知の期間は、ロックを解除されたレシピの数に基づいて計算されるようになった。


スニーク
  • プレイヤーは何か乗っている状態の時、スニーク状態から強制的に解除されるようになった。
  • プレイヤーはクリエイティブモードでスニークするときに飛行を切り替えることができるようになった。


全般

クリエイティブインベントリ


実験的
  • 「レシピのアンロック」と「クロール」の実験的トグルを削除した。


全般
  • 「Minecraft Preview」アプリケーションアイコンが草ブロックからに変更された。


メニュー画面
  • ゲームの通常アプリアイコンを更新した。
    • Minecraft Previewのゲーム内ロゴを変更した。


新しい死亡画面

「フォーマットコード」が部分的にサポート(色、静的難読化)された。

設定
  • 「テキスト読み上げ」ナレーターが指示テキストと「セーフ エリア」メニューの確認ボタンを読み上げるようになった。
  • 「ジョイスティックを常に表示」および「未使用時にジョイスティックを表示」タッチオプションを「ジョイスティック表示オプション」ドロップダウンメニューに変更した。
  • 「スニーク」タッチオプションを「スニーク」ドロップダウンメニューに変更した。
  • 「古い世界の同期」ボタンをストレージセクションに移動した。
  • 「左利き」タッチオプションの名前が「左手モード」に変更された。
  • 「特大 GUI スケーリング」アクセシビリティおよびビデオ オプションの名前を「新しい UI の特大版」に変更した。
  • 「テキスト読み上げ」のナレーターは、インターネット接続なしでゲームメニューを開いたときに、切断されたメッセージを読み上げるようになった。
  • 「設定」>「サブスクリプション」の「管理」ボタンの名前を「キャンセル」に変更した。


ポーズ画面
  • 「ポーズメニュー」の名称が「ゲームメニュー」に変更された。


ユーザーインターフェース
  • タッチコントロール用のメニューHUDアイコンを更新した。
  • ユーザーフレンドリーな3つの新しい切断エラーメッセージを追加し、その他の2つを改善した。


モブ

ホグリン
  • ゾグリンに変化するときに独自の効果音が鳴るようになった。


ハスク
  • ゾンビに変化するときに効果音が再生されるようになった。


ブタ


スノー ゴーレム
  • 雪玉を投げたときに音が鳴るようになった。


村人
  • 村人が再度村人ゾンビ化して再び治療しても、村人を治療するための割引は乗算されなくなった。
  • 倒されても、手に持っているアイテムをドロップしなくなった。


行商人


ウィッチ
  • 村の襲撃中に邪悪な村人達に治癒と再生のポーションを投げるようになった。


村人ゾンビ
  • 見た目にランクが表示されるようになった。


モブではないエンティティ

落下中のブロック


ワールド構造物

鉱石の分布
  • ダイヤモンド鉱石は、オーバーワールド(Java版の通常世界)の深層層でより頻繁に生成されるようになった。
    • 新しい鉱石の塊の配置を追加した。高さ-64~-4まで均一に分布し、塊のサイズは8、生成頻度は2、空気に触れたときに消滅する確率は50%となる。
    • 他の既存のダイヤモンド鉱石の配置はそのままである。


技術的

サーバー
  • Linux専用サーバー: Ubuntu 20.04 LTS (Focal Fossa) が、サポート中のUbuntuの最小バージョンになった。 Ubuntu 18.04 LTSはサポートされなくなった。


実験的な機能


以下の追加点および変更点は、「村人との取引バランス調整」「ベータ API」「Molang 機能」「試験的カメラ」の実験用トグルを有効にすることで利用できる。

追加(実験的)


技術的

API
  • 次のAPIにカメラスクリプトAPIを追加した。:
    • setCamera():カメラを指定されたプリセットに設定する。
    • fade():カメラのフェードを開始する。
    • clear():カメラの現在の設定をクリアする。


JSON
  • DimensionTypeをスクリプトに公開した。
  • 次のフィーチャ配置ルールを公開した。
    • minecraft:aggregate_feature
    • minecraft:cave_carver_feature
    • minecraft:fossil_feature
    • minecraft:geode_feature
    • minecraft:growing_plant_feature
    • minecraft:multiface_feature
    • minecraft:nether_cave_carver_feature
    • minecraft:ore_feature
    • minecraft:partially_exposed_blob_feature
    • minecraft:scatter_feature
    • minecraft:search_feature
    • minecraft:sequence_feature
    • minecraft:single_block_feature
    • minecraft:snap_to_surface_feature
    • minecraft:structure_template_feature
    • minecraft:surface_relative_threshold_feature
    • minecraft:tree_feature
    • minecraft:underwater_cave_carver_feature
    • minecraft:vegetation_patch_feature
    • minecraft:weighted_random_feature


変更点(実験的)


ゲームプレイ

村人との取引
  • エンチャントの本を販売する司書の取引メカニズムを変更した。
    • 司書は、考えられる全てのエンチャントの本を提供せず、どのバイオームから来たのかに応じて特定のエンチャントの本を提供するようになる。
      • ジャングルと湿地の村は自然には生成されない。そのため、プレイヤーは村人の取引にアクセスするには、これらのバイオームで村人を繁殖させるか、村人ゾンビを治療する必要がある。
    • 取引可能な全エンチャントの本は、特別なエンチャントの本と通常のエンチャントの本に分割された。
      • 特別なエンチャントの本には固定レベルの特定のエンチャントがあり、完全な経験値を持つマスター司書からのみ入手できる。
      • 通常のエンチャントの本には、以前と同様に、固定レベルのない特定のエンチャントがある。
    • クロスボウ釣竿、およびトライデントに使用されている全てのエンチャントは、村人の取引から削除される。
取引可能なエンチャント
カテゴリー 砂漠 平原 サバンナ 雪原 タイガ ジャングル 沼地
特別 効率強化 III ダメージ軽減 III ダメージ増加 III シルクタッチ 幸運 II 耐久力 II 修繕
通常 火炎耐性
棘の鎧
無限
パンチ
アンデッド特効
虫特効
ノックバック
束縛の呪い
水中採掘
ドロップ増加
氷渡り
爆発耐性
火属性
フレイム
落下耐性
飛び道具耐性
射撃ダメージ増加
水中歩行
水中呼吸
消滅の呪い
  • 行商人の取引を変更した。
    • 取引リストは現在、次の取引で順番に構成されている。
      • 買取(新規) × 2
      • 特別販売 × 2
      • 通常販売 × 5
    • 新しい買取、一部の販売取引を追加し、一部の既存の販売取引を変更した。
新しい行商人との取引
カテゴリー 必要アイテム 数量 受け取れるアイテム 数量 品切れまでの取引数
買取 ベイクドポテト 4 エメラルド 1 1
買取 発酵したクモの目 1 エメラルド 3 1
買取 干草の俵 1 エメラルド 1 1
買取 ミルク 1 エメラルド 2 1
買取 水入り瓶 1 エメラルド 1 1
買取 水入りバケツ 1 エメラルド 2 1
特別販売 エメラルド 1 アカシアの原木 8 4
特別販売 エメラルド 1 シラカバの原木 8 4
特別販売 エメラルド 1 サクラの原木 8 4
特別販売 エメラルド 1 ダークオークの原木 8 4
特別販売 エメラルド 6-20 鉄のツルハシ(エンチャントされた) 1 1
特別販売 エメラルド 1 ジャングルの原木 8 4
特別販売 エメラルド 1 オークの原木 8 4
特別販売 エメラルド 5 透明化のポーション(延長) 1 1
特別販売 エメラルド 1 トウヒの原木 8 4
行商人との取引内容の変更
カテゴリー 必要アイテム 数量 受け取れるアイテム 数量 品切れまでの取引数
通常販売 エメラルド 1 茶色のキノコ 1 -> 3 12 -> 4
特別販売 -> 通常販売 エメラルド 5 -> 3 フグ入りバケツ 1 4
特別販売 -> 通常販売 エメラルド 5 -> 3 熱帯魚入りバケツ 1 4
通常販売 エメラルド 1 火薬 1 -> 4 8 -> 2
通常販売 エメラルド 1 スイレンの葉 2 -> 5 5 -> 2
通常販売 エメラルド 3 -> 1 氷塊 1 6
通常販売 エメラルド 1 赤色のキノコ 1 -> 3 12 -> 4
通常販売 エメラルド 1 ツタ 1 -> 3 12 -> 4


技術的

API
  • カスタムブロックのset_block_propertyset_block_stateに変換した。
  • defineVectorDynamicPropertiesDefinition に追加した。
  • EntityEquipmentInventoryComponent
    • setEquipmentのスロット「validation」を実装した。これは、アイテムを指定されたスロットに装備できるかどうかを示すブール値を返すようになった。
    • EntityEquipmentInventoryComponentは現在プレイヤーのみに限定されている。
      • getDay1.4.0に移動した。
      • getTimeOfDay1.4.0に移動した。
      • setTimeOfDay(timeOfDay: number | TimeOfDay)1.4.0に移動した。
      • getAbsoluteTime1.4.0に移動した。
      • setAbsoluteTime(absoluteTime: number)1.4.0に移動した。
    • TimeOfDay1.4.0に移動した。
      • setLoreに長さ制限を追加した。 - 最大20行、1行当たり最大50文字
      • 関数setLore1.4.0に移動した。
      • 関数getLore1.4.0に移動した。
      • クラスSystemAfterEvents1.4.0に移動した。
      • クラスScriptEventCommandMessageAfterEvent1.4.0に移動した。
    • プレイヤーonScreenDisplay1.4.0に移動した。
    • titleDisplayOptions1.4.0に移動した。
    • screenDisplay1.4.0に移動した。
  • @minecraft/serverで定義されているMinecraftBlockTypesを削除した。
  • ItemUseBeforeEvent1.4.0に移動した。
  • ItemUseOnBeforeEvent1.4.0に移動した。
  • ItemUseAfterEvent1.4.0に移動した。
  • ItemUseOnAfterEvent1.4.0に移動した。
  • ItemStartUseOnAfterEvent1.4.0に移動した。
  • ItemStopUseAfterEvent1.4.0に移動した。
  • ItemStopUseOnAfterEvent1.4.0に移動した。
  • ItemCompleteUseAfterEvent1.4.0に移動した。
  • ItemReleaseUseAfterEvent1.4.0に移動した。
  • ItemStartUseAfterEvent1.4.0に移動した。
  • DimensionLocation1.4.0に移動した。
  • PositionInUnloadedChunkErrorの名前をLocationInUnloadedChunkErrorに変更し、1.4.0に移動した。
  • PositionOutOfWorldBoundariesErrorの名前をLocationOutOfWorldBoundariesErrorに変更し、1.4.0に移動した。
    • getSpawnPoint1.4.0に移動した。
    • setSpawnPoint1.4.0に移動した。
    • getDefaultSpawnLocation1.4.0に移動した。
    • setDefaultSpawnLocation1.4.0に移動した。
  • WorldAfterEvents
    • projectileHitを削除した。
    • projectileHitBlockを追加した。
    • projectileHitEntityを追加した。
  • クラスProjectileHitBlockAfterEventエクスポートクラスを追加した。:
    • ProjectileHitBlockAfterEvent { readonly dimension: Dimension; readonly hitVector: Vector3; readonly location: Vector3; readonly projectile: Entity; readonly source?: Entity; getBlockHit(): BlockHitInformation; }
  • クラスProjectileHitEntityAfterEventエクスポートクラスを追加した。:
    • ProjectileHitEntityAfterEvent { readonly dimension: Dimension; readonly hitVector: Vector3; readonly location: Vector3; readonly projectile: Entity; readonly source?: Entity; getEntityHit(): EntityHitInformation; }
  • スコアボードAPIをbetaから1.4.0にリリースした。
    • Scoreboard.getObjectivegetObjectiveAtDisplaySlotclearObjectiveAtDisplaySlotreturn '| undefined 'に更新した。
  • 次のクラスのisValid()を、betaから1.4.0にリリースした。
    • Block
    • Container
    • Entity
    • Player
    • SimulatedPlayer
  • Direction1.4.0に移動した。
  • EntityDamageSource1.4.0に移動した。
  • EntityDieAfterEvent1.4.0に移動した。
  • EntityEventOptions1.4.0に移動した。
  • EntityHitBlockAfterEvent1.4.0に移動した。
  • EntityHitEntityAfterEvent1.4.0に移動した。
  • EntityHurtAfterEvent1.4.0に移動した。
  • EntityHealthChangedAfterEvent1.4.0に移動した。
  • Dimension.getBlockFromRayメソッドを1.4.0に移動した。
  • Dimension.getEntitiesFromRayメソッドを1.4.0に移動した。
  • Entity.getBlockFromViewDirectionメソッドを1.4.0に移動した。
  • Entity.getEntitiesFromViewDirectionメソッドを1.4.0に移動した。
  • BlockRaycastHit1.4.0に移動した。
  • BlockRaycastOptions1.4.0に移動した。
  • EntityRaycastHit1.4.0に移動した。
  • EntityRaycastOptions1.4.0に移動した。
  • PressurePlatePushEvent1.4.0に移動した。
  • PressurePlatePopEvent1.4.0に移動した。
  • TripWireTripEvent1.4.0に移動した。
  • TargetBlockHitEvent1.4.0に移動した。
    • エンティティが無効な場合でも、プロパティidにアクセスできるようになった。
    • エンティティが無効な場合でも、プロパティtypeIdにアクセスできるようになった。
    • アイテムイベントsourceプロパティを、タイプEntityからPlayerに変更した。
  • MinecraftItemTypes@minecraft/serverから削除し、@minecraft/vanilla-dataのバージョンに置き換えた。
  • 追加関数 remove-エンティティを削除する。 これはプレイヤーに対して呼び出すことはできないが、Gametest の「シミュレートされたプレイヤー」に対しては使用できる。
  • MolangVariableMap
    • setFloat関数を追加した。
    • setColorRBGsetColorRGBAsetSpeedAndDirectionsetVector3の戻り値の型をvoidに変更した。
    • spawnParticleMolangVariableMapプロパティをオプションに変更した。: spawnParticle(effectName: string, location: Vector3, molangVariables?: MolangVariableMap): void
  • Colorinterfaceの名前がRGBAに変更された。
  • インターフェースRGBを追加した。
  • CompoundBlockVolume原点を取得/設定するためのスクリプトバインディング関数を追加した。
  • CompoundBlockVolumeの子に対して親との位置関係をクエリするための追加のパラメータを一部のメソッドに追加した。
  • 原点の変更が送信されたときに位置相対性を固定するための追加のパラメーターを一部のメソッドに追加した。
  • 内部原点への相対座標を使用するようにCompoundBlockVolumeコンテナを変換した。
  • ProjectileHitBlockAfterEvent1.5.0に移動した。
  • ProjectileHitEntityAfterEvent1.5.0に移動した。
  • ProjectileHitBlockAfterEventSignal1.5.0に移動した。
  • ProjectileHitEntityAfterEventSignal1.5.0に移動した。
  • BlockHitInformation1.5.0に移動した。
  • EntityHitInformation1.5.0に移動した。
    • spawnParticle(effectName: string, location: Vector3, molangVariables?: MolangVariableMap)1.5.0に移動した。
    • setColorRGB(variableName: string, color: RGB)1.5.0に移動した。
    • setColorRGBA(variableName: string, color: RGBA)1.5.0に移動した。
    • setFloat(variableName: string, number: number)1.5.0に移動した。
    • setSpeedAndDirection(variableName: string, speed: number, direction: Vector3)1.5.0に移動した。
    • setVector3(variableName: string, vector: Vector3)1.5.0に移動した。
  • RGB
    • RGB1.5.0に移動した。
    • RGBA1.5.0に移動した。
    • triggerEvent(eventName: string)1.5.0に移動した。
  • EntityEquipmentInventoryComponentの名前がEntityEquippableComponentに変更された。
  • isSolidisLiquidisAirをメソッドではなく、プロパティに更新した。
  • ScriptEventCommandMessageAfterEvent
    • initiatorsourceBlocksourceEntityをオプションのタイプにした。
  • ItemStack
    • getCanPlaceOn()getCanDestroy()を追加した。
    • amountプロパティに上限 255 を追加 - 超えると遅延される。
  • Entity
    • 追加関数getProperty(identifier: string): boolean | number | string | undefined - エンティティのプロパティを取得する。
    • 追加関数setProperty(identifier: string, value: boolean | number | string): void - 次のティック中にエンティティプロパティを設定する。
    • 追加関数resetProperty(identifier: string): boolean | number | string; - 次のティック中にエンティティプロパティをデフォルト値にリセットし、デフォルト値を返す。
  • beforeEvents
    • イベント/プロパティremoveEventを追加した。
  • afterEvents
    • イベント/プロパティの名前がremovedEventからremoveEventに変更された。
  • EntityRemovedAfterEventクラス
    • フィールドremovedEntityの名前がremovedEntityId: removedEntityId: stringに変更された。
    • フィールドtypeId: stringを追加した。
  • クラスEntityRemovedBeforeEventを追加した。
    • フィールドremovedEntity: Entityを追加した。
  • EquipmentSlot5.0に移動し、列挙値を大文字に変更した。
  • EntityEquippableComponent5.0に移動した。
  • Scoreboard
    • setObjectiveAtDisplaySlotの戻り値の型がScoreboardObjective、またはunknownに正しく設定されるようになった。
  • ScoreboardIdentity
    • getEntityの戻り値の型がEntity、またはundefinedに正しく設定されるようになった。
  • setWeatherAPI でオプションの期間パラメータを受け取り、天気期間を設定できるようになった。
  • read-onlyプロパティheightRange: NumberRangeを追加した - 最小/最大寸法の高さ制限を取得する。
  • Player.isSleepingPlayer.isEmotingを追加した。
  • エンティティが強制終了された後でも有効になるように scoreboardIdentityを変更した。
  • ワールドイベント
    • BlockBreakAfterEventの名前がPlayerBreakBlockAfterEventに変更された。
      • 読み取り専用のitemStackAfterBreak?:ItemStackを追加した(空の場合は未定義)。
      • 読み取り専用のitemStackBeforeBreak?:ItemStackを追加した(空の場合は未定義)。
    • BlockBreakAfterEventSignalの名前がPlayerBreakBlockAfterEventSignalに変更された。
      • subscribe関数はoptions?: BlockEventOptionsを受け取るようになった。
    • 以下のメンバーを含むPlayerBreakBlockBeforeEventを追加した。
      • cancel: boolean、イベントの発生をキャンセルする。
      • itemStack?:ItemStack、プレイヤーが使用しているアイテムスタック(手が空の場合は未定義)。
      • 読み取り専用player: Player、ブロックを壊すプレイヤー。
    • PlayerBreakBlockBeforeEventSignalを追加した。
    • BlockPlaceAfterEvent の名前が PlayerPlaceBlockAfterEventに変更された。
    • BlockPlaceAfterEventSignal の名前が PlayerPlaceBlockAfterEventSignalに変更された。
      • subscribe関数は options?: BlockEventOptionsを受け取るようになった。
    • 次のメンバーを含むPlayerPlaceBlockBeforeEventを追加した。
      • cancel: boolean、イベントの発生をキャンセルする。
      • 読み取り専用face: Direction、ブロックが配置されている面。
      • 読み取り専用faceLocation: Vector3、ブロックが配置された面上の位置。
      • itemStack:ItemStack、ブロックを配置するために使用されるアイテム スタック。
      • 読み取り専用player: Player、ブロックを配置するプレイヤー。
    • PlayerPlaceBlockBeforeEventSignalを追加した。
    • WorldAfterEventsを変更した。
      • blockBreakの名前がplayerBreakBlockに変更された。
      • |blockPlaceの名前をplayerPlaceBlockに変更した。
    • WorldBeforeEventsを変更した。
      • playerBreakBlockを追加した。
      • playerPlaceBlockを追加した。
    • 次のメンバーを含む BlockEventOptionsを追加した。
      • blockTypes?: string[]、フィルタリング対象のブロックの名前。
      • permutations?: BlockPermutation[]、フィルタリングの対象となる特定のブロックの置換。
    • クラスEntityLoadAfterEventを追加した。
      • 新しいフィールドentity: Entity
      • クラスEntityLoadAfterEventSignalを追加した。
    • クラスEntitySpawnAfterEvent
      • 読み取り専用のプロパティcause: EntityInitializationCauseを追加した。
    • クラスWorldAfterEvents
      • 読み取り専用プロパティ entityLoad: EntityLoadAfterEventSignalを追加した。
    • 列挙型EntityInitializationCauseを追加した。


JSON
  • JSON 形式1.20.20以降のminecraft:creative_categoryコンポーネントを非推奨にした。
  • クリエイティブグループとコマンドの表示設定を、JSON形式1.20.20以降の descriptionフィールドで設定できるようになった。
  • バニラの動作に合わせて、ShooterItemComponentの発射物に使用される火エンチャントの持続時間を変更した。
  • サウンド定義では、min_ distancemax_ distanceの浮動小数点値と整数値の両方を受け入れるようになった。
  • テクスチャのない描画コントローラーはコンテンツエラーになり、無視されるようになりました。
  • minecraft:entity_placeruse_onリストとdispense_onリストに無効なブロックが指定されている場合にエラーを表示するようになった。
  • MinecraftEntityTypes@minecraft/serverから削除し、@minecraft/vanilla-dataのバージョンに置き換えた。
  • MoonPhaseWorld.getMoonPhase をスクリプトに公開した。
  • minecraft:animates_in_toolbar コンポーネントを削除した。
  • minecraft:explodable コンポーネントを削除した。
  • 追加ダメージのホバーテキストが、適用されたシャープネスエンチャントを持つすべてのコンポーネントアイテムに表示されるようになった。
  • minecraft:shooterコンポーネントは、charge_on_drawがtrueの場合、minecraft:enchantableによる高速装填のエンチャントをサポートするようになった。
  • minecraft:wearableコンポーネントから機能しないエンティティスロットオプションを削除した。 鞍、エンティティの防具、チェスト。
  • minecraft:wearableコンポーネントを含むカスタムアイテムは、ディスペンサーからドロップされると自動的に装備され、バニラの防具アイテムと同じになる。
  • server.propertiesからserver-authoritative-soundブール値を削除した。
  • JSON 形式1.20.20以降のminecraft:diggerアイテムコンポーネントのon_digパラメータを非推奨にした。
  • minecraft:ignores_permissionコンポーネントを削除した。
  • minecraft:mirrored_artコンポーネントを削除した。
  • protectionフィールドを、JSON形式1.20.20以降のminecraft:armorコンポーネントからminecraft:wearableコンポーネントに移動した。
  • JSON 形式1.20.20以降のminecraft:armorコンポーネントを非推奨にした。
  • minecraft:wearableコンポーネントから「nonfunctional」および「redundant」スロットオプションを削除した。メインハンド、ホットバー、インベントリ、エンダーチェスト、装備可能。
  • weapon.offhandスロットを使用するminecraft:wearableコンポーネントを持つアイテムは、アイテムがホットバーで使用されるときに装備されなくなる。
  • カスタムウェアラブルアイテムを装備すると、一般的な装備サウンドがトリガーされる。
  • minecraft:wearableコンポーネントを含むカスタムアイテムは、インベントリ内でクリック&ドラッグするか、Shiftキーを押しながらクリックすることで装備できるようになった。
  • Scoreboard.addScoreを追加し、更新されたスコアを返すようにScoreboard.setScoreを改善した。
  • ターゲット記述子のcooldownフィールドがminecraft:behavior.nearest_prioritized_attachable_target ゴールで適切に機能するようになった。
  • JSON 形式1.20.30以降のminecraft:mining_speed は非推奨になった。
  • 「ホリデークリエイター機能」実験用トグルが有効になっているワールドで、menu_categoryフィールドを使用する形式バージョン1.20.20以降のアイテムが読み込まれない問題を修正した。
  • minecraft:requires_interactコンポーネントを削除した。


Molang
  • block_propertyhas_block_propertyの名前を、それぞれblock_statehas_block_stateに変更した。



修正


135 issues fixed
以前のバージョンより
  • MCPE-19700 – 額縁と手に持った状態のエリトラのテクスチャが間違っている。
  • MCPE-33139 – 金床のステップ音が鳴らない。
  • MCPE-43402 – トライデントの召雷サウンドが使われていない。
  • MCPE-43831 – 忠誠エンチャント付きのトライデントは、プレイヤーに帰還音を発するのではなく、トライデントを鳴らす。
  • MCPE-44296 – フェンスゲートのインベントリに正しいモデルがない。
  • MCPE-46490 – チャージ後、クロスボウの耐久力が減少する。
  • MCPE-50609 – 敵対モブが矢を撃ったり、トライデントを投げたりするときに音が聞こえない。
  • MCPE-52452 – サンゴブロックを壊すのに時間がかかりすぎる。
  • MCPE-60024 – 雪層の衝突は2回のみ変更される。
  • MCPE-62797 – ツルハシはピストンを早く破壊しない。
  • MCPE-68721 – サバイバルでは足場やスイートベリーの低木を即座に壊すことはできない。
  • MCPE-77746 – 燃えているモブはプレイヤーに着火しない。
  • MCPE-80924 – 大人の村人ゾンビは、実際の職業に関係なく農民のテクスチャを使用する。
  • MCPE-81790 – 村人は夜間/襲撃中に職業を変更できる。
  • MCPE-85429 – カメラはガラス、ガラス板、鉄格子を通過しない。
  • MCPE-85888 – ブロックの下に立つと、地平線の色が変わる。
  • MCPE-87379 – ホグリンは間違った変化時の効果音を再生する。
  • MCPE-94722 – 黒曜石が壊れても、ネザーポータルは壊れるアニメーションや音を出さない。
  • MCPE-95872 – ネザライトのアイテムは溶岩の中で燃える音を再生する。
  • MCPE-96015 – 溶岩の中で燃えるアイテムは燃える音を立てず、燃焼時に一貫性がない。
  • MCPE-98861 – レンダードラゴンエンジンを備えたデバイスで大幅な入力遅延が起きる。
  • MCPE-101180 – 菌糸の採掘速度は幹よりも速い。
  • MCPE-101644 – 真紅および歪んだ幹/菌糸は、他の種類の板材より爆発耐性が低くなる。
  • MCPE-114425 – Bedrock版には/gamerule Playerssleepingpercentageがない。
  • MCPE-114602 – エンドストーンレンガの採掘速度が、エンドストーンの速度と一致しない。
  • MCPE-119083 – スノー ゴーレムが雪玉を投げると矢を放つ音が再生する。
  • MCPE-123488 – 大きなドリップリーフを上に傾けるサウンドの代わりに、下に傾けるサウンドを使用している。
  • MCPE-128117 – コンジットが非アクティブ化すると音が出ない。
  • MCPE-130070 – 泳いで動けなくなる/落下する問題がある。
  • MCPE-131572 – マウスやタッチを使用してテキストメニューに移動できない。
  • MCPE-132408 – ディープスレートの変異体は、石の変異体よりも爆発耐性が大幅に低くなる。
  • MCPE-132511 – 水から出るときに音が鳴らない。
  • MCPE-136484 – リスポーンアンカーの周辺の音が再生されない。
  • MCPE-137449 – エンドストーンレンガは、通常のエンドストーンに比べて耐爆性が低くなる。
  • MCPE-138995 – ポーションの軌道が壊れている。
  • MCPE-139021 – エンドポータルを通ってオーバーワールドに戻る世界に入ると、ゲームがクラッシュする。
  • MCPE-139242 – 銅ブロック、および切り込み入りの銅は、Java版に比べて爆発耐性が弱い。
  • MCPE-139246 – 銅鉱石の爆発耐性は他の鉱石に比べて弱い。
  • MCPE-151745 – アンデッド系モブは、メインハンドスロットに保持する代わりに、邪悪な村人の旗を装備する。
  • MCPE-154378 – min_distance/max_distanceには10進数が必要だが、整数を使用すると通知なく失敗する。
  • MCPE-154428 – テーブル上の大きなエンチャントは、オーバーレイされたアイテムによってブロックされる。
  • MCPE-157055 – 水源内でリピータまたはコンパレータに電力を供給したり、電力を供給したりしないと、水の流れが一時的に遮断される。
  • MCPE-159217 – 「ファンシー グラフィックス」が有効になっていると、ビネットがホットバーやその他のHUD要素と重なる。
  • MCPE-159736 – ホットバーから装備するときに積み重ね可能な防具が複製される。
  • MCPE-160889 – ウォーデンが落下アイテムを検出しない。
  • MCPE-161134 – 名前が変更されたエンティティまたは一部のブロックには、「(text)text」形式のコンテナがあり、$container_titleと表示される。
  • MCPE-161165 – プレイヤーがアイテムをドロップしたときに、スカルクセンサーがシュリーカーに信号を送信しない。
  • MCPE-161438 – 襲撃バーは倒すと自動的に空になる。
  • MCPE-162061 – チャンクの境界線から離れたエンドポータルを通る透明なブロックが見える。
  • MCPE-162253 – Xboxコントローラーバンパーを使用しているときに本と羽ペンから効果音が再生されない。
  • MCPE-163050 – Xbox:ストレージ容量が不足しているというエラーが表示され、奇妙な背景でメニューが表示されなくなる。
  • MCPE-163497 – ラクダは赤い砂やコンクリートの粉の上では砂の音を立てない。
  • MCPE-163671 – Xbox:マウスの動きがぎくしゃくしたり、ピクセルベースになったり、スムーズではない。
  • MCPE-164634 – 特定のエリアに近づくと、Minecraftのワールドがクラッシュし続ける。
  • MCPE-165062 – エンドポータルの下で寝ると、ゲームがロード画面でスタックし、ネザーポータルが召喚される。
  • MCPE-165301 – 不明なブロックがある。
  • MCPE-166152 – iOS:前のテキストが変更されると、本と羽ペンのテキストの改行が消去される。
  • MCPE-166565 – しゃがんでから泳ぐと、プレイヤーは常に下降する。
  • MCPE-167403 – タッチコントロールを使用したクリエイティブで飛行中にしゃがむことができない。
  • MCPE-168789 – スニーク中は名札が完全に見えなくなる。
  • MCPE-168887 – 模様入りの本棚がホッパーやドロッパーを使用して変化したとき、スカルクセンサーが検出しない。
  • MCPE-168998 – カスタムminecraft:blockを介したレッドストーン送信に一貫性がない。
  • MCPE-169557 – ブタはゾンビ化ピグリンに変化しても、死の効果音を再生しない。
  • MCPE-169728 – バルクアイテムの作成に不具合がある。
  • MCPE-169840 – Backspaceキーを押してもすべてのテキストが消去されない。
  • MCPE-171213 – 三人称視点でのカメラのコンポスターとの衝突が発生する。
  • MCPE-172381 – 積雪では、ドロップアイテムの衝突が一貫していない。
  • MCPE-172429 – ストラクチャーヴォイドをターゲットにすることができない。
ver1.20.0以降のバージョンより
  • MCPE-163456 – コマンドによって配置された吊り看板は、通常のものと比較して攻撃判定が非常に大きくなる。
  • MCPE-168805 – ブラッシング音が一部聞こえない。
  • MCPE-168813 – 調律されたスカルクセンサーが作動しても完全にはアクティブ化されない。
  • MCPE-170033 – 旅路の遺跡の構造物内で焚き火が消えるのではなく点火される。
  • MCPE-170841 – 水泳時、または激流エンチャントのパリティ使用時のカメラ速度に違いがある。
  • MCPE-171254 – キャラクター作成機能がプレビューアイコンと一致しない。
  • MCPE-171383 – ver1.20.0以降、水中で骨粉が機能しない。
  • MCPE-171461 – 睡眠中のフェードの黒い画面が完全に黒になる。
  • MCPE-171521 – 行商人はさくらの苗木を取引しない。
  • MCPE-171560 – 桃色の花びらは、ディスペンサーで骨粉を使用して栽培することができない。
ver1.20.xより
  • MCPE-171822 – サクラの林はver1.16.100の水霧を使用する。
  • MCPE-172704 – スカルクセンサーは、その上に矢、トライデント、または投げられたアイテムがあると繰り返しトリガーする。
  • MCPE-172835 – チャット内のテキストの末尾ではないときに Enterキーを押すと、それより前のすべてが削除される。
  • MCPE-172910playerssleepingpercentageゲームルールを 0 または負の数に設定すると、睡眠時のアニメーションがスキップされる。
  • MCPE-172917playerssleepingpercentageが100を超えて設定されているため、夜をスキップできない場合のチャットメッセージがない。
  • MCPE-172920 – [スクリプトAPI]ScoreboardObjective::removeParticipant がクライアントと同期されていない。
  • MCPE-173028 – 「接続喪失が検出されました」および「放棄された接続が閉じられました」エラーメッセージが翻訳されていない。
  • MCPE-173189 – [スクリプトAPI]setLore()メソッドの文字数チェックで、一部の文字が2文字、または3文字としてカウントされる。
  • MCPE-173323 – 略奪者の前哨基地がサクラの林に生成されない。
  • MCPE-173524 – 同じティック内の複数の/cameraコマンドは無視される。
  • MCPE-173706 – チャンク境界に沿ったブロック更新により、チャンク全体のブロック描画の遅延が引き起こされる。
  • MCPE-174073 – [スクリプトAPI]ネイティブクラスのプロパティに対する予期しない変更がある。
ver1.20.10以降のバージョンより
  • MCPE-170870 – 乗車中に水泳モードが無効にならない。
  • MCPE-170907 – スペクテイターに切り替えると、プレイヤーはスニークしたり這ったりするのをやめない。
  • MCPE-170969 – 水泳の仕組みが変更され、呼吸するには空を見上げなければならない。
  • MCPE-170994 – 水泳のパリティに問題がある。
  • MCPE-171065/recipeは、正しい構文が入力された場合にチャット出力を送信しない。
  • MCPE-171086/recipeコマンドを入力しても候補が表示されない。
  • MCPE-171098/recipeコマンド構文がJava版と一致しない。
  • MCPE-171112 – レシピのロックを解除するUIが一時停止メニューまたはワールド設定に表示されることがある。
  • MCPE-171116 – 「レシピアンロックトースト」サウンドがJava版と一致しない。
  • MCPE-171141 – 翻訳されたトースト レシピのロック解除されたコンテンツが切り取られ、読めなくなる。
  • MCPE-171225 – プレイヤーはY=1とY=2でクロールしている間に窒息する。
  • MCPE-171797 – プレイヤーはエリトラで飛行中に飛行モードを有効にすることができる。
  • MCPE-171800 – クリエイティブインベントリから飾り壺をブロックするピックを選択すると、無効なインベントリの説明が表示される。
  • MCPE-171812 – スペクテイターは依然として狭い空間に適応する。


その他
  • 空のマップは、プレイヤーが描画するときに適切なサウンドを発するようになった。
  • 三人称視点は、水や溶岩の近くで地形を切り抜けなくなった。
  • クリエイティブモードのプレイヤーが火の中に立っているときに点火されない問題を修正。
  • プレイヤーは、裂け目のアニメーション中に強制的に忍び込んだり、這ったりすることはなくなった。
  • プレイヤーがすべきではないときに、誤って水泳をトリガーすることがなくなった。
  • ポータルエフェクトの底面を修正し、その色と透明度が他の面と一致するようにした。
  • 初めてゲームに参加するときにプレイヤーが一時的に消える問題を修正。
  • iOS:JSON読み込みブロックでのクラッシュを修正。
  • ワールドに入るときにゲームがフォーカスを失ったときに発生する可能性のあるクラッシュを修正。
  • 画面ナレーションでレシピ本のフォルダー項目がフォルダー内の最初の項目として読み上げられる問題を修正。
  • 狭いアスペクト比の画面でプレイすると、保持されているマップが中央に表示されない問題を修正。
  • Xbox:ディスク容量不足の警告が表示されない問題を修正。
  • 三人称視点のカメラが雪、泥、ソウルサンドを切り抜けなくなった。
  • 状況によってはクライアントが専用サーバーへの接続に失敗する問題を修正。
  • コマンド内のチルダ(Z座標として)とブロック名の間にスペースがない場合、括弧の後に来る値のオートコンプリート候補が欠落している不具合を修正。
  • 無効なカスタム機能を配置しようとしても、ゲームがクラッシュしなくなった。
  • 前方を目指して構築ボタンを押しながらしゃがみジャンプしても、プレイヤーが狙っている場所を超えて上向きにブロックを構築し続けることはなくなった。
  • 地形の生成中に発生する可能性のある遅延テクニカルプレビューのクラッシュを修正。
  • max_stack_sizecan_destroy_in_creativehover_text_colorのjsonオブジェクトバージョンを使用するときに、ホリデークリエーター機能の切り替えをオンにするとコンテンツエラーが発生する問題を修正。
  • Realms からダウンロードしたワールドがパックを正しくロードしない問題を修正しました。
  • バケツで魚、ウーパールーパー、オタマジャクシを収集すると、正しい位置で振動が発せられるようになった。
  • Android版における、Joy-ConとSwitch ProコントローラーのZL/ZRアイコンを修正。
  • 「Deferred Technical Preview」における手持ちアイテムの点灯を修正。
  • 点光源の寄与に関する最適化と修正を行った。
  • フィードバックページにリンクしていない新しい「プレイ画面」のフィードバックボタンの動作を修正。
  • HUD画面のさまざまなピクセルスケーリングの問題を修正。
  • 最新フォーマットバージョンのアイテムのコンテンツエラーが他のアイテムに表示される問題を修正。
  • 新しい死亡画面のゲームメニューのゲームパッドショートカットが正しく動作するようになった。
  • コンクリートパウダーブロックは、以前のバージョンからインポートされたワールドの正しい色になった。
  • 水の下のブロックがハイライト表示されている場合、ボートが水上に出現しない問題を修正。
  • ワールドの基本バージョンが1.19.80以前の場合、教育版モードでユーザーがワールドビルダー権限を持っていない場合、NPC召喚コマンドが機能しなくなる不具合を修正。


1 issue fixed
ver1.20.0以前にリリースされたバージョンから
  • BDS-17527 – チャンクのロード時のメモリリークにより、複数のサーバーがクラッシュする。



1.20.15[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年8月16日(ChromeOS・Android・Xbox・PS)
  • 2023年8月17日(iOS・iPadOS・Fire)
  • 2023年8月18日(Windows・Nintendo Switch)


修正


2点の問題が修正された。
  • ゲームプレイ中に発生する可能性のあるトップクラッシュを修正。
  • マーケットプレイスから一部のパックにおいて正常に購入できない不具合を修正。



1.20.14(PSのみ)[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年8月8日


修正


2点の問題が修正された
  • ゲームプレイ中に発生する可能性がある上部のクラッシュを修正。
  • PS版でプレイヤーがストアにアクセスできなくなる問題を修正。



1.20.13(iOS・iPad OSのみ)[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年7月24日


修正


1 issue fixed
その他
  • クラッシュを修正した。



1.20.12[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年7月18日


修正


3 issues fixed
その他
  • ver1.20.10の起動時にリソースパックがクラッシュする問題を修正。
  • iOS版とiPadOS版において、発生する可能性のあるクラッシュを修正。
  • 「放棄された接続が閉じられました」エラーに関連する接続の安定性を修正。



1.20.10[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年7月11日


追加


全般

試験的なプレイ
  • 「クロール」実験用トグルを追加した。
    • プレイヤーが1ブロックの隙間の下を這うことを許可する。
  • 「レシピのロック解除」実験用トグルを追加した。
    • 新しいレシピのロック解除システムと、/recipeコマンドを有効にする。


設定
  • アクセシビリティ設定にスライダー「GUI Scale Modifier」を追加した。
  • UIを「大きく」するために、「特大 GUI スケーリング」アクセシビリティとビデオ オプションを追加した(一部のデバイスでのみ機能する)。


スプラッシュテキスト
  • 以下の新しいスプラッシュテキストを追加した:
    • Joule is neat too!


技術的

JSON
  • 以下のコンポーネントを実験段階から、ver1.20.10以降のJSON形式で実装した。:
    • minecraft:cooldownアイテムコンポーネント。
    • minecraft:repairableアイテムコンポーネント。
    • minecraft:max_stack_sizeアイテムコンポーネント。
    • minecraft:block_placerアイテムコンポーネント。
    • minecraft:recordアイテムコンポーネント。
    • minecraft:shooterアイテムコンポーネント。
    • minecraft:throwableアイテムコンポーネント。
    • minecraft:projectileアイテムコンポーネント。
    • minecraft:can_destroy_in_creativeアイテムコンポーネント。
    • minecraft:hover_text_colorアイテムコンポーネント。
  • レシピJSON 形式にunlockフィールドを追加した。


変更点


ブロック

  • Java版と一致させるため、レシピがの代わりに板材を使用するようになった。


コンクリート
  • concreteのIDは、独自のIDに分割された。


飾り壺


音符ブロック
  • ソウルソイルを使用して「スネア」の代わりに「ハープ」サウンドを再生するようになった。


泥塊
  • シャベルを使って、より速く採掘することができなくなった。


スカルクセンサー


シュルカーボックス
  • shulker_boxのIDは、独自のIDに分割された。


コマンドフォーマット

ブロック状態
  • Java版と一致させるため、「コロン」(:)の代わりに「equals」(=)が使用されるようになった。
    • 例:oak_log["pillar_axis":"x"] -> oak_log["pillar_axis"="x"]


オブザーバー
  • directionブロックの状態を、minecraft:facing_directionに変更した。
    • minecraft:facing_directionには、6つの値["down", "up", "north", "south", "east", "west"]がある。


ゲームプレイ

スニーク
  • 高さ 1.5 ブロック未満のスニークは、実験的な「ショート スニーク」トグルなしで利用できるようになった。
  • プレイヤーは飛行中に強制的にスニーク状態にできるようになった。


サウンド
  • カメラの位置がオーディオのリスニングと周囲の音に使用されるようになった。
    • 以前は、オーディオのリスニングにプレーヤーの位置と回転が使用されることがあった。


描画エンジン
  • 雪や雨の描画は、プレイヤーの位置ではなくカメラの位置に基づいて行われるようになった。

全般

試験的なプレイ
  • 「ショート スニーク」実験用トグルの名前を「ショート スニークとクロール」に変更した。 (後のベータ/プレビュー1.20.10.23では「削除/変更」)
    • クロール機能も追加されました。
  • 実験的な「ショート スニーク」トグルを削除した。


フォグ
  • 水中および霧のエフェクトは、プレイヤーの位置ではなくカメラの位置に基づくようになった。


設定
  • 「チャット メッセージの長さ」アクセシビリティ オプションは、デフォルトで 10 秒に設定されるようになった。
  • 「Text to Speech」のナレーターは、チャット画面のホットバーや「/」ボタンで項目を選択すると、項目名を読み上げるようになった。


アイテム

ボート
  • レシピをJava版と一致するため、シャベルの必要が無くなった。


クモの巣
  • Java版と一致するため、から作成することができなくなった。


モブ

ウマラバロバ


ラマ
  • 干草の俵を使って誘導できるようになった。


マグマキューブ


ワールド構造物

模様入りの深層岩磨かれた玄武岩
  • スカルクに置き換えることができなくなった。


磨かれた深層岩
  • スカルクに置き換えることができるようになった。


落ちてくる
  • キノコを使用して再生成するようになった。


技術的

Bedrock Editor
  • 選択カーソルによりガラス ブロックが非表示になる問題を解決した。
  • 「ツールモード」にログメッセージを表示する「ログパネル」を追加した。「表示メニュー」からアクセスするか、CTRL+H ショートカットを使用してアクセスできる。
  • 「エディターモード」の「サーバータブ」からサーバーを追加できない不具合を修正した。
  • 「十字線モード」でギズモが非表示になるバグを修正した。
  • カスタム ブロックの「プロパティ」を「状態」に変換した。
  • モブがブロックと衝突しているときにモブのスケールを変更しようとすると発生する可能性があったクラッシュを修正した。
  • /scripteventは、「ベータ API」の実験的な切り替えを有効にすることなく、エディターで使用できるようになった。


JSON
  • part_visibilityコンポーネントの非推奨エラーメッセージを追加した。
  • minecraft:peekコンポーネントをカスタムエンティティに追加するとゲームがクラッシュする問題を修正した。
  • minecraft:geometryブロックコンポーネントを更新し、molang式でボーンの可視性を定義できるようにした。
  • minecraft:balloonableminecraft:playerで使用される場合、このコンポーネントはこの方法ではサポートされていないため、問題を防ぐためにコンテンツエラーを追加した。
  • エンティティコンポーネントminecraft:behavior.nearest_attachable_target内の無効なJSONオブジェクトによってゲームがクラッシュすることはなくなった。


実験的


これらは「Crawling」「Recipe Unlocking」「Beta APIs」「Experimental Cameras」スイッチを有効化することで試すことができる。

追加


コマンドフォーマット

/recipe
  • プレイヤーにレシピを与えたり、受け取ったり(ロックを解除またはロックしたり)する新しいコマンド
  • 構文:
    • /recipe <victim: target> give <recipe: string>
      • 指定されたレシピをプレイヤーに与える(ロックを解除する)。
    • /recipe <victim: target> take <recipe: string>
      • プレイヤーから指定されたレシピを取得(ロック)する。
    • <recipe: string>*を指定すると、プレイヤーのすべてのレシピがロック解除またはロックされる。


ゲームプレイ

クロール
  • クロール機能を追加しました。
    • 新しいプレイヤーのクロールアニメーションを作成した。
    • プレイヤーは1ブロックのギャップにいるときに、スニークと同様に這い始めるようになる。
    • クロールはスニークと同じ速度。
    • プレイヤーは1ブロックのギャップを離れると、自動的に立ち上がるか、スニークを開始する。
  • プレイヤーは飛行中に強制的にクロール状態にできるようになった。


変更点


コマンドフォーマット

/camera
  • 0.01.0の小数値ではなく、0255の整数値を取るようにカメラコマンドのフェードカラーを変更した。
  • カメラのフェード コマンドでフェード期間の制限が強制されるようになった。フェードイン、ホールド、フェードアウトは 010秒の間である必要がある。
  • カメラのピッチが-90から90度の間のみであることを確認する。
  • example:example_player_listenerカメラプリセットを追加した。
  • example:example_player_Effectsカメラプリセットを追加した。
  • 実験的なminecraft:freeカメラの描画は、暗視などのプレイヤーの状態に影響されなくなった。


ゲームプレイ

レシピ本
  • プレイヤーが材料を集めるとレシピが解除されるようになった。
    • アイテムを拾うと、プレイヤーはそのアイテムの作り方を学ぶことができる。
  • プレイヤーが新しいクラフト素材を見つけると、新しい通知が表示される。


技術的

API
  • 動的プロパティにオプションでデフォルト値を設定できるようになった。
  • 動的プロパティ登録制限の増加:
    • アクター:~1KB -> 128KB
    • 世界:~10KB -> 1MB
  • ScreenDisplay
    • clearTitle()- を削除しました。タイトルをクリアするには、空の文字列を指定して setTitle を使用する。
    • fadeInSecondsstaySecondsfadeOutSecondsfadeInDurationstayDurationTitleDisplayOptionsfadeOutDuration(ティックまでの秒)に更新した。
    • setTitleを更新して、新しいタイトルごとに時間をリセットした。
    • setTitleupdateSubtitle、およびsetActionBarに対するRawMessageのサポートを追加した。
  • エンティティ
    • read-onlyプロパティisGliding-を追加した。プレイヤーがエリトラで滑空しているかどうかを返す。
    • read-onlyプロパティisJumping-を追加した。プレイヤーがジャンプ アクションを使用しているかどうかを返す。
    • read-onlyプロパティsFlying-を追加した。プレイヤーが飛行しているかどうかを返す(例:クリエイティブモードまたはスペクテイターモード)。
    • read-onlyプロパティisSprinting-を追加した。エンティティがスプリント中かどうかを返す。
    • read-onlyプロパティisSwimming-を追加した。エンティティが泳いでいるかどうかを返す。
    • read-onlyプロパティisClimbing-を追加した。エンティティが登っているかどうかを返す(例:はしごの上のプレイヤーや壁の上のクモ)。
    • read-onlyプロパティisOnGround-を追加した。エンティティが地面にあるかどうかを返す。
    • read-onlyプロパティisInWater-を追加した。エンティティが水中にあるかどうかを返す。
    • read-onlyプロパティisFalling-を追加した。エンティティが落下しているかどうかを返す。
    • read-onlyプロパティfallDistance-を追加した。現在の落下距離を返す(落下ダメージの計算に使用される)。
    • 関数fly-を追加した。プレイヤーを飛行させる(クリエイティブモード、またはスペクテイターモードなど)。
    • 関数stopFlying-を追加した。プレイヤーを飛行を停止させる(クリエイティブモード、またはスペクテイターモードなど)。
    • 関数glide-を追加した。プレイヤーをエリトラで滑空させる。
    • 関数stopGliding-を追加した。プレイヤーがエリトラで滑空するのを停止させる。
    • 関数swim-を追加した。プレイヤーを泳がせる。
    • 関数stopSwimming-を追加した。プレイヤーの水泳を停止させる。
  • エンティティ効果
    • 関数addEffect(effectType: EffectType | string, duration: number, options?: EntityEffectOptions): voidを更新して、voidを返し、効果が存在しない場合、またはパラメーターが範囲外の場合にスローするようにした。
    • 関数getEffect(effectType: EffectType | string): Effect | undefinedを更新して、効果が存在しない場合にスローするようにした。
    • エフェクトが存在しない場合にスローする関数removeEffect(effectType: EffectType | string): booleanを更新した。
  • BlockEvents
    • イベントPressurePlatePushEventPressurePlatePopEventTargetBlockHitEvent、およびTripWireTripEventを追加した。
  • ContainerSlot
    • 関数clone-を削除した。
  • EntityHealableComponent
    • filters: FilterGrouppropertyを削除した。
  • EntityAttributeComponent
    • effectiveMin: numberを追加した。コンポーネントの最小値を返す。
    • effectiveMax: numberを追加した。コンポーネントの最大可能値を返す。
    • valueプロパティの名前をdefaultValueに変更した。
    • currentプロパティの名前がcurrentValueに変更された。
    • setCurrentメソッドの名前がsetCurrentValueに変更された。
  • EntityHealthChangedAfterEventを追加した。エンティティに健全性の変化が発生するとトリガーされる。
  • システム
    • eventssystem.beforeEventsおよびsystem.afterEventsに置き換えた。
    • イベントbeforeWatchdogTerminateの名前をwatchdogTerminateに変更し、beforeEventsに移動した。
    • scriptEventReceiveafterEventsに移動した。
  • MessageReceiveAfterEvent
    • プロパティsourceTypeを削除した。
  • ScriptEventSource
    • 列挙型MessageSourceTypewithを、新しい列挙型ScriptEventSourceに置き換えた。
  • ScriptEventCommandMessageAfterEvent
    • プロパティ sourceTypeMessageSourceTypeからScriptEventSourceに変更した。
    • メッセージの最大長が256文字から2048文字に増加した。
  • 動的プロパティ識別子は1024文字に制限されるようになった。
  • @minecraft/serverで定義されている「MinecraftEffectTypes」を削除した。
  • いくつかのAPIを安定版1.30に移動した。
    • tryTeleport(location: Vector3, duration: number, options: ScriptTeleportOptions)3.0に移動した。
    • teleport(location: Vector3, options: ScriptTeleportOptions)3.0に移動した。
    • function getComponent3.0に移動した。
    • world event PlayerJoinAfterEvent3.0に移動した。
    • world event PlayerLeaveAfterEvent3.0に移動した。
    • world event PlayerSpawnAfterEvent3.0に移動した。
    • EntityComponent EntityHealableComponent3.0に移動した。
    • EntityComponent EntityHealthComponent3.0に移動した。
    • class FeedItem3.0に移動した。
    • class FeedItemEffect3.0に移動した。
    • addEffect(effectType: string | EffectType, duration: number, options: EntityEffectOptions)3.0に移動した。
    • getEffect(effectType: string | EffectType)3.0に移動した。
    • getEffects3.0に移動した。
    • removeEffect(effectType: string | EffectType)3.0に移動した。
    • AfterEvents
      • ButtonPushEvent3.0に移動した。
      • LeverActivateEvent3.0に移動した。
    • 関数spawnEntity3.0に移動した。
    • 関数spawnItem3.0に移動した。
  • スポーン地点の更新
    • 関数clearSpawnを削除した。
    • プロパティspawnDimensionを削除した。
    • 関数getSpawnPoint: DimensionLocation | undefinedを追加した。 - プレイヤーのスポーン地点を返します。
    • 関数setSpawnPoint(spawnPoint?: DimensionLocation): voidを追加した。 - プレイヤーのスポーン地点を設定するか、スポーン地点が未定義の場合はクリアする。
    • 関数の名前がgetDefaultSpawnPositionからgetDefaultSpawnLocationに変更された。
    • 関数の名前がsetDefaultSpawnからsetDefaultSpawnLocationに変更された。
    • DimensionLocation
      • 新しいインターフェイスDimensionLocationを追加した。 - ディメンション内の位置を表す。
    • hasParticipantfunctionScoreboardObjectiveに追加した。
    • ScoreboardObjectiveの次の関数は、エンティティまたは文字列タイプを参加者として受け入れることができるようになった。
      • getScore
      • setScore
    • removeParticipant
    • getScoresetScoreScoreboardIdentityおよびScoreboardから削除した。
  • ScoreboardIdentityからremoveFromObjective関数を削除した。
  • レイキャスティング
    • 関数 getBlockFromRayを変更した。
      • 戻り値の型をBlockからBlockRaycastHit | undefinedに変更した。
    • 関数getEntitiesFromRayを変更しました。
      • 戻り値の型をEntity[]からEntityRaycastHit[]に変更した。
    • 関数getBlockFromViewDirectionを変更した。
      • 戻り値の型をBlockからBlockRaycastHit | undefinedに変更した。
    • 関数getEntitiesFromViewDirectionを変更した。
      • 戻り値の型をEntity[]からEntityRaycastHit[]に変更した。
    • インターフェースBlockRaycastHitを追加した。
    • インターフェースEntityRaycastHitを追加した。
  • イベント後のleverActivateの名前がleverActionに変更された。
    • クラスEntityHitAfterEventを削除した。
    • クラスEntityHitBlockAfterEventを追加した。
    • クラスEntityHitEntityAfterEventを追加した。
    • クラスWorldAfterEvents
      • プロパティentityHitを削除した。
      • プロパティentityHitBlockを追加した。
      • プロパティentityHitEntityを追加した。
    • オブジェクトが有効かどうかを確認するために、ヘルパー関数isValidをいくつかのクラスに追加した。これは、オブジェクトにアクセスまたは使用する前に、ネイティブオブジェクトへのハンドルで安全に使用でき、基礎となるオブジェクトがまだ存在し、有効に使用できることを確認する。
      • Block(ブロックが境界内の有効な位置であること、および含まれるチャンクがロードされ、ティック状態であることを確認する)。
      • Container(関連するコンテナ インベントリが存在し、有効であることを確認する)。
      • Effect(所有エンティティが有効であり、そのエンティティに効果が存在することを確認する)。
      • ScreenDisplay(所有しているプレイヤーが有効であることを確認する)。
      • ScoreboardObjective(目標エントリが存在し、有効なスコアボードに接続されているかを確認する)。
      • Entity(エンティティが世界に存在することを確認する。エンティティが死んでいればtrueを返す)。
        • Player
        • SimulatedPlayer(シミュレートされたプレイヤーは世界から自動的に削除されないことに注意する。そのため、isValidは、プレイヤーが死んだ後もずっと後にtrueを返す)。
      • ContainerSlot(項目コンテキストvalid: Containerが所有エンティティなどのワールドに存在し、スロットがコンテナ境界内にあることを確認する)。
        • すでに読み取り専用プロパティとして存在していたが、一貫性を保つためにメソッドに変更された。
      • Component
        • EntityAttributeComponent(所有エンティティが有効であり、エンティティに属性が存在することを確認する)。
        • BlockLiquidContainerComponent(ブロックが存在し、有効な大釜タイプであることを確認する)。
          • 大釜内の液体が問題のコンポーネントと一致するかどうかをチェックする読み取り専用メソッド「isValidLiquid」を追加した(例: BlockLavaContainerComponentは溶岩液をチェックする)。
        • EntityComponent(所有エンティティが存在することを確認する)。
        • ItemComponent(所有するアイテムが存在することを確認する)。
  • ワールド
    • getTimeの名前をgetTimeOfDayに変更した。
    • setTimeの名前がsetTimeOfDayに変更された。
    • setTimeOfDayは、引数としてTimeOfDay 列挙型を受け入れるようになった。
    • setTimetimeOfDay引数は、023999(両端の値を含む)の範囲内でなければならない。
    • getDayを追加しました。
  • 次の列挙型の値を camelCase ではなく PascalCase に更新した。
    • ClipboardMirrorAxis
    • ClipboardRotation
    • HttpRequestMethod
    • FormCancelationReason
    • Direction
    • DisplaySlotId
    • EntityLifetimeState
    • FluidType
    • ObjectiveSortOrder
    • ScoreboardIdentityType
    • ScriptEventSource
    • SignSide
    • WatchdogTerminateReason
    • WeatherType


JSON
  • minecraft:block_placerコンポーネントを含むアイテムは、正しい方向でブロックを配置するようになった。
  • minecraft:throwable コンポーネントを含むver1.20.10以降の形式のアイテムは、投げられたときに「アイテム使用」イベントをトリガーする。
  • minecraft:block_placerを使用したカスタムアイテムは、特定のブロックを間違った場所に配置しなくなった。
  • charge_on_drawtrueに設定されている場合、アイテムのチャージ時にのみ弾薬を消費するようにminecraft:shooterを変更した。
  • ver1.20.10以降のJSON 形式minecraft:render_offsetsコンポーネントを非推奨にした。


修正


70 issues fixed
ver1.20.10以前のバージョンから
  • MCPE-46795 – 「クイック移動」がキャンセルされていない場合、アイテムを移動できない。
  • MCPE-54294 – 跳躍力上昇はマグマキューブには効果がない。
  • MCPE-122663 – 水泳時にプレイヤーのモデルが中心にない。
  • MCPE-123608 – 透明な葉が不透明な葉と重なっている。
  • MCPE-138333 – 倒木はキノコとともに生成しなくなった。
  • MCPE-142918 – RTXで2つのシールドを保持すると、1つだけが表示される。
  • MCPE-152002hasitem は、/clearとは異なり、カーソル内の項目をチェックしない。
  • MCPE-153446 – ボートに乗っているときのケープは、カメラを回すと位置が変わりる(たたまれる)。
  • MCPE-155371 – スカルクセンサーがコンポスターの変化を検出しない。
  • MCPE-155372 – エンダーアイを設置しても振動が発生しない。
  • MCPE-156199 – Java版のver1.19プレリリース1以降、スカルクセンサーはほとんどのゲームイベントを検出しない。
  • MCPE-156444 – ウマ/ロバのジャンプメーターが経験値バーと同じ長さではない。
  • MCPE-156575 – Xbox:スクリーンキーボードが動かず、看板とチャットの前に表示される。
  • MCPE-157409 – スカルクセンサーがリスポーンアンカーの充電を検出しない。
  • MCPE-160189 – ストレージエンティティのインベントリコンテンツのアイテム ドロップ位置が南東にオフセットされる。
  • MCPE-160238 – スカルクパッチは、古代都市内のワールド構造物の磨かれた深層岩に置き換えるべきではない。
  • MCPE-161207 – 泥塊は、シャベルを使うとより速く採掘できる。
  • MCPE-162785 – 建築を続けるとブロックが上向きに配置される。
  • MCPE-163670 – 村人ゾンビは、通常の村人に変わるときに防具や所持アイテムをドロップしない。
  • MCPE-164064 – ラクダのダッシュ音が鳴り続ける。
  • MCPE-164801 – 模様入りの本棚のスロットの相互作用が対称ではない。
  • MCPE-166411 – 自動的にスニークを開始すると、ブロックがプレイヤーをプッシュする。
  • MCPE-166566 – ラクダはダメージを受けると歩行アニメーションを再生しない。
  • MCPE-166569 – プレイヤーは、はしご、ツタ、ねじれツタ、フルブロックの下のしだれツタを登るときに自動的にしゃがむことがある。
  • MCPE-166741 – スカルクセンサーがアイテムフレームとグローアイテムフレームの相互作用を検出しない。
  • MCPE-167447 – コントローラーが検出されると、攻撃/破壊およびインタラクト/配置のマウスとキーボードのボタンが奇妙な動作をする。
  • MCPE-168054 – ブロック名と最初の括弧の間にスペースを入れないと、ブロック状態のオートコンプリートが機能しない。
  • MCPE-168056 – コロンの後にスペースを入力しない限り、ブロック状態値は自動補完されない。
  • MCPE-168119 – 模様入りの本棚からエンチャントされた本を取り出すと、間違った音が再生される。
  • MCPE-168129 – エンティティコンポーネントminecraft:behavior.nearest_attachable内の無効なオブジェクトによりゲームがクラッシュする。
  • MCPE-168368/inputpermissionは、実行後に成功メッセージを送信しない。
  • MCPE-169313 – 新しく生成されたチャンクにより、ボートやチェスト付きのボートに乗ると消える。
  • MCPE-169453 – 西側と北側の近くに粉雪ブロックがある場合、粉雪がなくてもエンティティは凍結し続ける。
  • MCPE-169693 – 浮遊ステータス効果を使用しているときでも、スニッファーは掘ることができる。
  • MCPE-169732 – コンジットが黒色。
  • MCPE-169758 – 村人は、トーチフラワーの種やウツボカズラのさやを拾ったり、植えたり、収穫したりすることはできない。
  • MCPE-169772 – ver1.20に更新すると、ボートが壊れ、すべてのモブがボートから降りる。
  • MCPE-169937 – 壺の欠片と組み合わせた飾り壺の説明に追加情報がない。
  • MCPE-169974 – ver1.19.80に更新すると、/execute locatedで構文エラーが発生する。
  • MCPE-170031 – スニッファーは、ターゲットブロックが破壊された後も掘り続ける。
  • MCPE-170208 – 30秒間のデスポーン耐性が再び壊れた。
  • MCPE-170427 – 大釜に水を入れると、水は溶岩のように見える。
  • MCPE-170610 – 強制しゃがむと、あたかもスニークボタンが押されているかのようにエンティティと相互作用します。
  • MCPE-170613 – プレイヤーはラクダに乗りながらしゃがむことができる。
  • MCPE-170645 – モブのスケールを変更するとブロックと衝突するため、ゲームがクラッシュする。
  • MCPE-170814 – P2P/SIG: no_session(ディスカバリーからの認証の期限切れ)。
  • MCPE-170885 – ダッシュ・スニーク・エンチャントではクロール速度が増加しない。
  • MCPE-171429 – 感知板が壊れて不安定になっている。
  • MCPE-171798 – モブがチェスト付きのボートから降りる。
その他
  • プレイヤーは、スニーク、水泳、滑空中に常にカメラの位置から発射物をスポーンするようになる。
  • 忠誠のトライデントは常にプレイヤーのカメラに戻る。
  • プレイヤーがスニーク、水泳、または滑空している場合に、正しい位置で食事をするとパーティクルエフェクトが生成されるようになった。
  • プレイヤーは、特定のシナリオで短時間忍び寄るときに窒息しなくなった。
  • コンテナの開閉の許可がないプレイヤーは、模様入りの本棚を操作できなくなる。
  • スイッチ:ハイライトされたブロックとモブの影がカボチャの頭のオーバーレイを通して表示される問題を修正した。
  • RTXで両手で持ったときにシールドがちらつきなくなった。
  • 一人称描画が行われるまでスリープとカメラのフェード効果が画面をカバーしない問題を修正した。
  • 「クライアントサイドチャンク生成」が有効になっているときにマップ上に黒いピクセルが生成される問題を修正した。
  • execute経由でmcfunctionを実行するときに、コマンドの位置に現在の位置/回転が使用されるようになりました。
  • 人形が這うときに正しく表示されるようになった。
  • 怪しげなブロックがマップ上に正しく表示されるようになった。
  • リポストポーズ時にシールドが防具立てモデルの内側にクリップされなくなった。
  • スニッファーは空中の種を掘ることができなくなった。
  • go_and_give_items_to_noteblockゴールの実行時に発生する可能性のあるクラッシュを修正した。
  • minecraft:block_placerを使用したカスタムアイテムは、特定のブロックを間違った場所に配置しなくなった。
  • プレイヤーを振ることなくカメラを振る/camerashakeコマンドを修正した。
  • ボタンがコントローラーと同じ側に揃うように、UI画面のゲームパッドツールチップの順序を変更した。
  • スニークとクロールの切り替えがオフになっていると従来のクロールが正しく機能しなかった問題を修正した。
  • スクリプトから更新すると、クライアント上でスコアボードの値が更新されない不具合を修正した。
  • クラッシュを修正した。



1.20.1[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年6月21日


修正


3 issues fixed
ver1.20.1以前にリリースされた旧バージョンから
  • MCPE-163948 – Nintendo Switchでは実績のロックを解除できなくなった。
ver1.20.0から
  • MCPE-169772 – ver1.20.0に更新するとボートが壊れ、全てのモブがボートから降りる。
  • MCPE-171429 – 感圧板が壊れて不安定になっている。



1.20.0[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年6月7日


  • 本バージョンから、ChromeOS版が正式リリースされた。


追加


ブロック
  • 竹のモザイク(Java版の竹細工)
  • 竹の板(Java版の竹の板材)
  • 竹のブロック(Java版の竹ブロック)
  • 調整済みスカルク センサー(Java版の調律されたスカルクセンサー)
  • 桜の葉っぱ(Java版のサクラの葉)
  • 桜の丸太(Java版のサクラの原木)
  • 桜の板(Java版のサクラの板材)
  • 桜の苗木(Java版のサクラの苗木)
  • 模様入りの本棚
  • 装飾的な壺(Java版の飾り壺)
  • 吊り看板
    • 樫の吊り看板(Java版のオークの吊り看板)
    • トウヒの吊り看板
    • 樺の吊り看板(Java版のシラカバの吊り看板)
    • ジャングルの木の吊り看板(Java版のジャングルの吊り看板)
    • アカシアの吊り看板
    • 黒樫の吊り看板(Java版のダークオークの吊り看板)
    • マングローブの吊り看板
    • 吊り看板 (真紅)(Java版の真紅の吊り看板)
    • ゆがんだ吊り看板(Java版の歪んだ吊り看板)
    • 竹の吊り看板
    • 桜の吊り看板(Java版のサクラの吊り看板)
  • ピグリンの頭
  • ピンクの花びら(Java版の桜色の花びら)
  • ウツボカズラ
  • スニファーの卵(Java版のスニッファーの卵)
  • あやしい砂利(Java版の怪しげな砂利)
  • あやしい砂(Java版の怪しげな砂)
  • トーチフラワー


アイテム
  • ブラシ
  • 音楽ディスク(Java版のレコード)
    • アーロン・チェロフ - レリック(Java版のAaron Cherof - "Relic")
      • 考古学によってのみ入手できる。
      • あやしい砂、またはあやしい砂利をブラッシングすると、ドロップすることがある。
  • ピッチャー ポッド(Java版のウツボカズラのさや)
  • 陶磁器の破片(Java版の壺の欠片)
    • 釣り人の陶磁器の破片(Java版の釣り人の壺の欠片)
    • 弓使いの陶磁器の破片(Java版の射手の壺の欠片)
    • 両腕を上げた陶磁器の破片(Java版の両腕を上げた人の壺の欠片)
    • 刃の陶磁器の破片(Java版の剣の壺の欠片)
    • 醸造者の陶磁器の破片(Java版の醸造家の壺の欠片)
    • 火傷の陶磁器の破片(Java版の炎の壺の欠片)
    • 危険の陶磁器の破片(Java版の脅威の壺の欠片)
    • 探検家の陶磁器の破片(Java版の探検家の壺の欠片)
    • 友達の陶磁器の破片(Java版の友の壺の欠片)
    • ハートの陶磁器の破片(Java版の心の壺の欠片)
    • 割れたハートの陶磁器の破片(Java版の傷心の壺の欠片)
    • 遠吠えの陶磁器の破片(Java版の遠吠えの壺の欠片)
    • 採掘者の陶磁器の破片(Java版の鉱夫の壺の欠片)
    • 悲しむ人の陶磁器の破片(Java版の哀悼者の壺の欠片)
    • 大量の陶磁器の破片(Java版の富の壺の欠片)
    • お宝の陶磁器の破片(Java版の宝物の壺の欠片)
    • 束の陶磁器の破片(Java版の麦束の壺の欠片)
    • 小屋の陶磁器の破片(Java版の木陰の壺の欠片)
    • 頭蓋骨の陶磁器の破片(Java版の頭蓋骨の壺の欠片)
    • ブタの鼻の陶磁器の破片(Java版の鼻を鳴らす動物の壺の欠片)
  • 鍛冶テンプレート(Java版の鍛冶型)
    • ネザライト アップグレード(Java版のネザライト強化)
    • アーマートリム:
      • 海洋風の装飾
      • 砂丘風の装飾
      • 目風の装飾(Java版の要塞風の装飾)
      • ホスト風の装飾(Java版の主人風の装飾)
      • レイザー風の装飾(Java版の牧者風の装飾)
      • 肋骨の鍛冶型(Java版のあばら模様の装飾)
      • セントリー風の装飾(Java版の略奪者風の装飾)
      • シェイパー風の装飾(Java版の職人風の装飾)
      • サイレンス風の装飾(Java版の静寂の装飾)
      • 豚の鼻風の装飾(Java版のブタの鼻風の装飾)
      • 尖塔風の装飾
      • 潮流風の装飾
      • ヴェックス風の装飾
      • 街層風の装飾(Java版の監獄風の装飾)
      • ウェイファインダー風の装飾(Java版の先駆者風の装飾)
      • 密林風の装飾
  • スポーンエッグ
    • らくだをスポーンさせる(Java版のラクダのスポーンエッグ)
    • スニファーをスポーンさせる(Java版のスニッファーのスポーンエッグ)
  • トーチフラワーの種


モブ
  • らくだ(Java版のラクダ)
  • スニファー(Java版のスニッファー)


モブではないエンティティ
  • 桜のボート(Java版のサクラのボート)
    • 桜のチェスト付きボート(Java版のチェスト付きのサクラのボート)
  • 竹のイカダ
    • チェスト付き竹のイカダ


ワールド構造物
  • サクラの林
  • 旅路の遺跡


ゲームプレイ

実績
  • 3つの新しい実績を追加した。
    • 過去を植える
      • スニッファーの種を蒔く
    • 慎重な修復
      • 4つの陶器の破片から装飾的な壺を作る
    • スタイリッシュな鍛冶
      • 次の鍛冶テンプレートを1回以上使用する:尖塔、豚の鼻、肋骨、街層、サイレンス、ヴェックス、潮流、ウェイファウンダー


全般

パーティクル
  • 桜の葉の下に表示されるcherry_leaves_particleを追加した。


スプラッシュテキスト
  • 5つの新しいスプラッシュテキストを追加した。:
    • "This sand is sus"
    • "Remember to brush your... ...teeth"
    • "Has working bookshelves!"
    • "Sniff sniff..."
    • "Place hanging sign here"


ユーザーインターフェース
  • 7つの新しい読み込み中の画面のヒントを追加した。:
    • "Minecraft の世界の建造物を探索して、防具に模様を付けるための鍛冶型を探しましょう。"
    • "もっとたくさんの鍛冶型が必要ですか?コピーしてみてください。"
    • "スニッファーの卵は苔ブロックが好きなようです。"
    • "モブの頭からは音が出ます。音符ブロックで試してみてください!"
    • "砂の中には疑わしいものもあります。何か良いものがないか、ブラシで探してみてください!"
    • "ラクダは 2 人で一緒に乗ることができます。"
    • "ラクダは水平に...ジャンプします!"


変更点


ブロック

竹、サトウキビ
  • こけブロックに設置できるようになった。


アメジストのブロック
  • スカルク センサーに隣接して配置された場合の振動共鳴と呼ばれる新しい動作を追加した。
    • スカルクセンサーが振動を受信すると、アメジストのブロックはその周波数をその場所で別の振動として再放射する。
    • スカルク シュリーカーとウォーデンは、共鳴するアメジスト ブロックから発せられる振動によってトリガーされる。


枯れ木
  • 草ブロックとこけブロックに設置できるようになった。


コンジット
  • 手に持ったときや落下したときの明るさの条件を考慮するようになった。


農地
  • プレイヤーがジャンプした後に落下することはなくなった。


音ブロック
  • モブの頭を音ブロックに配置すると、その音ブロックはプレイヤーによって再生されるか、レッドストーンによって駆動されると、そのモブの環境音の1つを再生するようになる。


ピストン
  • まれに透明化できなくなる。
  • 鉄格子とガラス板に接続できるようになった。


スカルク センサー
  • アクティブなときに、その下のブロックに電力を供給するようになった。


看板
  • 看板のテキストは、ワールドに配置した後に相互作用することで編集できるようになった。
    • 以前の染料、および 発光する墨袋のエフェクトは編集後も保持される。
    • アドベンチャーモードのプレイヤーは、看板を編集できない。
  • 看板の両面に別々のテキストと色を設定できるようになった。
    • デフォルトでは、看板を配置すると、プレイヤーは表面のテキストを入力するように求められる。
    • 裏面にテキストを適用するには、プレイヤーは反対側に移動し、その面を操作して編集する必要がある。
  • 看板もハニカムでワックスをかけることができるようになり、テキストのさらなる編集を防ぐことができる。
    • 非テキストチャットコンポーネントを含む看板は、ワックスが塗られていない場合でも編集できない。
  • プレイヤーが遠くに移動して編集画面を閉じても、看板はテキストを保存する。


全般
  • テクスチャのリストとして補助メタデータを使用してバニラブロックをオーバーライドするカスタムテクスチャを修正した。


アイテム

防具
  • 鍛冶台でさまざまなユニークなトリムを使用して視覚的にカスタマイズできるようになった。
  • ゲームプレイ上の利点はなく、純粋に視覚的なものであり、ヘルメット、胸当て、レギンス、および ブーツにのみ適用できる。
    • 防具のアイテムアイコンでは、すべてのトリム模様は視覚的に同じだが、色はトリム素材に基づいて変わる。
    • トリム模様の名前はアイテムのツールチップに表示される。
  • アーマートリムには模様と素材の2つのプロパティがある。


地図
  • 黒色のテラコッタの色が、Java版と一致するようになった。


  • クラフトメニューの旗と組み合わせて、様々な模様を適用できるようになった。
    • 旗は使用すると消費される。
    • 盾は、模様が以前に適用されていない場合にのみ、旗と組み合わせることができる。



モブ

エルダー ガーディアン
  • 死ぬと、潮流風の装飾を落とすようになった。


モブではないエンティティ

  • 経験値オーブは、召喚コマンドで生成されるとマージされるようになった。


ワールド構造物

古代都市
  • チェストには、監獄風の装飾とサイレンス風の装飾が含まれるようになった。


砦の遺跡
  • チェストには、ネザライト アップグレードと豚の鼻風の装飾が含まれるようになった。


砂漠の神殿
  • チェストには、砂丘風の装飾が含まれるようになった。
  • 砂とあやしい砂で満たされた新しい部屋が追加された。
    • 一部の砂は露出しているように見え、青色のテラコッタと同じ高さで見つかる。
    • あやしい砂は、新しく追加された部屋の最上層に表示される。
  • あやしい砂の中で、プレイヤーは以下を見つけることができる。:
    • ダイヤモンド
    • エメラルド
    • TNT 火薬
    • 火薬
    • 弓使いの陶磁器の破片
    • 採掘者の陶磁器の破片
    • お宝の陶磁器の破片
    • 頭蓋骨の陶磁器の破片


砂漠の井戸
  • 水中にあやしい砂が含まれるようになった。
  • あやしい砂の中で、プレイヤーは以下を見つけることができる。:
    • レンガ
    • エメラルド
    • あやしいシチュー
    • 両腕を上げた陶磁器の破片
    • 醸造者の陶磁器の破片


エンドシティ
  • チェストには、尖塔風の装飾が含まれるようになった。


ジャングルの寺院
  • チェストには、密林風の装飾が含まれるようになった。


ネザー要塞
  • チェストには、肋骨の装飾が含まれるようになった。


海底遺跡(冷たい)
  • あやしい砂利ブロックが含まれるようになった。
  • あやしい砂利の中でプレイヤーが発見できるのは以下の通り。:
    • エメラルド
    • 鉄の斧
    • 石炭
    • 金の塊
    • 小麦
    • 木のくわ
    • 刃の陶磁器の破片
    • 探検家の陶磁器の破片
    • 悲しむ人の陶磁器の破片
    • 大量の陶磁器の破片


海底遺跡(暖かい)
  • あやしい砂ブロックが含まれるようになった。
  • あやしい砂の中でプレイヤーが発見できるのは以下の通り。:
    • 木のくわ
    • エメラルド
    • 石炭
    • 金の塊
    • 小麦
    • 釣り人の陶磁器の破片
    • 小屋の陶磁器の破片
    • ブタの鼻の陶磁器の破片


略奪者の前哨基地
  • チェストには、セントリー風の装飾が含まれるようになった。


難破船
  • チェストには、海洋風の装飾が含まれるようになった。


要塞
  • チェストには、目風の装飾が含まれるようになった。


森の洋館
  • チェストには、ヴェックス風の装飾が含まれるようになった。


ゲームプレイ

エフェクト
  • 村の英雄のステータス効果の影響下で、プレイヤーによって独特の緑色のパーティクルが放出されるようになった。


鍛冶台の機能
  • オーバーホールした。現在では、物理的な機器のアップグレードや変更のためのワークステーションである。
  • 古い2つのスロットの左側に鍛冶テンプレートで使用されるスロットを追加した。
  • 鍛冶テンプレートは、装備に行われるアップグレードの種類を定義する。
    • アップグレードできるアイテムの種類と、アップグレードのカスタマイズに有効な要素の両方を指定する。
  • ネザライト製装備の作成には、ネザライト アップグレードの鍛冶テンプレートも必要になった。


全般
  • プレイヤーが屋根のある魂のサンドのバブルコラムにジャンプすると、落下ダメージが蓄積する問題を修正した。


全般

アクセシビリティ
  • 4つの「クリエイティブ インベントリ」タブの名前がテキスト読み上げで読み上げられるようになった。
  • スクリーンリーダーは、「暗号化されたWebsocketが必要」と「オンラインプレイにモバイルデータを許可する」を無効にした後、ポップアップウィンドウの説明を適切に読み取るようになった。


操作
  • iOSおよびAndroidの一部のメニュー画面でのキーボードナビゲーションの問題を修正した。


効果音
  • プレイヤーやモブがスカルク センサーの上を踏んだり、落ちたり、ジャンプしたり、着地したりすることで再生される音は、「プレイヤー」サウンドスライダーの影響を受けるようになった。


安定性&パフォーマンス
  • アイテムが利用できない場合に、アイテムの使用が開始/停止されたときにゲームがクラッシュしなくなった。


ユーザーインターフェース
  • 設定が効果がない場合、ワールドの新規作成画面のマルチプレイヤートグルは常にグレー表示になる。
  • VRでリスポーンしても、死亡画面でプレイヤーがソフトロックされなくなった。
  • テキストシャドウボックスは、インタラクティブブロック画面上で正しい不透明度を持つようになった。
  • シードピッカーをサクラの林バイオームオプションで更新した。


全般

タイトル画面
  • パノラマは、サクラの林バイオームを表示するために変更された。
  • パノラマが時計回りに回転するようになった。


修正


97 issues fixed
  • MCPE-35202 – ガストによって撃たれたときに火の玉が正しく配置されない。
  • MCPE-39974 – lava_cauldronはコマンドによって配置できる。
  • MCPE-41221 – 三人称視点でオフハンドの盾が逆さまになる。
  • MCPE-62041 – ランタンを砥石の底に置くことができない。
  • MCPE-64745 – 鉄格子とガラス板は、どの種類のピストンにも接続されていない。
  • MCPE-104717 – ウィーピングつたは、一部のブロックの下に配置できない。
  • MCPE-116102 – 一部のブロックは尖ったドリップストーンをサポートすべきではない。
  • MCPE-116145 – 一部のブロックには尖ったドリップストーンを設置できない。
  • MCPE-118898 – 月の明るさは、夜の水中で月に対して反対の角度から発生する。
  • MCPE-122403 – グローベリー(洞窟のつる)を一部のブロックの下に配置できない。
  • MCPE-122613 – グローライカンとスカルク ヴェインを一部のブロックに配置できない。
  • MCPE-122624 – グローライカンとスカルク ヴェインは一部のブロックに配置する必要がない。
  • MCPE-122634 – 一部のブロックの下に根を配置できない。
  • MCPE-125931 – 枯れ木を草ブロックの上に置くことができない。
  • MCPE-133778 – 文字のない看板に使用すると、染料と発光する墨袋が消費される。
  • MCPE-141124 – 非アクティブなスクロールボタンでもスクロールサウンドを再生できる。
  • MCPE-141154 – アメジストを一部のブロックに配置すべきではない(バニラ同等)。
  • MCPE-147711 – コントローラーのヒントを非表示にする設定がオンになっている間、キャラクタークリエイターに矢印が表示されない。
  • MCPE-152485 – 浮遊水中を落下または飛行しても、落下ダメージがリセットされないことがある
  • MCPE-152926 – ドアの開閉時にドアの上部と下部のテクスチャが誤って非論理的に反転する
  • MCPE-153909 – フィルター "has_equipment" は空の文字列 ("") または空気をテストできない。
  • MCPE-156331 – ビヘイビアーパックのダイアログボックスのタイトルが正しく大文字にならない。
  • MCPE-156773 – 重量感知板は、正しい信号強度を出力する前に常に0.5秒間、信号強度1を出力する。
  • MCPE-159261 – 友達を追加する際のアニメーションの読み込みが大きすぎる。
  • MCPE-159970 – コマンドブロックのメニューに、コマンドブロックのテクスチャ(アイコン)がない。
  • MCPE-161096 – サトウキビは水中で生成される。
  • MCPE-162455 – 保存してタイトル画面に戻ると、「ワールドのアップロードに失敗しました」というメッセージが表示される。
  • MCPE-163328 – モブが、竹のイカダの上で低すぎる位置に座っている。
  • MCPE-163337 – 吊り看板は、Java版よりも多くの文字を許可する。
  • MCPE-163399 – ギリシャ神話のマッシュアップ/額縁内のアイテム。
  • MCPE-163416 – 竹の柵は不燃性。
  • MCPE-163475 – モバイルでらくだのダッシュバーが表示されない。
  • MCPE-163501 – らくだの首が立ち上がって地面の匂いを嗅ぐと現れた。
  • MCPE-163554 – 吊り看板の音は非常に静か。
  • MCPE-164246 – 吊り下げられたネザーと竹の看板には新しい音がない。
  • MCPE-164249 – 吊り看板に向かって矢とトライデントを撃つと、震えて動けなくなる。
  • MCPE-164424 – 「minecraft:boostable」コンポーネントは速度に影響を与えない。
  • MCPE-164632 – 吊り看板の配置がJava版とは異なる。
  • MCPE-164677 – 完全なブロックに変換されるいくつかの不完全なブロックの上に立つと、プレイヤーがブロックを通り抜けたり、ブロックから押し出される原因になる。
  • MCPE-164719 – らくだの頭が高く見えてプレイヤーの視界を妨げる。
  • MCPE-165962 – 岩盤で、一部のスプラッシュは「!」なしで書かれている。
  • MCPE-166505 – らくだのアクションヒントにエラーテキストがある。
  • MCPE-166791 – 黒色のテラコッタは白色のテラコッタのマップカラーを使用する。
  • MCPE-167045 – 死亡画面からメインメニューに戻った後のプレイヤー衝突ボックスが正しくない。
  • MCPE-167064 – 「スニファー」実験がオンになっていると、ニワトリのスポーンエッグがウミガメのスポーンエッグとして表示される。
  • MCPE-167163 – あやしい砂がいくつかのブロックに落ちると、それが落ちる。
  • MCPE-167176 – プレイヤーが配置したトーチフラワーはブロック内でランダムな位置になっていない。
  • MCPE-167177 – トーチフラワーの種のヒットボックスが大きすぎて、Java版のものと同じではない。
  • MCPE-167193 – スニファーの掘削では、掘削パーティクルが再生されない。
  • MCPE-167200 – トーチフラワーの種は堆肥化できない。
  • MCPE-167217 – トーチフラワー作物にピックブロック機能を使用すると、植物アイテムの代わりにトーチフラワーの種が与えられる。
  • MCPE-167220 – ハチはトーチフラワーに誘惑されたり、受粉しようとしたりしない。
  • MCPE-167263 – ブラシの耐久性が誤って消費される。
  • MCPE-167264 – エンチャントをブラシに適用できない。
  • MCPE-167910 – 砂漠の井戸の底では砂が生成されず、砂漠の井戸のあやしい砂の量がJava版と一致しない。
  • MCPE-167975 – ニワトリやオウムはトーチフラワーの種に誘導されない。
  • MCPE-167977 – トーチフラワーを使って、あやしいシチューを作ることはできない。
  • MCPE-168041 – 装飾的な壺の上のブロックの配置が、Java版と同じではない。
  • MCPE-168047 – 装飾的な壺のの下の吊り看板の状態が、Java版に対応していない。
  • MCPE-168055 – 装飾的な壺のの下の吊り看板の状態が、Java版に対応していない。
  • MCPE-168075 – サクラの林は、定期的に花を生成できる。
  • MCPE-168280 – スニーク時に対話可能なブロック上に、ブロックを配置できない。
  • MCPE-168357 – ポーションと先端の矢印の色がパーティクルと一致しない。
  • MCPE-168367/inputpermissionのオートコンプリートに説明がない。
  • MCPE-168387 – 森の洋館、木の丸太が間違った方向を向いている。
  • MCPE-168390 – ブロックの周囲にあるブラックボックスが、三人称視点で完全でない。
  • MCPE-168409 – スクリプトAPIの「BlockPermutation.matches()」メソッドと「blockPermutation.withProperty()」メソッドは、カスタムブロックでは機能しない。
  • MCPE-168548 – 防具立てとの相互作用は、Shiftボタンを押すことではなく、プレイヤーがスニークしているかどうかによって決まる。
  • MCPE-168558 – レイトレーシングがオンの場合、星の表示が早すぎて黒く表示される。
  • MCPE-168717 – 石ブロックのハーフブロックレシピの重複コンテンツログエラー、およびそれらは複製ではない。
  • MCPE-168805 – ブラッシング音が一部聞こえない。
  • MCPE-168807 – ワックスを塗った看板/吊り看板を操作しても音が鳴らない。
  • MCPE-168817 – ワールドを再読み込みすると、編集画面で看板や吊り下げ看板が間違ったテクスチャを使用するようになる。
  • MCPE-168818 – 看板の編集画面が追加効果を無視する。
  • MCPE-168829 – ピンクの花びらの花の内側または上に、不具合のある背の高い草ブロックが生成されることがある。
  • MCPE-168834 – 装飾的な壺のピクセルの最上行が欠落している。
  • MCPE-168836 – シェルター陶器の破片の名前にスペースがある。
  • MCPE-168838 – 特定のアイテムを持っているときに編集可能な看板を操作すると、看板が壊れたり、アイテム固有の相互作用がトリガーされる場合がある。
  • MCPE-168856 – トレイルの遺跡で生成されたあやしいブロックの戦利品テーブルには、レンガに関する2つの同一のエントリがある。
  • MCPE-168869 – トレイル遺跡の構造は完全に地下に埋められていない。
  • MCPE-168894 – ワールド内でレイトレーシングを有効にすると、ゲームがクラッシュする。
  • MCPE-168908 – Chromebook版のMinecraftのカーソル感度。
  • MCPE-168921 – 採掘者の陶磁器の破片は、砂漠の神殿であやしい砂を磨いても入手することができない。
  • MCPE-168934 – レイザーとウェイファインダー風の鍛冶テンプレートのテクスチャが1ピクセルオフセットされる。
  • MCPE-168999 – 階段の下を飛行すると飛行モードが無効になる。
  • MCPE-169038 – 森の洋館の入り口には滑らかな石板が使用されている。
  • MCPE-169141 – あやしい砂利の上に竹を植えることはできない。
  • MCPE-169142 – あやしい砂の上に竹、サボテン、サトウキビ、枯れ木を植えることはできない。
  • MCPE-169304 – あやしい砂とあやしい砂利には、ツールが割り当てられていない。
  • MCPE-169348 – スカルクの振動周波数が更新されていない。
  • MCPE-169422 – シルクタッチが適用されたツールを使用すると、その量に関係なく、ピンクの花びらが常に1枚落ちる。
  • MCPE-169423 – スニファーの頭と耳にZファイティングが起こる。
  • MCPE-169563 – スカルク シュリーカーが水没してもミュート/サイレントにならない。
  • MCPE-169567 – ハチは依然としてプレイヤーに音を食べさせる。
  • MCPE-169607 – トーチフラワーは茶色のムーシュルームのエサには使えない。
  • MCPE-169760 – 陶磁器の破片の名前が、Java版のように「Pottery Sherd」に一致するように名前変更されない。
  • MCPE-170184 – 取引表は、カスタムエンティティのスポーンエッグをサポートしなくなった。



ver1.19 - The Wild Update[編集 | ソースを編集]

1.19.83[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年5月17日


修正点


2 issues fixed
古いバージョン
  • MCPE-169176 – インベントリのカーソルがあちこちにジャンプする。
  • MCPE-170184 – 取引表はカスタムエンティティのスポーンエッグをサポートしなくなった。


その他
  • ゲームプレイ中に発生する可能性のあるいくつかのクラッシュを修正。
  • テクスチャのリストとして補助メタデータを使用して「minecraft」ブロックをオーバーライドするカスタムテクスチャを修正。



1.19.81(Nintendo Switchを除く)[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年4月27日


修正
  • Realmsにおいて、/tellコマンド (およびその他のコマンド) 入力で発生する可能性があるクラッシュを修正。
  • 注目のサーバーにて、購入ボタンが無限にロードされる問題を修正。
  • 注目のサーバーのオファーに「もっと見る」ボタンが表示されない問題を修正。



1.19.80[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年4月26日


追加


コマンドフォーマット
  • ブロックの状態
    • コマンドでブロック状態のオートコンプリートサポートを提供する。
  • /gametest
    • 2つの新しいサブコマンドを追加:
      • ... stopall:実行中にすべてのテストを手動で停止するために使用される。
      • ... runsetuntilfail [tag: string] [rotationSteps: int]:一連のテストを実行するために使用されるが、いずれかのテストが失敗すると自動的に停止する。
  • /inputpermission
    • プレイヤーのカメラまたは移動の許可を有効または無効として照会するか、変更することができる:
      • 権限を照会する場合: /inputpermission query <targets: target> <permission: permission> [state: state]
      • 権限を変更する場合: /inputpermission set <targets: target> <permission: permission> <state: state>
  • /summon
    • ターゲットまたは指定された座標に面しているエンティティを召喚するための新しい構文を追加した:
      • エンティティに直面する場合の構文:/summon <entityType: EntityType> [spawnPos: x y z] facing <lookAtEntity: target> [spawnEvent: string] [nameTag: string]
      • 指定した座標を向く場合の構文:/summon <entityType: EntityType> [spawnPos: x y z] facing <lookAtPosition: x y z> [spawnEvent: string] [nameTag: string]
  • ターゲットセレクター
    • haspermissionターゲットセレクター引数が追加された。これにより、プレイヤーの権限に基づいて選択できるようになる。


全般
  • 試験的
    • 「ショート スニーキング」の試験的なトグルが追加された。
      • 高さ1.5ブロック未満に忍び寄る能力を有効にする。
  • 設定
    • アクセシビリティ設定に、エンチャントのきらめきの速度と透明度を調整するための「光沢の速度」と「光沢の強さ」を追加した。
    • ビデオ設定に、新しい死亡画面を無効/有効にする「死亡時の新しい画面 (試験的)」を追加した。
  • タッチコントロール
    • 新しいスタック分割UIを再度有効にした。


技術的
  • Bedrock Editor
    • Bedrock Editorを追加した。現在は、WindowsパソコンのBedrockプレビュー版でキーボード/マウスを使用して操作できる。
      • これは、あらゆるスキルセットのクリエイターが高品質のエクスペリエンスを簡単に作成できるようにすることに重点を置いた、エンジン内のマルチブロック編集エクスペリエンスである。


変更点


ブロック
    • fenceのIDは、独自のIDに分割された。
  • 丸太
    • 丸太のID(loglog2)は、独自のIDに分割された。
  • 感圧板
    • Java版と一致するように、感圧板の音を変更した。
  • スカルク センサー
    • item_interact_finishゲームイベントの振動周波数が14ではなく2になった。
    • item_interact_startは検出可能な振動とは見なされなくなった。
    • 釣り竿を巻き上げると、projectile_shoot振動が発生するようになった。


コマンドフォーマット
  • /clone/fill/setblock
    • ブロック状態の引数はオプションになった。


全般
  • 死亡メッセージ
    • 名前が変更され、エンチャントされた武器は、それを使用しているエンティティによってプレイヤーが倒されたときに、リスポーン画面とチャット画面に色付きで表示されるようになった。
  • 死亡画面
    • 刷新された。
  • 操作
    • ポケットUIを使用しているときに、インベントリ画面のインベントリタブにヘッダーとタイトルを追加した。
    • 読みやすさを向上させるために、設定画面のヘッダー間の間隔を広げた。
    • タッチパッドのスクロールが、OSのスクロール方向と一致するようになった。


アイテム
  • 地図
    • マングローブ、竹、磨かれたブラックストーンのボタンが見えなくなった。
  • ポーション
    • ポーションの内容の色が不明瞭になるため、ポーションにエンチャントのきらめきがなくなった。


モブ
  • パンダ
    • Java版に合わせて、衝突ボックスをわずかに縮小した。
  • 村人
    • 取引が成功したときに緑色のパーティクルを生成するようになった。


技術的
  • Bedrock Editor
    • アイテムのドロップは無効になった。これにより、元に戻す/やり直しと、切り取り/コピー/貼り付けが正しく機能するようになった。アイテムが世界に浮いたままになることはなくなった。
  • ブロックピッカーから古いストーンカッターとネザーリアクターコアを削除した。
  • レシピ
    • レシピjson形式の「data」キーを削除した。


実験的


以下の追加点と変更点は、「ショート スニーキング」および「次のメジャーアップデート」の試験的なトグルを有効化することで利用可能になる。

追加


ブロック
  • Calibrated Sculk Sensor
    • 自然生成されないスカルク センサーの一種で、プレイヤーは周波数レベルに基づいて振動をフィルタリングできる。
    • スカルク センサー1個とアメジストの欠片3個でのみ、作業台で作成できる。
    • Calibrated Sculk Sensorの片側は、レッドストーン信号を入力として受信できる。
      • そのレッドストーン信号の強度は、スカルク センサーが聞く唯一の振動周波数である。
  • 桜の葉っぱ (Cherry Leaves)
    • 新しいタイプの葉。
    • ピンク色のパーティクルが下に落ちている。
  • 桜の丸太 (Cherry Log)
    • 新しいタイプの丸太、およびその皮のはがれた変種。
    • サクラの木と木材の作成に使用できる。
    • 皮のはがれたタイプは、サクラの吊り下げ看板の作成に使用できる。
  • 桜の苗木 (Cherry Sapling)
    • 新しい苗木のタイプ。
    • 植木鉢に植えることができる。
  • 桜の木 (Cherry Wood)
    • 新しいタイプの木、およびその皮のはがれた変種。
    • サクラの木材を作成時に使用できる。
  • ピンクの花びら (Pink Petals)
    • 桜の木立に自然生成される、新しいタイプのブロック。
    • 骨粉を既存の骨粉または桜の木立の地面に適用すると更新できる。
    • ナマコと同様、1つの土系ブロックに4個まで配置できる。
    • 指向性を配置することができる。
    • 桃色の染料に作成できる。
  • あやしい砂利 (Suspicious Gravel)
    • 砂利のように見えるが、より粗い。
    • 重力の影響を受け、着地すると消える。
    • シルクタッチで採掘しても、採掘や移動しても何もドロップしない。
    • 寒い海底遺跡と小路の遺跡 (Trail Ruins)に自然生成される。
    • あやしい砂利をブラシでブラッシングするとアイテムが発掘できる。
      • 4段階の発掘があり、ブラッシングを止めると徐々に回復する。
      • 発掘完了すると、通常の砂利に変わる。
      • 有効な考古学的ルートテーブルを持つあやしい砂利のみがアイテムを発掘できる。


アイテム
  • 陶磁器の破片 (Pottery Shard)
    • 16個の陶磁器の破片 (Pottery Shard)が追加された。これらは次の考古学サイトで見つけることができる。:
  • 鍛冶テンプレート (Smithing Templates)
    • アーマートリミングとネザライトのアップグレード用の新しいアイテムシリーズで、全17種類ある。
      • ネザライト アップグレード (Netherite Upgrade)
      • アーマートリム:
        • 海洋風の装飾 (Coast Armor Trim)
        • 砂丘風の装飾 (Dune Armor Trim)
        • エンダーアイ風の装飾 (Eye Armor Trim)
        • Host Armor Trim
        • Raiser Armor Trim
        • 肋骨の鍛冶型 (Rib Armor Trim)
        • セントリー風の装飾 (Sentry Armor Trim)
        • Shaper Armor Trim
        • Silence Armor Trim
          • これは入手が最も難しく、チェストごとに 1% の確率しかない。
        • 豚の鼻風の装飾 (Snout Armor Trim)
        • 尖塔風の装飾 (Spire Armor Trim)
        • 潮流風の装飾 (Tide Armor Trim)
        • ヴェックス風の装飾 (Vex Armor Trim)
        • 監獄風の装飾 (Ward Armor Trim)
        • Wayfinder Armor Trim
        • 密林風の装飾 (Wild Armor Trim)
    • 構造物に生成されたチェストからランダムに入手できる。
      • 例外:
        • 他の部屋ではランダムに生成されるが、砦の遺跡のすべての宝物部屋ではネザライト アップグレードの鍛冶テンプレートも含まれている。
        • 要塞の図書室のチェストごとに、必ずエンダーアイ風の装飾 (Eye Armor Trim)が1つ入手できる。
        • エルダー ガーディアンが死ぬと、1つの潮流風の装飾 (Tide Armor Trim)の鍛冶テンプレートがドロップすることがある。
      • 一部のアーマートリムはより希少である。
      • 以下の一般的なアーマートリムが見つかった場合、チェストに常に2つの鍛冶テンプレートを生成する。:
        • 砂丘風 (Dune)
        • 海洋風 (Coast)
        • 密林風 (Wild)
        • セントリー風 (Sentry)
    • 鍛冶台 のアイテムをアップグレードする際に消費される。
    • 直接作成することはできないが、次のパターンのように作業台で作成することでコピーを作成できる。
      • 大釜の作成レシピで鉄インゴットの形をした7個のダイヤモンド。
      • クラフトグリッドの中央のスロットに配置された、テンプレートを構成する材料の1ブロック。
      • 1つの鍛冶用テンプレートを残りのスロットに配置する。


ワールド・構造物
  • Cherry blossom trees
    • 桜の苗木から成長できる新しいタイプの木。
    • ハチの巣が生成されることがある。
    • 木の幹は枝分かれするか、高く曲がり、大きな丸い桜の葉の林冠に覆われる。
  • Cherry Grove
    • 美しい桜の木を含む新しいバイオーム。
    • 牧草地のような山の中にある。
    • ブタウサギヒツジハチはここでスポーンできる。
  • 小路の遺跡 (Trail Ruins)
    • 失われた文化から埋もれて生成された建造物。
    • 4つのアーマー トリムが含まれている。


変更点


ブロック
  • アメジストのブロック
    • スカルク センサーに隣接して配置すると、振動共鳴と呼ばれる新しい動作が追加された。
      • そのスカルク センサーが振動を受信すると、アメジストのブロックはその場所で別の振動としてその周波数を再放出する。
  • 装飾的な壺 (Decorated Pot)
    • モデルのネック部分を更新した。
      • ポットのネック部分がブロックでクリップするようになった。
      • 新しくて、より複雑なブロックモデルを使用するようになった。
    • 側面に取り付けたブロックのサポートを提供しなくなった。
    • インベントリにスタックできなくなった。
    • ベースレシピがレシピブックに表示されるようになった。
    • パーティクルはデフォルトの側面テクスチャに基づくようになった。
  • ピグリンの頭 (Piglin Head)
    • 着用している者が乗り物に乗っているとき、耳がパタパタするようになった。
  • 看板
    • 看板の文章は、ワールドに配置された後、相互作用によって編集できるようになった。
    • 看板の両側に、個別の文章と色を設定できるようになった。
      • デフォルトでは、看板を配置すると、プレイヤーは表側の文章を入力するように求められる。
      • 裏側に文章入力を適用するには、プレイヤーは反対側に移動し、その面を操作して編集する必要がある。
    • 記号はハニカムでワックスがけできるようになり、その文章をそれ以上編集できなくなった。
  • あやしい砂 (Suspicious Sand)
    • 暖かい海の海底遺跡と小路の遺跡 (Trail Ruins)に自然生成されるようになった。
    • 水没しなくなった。 (MCPE-167222)
    • 柵のブロックに接続できるようになった。
    • ブラシで破壊した後、通常の砂に変わるようになった。(MCPE-167166)
    • ピストンで破壊すると、パーティクルを放出するようになった。
    • ブラッシング中にあやしい砂の中のアイテムがちらつく問題を修正した。(MCPE-167180)


アイテム
  • ブラシ (Brush)
    • レシピは、羽根銅の延べ棒を縦に並べてクラフトできるようになった。
    • パーティクルと効果音のわずかなクールダウンが追加された。
  • 陶磁器の破片 (Pottery Shard)
    • テクスチャを更新した。


モブ
  • ラクダ (Camel)
    • 騎乗可能なエンティティに入るときに、走るのを停止するようになった。(MCPE-164065)
  • カエル
    • サクラの木立バイオームでスポーンしたカエルは、寒冷の変種ではなく温帯の変種になった。(MCPE-168083)


ゲームプレイ
  • 鍛冶台の機能
    • 再設計:物理的な機器のアップグレード、および変更用のワークステーションになった。
    • 古い2つのスロットの左側に、テンプレートを鍛造するために使用されるスロットを追加した。
    • 鍛冶テンプレートは、機器に行われるアップグレードの種類を定義する。
      • アップグレードできるアイテムの種類と、アップグレードをカスタマイズするために有効な材料の両方を指定する。
    • ネザライト装備のクラフトには、ネザライト アップグレードの鍛冶テンプレートも必要になった。
  • スニーク
    • プレイヤーのヒットボックスの高さは、スニーク中に1.5ブロックに減少する。
    • スニークは、1.8ブロック未満のギャップで立ち往生している間、自動的に開始される。
    • スニークは、スニークを終了するために立つのに十分なスペースが必要になった。
    • 立ち上がることができなくてもスニークはできる場合、プレイヤーは水泳からスニークに移行する。


ワールド・構造物
  • 海底遺跡
    • あやしい砂とあやしい砂利が含まれるようになった。


修正点

クリックで詳細をひらく
ゲームプレイ
  • ゲームパッドの使用中にコンテナ画面を出た後、プレイヤーが間違った方向に移動する問題を修正。(MCPE-121565)
  • プレイヤーは飛行中にスニークできなくなった。(MCPE-166834)
  • 部分的なブロックの周りに VR で不要なブラック ボックスが表示される問題を修正。
  • 水泳と歩行の間のアニメーションの遷移を修正。(MCPE-166769)
  • コマンドブロックによってレベルチャンク内のアクタがフリーズする不具合を修正。(MCPE-162011)
  • 体力増強効果は、効果が切れた後、プレイヤーの体力を完全に補充しなくなった。(MCPE-165434)


全般
  • プレイヤーがエンディングに入るかロードする際に洞窟の周囲の音が再生されないように修正。(MCPE-141493)
  • コーラス フルーツをかまどで調理すると、経験値が生成されるようになった。(MCPE-68127)
  • ネザーポータルは、生成時に空気以外のブロックを置き換えることができるようになった。これには、草や雪の層などのブロックが含まれる。(MCPE-162272)
  • 光ブロックは、サバイバルモードまたはアドベンチャーモードで明るさレベルを変更できなくなった。(MCPE-138868)
  • たき火の音がより大きく、よりクリアになった。(MCPE-122296)
  • ニリウムのブロックは、クリエイティブインベントリでネザーレックとグループ化されるようになった。(MCPE-163587)
  • 花を植木鉢に入れるとすぐに表示されるようになった。


グラフィック
  • 複数の光源 (たいまつなど) がレイトレーシングで誤って白色光を放出していた問題を修正。(MCPE-166947)
  • プレイヤーがブーツを着用すると、Zファイトが発生しなくなった。
  • レギンスの「脚」と「ベルト」の部分は、プレイヤーが着用してもZファイトしなくなった。
  • ケープがダメージを受けたときに赤く点滅しなくなった。(MCPE-105347)
  • ホッパーモデルの目に見える隙間を修正。(MCPE-55122)
  • 作業台の出力スロットの位置合わせを修正。(MCPE-143255)
  • エンチャントされたアイテムの輝きのデフォルトの可視性を半分にした。アクセシビリティ設定で変更できるようになった。(MCPE-167814)


安定性とパフォーマンス
  • 無効な旗の模様が原因で、描画距離内のプレイヤーがクラッシュする不具合を修正。(MCPE-164478)


タッチコントロール
  • タッチ入力を使用すると、アイテムが作業台にスタックする可能性がある問題を修正。
  • プレイヤーが水中で自動ジャンプが有効になっている場合、現在のレベルより1レベル高いブロックに近づくと、プレイヤーが上昇する。 これにより、水中から陸上への自動ジャンプも可能になる。


マーケットプレイス
  • 「WDW Magic Kingdom」マップで、ビッグサンダーマウンテン、白雪姫と7人の小人、スペースマウンテンの乗り物のカートが、それらが取り付けられている目に見えないトロッコと正しく整列するようになった。


モブ
  • モブが繁殖するための材料を与えられたときに、プレイヤーが食べる音を再生しなくなった。


コマンド
  • コマンドブロックUIの貼り付けボタンが、失敗した貼り付けから余分なプレスを記憶する問題を修正。(MCPE-163705)
  • /killコマンドで倒されると、防具立てが効果音なしで消えるようになった。(MCPE-159136)
  • スコアボードの目標名と目標の表示名の文字数制限を取り除いた。(MCPE-165064)
ユーザーインターフェース
  • 一時停止メニューのフィードバックボタンは、ブラウザーにリダイレクトする前にユーザーにモーダルを表示するようになった。




1.19.73[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年3月29日(Nintendo Switch以外)


修正
  • ゲームプレイ中に発生する可能性があったいくつかのクラッシュを修正。
  • テレポートコマンドを使用したコマンドブロックで発生する可能性があったクラッシュを修正。
  • スニーク時にプレイヤーの照準の高さが正しく調整されない不具合を修正。(MCPE-167559)
  • 分割画面ゲームの最初のプレイヤーが、他のプレイヤーがコンテナまたはインベントリ画面を開いて入力を中断することがなくなった。 (MCPE-168610)
  • ガストの音量と音量距離が低すぎる問題を修正。(MCPE-168324)
  • タッチコントロールを使用しているときにインベントリ内のアイテムを選択すると、重複したツールチップが表示される問題を修正。(MCPE-166866)



1.19.72(PSのみ)[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年3月20日


修正
  • PS版でRealmsの購入や更新ができない問題を修正。



1.19.71[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年3月17日(Nintendo Switch以外)
  • 2023年3月20日(Nintendo Switchのみ)


修正
  • ゲーム起動時のロード画面に66%で止まる可能性がある問題を修正。(MCPE-168284)
  • iOS版での起動時に発生する可能性があったクラッシュを修正。
  • プレイヤー名が環境を通して、壁越しに表示されない問題を修正。(MCPE-168269)
  • PCでレイトレーシングを有効にすると、看板のテキストが表示されない不具合を修正。(MCPE-167638)
  • サーバーまたはRealmに接続した後にローカルゲームを読み込むと、プレイヤーが誤ったデータを読み込む問題を修正。(MCPE-164765)
  • プレイヤーは、サポートされている場合、最初の起動時にテキスト読み上げを有効にする設定を求められるようになった。



1.19.70[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年3月14日


追加


全般
  • 実験的
    • 「スニファー」の実験的トグルを追加した。
      • すべてのスニファー関連機能を有効にする。
        • スニファー、トーチフラワー、トーチフラワー シードが含まれる。


変更点


ブロック
  • 果てのクリスタル
    • 果てのクリスタルのヒットボックスのサイズをJava版に合うように大きくした。
    • 黒曜石または岩盤が下にある果てのクリスタルは、爆発時に下のブロックにダメージを与えなくなった。
  • ホッパー
    • ホッパーは、完全なブロックよりも高さが低い全ブロックからアイテムを拾えるようになった。
  • つた
    • ハサミ以外のシルクタッチのエンチャント付き道具で採掘すると、何もドロップしないようになった。
  • ウール
    • ウールのIDは、独自のIDに分割された。


コマンドフォーマット
  • /clone/fill/setblock
    • tileData: int引数を削除した。
  • /execute
    • data: int引数を削除した。
  • /summon

/summonコマンドのローテーション引数を再追加した。 新しい構文: /summon <entityType: EntityType> [spawnPos: x y z] [yRot: value] [xRot: value] [spawnEvent: string] [nameTag: string] 以前の構文: /summon <entityType: EntityType> [spawnPos: x y z] [spawnEvent: string] [nameTag: string]

  • /testforblock
    • dataValue: int引数を削除した。


ゲームプレイ
  • ウマの繁殖
    • ウマを繁殖させると、子供のウマは大人のウマよりも速度、ジャンプ力、体力面で優れている可能性がある。
      • この変更は、プレイヤーが良い大人のウマから始めて、十分な時間と金のニンジンを与えた場合に、ウマの繁殖を素晴らしいウマを得る実行可能な方法にすることを目的としている。


モブ
  • ゾンビ化ピグリン
    • 明るさレベル11以下でスポーンするようになった。


実験的


これらは「次のメジャー アップデート」「スニファー」のスイッチをONにすることで試すことができる。

追加


ブロック
  • 装飾的な壺 (Decorated Pot)
    • 陶磁器の破片、またはレンガ(アイテム)4個をひし形で作成できる。
      • クラフト材料のタイプは、作成された装飾的な壺の特定の面にどの模様が現れるかを決定する。
        • 可能な模様は、作成時に使用される陶磁器の破片の種類によって決まる。
        • レンガ(アイテム)には模様がない。
    • 非常に壊れやすく、簡単に破壊しやすい。:
      • ブロック破壊ツールを使用して破壊すると、クラフト材料に分解される。
      • 素手で壊すと装飾的な壺自体を落とす。
  • あやしい砂 (Suspicious Sand)
    • 砂漠の寺院と砂漠の井戸に生成される。
    • あやしい砂をブラシで使用して発掘すると、アイテムが入手できる。
  • トーチフラワー (Torchflower)
    • 新しいタイプの花で、トーチフラワー シードから成長する。
      • 破壊された時のみドロップする。
      • オレンジ色の染料に作成できる。
      • 植木鉢に植えることができる。


アイテム
  • ブラシ (Brush)
    • 発掘に使えるアイテム。
    • ツルハシと同様に、3本の糸と2本の棒で作成できる。
  • 陶磁器の破片 (Pottery Shard)
    • 模様が含まれている。
    • 作成することができず、あやしい砂をブラシで発掘する場合のみ入手できる。
  • スポーンエッグ
    • 「スポーン スニファー」を追加した。
  • トーチフラワー シード (Torchflower Seeds)
    • 農地に植えるとトーチフラワーに成長できる、新しいタイプの種。
    • スニファーがトーチフラワー シードを掘った場合にのみ入手できる。


モブ
  • スニファー (Sniffer)
    • Minecraft Live 2022のモブ投票の勝者であり、最初の「古代」Mobと見なされる、新しい受動的な友好的Mob。
    • 自然スポーンしない。
    • 誘導や手懐けはできない。
    • 空気中の匂いをよく嗅ぎ、トーチフラワー シードを時々掘す。
    • トーチフラワー シードで繁殖することができる。
    • 倒すと、こけブロックを落とす。


変更点


ブロック
  • 竹の柵、竹の柵のゲート
    • 竹の柵と竹の柵のゲートの端に沿った黒い線を削除した。 (MCPE-163360)
  • 竹の吊り看板、マングローブの吊り看板
    • マングローブと竹の吊り看板がクリエイティブインベントリに正しく配置されるようになった。(MCPE-163340)
  • モブの頭
    • ホットバー、またはインベントリで描画されたピグリンの頭ブロックの耳が頭の残りの部分に重ならなくなった。 (MCPE-164605)
    • ピグリンとドラゴンの頭のブロックは、ホットバーまたはインベントリでアニメーション化されなくなった。 (MCPE-164535MCPE-32654)


モブ
  • ラクダ
    • プレイヤーがラクダに乗っているときに落下するとダメージを受けるようになった。
    • ラクダは再び1ブロック半の高さの障害物を乗り越えることができる。(MCPE-166452)


ワールド・構造物
  • 砂漠の寺院
    • 砂とあやしい砂で満たされた新しい部屋が含まれるようになった。
    • 一部の砂が露出しているように見え、青色のテラコッタと同じ高さで見つかる。
  • 砂漠の井戸
    • あやしい砂が水中に含まれるようになった。


修正

クリックで詳細をひらく
バニラパリティ
  • 複数のブロックに接続されているベルは、1つのブロックが壊れたときにドロップしなくなった。
  • ウマの繁殖では、ランダムな変種をスポーンできるようになった。(MCPE-129071)
  • 死んだプレイヤーが他のプレイヤーが夜をスキップするのを妨げていた問題を修正。
  • 画面の縦横比に関係なく、食事中のアニメーションが常に中央に表示されるようになりました。
  • 音ブロックは、距離に応じた音の減少が直線的になった。(MCPE-164935)


ゲームプレイ
  • プレイヤーは、ダメージを与えるブロックに触れたときに急速なダメージを受けなくなった。(MCPE-165347)
  • ver1.8以降でver1.7.1.0のワールドに入ると発生する可能性があったクラッシュを修正。(MCPE-165564)
  • 水泳/滑空中に発射された発射物は、プレイヤーの位置の上からスポーンしなくなった。(MCPE-31896)
  • 水泳/滑空中、手動または死亡時にドロップされたアイテムは、プレイヤーの位置の上からスポーンしなくなった。(MCPE-31896)
  • プレイヤーの十字線は、1ブロック上ではなく、水泳/滑空中に前方のアイテムを適切に採掘/相互作用するようになった。(MCPE-57257)
  • 記入済みの本は、プレイヤーが同一の記入済みの本を持っている場合でも、インベントリ内で移動できるようになった。
  • かまどの出力スロットをダブルクリックしてもアイテムがドロップしなくなった。(MCPE-165079)
  • 観察者が破損したデータによる変更を検出しない不具合を修正。(MCPE-150506)


ブロック
  • マングローブの丸太、またはマングローブの木を破壊すると、葉が適切に壊れるようになった。
  • 果てのクリスタルがブロックと同じスペースを占有しても、そのブロックが消えることは無くなった。


グラフィック
  • クリエイティブモードでトライデントを使用してブロックをターゲットにすると、「鉱山」ツールチップが表示される問題を修正。(MCPE-44846)


モブ
  • ジャンプ中に向きを変えているウマに乗っているプレイヤーがオウムを揺さぶることはなくなった。
  • 通常のエンティティの描画距離から外れたときに、グローバルエンティティ (エンダードラゴンや発射物など) の描画が停止する不具合を修正。(MCPE-161136)


タッチコントロール
  • 遊び方画面で、新しいタッチコントロールに関する情報を更新した。
  • アイテム選択中に入力モードをゲームパッドからタッチに変更すると、選択アイテムがインベントリに戻るかドロップする。
  • かまどのインベントリ画面で出力ウィンドウをダブルタップすると、他のスロットが選択できなくなる問題を修正。
  • 小さなチェストを開くと、プログレッシブセレクトが最初のスロットで自動的に開始される不具合を修正。


モバイル
  • ポケットUIで新しいワールドを開始するとき、テキスト読み上げがオフになっているプレイヤーの「~を押してチャットを開く」というメッセージを削除した。


ユーザーインターフェース
  • 海洋探検家の地図、森林探検家の地図、宝の地図のインベントリに適切なアイコンが表示されるようになった。(MCPE-163464)
  • フレンドオプションのドロップダウンでマウスをスクロールしても、ドロップダウンの内容がスクロールされない不具合を修正。
  • サインイン/サインアップ画面のグラフィック要素がダイアログコンテナーの境界を超えて拡張される問題を解決した。


コマンド
  • /replaceitem/loot replace blockコマンドは、大釜にアイテムを配置しなくなった。 (MCPE-129472)
  • テレポートコマンドの回転は、ターゲットではなく、コマンドのエグゼキュータを基準にする。コマンドでのローテーションの古い使用法は、下位互換性のためにターゲットモブに対しては相対的なままになる。


技術的
  • 「Tropical Fish spawn rules.json」ファイルが正しいフォルダーに配置されるようになった。(MCPE-165963)
  • ウィッチのポーションの飲用と遠距離攻撃の動作は、.jsonファイルで定義されるようになった。


クリエイティブモード
  • 「ハチをスポーンさせる」がスポーナーで使用された時に、ゲームがコンテンツエラーを作成されなくなった。
  • ワールドからスクリプトを含むビヘイビアーパックを削除できるようになった。



1.19.63[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年2月24日


修正
  • Nintendo Switchにてプレイ中に継続的にフリーズする問題を修正。(MCPE-166760)
  • iOSデバイスにてプレイ時に発生する可能性があったクラッシュを修正。
  • 対応するワールドディレクトリにスペースがある場合、ワールドの編集画面を開くことができなかった不具合を修正。(MCPE-166763)
  • コントローラー使用時の「マイコンテンツ」マーケットプレイス画面のナビゲーションが改善された。



1.19.62[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年2月16日(Android、Nintendo Switch以外)
  • 2023年2月17日(Nintendo Switchのみ)
  • 2023年2月18日(Androidのみ)


修正
  • ゲームプレイ中に発生する可能性があったクラッシュを修正。
  • Switch版にて、ローカルネットワークモードに設定されているときにログインするとクラッシュする問題を修正。
  • Realmsのテンプレートからワールドを作成する際に発生したクラッシュを修正。
  • サーバーがプレイヤーにカスタムクラシックスキンを設定できない問題を修正。
  • カスタムスキンが無効になっているときに専用サーバーで「プレイヤーがスキンを変更しました」というメッセージがスパム送信される問題を修正。
  • ゲームパッドで任意の行の次のタブに移動した後、マーケットプレイスページの特定の行の上部にカーソルが戻る問題を修正。



1.19.60[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2023年2月7日


追加


アイテム
  • スポーンエッグ
    • クリエイティブモードに、エンダードラゴン、アイアン ゴーレム、スノー ゴーレム、ウィザーのスポーンエッグが追加された。
      • エンダードラゴンとウィザーのスポーンエッグは、プレイヤーの建築物が偶発的に破壊されるのを防ぐため、コマンドのみで入手できる。
        • これらは現在クリエイティブインベントリに存在するが、後の段階で削除される予定。


全般
  • パーティクル
    • パーティクルエフェクトでの混色のサポートが追加された。


変更点


ブロック
  • ボタン
    • 実験的なトグルをオンにしなくても、更新された効果音がデフォルトで再生されるようになった。
  • たき火
    • たき火は、プレイヤーやモブに火をつけなくなった。
  • 発射装置
    • 発射装置は、飼いならされたウマに鞍と馬の鎧を装備できるようになった。
    • 発射装置は、飼いならされたラバとロバに鞍とチェストを装備できるようになった。
    • 発射装置は飼いならされたラマにカーペットとチェストを装備できるようになった。
    • 発射装置はブタとストライダーに鞍を装備できるようになった。
    • 発射装置のハサミは、一度に1匹のヒツジしか毛を刈らないようになった。
    • 発射装置のハサミは、スノー ゴーレムとムーシュルームを刈るようになった。
  • ドア、柵、柵のゲート、トラップドア
    • 実験的なトグルをオンにしなくても、更新された効果音がデフォルトで再生されるようになった。
  • 感圧板
    • 実験的なトグルをオンにしなくても、更新された効果音がデフォルトで再生されるようになった。


アイテム
  • スポーンエッグ
    • ホッキョクグマのスポーンエッグの色を変更し、ガストのスポーンエッグと区別できるようにした。


モブ
  • ロバ、ラバ、スケルトンホース、ゾンビ馬
    • テクスチャが変更された。
  • エンダーマン
    • ネザーの明るさレベルが11以下ではなく、7以下でのみスポーンするようになった。
  • スケルトン、ウィザースケルトン
    • ネザーの明るさレベルが11以下ではなく、7以下でのみスポーンするようになった。
  • ヴェックス
    • ヴェックスのテクスチャが少し変更された。


ゲームプレイ
  • 効果音
    • 実験的なトグルをオンにしなくても、更新された独自の木材種の効果音がデフォルトで再生されるようになった。


全般
  • パーティクル
    • ビーコンとコンジットのパーティクルが不透明ではなく半透明になった。


修正点


パフォーマンスと安定性
  • エンドゲートウェイを通過する際にクラッシュする可能性があった問題を修正。
  • ルートテーブルに無効な条件、関数、またはプールのエントリがあるエンティティを殺しても、ゲームがクラッシュしなくなった。(MCPE-164623)
  • 衰弱の影響を受けている際にプレイヤーが死んだ時に発生する可能性があった複数のクラッシュを修正。
  • ワールドの選択画面のワールドの編集ボタンですばやく連続して選択すると、Xboxでクラッシュする問題を修正。
  • プレイヤーがゲームに死んだ後に再参加した後に保存して終了すると、プレイヤーがマルチプレイヤーゲームから非同期になる不具合を修正。(MCPE-162630)
  • コマンドを使用してプレイヤーを他の次元にテレポートするときに発生する可能性があったクラッシュを修正。(MCPE-164940)
  • 「instant_despawn」コンポーネントの使用時に発生する可能性があったクラッシュを修正。
  • アクターのロード時に発生する可能性があったクラッシュを修正。


ゲームプレイ
  • 死んだ後にワールドに再参加し、リスポーンせずにメニューに戻ると、プレイヤーの当たり判定と名札がずれてしまう不具合を修正。(MCPE-162630)
  • 凶兆を持つプレイヤーが乗馬/滑空中に村に入ると、襲撃が適切にトリガーされるようになった。(MCPE-152774)
  • プレイヤーが上に押し上げたときに移動中のブロックから落ちる可能性がある問題を修正。(MCPE-163725)
  • ゲームの最後のプレイヤーがネザーまたはエンドにいた場合、夜が誤ってスキップされる問題を修正。
  • オーバーワールドに残っているすべてのプレイヤーが眠っている場合、ネザーまたはエンドに入ったプレイヤーは夜のスキップをトリガーする。
  • アイテムのドロップとスリープが同時に発生するとサーバーがハングする不具合を修正。(MCPE-162989)
  • 同じブロック内で生成された経験値オーブは、経験値オーブの制限に達するまで、経験値をマージして結合する。


モブ
  • ヴェックスのヒットボックスは、モデルの垂直方向の中央に配置されるようになった。
  • ヴェックスとアレイがボートとトロッコに正しく収まるようになった。(MCPE-164441)
  • Bedrock版とJava版の間におけるヴェックスのテクスチャの不一致を修正。(MCPE-164227)
  • スライムとマグマキューブは、高さが2ブロック以下のスペースではスポーンしなくなった。(MCPE-46540)
  • 発光するイカが水の外にスポーンするとパーティクルを放出するようになった。
  • 飼いならされたウマ、ロバ、ラバにサドルを使用すると、鞍が装備されるようになった。(MCPE-83815)
  • 馬鎧を装備していない飼いならされた馬に馬鎧を使用すると、馬が装備されるようになった。(MCPE-163336)
  • 飼いならされたラマにカーペットを使用すると、装備された状態になるようになった。(MCPE-163336)
  • 発射装置は、飼いならされた馬に鞍と馬鎧を装備できるようになった。
  • 発射装置は、飼いならされたラバとロバに鞍とチェストを装備できるようになった。
  • 発射装置は、飼いならされたラマにカーペットとチェストを装備できるようになった。
  • 発射装置はブタとストライダーに鞍を装備できるようになった。
  • 発射装置のハサミは、一度に1頭のヒツジのみを刈ることができるようになった。
  • 発射装置のハサミでスノー ゴーレムとムーシュルームを刈ることができるようになった。
  • 行商人が重複した種の取引を提供する機会がなくなった。(MCPE-161780)
  • エンダーマン、スケルトン、ウィザースケルトンは、ネザーで(11以下ではなく)光レベル7以下でのみスポーンするようになった。(MCPE-163701)
  • スケルトン/ゾンビ馬とロバ/ラバの鞍と胸のテクスチャを更新した。
  • 村人は、襲撃の勝利後に花火を打ち上げる前に、雨が彼らの上のブロックを通過できるようになった。(MCPE-152386)
  • ウーパールーパーが水から出た時に乾燥時間を作動させなくなった。(MCPE-131041)
  • ハスクは2ブロックの高さのスペースに収まり、子供ハスクは高さ1ブロックのスペースに収まるようになった。(MCPE-105369)
  • すべてのモブがウィザーのバラを通過できるようになった。(MCPE-159212)
  • エンドゲートウェイ経由でエンティティが送信されても消えなくなった。(MCPE-164985)
  • ラヴェジャーは泥のような様々な部分ブロックの上に立っても攻撃できるようになった。(MCPE-162483)
  • ヴェックスは手ぶらで別のチャージアニメーションを使用するようになった。(MCPE-164490)
  • ヴェックスはオフハンドアイテムを描画するようになった。
  • 暗い環境でヴェックスが誤って点灯する問題を修正。
  • プレイヤーは、2ブロックの高さのスペースの端でウマ、ラバ、ロバに乗って地形を見通すことができなくなった。
  • 村人は、他のモブと同様に、ピースフルの難易度で雷からダメージを受けるようになった。
  • 熱帯魚が地下でスポーンするときに表面密度制限を使用しなくなった。(MCPE-157485)
  • エヴォーカーは、乗り物に騎乗しているときに「座る」アニメーションを再生するようになった。(MCPE-43778)


ブロック
  • 「クリムゾン」と「ゆがんだ」のブロックセットに固有の効果音セットが追加された。
  • たき火はプレイヤーやモブに火をつけなくなったが、それでもダメージを与える。(MCPE-98931)
  • たき火でトロッコやボートが破壊されなくなった。(MCPE-109489)
  • 竹の植物の配置は、Java版と同じように動作するようになった。竹のアイテムを手に持って竹の植物の側面をクリックしても成長しなくなった。(MCPE-99587)
  • 竹の苗木は、配置されたときにダブルプラントを置き換えなくなった。(MCPE-99806)
  • かぼちゃとメロンが菌糸体とこけブロックで成長できるようになった。(MCPE-125932)
  • スカルク センサーブロックの金切り声が、32ブロック離れた距離でも聞こえるようになった。(MCPE-163989)
  • シルクタッチで採掘または回収した場合、リスポーンアンカーのチャージが保持されなくなった。(MCPE-145682)
  • ビーコン効果のパーティクルが透明になった。(MCPE-17679)
  • コンジット効果のパーティクルが透明になった。(MCPE-93728)
  • レッドストーンダストが地面に置かれたときに音を発するようになった。(MCPE-65423)
  • 木のドア、鉄のドア、木のトラップドア、鉄のトラップドア、柵のゲートは、Java版と同じ開閉音を使用するようになった。
  • Java版と一致するように、動作に基づいて異なる音の高さを持つように感圧板を更新した。
  • Java版に合わせて木のボタンに独特のクリック音を追加した。
  • カエルの卵マップの色をJava版に合わせて変更した。(MCPE-159715)
  • ベッドのブロックのマップの色をJava版に合わせて変更した。(MCPE-40709)
  • さまざまなブロックのマップの色を、Java版と正しく一致するように変更した。(MCPE-19228)
  • エンティティはレッドストーン信号によってアクティブ化されたドアによって押し出されなくなった。(MCPE-158971)
  • シダと草で回収ブロック機能を使用すると、それらの間の最初のアイテムではなく、インベントリ内の正しいアイテムが選択されるようになった。
  • アカシアの葉と黒樫の葉でピックブロック機能を使用すると、それらの間の最初のものではなく、インベントリ内の正しいアイテムが選択されるようになった。
  • ホッパーが複数の種類のアイテムを取り込もうとしてもアイテムの収集に失敗しなくなった。(MCPE-38963)
  • ピストンが移動中に破壊された移動ブロックを再作成するのを防ぐ。(MCPE-164804)
  • サポートブロックを必要とするブロックは、部分的なブロックまたは空中に配置されたときにマップ上に正しく表示されるようになった。(MCPE-159713)
  • 足場はパーティクルを表示し、その下のブロックが破壊されると振動を生成するようになった。(MCPE-163738)
  • 石の壁を連続して配置した場合、石の壁が正しく一列に配置されるようになった。
  • レバーは石のボタンと同じ効果音を出すようになった。(MCPE-163335)


アイテム
  • モブを素早く攻撃したときのアイテムの劣化を修正。(MCPE-157150)
  • 矢師の村人と取引する際に、一部のトリップワイヤー フックが有効な取引にならない問題を修正。(MCPE-108195)
  • エンダーパールが眠っているプレイヤーをテレポートさせなくなった。(MCPE-161189)


タッチコントロール
  • ポケットUIでクリエイティブモードのインベントリとプレイヤーの拡張インベントリの間でアイテムが間接的に移動するのを妨げていた不具合を修正。(MCPE-164479)
  • 機銃掃射の左/右ボタンを押したままにすると、タッチ方向パッドの進むボタンが機能しない問題を修正。(MCPE-155199)
  • プレイヤーが別の入力方法を使用して別のタブにカーソルを合わせると、インベントリタブのホバー状態がリセットされるようになった。
  • プレイヤーがジョイスティックと十字線のタッチコントロールでトースト通知を操作できなかった不具合を修正。
  • タッチコントロールのビルドボタンを押す方向は、押されたときに上ではなく下にクリックされるようになった。(MCPE-162026)
  • プレイヤーがクラシックプロファイルのインベントリアイテムをクリックしてアイテムを削除できなかった問題を修正。(MCPE-162124)
  • タッチフォーカスサークルは、新しいタッチコントロールで再アクティブ化された(クロスヘアモードではない)。
  • 一部のデバイスで、インベントリボタンを押すと、インベントリを開く代わりにワールドと対話できる問題を解決した。(MCPE-154499)
  • 1行が画面外に表示されると、プレイヤーがインベントリ画面をスクロールできなかった問題を修正。(MCPE-159870)
  • クラフトされたアイテムを保持しているときに、繰り返しクラフトするためのいくつかのレベルの間隔を追加した。
  • プレイヤーが十字線モードで攻撃ボタンとビルドボタンからスワイプしたときのカメラの動きの遅延を削除した。
  • Switch版でインベントリ画面のタッチ操作が正しく機能しない問題を修正。
  • 従来のタッチコントロールを使用していないときに、ボートとトロッコから降りるための正しいヒントが表示されるようになった。
  • トースト通知は、ゲーム内のタッチデバイスでスワイプできるようになった。
  • タッチコントロール設定セクションは、Xboxでは表示されなくなった。


グラフィック
  • ハイライト選択は、苗木のような透明なオブジェクトのカード全体をハイライトしなくなった。
  • オプションでV-sync設定が適切に構成されるようになった。(非ARMデバイス)(MCPE-110006)


アクセシビリティ
  • 新しいワールド新規作成画面は、テキスト読み上げユーザーが利用できるようになった。aka.ms/cnwnarrationでフィードバックを受付している。
  • リストに多数のアイテムがある場合、プレイ画面でのワールドのテキストから音声への列挙、設定画面での言語の選択、設定画面でのコントロールの選択、およびフレンド招待画面でのフレンドを修正。


ユーザーインターフェース
  • マウスカーソルが表示され、マウスを動かしながらタッチしてメニュー画面を終了した後、HUD画面でプレーヤーのカメラを制御するために使用できなくなるバグを修正しました
  • かまど、溶鉱炉、燻製器の画面でテキストが左にわずかにずれていたのを修正。(MCPE-151597)
  • メインメニューのフィードバックボタンは、Webブラウザにリダイレクトする前にモーダルでプレーヤーにプロンプトを表示するようになった。
  • ゲームパッドで選択を解除した後、テキストフィールドがフォーカスされない問題を修正。(MCPE-153842)
  • テキストフィールドは、一度選択すると2回目のクリックで選択解除されなくなった。
  • 実績画面と新しいワールド作成画面のユーザーインターフェース要素が効果音を適切にトリガーしなかった問題を修正。(MCPE-163722)
  • 使用可能なディスク容量が少なすぎるワールドを作成しようとすると表示される欠落エラー画面を追加した。
  • XboxのMojang Studiosロゴ読み込み画面の品質を修正。(MCPE-163036)
  • ワールドに入ったときに表示される「オープンチャット」メッセージの周りの余分なスペースを削除した。(MCPE-162700)
  • 行商人の取引ウィンドウに職業が表示される問題を修正。(MCPE-162576)
  • リソースパックは、作成前に別画面に移動するとワールドに適用されるようになった。
  • 一部のリソースパックをダウンロードした後にエラーが発生する問題を修正。


Android
  • Androidデバイスでのプレイ時に、ワールドのロード中に画面が自動的にオフになることはなくなった。
  • Android 12以降のデバイスと古いデバイスの間で一貫性を保つようにスプラッシュ画面を更新した。(MCPE-151413)
  • Androidデバイスでコントローラーが切断されると、コントローラーの入力がスタックすることがある問題を修正。
  • Androidでオンスクリーンキーボードが表示されたときにユーザーインターフェースがちらつくことがなくなった。(MCPE-142356)


Realms
  • 2プレイヤーのRealm情報画面の「New Realmボタン」が正しくアクティブになるようになった。
  • UIをホバーすると、Realmsの利用規約のチェックボックスにハイライトが追加された。
  • プレイヤーがリソースパックのダウンロードプロンプトで終了することを選択した場合、プレイヤーをワールド選択画面にリダイレクトする。
  • オプション「参加するにはリソースパックを受け入れる必要がある」オプションが実際の状態を反映していなかった不具合を修正。(REALMS-10799)
  • Realmsのリセット後にレルム設定画面で以前に適用されたパックが誤って表示される問題を修正。
  • 所有している古いRealmsサーバーに参加できない場合のエラーメッセージを更新した。新しいメッセージで問題が説明され、問題を解決するための手順が提供されるようになった。



1.19.51[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2022年12月13日(Nintendo Switchを除く)
  • 2022年12月15日(Nintendo Switchのみ)


変更点


技術的
  • コンポーネント
    • minecraft:variable_max_auto_stepコンポーネントに新しいプロパティcontrolled_valueが追加された。
      • このプロパティは、minecraft:input_ground_controlledを持つモブがプレイヤーによって制御されている場合、base_valueを無視する。
      • jump_prevented_valueは、他の両方の値よりも優先される。



修正


  • ゲームプレイ中に発生する可能性があったクラッシュを修正。
  • ピストンは、移動中に破壊された移動しているブロックを再作成できなくなった。
  • カーペットが上にある柵の上にウマを押し込むことができなくなった。(MCPE-164717)
  • Nintendo Switchでタッチコントロールの選択画面が表示されなくなる。
  • ストラクチャーブロック画面を修正して、キーボードだけでY値フィールドに適切にアクセスできるようにした。(MCPE-164148)



1.19.50[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2022年11月29日


追加


全般
  • 実験的
    • 「Next Major Update」実験的トグルを追加した。
  • 更衣室
    • 新しいMinecraftキャストキャラクターと、新キャラクターを外見として使用する方法を紹介する流れを追加した。


変更点


ブロック
  • ボタン
    • Java版に合わせて、木のボタンに独特のボタンクリック音を追加した。
  • ドア、柵のゲート、トラップドア
    • Java版と同じ開閉効果音を使用するようになった。
  • 感圧板
    • Java版に一致するように、動作に基づいて異なるピッチを持つように更新された。


モブ
  • 村人
    • 子供の村人は鬼ごっこをしている間、Java版に匹敵する速さで走るようになった。
  • ヴェックス
    • ヴェックスのモデルとテクスチャを更新した。
      • 戦闘しやすくするため、ヴェックスの当たり判定はわずかに大きくなった。


ゲームプレイ
  • スペクテイターモード
    • 実験的なトグルからゲームモードに移動した。
  • 効果音
    • さまざまな木材の種類が置かれたり、壊れたり、その上を歩いたりしたときに、固有の音を出すようになった。
      • 固有の音には、オーバーワールド(Java版の通常世界)の木材タイプ、ネザーの木材タイプ、竹の3セットがある。


コマンドフォーマット
  • /execute
    • 新しくなった/executeコマンド構文は、Java版により類似しているため、「Upcoming Creator Features」の実験的トグルの背後になくなった。


全般
  • 実験的
    • 「Spectator Mode」トグルを削除した。
  • タッチコントロール
    • 攻撃ボタンとインタラクト ボタンからアクションの遅延を削除した。
    • ジョイスティックのロックが解除されている場合、ドラッグ可能な範囲がジョイスティックがロックされている場合と同じになるように変更された。
      • 両方のモードで自動ダッシュが有効になっている場合、ジョイスティックを背景の少し上にドラッグすると開始される。その後、ジョイスティックコントロールをジョイスティックの背景領域に戻すと、自動ダッシュは解除される。
    • タップジェスチャで、チャージ完了したクロスボウが発射されるようになった。 以前は、ボルトが発火する前に 400ミリ秒間のジェスチャを保持する必要があった。



実験的


これらは「Next Major Update」スイッチを有効化することで試すことができる。

追加


ブロック
  • Bamboo Mosaics
    • 竹の木材セット専用の板のバリエーション。
      • 2つの竹の木材を縦に並べてクラフトできる。
      • 竹のモザイクには独自の階段とハーフブロックのバリエーションがある。
  • ボタン、ドア、柵、柵のゲート、木材、感圧板、看板、ハーフブロック、階段、トラップドア
    • 竹バージョンが追加された。
    • 竹の木材は、クラフトグリッドに4つの竹を2x2の形式で配置することで作成できる。
  • Chiseled Bookshelves
    • 木材6枚と木のハーフブロック3枚でクラフトできる。
    • 最大6冊の本、本と羽ペン、記入済みの本、エンチャントした本を収納できる。
    • レッドストーンコンパレーターと相互作用できる。
  • Hanging Signs(直訳:吊り看板)
    • 通常の看板のより高いバージョンで、2つのチェーンと6つの皮のはがれた丸太で作成でき、結果として6つになる。
    • 次の方法で吊り上げることができる:
      • 中央を支えることができるブロックの下。
        • 吊り看板がブロック全体の下に配置されている場合、チェーンは看板の平行な側面になります。
        • 吊り看板をフェンスなどのブロックの下に設置したり、スニーク中に設置したりすると、チェーンが逆さまの V 字型になる。
      • ブロックのソリッド側に取り付ける。
      • 別の吊り看板の横または下に取り付ける。
    • 側面または上からのサポートなしで地面に直接置くことはできない。
      • ただし、横棒のある吊り看板は、支柱ブロックを外しても飛び出さない。


モブ
  • ラクダ(Camels)
    • 鞍を装備し、2人で乗ることができる。
    • 砂漠の村で自然スポーンする。
    • 柵を越えて歩くことができる。
    • ランダムに座る。
      • 座っている間は、動くよう説得するのは難しい。
    • ゆっくり歩くことも、速く全力疾走することもできる。
    • 前に全力疾走することもできるが、しばらく体力が失われる。


エンティティではないモブ
  • ボート、チェスト付きボート
    • bamboo raft(直訳:竹筏)とbamboo raft with chest(直訳:チェスト付き竹筏)を追加した。
      • 代わりに竹の木材で作ることができる。
      • 独特の外観をしているが、通常のボートと同じように機能する。


変更点


ブロック
  • ボタン
    • Java版に合わせて、木材のボタンに独特のボタンクリック音を追加した。
  • ドア、柵のゲート、トラップドア
    • Java版と同じ開閉効果音を使用するようになった。
  • 感圧板
    • Java版に一致するように、動作に基づいて異なるピッチを持つように更新された。


ゲームプレイ
  • 効果音
    • さまざまな木材の種類が置かれたり、壊れたり、上を歩いたりしたときに、独自の効果音を出すようになった。
      • 独特な効果音にはオーバーワールド(Java版の通常世界)の木材タイプやネザーの木材タイプ、竹の3つのセットがある。



修正点

クリックで詳細をひらく


安定性/パフォーマンス
  • ゲームプレイ中に発生する可能性があったいくつかのクラッシュを修正。
  • キーボードで村人が画面下に移動するときに発生する可能性があったクラッシュを修正。
  • エンダードラゴンのブレス攻撃がブロックに当たらなかったり、奈落に落ちたりしたときにゲームがクラッシュする問題を修正。(MCPE-161204)
  • プレイヤーが所持品にモブを含むアイテム (ハチの巣を含むハチなど) を持っているときにレシピ本を操作しても、パフォーマンスが大幅に低下することはなくなった。(MCPE-146462)
  • アイテムがホッパーに出入りする際のサーバーの遅延が減少した。(MCPE-68796)
  • クリエイティブインベントリ画面のアイテムスロットにカーソルを合わせると、フレームレートが低下する問題を修正。(MCPE-162277)
  • 「Education Edition」トグルをオンにせずに「Education Edition」アイテムをレンダリングすると発生するクラッシュを修正。(MCPE-161587)
  • 非プレイヤーの所有者を持つ役者がエンドポータルを通過したときに発生する可能性があったクラッシュを修正。
  • 低メモリデバイスで一部のマーケットプレイスワールドにロードするときに発生する可能性があったクラッシュを修正。(MCPE-161866)


ゲームプレイ
  • ブロック内で動けなくなると、プレイヤーは最も近い空き地に向かって押し出されるようになった。
  • 黒いピクセルによって破損したマップは、破損した領域を再訪することで修復できるようになった。 以前に影響を受けたマップは、メインまたはオフハンドで保持することで修復できるようになった。(MCPE-162421)
  • ポータルを出た後、プレイヤーがポータルにテレポートして戻る可能性があった不具合を修正。(MCPE-157494)
  • 寸法を変更すると、プレイヤーが「建物の地形」画面で動けなくなる可能性があった不具合を修正。(MCPE-158215)
  • 1.18以前のワールドをアップグレードする際にあった不適切なレベルチャンクブレンディングを修正。 (MCPE-162480)
  • Xbox コントローラーのサムスティックのデッドゾーンと感度を修正。(MCPE-162847)


モブ
  • 子供の村人が鬼ごっこをしている間、Java版に匹敵する速さで走るようになった。
  • エンダーマンの追従範囲が32から64に増加した。(MCPE-35306)
  • 跳躍力上昇は、プレイヤーが乗っているモブに一貫して影響を与えるようになった。(MCPE-45823)
  • 落下速度低下は、プレイヤーが乗っているモブに一貫して影響を与えるようになった。(MCPE-126604)
  • 効果が適用されたモブを繁殖させると、子孫に効果ボーナスが永続的に適用されるという問題が修正された。(MCPE-81890)
  • ワールドの高さが負の場合、コウモリの待機位置がオフセットされる問題を修正。
  • 防具立ては、破壊時にオフハンドアイテムをドロップするようになった。(MCPE-158228)
  • エンダードラゴンが生きている間にワールドを保存してロードすると、エンダードラゴンがロードされない不具合を修正。(MCPE-156528)


ブロック
  • 木材のドア、鉄のドア、木材のトラップドア、鉄のトラップドア、柵のゲートは、Java版と同じ開閉効果音を使用するようになった。
  • Java版に一致するように、動作に基づいて異なるピッチを持つように感圧板を更新した。
  • Java版に合わせて、木材のボタンにユニークなボタンクリック音を追加した。
  • 「クリムゾン」と「ゆがんだ」のブロックセットには、独自のサウンドセットが追加された。
  • 模様入りとカットされた赤砂岩の裏側が滑らかになった。(MCPE-20006)
  • 泥に着地した投射物が繰り返し揺れることはなくなった。(MCPE-153744)
  • 水陸両用モブが泥ブロックの周りで経路探索に問題を起こすことはもうない。(MCPE-153961)
  • プレイヤーがブロックを配置したとき、泥とソウルサンドのブロックのバウンディングボックスが視覚的なバウンディングボックスと一致するようになった。(MCPE-162252)
  • スイレンの葉がボートにぶつかると音とパーティクルで弾けるようになった。(MCPE-65138)
  • サポートの欠如から破壊されたほとんどのブロックは、視覚的な粒子、音響効果、および振動イベントを引き起こす。
  • ハーフブロックの側面に軟質サンゴを設置できなくなった。(MCPE-116986)
  • 軟質サンゴは、ガラスのような透明ブロックの上で生き残ることができるようになった。(MCPE-112407)
  • 光ブロックを選択している間でも、配置された光ブロックが見えなくなる不具合を修正。
  • 未舗装路と農地の衝突が1ピクセル低くなった。(MCPE-12109)
  • プレイヤーはソウルサンドと泥ブロックに沈むようになった。(MCPE-154973)
  • サトウキビは、水源が取り除かれると、次のランダムティックで壊れる。(MCPE-162351)
  • ピストンのアームがよりスムーズに伸びるようになった。(MCPE-155987)
  • ピストンに取り付けられたブロックがよりスムーズに動くようになった。(MCPE-146597)
  • ニリウムから成長する際、巨大な菌類ブロックが部分ブロックを置き換えなくなった。(MCPE-65661)
  • 座標0,0,0のエンティティが感圧板の配置を妨げていた問題を修正。(MCPE-161377)
  • ピストンで動かしたときにブロックがちらつく問題を修正。(MCPE-15268)
  • 看板を配置したときに配置音が再生されない問題を修正。(MCPE-65423)
  • 気泡柱が水中のマグマ ブロックの上に正しく生成されるようになった。
  • 泥ブロックの上を泳いでも画面が塞がれなくなった。(MCPE-153737)


アイテム
  • 作成したばかりの道具と防具は、初めて使用するときに機能するようになった。(MCPE-161151)
  • 武器、道具、防具は、名前を変更した後、初めてプレイヤーのインベントリからドロップできるようになった。(MCPE-162132)
  • 本と羽ペンに署名して閉じることができない問題を修正。(MCPE-163325)
  • ポータルを通過すると、完全にチャージされたアイテムが失われる不具合を修正。(MCPE-55279)
  • 金床を使用してアイテムをエンチャントまたは修正しても、意図せずにアイテムの名前が変更されることはなくなった。(MCPE-154453)
  • スライムとマグマ キューブがティックごとに盾の耐久性を壊す可能性がある不具合を修正。(MCPE-119451)
  • フグがティックごとに盾の耐久性を壊す可能性がある不具合を修正。(MCPE-143689)


タッチコントロール
  • タッチ デバイスの新しいスタック分割機能を再度有効にした。
  • 「スプリット コントロール」オプションは、クラシックコントロールモードでのみ表示され、クラシックコントロールスキームにのみ影響する。
  • 特定の状況で、クロスヘアおよびタッチ コントロール スキームでホットバースロットに触れることができなかった問題を修正しました。
  • 滞留時間が180ミリ秒 (以前は120ミリ秒) に増えたため、インベントリ画面のスクロールがより簡単になった。滞留時間は、ドラッグアクションが始まる前にアイテムを保持しなければならない時間の長さである。
  • 「ジョイスティックをロック」、「ジョイスティックを常に表示」、「未使用時にジョイスティックを表示」の間の接続を解きほぐした。
  • この機能を制御するために、タッチ設定にトグル「Delayed Block Breaking (Creative Only)」を追加した。
  • リフレッシュレートの高い画面でタッチコントロールボタンをダブルタップするのが難しい問題を修正。(MCPE-156351)
  • 新しいタッチコントロールで、ボタンの押下とカメラの動きが連携して機能する方法を改善した。
  • クロスヘアモードを使用しているときに、ボートに乗っているときにアクションボタンが表示されるようになった。(MCPE-159376)
  • 新しいタッチコントロールスキームのDismountボタンがぼやけて表示される問題を修正。(MCPE-156722)
  • 拡張クリエイティブモードインベントリでアイテムを別のアイテムにドロップすることでアイテムが破棄されなかった問題を修正。(MCPE-162124)
  • 泳ぎながら弓、クロスボウ、またはトライデントをチャージするときのタッチコントロールの問題が修正され、武器がすぐに発射されなくなった。(MCPE-136625)
  • 指がホットバーに重なると、ジョイスティックのジェスチャーが停止する問題を修正。(MCPE-159870)
  • 一部のリソースパックで、プレイヤーが新しいタッチコントロールでホットバーを操作できなかった問題を解決した。(MCPE-157748)
  • クロスヘアモードのダッシュボタンと下降ボタンは、他のボタンと同じ色になった。(MCPE-156740)
  • 新しいタッチコントロールで「上昇」と「下降」をすばやくタップすると飛行がキャンセルされる問題を解決した。この先、「降下」をダブルタップすると、飛行がキャンセルされる。(MCPE-162240)
  • タッチモードの場合、ステータスアイコンが画面のセーフゾーンに追従するようになった。
  • 新しいタッチコントロールを考慮して、タッチしたときに画面の幅全体に 1 行で形成されるようにステータスアイコンを調整した。
  • 攻撃ボタンとインタラクトボタンからアクションの遅延を削除した。(MCPE-158143)
  • ジョイスティックのロックが解除されている場合、ドラッグ可能な範囲がジョイスティックのロック時と同じになるように変更された。どちらのモードでも、自動ダッシュが有効になっている場合、ジョイスティックを背景の少し上にドラッグすると開始される。その後、ジョイスティックコントロールをジョイスティックの背景領域に戻すと、自動ダッシュは解除される。
  • タップジェスチャで、チャージされたクロスボウが発射されるようになった。以前は、ボルトが発射される前に400ミリ秒間ジェスチャーを保持する必要があった。
  • プレイヤーが金床画面でドラッグ アンド ドロップできなかった問題を修正。


グラフィック
  • ピストンで移動するブロックに環境光を適用した。(MCPE-136928)
  • モブの影が、特定のGPUを使用するAndroidデバイスで正しく描画されるようになった。(MCPE-155354)
  • 互換性のあるドライバー用にIntel Integrated/Dedicated GraphicsのD3D12サポートを追加した。


Realms
  • ワールドとアドオンをアップロードする際のテキストを短縮し、ダイアログプロンプトに収まるようにした。
  • 数分間空だったRealmsに参加するときに、エラーメッセージが表示されなくなった。


ユーザーインターフェース
  • Android/iOS で、モバイルデータが利用可能であるがゲーム内で無効になっており、Wi-Fiが接続されていない場合に、新しい「モバイル データがブロックされました」画面を追加した。
  • プレイヤーは、フルキーボードゲームプレイと「座標のコピーを有効にする」UI 設定を有効にして、座標のコピーキーを再バインドできるようになった。(MCPE-163082)
  • プレイヤーがバーをリロードするまで、ボス名が変更されたときにボスバー名が更新されない不具合を修正。
  • クリエイティブ モードでアイテムをインベントリに戻すことができなかったポケットUIのインベントリ画面の不具合を修正。
  • 「作成可能/すべて」の切り替えが検索タブでのみ変更でき、他のタブでは変更できないポケットUIインベントリ画面の不具合を修正。
  • Xboxでは、インベントリ画面を再度開いたときに、マウスを使用したカメラの動きによってマウスの位置が変更されなくなった。(MCPE-162890)
  • 選択したアイテムのスタックカウントのテキストの色が、黄色ではなく白になった。
  • 新しいワールドの作成画面から離れたときにプレイヤーが変更を失いそうになると、警告が表示されるようになった。
  • ワールドのコピーのエラー処理を、トースト通知の代わりにモーダル ポップアップを表示するように変更した。
  • VRでボートに乗っているときに、HUDがプレイヤーの方向に回転しないバグを修正。
  • 「オンラインプレイにモバイルデータを許可する」オプションの説明テキストの色を読みやすく変更した。(MCPE-162459)
  • ホバー時のドロップダウン コンポーネントの小さな矢印、選択されていないトグル コンポーネント、およびチャット設定のトグル/スライダーのコントラストの問題を修正。


スペクテイターモード
  • プレイヤーがスペクテイターモードに入ると、開いているコンテナ、コマンド ブロック、またはストラクチャーブロックの画面が閉じる。
  • スペクテイターモードは、設定のパーソナルゲームモードのリストに表示されるようになった。(MCPE-156688)
  • アレイはスペクテイターにアイテムを投げなくなった。(MCPE-162873)



1.19.41[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2022年11月3日(Android・iOS・iPadOS・Windows・Xbox One・PS4)
  • 2022年11月4日(Fire)
  • 2022年11月7日(Nintendo Switch)


修正点
  • Xbox Series X|S版で続行した時にフレームが正しく表示されないため、パフォーマンスが不安定になる問題を修正。(MCPE-155879)
  • レイトレーシングを有効にしたときの夜空の明るさを修正。(MCPE-162445)
  • コントローラーで「Place One」ボタンを押したままにすると、プレイヤーは再びインベントリグリッド全体にアイテムを広げることができるようになった。(MCPE-163625)
  • プレイヤーがタッチコントロールでチェストの中身をスクロールできない問題を修正。(MCPE-163619)
  • Realmsへの参加に関連する複数の問題を修正。



1.19.40[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2022年10月25日


追加


全般
  • タグ
    • アイテム名の代わりにレシピをサポートするタグを追加した。
    • レシピに新しいアイテムタグを追加:
      • minecraft:coalsminecraft:logsminecraft:logs_that_burnsminecraft:planksminecraft:soul_fire_base_blocksminecraft:stone_crafting_materialsminecraft:stone_tool_materialsminecraft:wooden_slabsminecraft:wool


変更点


ブロック
  • 足場
    • かまどの燃料として使用すると、竹と同じくらい長く燃えるようになった。


全般
  • 設定
    • プロフィール設定は、一般とアカウントの2つの新しいセクションに分割された。
  • クラフト
    • レシピは、アイテムの代わりにタグを参照できるようになった。


技術的
  • Data-Driven Items
    • カスタム アイテム、タグ、ブロック タグがminecraft:diggerコンポーネントで正しく機能するようになった。(MCPE-155786)
  • Actors
    • サブジェクトエンティティが子供の場合にtrueを返す、新しいis_babyアクターフィルターを実装した。
  • AI Goals
    • minecraft:take_flowerのAI動作を持つモブがゴールを使用するのを妨げていたアイアン ゴーレムの問題を修正した。
    • minecraft:playAI動作の新しいデータ パラメータを公開して、ゴールがアクティブである期間、ゴールを開始するチャンス、フレンドを検索する範囲、フレンドとプレイしているときに留まる距離などを指定する。



実験的


これらの追加と変更は、「Upcoming Creator Features」と「GameTest Framework」の実験的トグルを有効にすることで利用できる。

変更点

技術的
  • コマンド
    • /executerotated/executerotatedをコマンドとして実装した。
  • ゲームテスト フレームワーク
    • エンティティ
      • ターゲット プロパティを読み取り専用に更新した。
      • UIフォームがキャンセルされたフィールドを正しくマークしない問題を修正した。
    • EntityQueryScoreOptionsをインターフェイスに変換した。
    • EntityRaycastOptionsをインターフェイスに変換した。
    • ExplosionOptionsをインターフェイスに変換した。
    • MusicOptionsをインターフェイスに変換した。
    • SoundOptionsをインターフェイスに変換した。



修正


バニラパリティ
  • 名前が変更された武器で倒されると、死亡メッセージにアイテム名とともに表示されるようになった。
  • 名前が変更された武器でモブに殺されると、死亡メッセージにアイテム名とともに表示されるようになった。(MCPE-162055)
  • 屋根付きの森、変異したサバンナ、白樺の森のバイオームは、正しい草の色を使用する。(MCPE-34936)
  • モブが古代都市の境界内にスポーンしなくなった。(MCPE-153524)
  • スイート ベリーを農地に植えられるようになった。(MCPE-99632)
  • 泡柱の強さを Java版に合わせて変更した。(MCPE-158858)
  • 足場は、アイテムの 1/4 というより正確な速度で燃焼するようになった。(MCPE-42949)
  • ウィザースケルトンがウィザーのバラの中にスポーンできるようになった。(MCPE-110127)
  • 泳いでいる間に消費される空腹の量を、Java版に合わせるように減らした。(MCPE-154452)
  • エヴォーカーの牙でラヴェジャーにダメージを与えることができるようになった。
  • ラヴェジャーのコリジョン ボックスのサイズを Java版に合わせて拡大した。(MCPE-142171MCPE-45531)
  • ラヴェジャーの速度をJava版に合わせるように上げた。(MCPE-48145)
  • 司書の村人は、消滅の呪いと束縛の呪いを含むエンチャントされた本を提供できるようになった。(MCPE-84906)
  • 泥の上を泳いでいるプレイヤーは画面を覆われなくなった。(MCPE-153737)
  • 泥に着地した投射物が繰り返し揺れることはなくなった。(MCPE-153744)
  • 水陸両用モブが泥ブロックの周りで経路探索に問題を起こすことはなくなった。(MCPE-153961)


パフォーマンス/安定性
  • PlayStation 4 Edition のピースフルの世界でスポーンエッグを使用するとクラッシュする問題を修正。
  • アニメーション化された構造物がストラクチャーブロックからロードされていて、プレイヤーがポータル経由で次元を離れたときに発生する可能性があったクラッシュを修正。(MCPE-132561)
  • 認識されないデータ値を持つ矢印をロードするとゲームがクラッシュする不具合を修正。(MCPE-157983)
  • 爆発による潜在的なクラッシュの原因を修正。
  • 分割画面セッションを終了するときに、発生する可能性があったクラッシュを修正。
  • マーケットプレイスのバンドル価格が購入後に無料として表示されない問題を修正。
  • すべてのプラットフォームのストレージ設定に「キャッシュをクリア」ボタンを追加した。このボタンは、マーケットプレイス フォルダーのコンテンツをクリアする (ただし、ワールドはクリアされない)。コンテンツのダウンロードの問題を軽減するのに役立つ場合がある。(MCPE-54531)
  • 衰弱の効果のダメージが防具によって減少する問題を修正。(MCPE-159407)


ゲームプレイ
  • キーボード プレイヤーは、斜めに移動するときにスプリントできるようになった。(MCPE-144702)
  • 林バイオームは「冷帯バイオーム」に分類され、そこにスポーンされた村人は氷雪バイオームの変異になる。(MCPE-147834)
  • プレイヤーが気泡柱の上部にあるトラップドアのブロックにいる間に落下ダメージが蓄積する問題を修正。(MCPE-158858)
  • VRスナップカメラの動きを使用して向きを変えた後、プレイヤーが間違った方向に移動する問題を修正。(MCPE-152443)


モブ
  • 子供の村人は再びアイアン ゴーレムから花を受け取るようになる。
  • ガーディアンが空中に浮くことができなくなった。(MCPE-33641)
  • エンドポータルを介してプレイヤーを追跡するように、プレイヤーを追跡する飼いならされたモブを有効にした。
  • 溺死ゾンビが攻撃時に所持アイテムを変更できる問題を修正。(MCPE-40288)
  • ヒット範囲の長いモブが壁越しにプレイヤーを攻撃できる不具合を修正。(MCPE-55790)
  • ポータルを通過するとボートが消える不具合を修正。(MCPE-161563)
  • モブがボートの乗客である場合、ボートもモブも次元を変更できない。(MCPE-154919)
  • NPC は名前を持たず、頭の上に名札を隠す。


ブロック
  • 2重のハーフブロックに着地しても落下中のブロックが壊れなくなった。(MCPE-159921)
  • ニリウムから成長する際、巨大なキノコの茎が部分的なブロックを置き換えなくなった。(MCPE-65661)
  • 一部の水没したブロックの水のテクスチャが、他のブロックの下に配置されたときに明るくなりすぎないようになった。(MCPE-76949)
  • 特定の構成でレッドストーンが誤った信号強度を出力する問題を修正。(MCPE-81981)
  • 吸着ピストンがワールド建築制限近くで使用されることに関連するいくつかの問題を修正。(MCPE-96088)
  • 雪に覆われた花の下のブロックを壊すと、雪の層ではなく花がドロップするようになった。(MCPE-61609)
  • ビーコンのブロックが遠くから見ると突然消える問題を修正。
  • エンチャントテーブルの本が適切に近くのプレイヤーの方を向くようになった。(MCPE-29924)
  • 未舗装路と農地の衝突の変更、およびいくつかの不具合を解決している間、沈むソウルサンドと泥ブロックの変更を一時的に元に戻した。


アイテム
  • 矢とトライデントが動かなくなる原因となった変更を元に戻した。(MCPE-162085)


グラフィック
  • Android デバイスの画面位置の問題を修正。(MCPE-159703)


ユーザーインターフェース
  • Nintendo Switchでのみ機能することを意図しているため、Switch以外のプラットフォームの設定メニューから「アカウントのサインイン データを消去」ボタンを削除した。(MCPE-129704)
  • ユーザー名が最大サイズを超える不具合を修正。(MCPE-152884)
  • 設定で適切なものを簡単に見つけられるように、プロファイル画面が 2 つの新しいセクションに分割された。: 一般とアカウント
  • 刷新されたデス スクリーンの適切なテキスト読み上げサポートを確保した。
  • 一部のワールドのテンプレートで実績が無効になる不具合を修正。
  • 作業台の画面のアイテムのグリッドの周りの濃い灰色の領域にアイテムがドロップされる可能性があるポケットUIの不具合を修正。
  • ウマ、ラバ、ロバ、ラマのインベントリのアイテムのグリッドの周りの濃い灰色の領域にアイテムがドロップされる可能性があるポケットUIの不具合を修正。
  • Show Death Messageゲーム ルールがfalseに設定されている場合に、死亡画面メッセージが表示されていた不具合を修正。
  • プレイヤーが装備ページからアイテムをドラッグ/ドロップまたは選択できなかった問題を修正。
  • 「Darkness Effect Strength」と「Notification Duration」アクセシビリティ オプションのテキストの説明の色をより明るい色合いに変更し、読みやすくした。(MCPE-162047)
  • 死亡メッセージが長すぎて画面に収まらないことがあった不具合を修正。(MCPE-156550)
  • クラフト画面の検索文字列が正しく保存されない問題を修正。
  • Xboxのインベントリ画面で耐久性バーが表示されない問題を修正。(MCPE-162063)
  • 「ワールドを新規作成」のサインイン ボタンが一部のプラットフォームで機能しなかった不具合を修正。
  • 座標をコピーするゲームパッドのツールチップは、プラットフォームに応じて正しいアイコンを使用するようになった。(MCPE-162654)


Realms
  • ワールドとアドオンをアップロードする際のテキストを短縮し、ダイアログに収まるようにした。
  • Realms設定でカスタムアドオンパックを適切に適用できなかった問題を修正し、パックのアップロード中のクラッシュを修正。 (REALMS-10655)
  • 古いクライアントで Realm に接続すると、ローカライズされていないテキストが表示されなくなった。


モバイルタッチコントロール
  • モバイル端末のクリエイティブインベントリ内の他のアイテムにアイテムを移動しても、アイテムをホットバーから削除できなかった不具合を修正。
  • スタック分割のプログレスバーがタッチモードで整列していなかった問題を修正。
  • ユーザーのフィードバックに基づいて、タッチツールバーとステータス効果アイコンのレイアウトを調整した。
  • モバイル端末で村のトレード リストをスクロールできない不具合を修正。
  • 自動ジャンプ機能が有効になっている場合、プレイヤーは陸上のブロックに向かって移動するときに自動的に水から飛び出す。
  • クリエイティブモードで、アクションボタンをオフにしてタッチ入力を使用している場合、最初のブロックを破るまでの遅延が 800 ミリ秒に増加した。これにより、誤ってブロックを破壊する可能性が減少する。
  • インベントリでのタッチ ジェスチャによるドラッグアンドドロップのサポートを追加
  • 「降下」をダブルタップすると、ジョイスティックタッチコントロールモードで飛行をオフに切り替えるようになった。
  • ポケットUIのステータス効果の位置を更新した。
  • インベントリを閉じると、タッチ デバイスのインベントリボタンがデフォルトの外観にリセットされるようになった。
  • プレイヤーがスタックできないアイテムをタッチコントロールで交換できなかった問題を修正。
  • タッチ設定メニューの 3 つのコントロールスキームの画像を改善した。



1.19.31[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2022年10月4日


追加


全般
  • タッチコントロール
    • 「設定」 > (コントロール) > 「タッチ」 の下に、「新しいタッチ コントロール スキームを有効にする」というタイトルの新しいトグルがある。 オンに切り替えると、新しいインタラクション モデルのドロップダウン メニューが表示され、プレイヤーは新しいタッチスキーム、新しいクロスヘアスキーム、または元のクラシックスキームを使用できるようになる。


修正


  • ゲームプレイ中に発生する可能性があったいくつかのクラッシュを修正。
  • マップ上の地形が黒いピクセルに置き換えられる問題を修正。(MCPE-162421)
  • 「フルキーボードゲームプレイ」トグルを使用している時にインベントリキーのバインドが解除される不具合を修正。
  • Realmsの1.19.30アップデート後に初めてエンド ポータルに入ると、プレイヤーが黒曜石のプラットフォームの下にスポーンし、奈落に落ちることがある問題を修正。(MCPE-162482)



1.19.30[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2022年9月20日


変更点


コマンドフォーマット
  • /locate
    • 元の/locateは、/locate structureサブコマンドに完全統合された。
      • /locate structureサブコマンドの一部の構造体の名前を変更して、Java版のようにアンダースコアを付けた(例:ancientcity -> ancient_city)。古い名前は引き続き機能するが、オートコンプリートには表示されなくなる。


全般
  • 音楽
    • AndroidおよびFireデバイスに音楽が含まれるようになり、マーケットプレイスからダウンロードする必要がなくなった。
  • 操作
    • プレイヤーが現在の座標またはブロックの座標をコピーできるようにするキーボード ショートカットを追加した。
      • Ctrl + Alt + Cは、デフォルトでは現在の座標をコピーする。
      • Ctrl + Alt + Xは、デフォルトでは選択したブロックの座標をコピーする。
      • クリエイター設定で「座標コピーUIを有効にする」を有効にする必要がある。


修正


パフォーマンス/安定性
  • 眠っているときに、稀に村人のバウンディングボックスがサーバーと同期しなくなることがある不具合を修正。
  • プレイヤーをベッドにロードするときに時折クラッシュする不具合を修正。
  • マーケットプレイスの閲覧時にゲームがクラッシュしなくなった。
  • Xboxでゲームを再開するときに発生する可能性があったクラッシュを修正しました。
  • プレイヤーがローカルでワールドを削除すると、クラウド同期ワールドを削除してもクラウドバージョンのワールドが削除されない不具合を修正。
  • フレームレートが低い場合のPS4の音声の吃音の問題を修正。(MCPE-158902)
  • 染色されていないシュルカーに関連するクラッシュの問題を修正。
  • 最も一般的なマーケットプレイス接続の問題は、Minecraftを再起動する必要なく、条件が改善されると自動的に解決されるようになった。(MCPE-155025)
  • 子供ストライダーがストライダーに乗っているときのパフォーマンスの問題を修正。(MCPE-146478)
  • テクスチャ パックが適用されたワールドをロードすると、一部のデバイスで発生するクラッシュが修正。(MCPE-160800)
  • 「Play on Realm」ボタンを使用して名前のないワールドをアップロードするとクラッシュする問題を修正。


ゲームプレイ
  • 音楽がモバイル版アプリに含まれるようになり、マーケットプレイスからダウンロードする必要がなくなった。
  • プレイヤーがエリトラを着用しているときに積雪に飛び込むと、積雪の内部が見える問題を修正。
  • 火の玉が永久に動けなくなる問題を防ぐために、ポータルを通過できなくなった。(MCPE-160938)
  • Ctrl キーと Alt キーを同時に押しても、Alt キーが動かなくなることがなくなった。


モブ
  • エンダーマンはクリエイティブプレイヤーに怒らなくなった。(MCPE-42977)
  • オーナープレイヤーがディメンションを変更した後、首ひもが アレイで壊れる原因となった不具合を修正。(MCPE-158955)
  • ヤギのラムアニメーションは、ラムの準備をしているときにゆっくりと頭を下げるように修正された。(MCPE-129477)
  • エンダーマンのテレポート範囲を32x32x32に縮小し、テレポートによって自分自身をデスポーンできないようにした。(MCPE-152268)
  • アレイとハチがランタンやその他の吊り下げられたオブジェクトにスタックすることはもうない。(MCPE-155777)
  • EDUトグル: NPC の名前はデフォルトで、見ている間だけ表示される。


ブロック
  • 泥レンガのハーフブロックは、コマンドを介して上部のハーフブロックとして配置できるようになった。(MCPE-157852)
  • 新しく生成された建造物に旗が正しく出現するようになった。(MCPE-160696)
  • 軟質サンゴは、北、西、東、南に向けて配置したときに同じように見えるようになった。(MCPE-125311)
  • 白色の彩釉テラコッタがクリエイティブ モードのインベントリに表示されなくなり、コマンドから再びアクセスできるようになった。
  • 海草とコンブは、クリエイティブモードインベントリでサンゴの装飾として分類されなくなった。(MCPE-44034)
  • サポートブロック (カーペットや作物など) を必要とする一部のブロックが、完全でないブロックまたは空気ブロックの上に配置された場合に、マップに表示されない不具合を修正。(MCPE-159713)
  • 鉄格子がクリエイティブモードのインベントリから失われなくなり、コマンドから再びアクセスできるようになった。(MCPE-160253)
  • 伸縮時のピストンのアニメーションがスムーズになった。(MCPE-155987)
  • ブロックピッキングで古い苗木をインベントリで入手することはできなくなった。


アイテム
  • 落としたアイテムが流れる水の端に引っかかる問題を修正。(MCPE-157167)
  • 炎上時、炎のオーバーレイが保持アイテムを突き抜けなくなった。(MCPE-147776)
  • マングローブ、クリムゾン、およびゆがんだ木材を使用して盾を修復できるようになった。(MCPE-158940)
  • 金床で名前が変更されたときにつるはしなどのダメージを受けていないツールが、最初に使用したときに正しく機能しないという回帰を修正した。(MCPE-152637)


ユーザーインターフェース
  • 名札の背景がわずかにずれていた不具合を修正。(MCPE-160254)
  • エンチャントされた革のアイテムのテクスチャの一部が、輝きのアニメーションを表示しないというユーザーインターフェースの不具合を修正。(MCPE-98929)
  • 切断が発生した領域をより明確に強調するために、新しい切断エラーメッセージを追加した。
  • マーケットプレイスのキャラクタークリエーターのオファーは、更衣室を出たときにサムネイル画像を失うことはもうない。
  • Xboxクラウド同期プロンプトに「再試行」ボタンを追加した。
  • アイテム スタックは、割り当てられたティックしきい値の後で一緒にマージされるようになった。
  • 更新された新しいワールドの作成画面で、欠落していたパックの設定ボタンを追加した。
  • 新しい切断エラーメッセージを追加した。 - 「接続できません。クライアントを再起動してください」
  • Unicode以外の文字を含むメッセージの間隔が正しくない問題を修正した。
  • NPCの名前は、デフォルトで見ている間だけ表示されるようになった。
  • クラフト ポケットUI内の矢印は、クリッピングの問題なく適切にフィットするようになった。
  • 「マーケットプレイスに接続できません」というエラーが、Text-To-Speechリーダーによって誤って読み取られることがなくなった。
  • 襲撃をキャンセルするためにベッドを壊した後、襲撃バーがスタックすることはもうない。(MCPE-152851)


グラフィック
  • 人口の多いサーバーで長時間プレイした後、プレイヤーのテクスチャとユーザーインターフェース要素がピンク色に変わることはもうない。(MCPE-105487)
  • 水没したブロックのある特定の水のテクスチャが間違ったテクスチャを表示する問題を修正。(MCPE-156281)
  • 一部のiOSデバイスで流れる溶岩と水のテクスチャがアニメーション化されない問題を修正。
  • オーバーワールドで雨が降っているときに、ジ・エンド次元の空が入ったときに静止しているように見えなくなった。(MCPE-148843)


ゲームプレイ(バニラパリティ)
  • 火の玉エンティティのコリジョン ボックスをJava版に合わせて変更した。
  • エンチャントテーブルは、アイテムをエンチャントするときに音を出すようになった。
  • アメジストのブロックから飛び降りたときに音が出なくなった。
  • スイカのブロックの下部のテクスチャを上部のテクスチャと一致するように修正。(MCPE-31035)
  • アイテム スタックのポップアップ アニメーションは、新しいアイテムがスタックに追加されたときにのみ再生されるようになった。(MCPE-23995)
  • 光ブロックの上に防具立てを配置すると、光ブロックが削除される問題を修正。(MCPE-151856)
  • /killコマンドでボートを破壊しても、チェスト付きボートがチェストの中身をドロップしない問題を修正。(MCPE-160186)
  • シチューを食べると、食べたスロットに空のボウルが残る。(MCPE-56367)
  • ポーションを飲むと、最初の空のインベントリ スロットではなく、飲んだスロットに空のガラス ボトルが残るようになった。(MCPE-26436)
  • 樫とマングローブの柵のゲートが可燃性になった。(MCPE-160098)


モブ(バニラパリティ)
  • ホグリンとゾグリンのヒットボックスの大きさとヒット範囲をJava版に合わせて修正。(MCPE-65424)
  • ディープダークと古代都市でのスカルク シュリーカ-とスカルク センサーの生成率が増加し、Java版とより一致するようになった。(MCPE-153525)
  • 座っているときの猫の頭の位置を Java版に合わせて変更した。(MCPE-46668)
  • 村人が名札を持っている場合、取引層とともに表示されるようになった。(MCPE-152644)


スペクテイターモード(実験的)
  • スペクテイターモードではケープが描画されなくなった。(MCPE-156929)
  • 溶岩入り大釜のスペクテイターモードのプレイヤーは、もはや燃焼アニメーションを表示しない。(MCPE-160331)
  • スペクテイターモードのプレイヤーは、粉雪の霧の影響を受けなくなった。(MCPE-156683)
  • 首ひもでつながれた動物はスペクテイターモードのプレイヤーを追いかけなくなる。(MCPE-157065)
  • スペクテイターモードのプレイヤーは、スプリント中にパーティクルを放出しなくなった。(MCPE-160397)
  • ステータス効果が適用されたスペクテイターモードのプレイヤーはパーティクルを放出しなくなった。(MCPE-160398)
  • スペクテイターモードでエンダーマンがプレイヤーに対して怒らなくなった。(MCPE-156742)
  • スペクテイターモードのプレイヤーは、水や溶岩で泳いでもスカルク センサーを操作できなくなった。(MCPE-153879)
  • スペクテイターモードに切り替えたプレイヤーは、取り付けられている釣り針をすべて外される。
  • スペクテイターモードのプレイヤーは、爆発によって押し出されなくなった。(MCPE-156687)
  • 粉雪はスペクテイターモードのプレイヤーが通過してもパーティクルを放出しなくなった。(MCPE-153876)
  • スペクテイターモードでプレイヤーが触れたときに大きなドリップリーフが傾くことはなくなった。(MCPE-156686)
  • スペクテイターモードのプレイヤーは、死亡時にインベントリと装備アイテムを保持するようになった。(MCPE-156681)
  • スペクテイターモードのプレイヤーは、好きな食べ物を持っているときにモブの注意を引くことができなくなった。(MCPE-153882)
  • /testforコマンドでスペクテイターモードのプレイヤーをターゲットにできるようになった。 (MCPE-158042)
  • スペクテイターゲームモードは/gamemode 6コマンドを介して入ることができなくなり、/gamemode spectatorを介してのみ入ることができる。
  • タッチコントロールを使用しているスペクテイターモードのプレイヤーは、ボートとトロッコを壊すことができなくなった。(MCPE-158307)
  • プレイヤーの肩に乗っているオウムは、スペクテイターモードに入ると飛び降りるようになった。
  • スペクテイターでfollow_ownerの振る舞いをする動物やモブは、もうフォローされない。
  • find_mount動作をする動物やモブがスペクテイターモードのプレイヤーに乗ろうとしなくなった。
  • スペクテイターモードのプレイヤーは足が冷えなくなり、氷上歩行のエンチャントが水に影響を与えなくなった。
  • フグは近くのスペクテイターモードのプレイヤーに反応しなくなった。



1.19.22[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2022年9月1日


修正
  • テクスチャパックが適用されたワールドを読み込むと、一部のデバイスで発生する可能性があったクラッシュを修正。(MCPE-160800)
  • プレイヤーがローカルでワールドを削除したときに、Xboxでクラウド同期ワールドを削除してもクラウド バージョンのワールドが削除されない不具合を修正。
  • Xboxで、十分なストレージがあるにもかかわらず、プレイヤーに「ストレージがいっぱいです」というエラーが表示される可能性がある問題を修正。



1.19.21[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2022年7月23日(Nintendo Switch以外のプラットフォーム)
  • 2022年7月25日(Nintendo Switchのみ)


修正
  • ゲームプレイ中に発生する可能性があったいくつかのクラッシュを修正。
  • 村人の職業が服装に反映されない問題を修正。(MCPE-160475)
  • 一部のデバイスでプレイ中にグラフィックアーティファクトが表示される不具合を修正。
  • モブの上に浮遊している名前がわずかにずれていた不具合を修正。(MCPE-160254)
  • マーケットプレイスワールドの一部のブロックがRealmsの「更新ブロック」として表示される問題を修正。
  • 有料エモートは無料で装備できなくなった。



1.19.20[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2022年8月9日


変更点


ブロック
  • スカルク カタリスト
    • 20経験値ではなく、5経験値を落とすようになった。
  • アメジストのブロック
    • Java版に合わせて「Block of Amethyst」に改名した。
  • ベル
    • 火がついたり、火によって破壊されたりすることはもうない。
  • エンドポータル
    • Java版に合わせて「End Portal Frame」に改名した。
  • 樫の板、トウヒの板、樺の板、ジャングルの板、アカシアの板、黒樫の板
    • それらの名前から「Wood」という単語を削除した。
  • 樫の階段、トウヒの階段、樺の階段、ジャングルの階段、アカシアの階段、黒樫の階段
    • それらの名前から「Wood」という単語を削除した。
  • 樫のハーフブロック、トウヒのハーフブロック、樺のハーフブロック、ジャングルのハーフブロック、アカシアのハーフブロック、黒樫のハーフブロック
    • それらの名前から「Wood」という単語を削除した。


モブ
  • エンダードラゴン
    • 泣く黒曜石、リスポーンアンカー、光ブロック、拒否、許可、境界線、ジグソーブロックを破壊できなくなった。
  • ラヴェジャー
    • マングローブの葉、ツツジ、ツツジの葉、洞窟のつた、大きなドリップリーフ、小さなドリップリーフ、スポア ブロッサム、ぶら下がる根っこを破壊できるようになった。


ゲームプレイ
  • 振動
    • スカルク センサー、スカルク シュリーカー、ウォーデンなどの振動リスナーは、ティックの最初の振動ではなく、最も近い振動を聞くようになった。


修正


パフォーマンス/安定性
  • マーケットプレイスの閲覧時にゲームがクラッシュしなくなった。
  • スポーンエッグに関連するクラッシュを修正。(MCPE-159302)
  • 低い描画距離設定でクライアント/サーバーのポータルの移動が非同期にならないようにする。(MCPE-158167)
  • ネザーまたはジ・エンドからオーバーワールドに戻ったときに、発生する可能性のあるクラッシュを修正。
  • コイン スターター バンドル画面に入ったときにゲームがクラッシュしなくなった。
  • アイテムの使用がキャンセルまたは失敗した場合に、クライアントの状態がサーバーと同期しなくなる可能性がある不具合を修正。
  • バイオーム探索コマンドのパフォーマンスを改善し、遠くにあるバイオームを検索する際のサーバーの停止を軽減した。(MCPE-157609)
  • ゲームパッドなどの接続されたデバイスが見つからない場合に、発生する可能性があったクラッシュを修正しました
  • 取引中に村人が職業を変更することによって引き起こされたクラッシュを修正した。村人が取引中に職業を変更すると、取引画面が閉じるようになった。
  • ピストンが可動ブロックや矢の近くで伸びたり縮んだりするときに発生する可能性があったクラッシュを修正。
  • Xboxとプレイステーションのマーケットプレイスで複数のカテゴリを探索するとクラッシュする問題を修正。
  • 同じティックでエンティティを移動して倒すと、発生する可能性があったクラッシュを修正。


ゲームプレイ
  • 行商人のスポーンが Java版と一致するようになり、水、溶岩、または地下でスポーンしなくなった。(MCPE-46911)
  • 弓が最初に使用されたときに矢を放つことができなかった不具合を修正した。これは、クロスボウとトライデントを投げる場合にも影響を与えた。(MCPE-159467)
  • クリエイティブモードのときに、新しいワイルドアップデートの音楽がワイルドアップデートのバイオームで再生されない不具合を修正。
  • 釣り人の村人が最大レベルでボートを購入できない問題を修正。
  • 古代都市の中心にあるレッドストーンの部屋に通じる秘密のドアが、適切に開閉するようになった。(MCPE-156718)
  • 溶岩バケツは、部分的なブロックへの配置または分配に失敗しても消えなくなった。(MCPE-50664)
  • モブの遠距離武器のエンチャントが適用されない問題を修正。(MCPE-113623)
  • モブが歩いたときのアメジストの歩行時の音の音量レベルを修正。
  • 耐久性のある一部のアイテムがクリエイティブインベントリから作成されない問題を修正。
  • 古代都市ではスカルクパッチがより頻繁に生成される。(MCPE-154229)
  • ネザーポータルが Y=-21以下に配置されている場合、プレイヤーはネザーポータルに入ってもダメージを受けなくなった。(MCPE-154888)
  • スコアボードのスコアが正しく並べられていなかった問題を修正。(MCPE-141427)
  • /killコマンドで釣り針を倒すと戦利品がドロップするバグを修正。(MCPE-142329)
  • プレイヤーの魂の速度がソウルサンドで適切に有効化および無効化されるようになった。(MCPE-157152)
  • health_boostが誤った体力値を表示する不具合を修正し、死んだ時にプレイヤーが透明になり、ワールドと対話できなくなった。
  • 取引時、村人は入力スロットのアイテムに基づいて正しいサウンドを再生する。(MCPE-152555)
  • 古代都市の頭蓋骨が、Java版の向きにより一致するようになった。(MCPE-153547)
  • 1.19.20 以上のformat_versionが指定されている場合、ルート定義のイベントフィルターをシーケンスまたはランダム化に関係なく評価できるようにする。
  • 体力増強の追加HPが維持されない問題を修正。(MCPE-153504)


モブ
  • ホッキョクグマは攻撃されてもパニックにならなくなった。
  • 陸上でのオタマジャクシの羽ばたきは、Java版と魚の速度により近く一致するようになった。(MCPE-154316)
  • プレイヤーが金の防具を着用すると、ピグリンは攻撃を停止するようになった。(MCPE-65516)
  • 無職の村人ゾンビがトロッコやボートに乗れなくなった。(MCPE-76831)
  • ラヴェジャーは、マングローブの葉、ツツジ、ツツジの葉、洞窟のつた、ドリップリーフ、スポアブロッサム、ぶら下がる根っこを破壊できるようになった。(MCPE-156551, MCPE-125322)
  • バケツ化されたカスタムモブを離すと、正しいタイプのモブが生成されるようになった。
  • リリース時にバケツ化されたモブが作成される順序を修正しました。これは、アクター プロパティが正しく読み込まれることを意味する。
  • アレイは、ボートに乗っているときに所有者でアイテムを拾ったり落としたりできるようになった。(MCPE-156377)
  • アレイは、ドロップされた足場ブロックを常に拾えるようになった。(MCPE-157512)
  • ジュークボックスの音楽が終了すると、アレイは正しくダンスを停止するようになった。
  • アレイがプレイヤーなどのターゲットを見るようになった。(MCPE-158222)
  • 隔離された水のブロックに置かれたとき、魚はもう揺れなくなった。
  • entity_bornまたはon_tameイベントで召喚されたときに、オオカミが赤くスポーンする不具合を修正。
  • ウィッチのスポーンが止まるバグを修正。魔女の小屋の構造がウィッチの表面スポナーとして設定されるようになった。(MCPE-60552)
  • エンダードラゴンは、泣く黒曜石、リスポーンアンカー、光ブロック、拒否、許可、ボーダー、ジグソーブロックを破壊できなくなった。(MCPE-158343)
  • minecraft:behavior.sleepゴールを持つ子供モブの当たり判定が縮小する不具合を修正。(MCPE-46040)
  • アレイとハチが完全ではないブロックで動けなくなる可能性が低くなった。(MCPE-155777)
  • ウォーデンはスカルクセンサーの上に忍び寄るプレイヤーを検知できるようになった。(MCPE-155804)
  • ウォーデンは3ブロックではなく、最大20ブロックまで落下できるようになった。(MCPE-158304)
  • アレイは、保持しているものとは異なる耐久性を持つ防具を拾うことができるようになった。(MCPE-158339)
  • 完全に死んだエンティティのデータがワールドファイルから削除されるようになった。(MCPE-155283)
  • モブの保存されたy位置が25以上である場合、モブがワールドにロードされない可能性があった不具合を修正。


ブロック
  • マングローブの木の板、階段、ハーフブロックの名前から「Wood」を削除した。(MCPE-156791)
  • サポートのないねじれたつたとウィーピングつたは、ランダムティック速度が0に設定されていてもポップするようになった。(MCPE-69305)
  • ぶら下がっているマングローブの繁殖体は、成長が最大でない場合、シルクタッチでも繁殖体のアイテムをドロップしなくなった。(MCPE-156821)
  • 泥だらけのマングローブの根を横向きに配置できるようになった。(MCPE-153721)
  • 特定のブロックが近くに置かれたときにマングローブの繁殖体をぶら下げても色が変わらなくなった。(MCPE-156570)
  • エンドポータルフレームのブロックの名前は、「End Portal」ではなく、「End Portal Frame」に変わった。(MCPE-76821)
  • アメジストのブロックは「Block of Amethyst」に改名した。(MCPE-125821)
  • マングローブの丸太、マングローブの木材、皮のはがれたマングローブの木材を使って、木炭でたき火を作成できるようになった。(MCPE-157271)
  • たき火が再び正しくスタックできるようになった。(MCPE-159398)
  • ピストンがアームで壊されたときに、ピストンのアイテムをドロップしないことがあった不具合を修正。(MCPE-158314)
  • 村人が働いているときの鍛冶台の音は、プレイヤーがテーブルを使用するときの音と同じになった。(MCPE-79716)
  • ベルはもはや発火したり、火によって破壊されたりすることはない。
  • マングローブとツツジの葉が木の成長を妨げなくなった。(MCPE-154980)


スカルク系ブロック
  • 2つの振動が同時に発せられた場合、スカルク センサーは最も近いものに反応するようになった。(MCPE-155793)
    • 2つの振動が同時に同じ距離で発せられた場合、スカルク センサーは最も高い周波数の振動に反応するようになった。
  • スカルク センサーは、15回の頻度で爆発するクリーパーを検出するようになった。
  • スカルク センサーは、15回の頻度で爆発する果てのクリスタルを検出するようになった。(MCPE-153733)
  • スカルク センサーは、魚がバケツから放たれることを12回の頻度で検出するようになった。
  • スカルク センサーは、発射装置から発射されたTNT 火薬を12回の頻度で検出するようになった。
  • 振動のパーティクルが、常にターゲットのスカルク センサーに向けられるようになった。(MCPE-156648)
  • スカルク カタリストが開花時に効果音を鳴らすようになった。(MCPE-153562)
  • Keep InventoryゲームルールがTrueに設定されている場合、スカルク カタリストはプレイヤーが死んだ時にもうスカルクを拡散しない。(MCPE-157884)
  • モブがスカルク カタリストの上で死んだ場合、スカルク カタリストがスカルク ヴェインに覆われなくなった。
  • 経験のないモブが隣で死ぬと、スカルク カタリストが開花するようになりました
  • スカルク センサーは、飛んでいるハチ、ニワトリ、アレイ、ファントム、エンダードラゴンも検出できるようになった。(MCPE-153725, MCPE-154055)
  • スカルクセンサーは、振動が発せられた距離に基づいて、レッドストーン信号強度の全範囲を発することができるようになった。以前は、出力は 1、15、または偶数のいずれかだった。
  • スカルク センサーは、水中で静止しているボートを検出しなくなった。(MCPE-155368)
  • スカルク カタリストの経験値が20から5に減少した。
  • スカルク パッチ機能を追加のブロックタイプに配置できるようになった。(MCPE-156669)


グラフィック
  • プレイヤーに速度効果が適用されているときに全力疾走すると、FOVがカクカクする不具合を修正。
  • データ駆動型のブロックテッセレーションにより、ジオメトリボックスのピボットベースの回転が正しいピボットポイントを中心に回転するようになった。
  • 積雪がプレイヤーの上に落ちたときのX線の視界を修正し、積雪がプレイヤーの視界を覆ったときに固体ブロックとして動作するようになった。(MCPE-150709)
  • Windows上のレイトレーシングで、ポイントライトがエミッシブブロックに意図せず蓄積される問題を修正。(MCPE-159485, MCPE-159488)


ユーザーインターフェース
  • パースペクティブの切り替えヒントは、デフォルトの割り当てではなくプレイヤーの割り当てを表示するようになった。
  • Saddled Pigのツールチップが 「Mount」から「Ride」に変更された。
  • テクスチャテッセレーション用の大きなアイコン (手にあるオブジェクトなど) のコンテンツ警告を追加した。
  • iOSでマウス+キーボードを使用しているときに、スクロールビュー内のUI要素の一部がビューの外に出た場合、プレイヤーがスクロールビュー内のUI要素にカーソルを合わせることができなかった問題を修正した。これは、スクロールビューのオートフォーカスがクリップされていない最も近い要素にフォーカスした結果である。
  • インベントリ内のアイテムのcan_place_onブロックのホバーテキストが、ゲームの保存間で一貫した順序になるようになった。(MCPE-153516)
  • Oculusのコントローラー設定タブを削除した。
  • ヤギの角の音は、設定のジュークボックス/音ブロックの音カテゴリに配置されるようになった。(MCPE-154885)
  • サーバーの追加機能がIPV6アドレスを保存しない問題を修正。(MCPE-66233)


Realms
  • すべてのBedrockプラットフォームで Realms Plus を購入できることを明確にするために、Realms Plus FAQ を更新した。(MCPE-157869)
  • 新しいRealmsを作成すると、ワールドの新規作成画面に戻らずにプレイ画面に移動するという誤りが修正された。
  • Realmsフィードのスクリーンショットボタンが、VRプラットフォームで利用できるようになった。


スペクテイター モード(実験的)
  • スペクテイター モード中のエモート機能を削除した。
  • プレイヤーは、観客がホバリングしている場所にブロックを配置できるようになった。
  • オフハンドにアイテムが 1 つ、メインハンドにアイテムが1つある場合、プレイヤーはマップを持っているときに手が戻るようになった。
  • 観客の頭が半透明で適切に描画されるようになった。
  • キャラクタークリエイターのヘッド アイテム (帽子、フード、ヘルメットなど) は、スペクテイター モードで適切に半透明にレンダリングされるようになった。
  • スペクテイター モードではケープとアニメーションのバック アイテムが描画されなくなった。(MCPE-156929)
  • スペクテイター適用中は、ポータルを使用したり影響を受けたりできなくなった。(MCPE-156684)



1.19.11[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2022年7月21日(Androidのみ)
  • 2022年7月26日(Android以外のプラットフォーム)


修正
  • 保存されたy位置が25以上の場合、モブがワールドに読み込まれない可能性がある不具合を修正。
  • Windowsでレイトレーシングを使用する場合におけるプレイヤーの誤ったテクスチャの描画を修正。(MCPE-156577)
  • Windowsでレイトレーシングを使用する場合におけるウマなどの一部のモブの誤ったテクスチャの描画を修正。(MCPE-132747)
  • Realmsでプレイ中に、コマンドブロックエイリアスが提供されなかった場合にコマンドブロックが保存されない問題を修正。
  • 一時停止されたアカウントがローカルワールドをプレイしたり、Xboxプラットフォームのメニューを操作したりすることができない不具合を修正。



1.19.10[編集 | ソースを編集]

リリース日
  • 2022年7月12日


追加



アイテム
  • スポーンエッグ
    • 行商人のラマのスポーンエッグが追加された。


コマンドフォーマット
  • /locate
    • 特定のバイオームを検索できる/locate biomeを追加した。


全般
  • スプラッシュテキスト
    • 以下のスプラッシュテキストが追加された。:
      • "You are valid!"
      • "I'm glad you're here!"
      • "You are welcome here!"
      • "Your gender is valid!"
      • "Contains infinite genders!"



変更点



ブロック
  • 開花したツツジの葉
    • Java版に合わせて「Flowering Azalea Leaves」に改名された。
  • ラピスラズリのブロック
    • 「Block of Lapis Lazuli」に改名された。
  • スポーナー
    • ツルハシで破壊された場合にのみ、経験値をドロップするようになった。
  • スイート ベリーの茂み
    • 泥、泥だらけのマングローブの根、根のついた土の上に配置できるようになった。


アイテム
  • ヤギの角
    • ヤギがマングローブの木を襲ったときにもドロップするようになった。
    • 「Feel」サウンドをJava版と一致するように変更した。
    • 「Resist」サウンドバリアントの名前を「Dream」に変更した。
  • フグ
    • 毒のレベルをIVからIIに下げた。


モブ
  • アレイ
    • 近くのジュークボックスが再生されているときに踊ることができるようになった。
    • 踊っているアレイにアメジストの欠片が与えられると、アレイが「複製」され、別のアレイを作成して欠片を消費する可能性がある。
      • 各複製の間に5分のクールダウンがある。
    • Java版と一致するように、HPが6()から3()へ少なくなった。
  • 行商人のラマ
    • 現在、通常のラマとは異なる。
  • 行商人
    • 太陽が昇ると、彼らはミルクを飲んで透明化のポーション効果を解除する。
  • ウォーデン
    • ウォーデンのソニックブーム攻撃は、防護などの防具エンチャントによるダメージ軽減を回避するようになった。
    • 掘り出すのではなく、液体に閉じ込められたときにデスポーンするようになった。


コマンドフォーマット
  • /locate
    • 構造の検索で、/locateの代わりに/locate structureが使用されるようになった。
      • ただし、元の/locateは、まだ存在する。


全般
  • 操作
    • iOSおよびiPadOSで、Bluetoothマウスおよびキーボードのサポートが追加された。
  • 死亡メッセージ
    • 死亡メッセージがチャットだけでなく死亡画面にも表示されるようになった。
  • 死亡画面
    • 画面をJava版の死亡画面と似たものに変更および改良した。
  • 実験
    • 有効な実験コンテンツが無いため、「Vanilla Experiment」と「Wild Update」のスイッチ切り替えを削除した。
  • 音楽
    • 音楽はiOSおよびiPad OSアプリに含まれるようになり、マーケットプレイスからダウンロードする必要がなくなった。
  • 効果音
    • インベントリを使用して防具を装備すると、音が鳴るようになった。
    • 防具ではないアイテム(カボチャや頭蓋骨など)を帽子スロットに配置すると、一般的な装備サウンドが再生されるようになった。



修正


パフォーマンス/安定性
  • ボートが世界から降ろされた時、発生する可能性があったクラッシュを修正。
  • ウィザーがワールドにロードされた時に、発生する可能性があったクラッシュを修正。
  • プレイヤーがディメンションを変更しているときにゲームを離れた時に、マルチプレイヤーで発生する可能性があったクラッシュを修正。
  • 釣り竿が寸法変更ポータルを介してキャストされた時に、発生する可能性があったクラッシュを修正。(MCPE-154161)
  • 衰弱の影響を受けている間にプレイヤーが死んだ時に、発生する可能性があったクラッシュを修正。
  • コインスターターバンドル画面に入った時に、ゲームがクラッシュしなくなった。
  • ホリデークリエイター機能の実験的なトグルを有効にした場合、ワールドの読み込みにそれほど長い時間がかからなくなった。


ゲームプレイ
  • プレイヤーがドアを閉じる時に押されることはなくなった。(MCPE-154734)
  • 在庫がいっぱいになったときに。アイテムがオフハンドで適切にスタックするようになった。(MCPE-34959)
  • インベントリ画面から防具スロットにアイテムを装備すると、音が鳴るようになった。(MCPE-46939)
  • プレイヤーは防具スロットにアイテムを装備しているのをお互いに聞くことができるようになった。
  • 特定の高さで足場を歩き回るときに、プレイヤーが落下ダメージを受ける可能性があるバグを修正(実際に落下していない場合でも)。(MCPE-154779)
  • ボートに乗るときにプレイヤーの垂直カメラアングルをリセットするバグを修正。(MCPE-152762)
  • Advanced Pick Blockは、チェスト付きボートで使用されたときに内部のアイテムをコピーするようになった。(